CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

知られたくない秘密がバレてしまった時の6個の対処法


生きていけば人に言いたくない秘密の1つや2つあるのではないでしょうか?

そんな秘密がバレてしまったという経験もあるかもしれないですね。

そんな時は、一体どういう対応をしたらいいのか悩む人もいると思います。

この記事では、知られたくない秘密がバレてしまった時の6個の対処法をご紹介していきます。

万が一バレてしまった時のためにも覚えておくといいかもしれませんね!

絶対に知られたくなかったのに…!秘密がバレた経験ありませんか?

絶対にばらしたくない秘密がバレてしまった。

そんな経験、あなたにはありませんか?

元々、秘密というものは自身の尊厳やプライドを著しく貶めてしまうようなものですね。

それが世間の衆知の元にバレてしまったら恥ずかしくて外も歩けなくなったり職場での立場も一気に喪失してしまいかねないほどの非常事態になってしまうものです。

「それなら最初から秘密などにせず最初からオープンにしておけばいいのに」と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、そこはものの考え方の違い。

オープンにしても平気な人もいれば恥ずかしくて死にそう、という方もいるでしょう。

「秘密」というものはそれくらい人間の行動様式を変えてしまうくらい恐ろしいものなのです。

知られたくない秘密がバレてしまった時の6個の対処法!


それでは次に参りましょう。

ここからは「知られたくない秘密がバレてしまった時の対処法」について考えていきたいと思います。

秘密というものは基本的に外部に漏れてはいけないものです。

それが何かの手違いで外部に漏れ知られたくなかった過去や過ちなどが白日の下にさらされてしまった…。

このような場合を想定して考えて参りましょう。

全部で6個のご紹介です。

1.とにかくごまかす

知られたくない秘密がバレてしまった時の対処法の最初の1つ目は「とにかくごまかす」です。

この方法は最もオーソドックスであり咄嗟の場合にやってしまう事が多い典型的な対処法といえるでしょう。

とにかく周囲の人間から、どのような突き上げを喰らっても「知らぬ存ぜぬ」で押し通すのです。

知らないものは知らない、だから答えようがない、という姿勢を取り続け、話の焦点を巧みに誤魔化して追求者の質問の意図を変えてしまうのです。

しかしこの対処法を取るためには強い精神力が求められます。

また「白いものでも黒」と言えるくらいの胆力も求められます。

相手を人間とも思わない非常さも必要でしょう。

でなければ知られたくない秘密の事をはぐらかす事は出来ません。

また話をごまかすためには、その頭を冷静に保っておく必要もあります。

バレた時にパニクってしまって頭の中が炎上してしまったら話をごまかすどころか真実を喋ってしまうかも分かりませんからね。

2.素直に白状する

知られたくない秘密がバレてしまった時の対処法の2つ目は「素直に白状する」です。

これも秘密がバレてしまった時の定番的対処法でしょう。

特に日頃から嘘をつく事に慣れていない方に行ってもらいたい対処法といえます。

話しをごまかしたり嘘をついたりするのも中々、根性がいります。

また正直に世の中を渡って来た人に話をごまかしたり嘘をついたり、などの手口、身に付くはずもありません。

そんな芸当を使ってかえって自分を苦しめてしまうのならいっそのこと正直に素直に全てを白状してしまった方が、よっぽど楽といえるでしょうね。

早期のうちに白状してしまえば罪も軽くなるかも分かりませんしね。

言い訳をしない

白状する際に最も気をつけたい事は「言い訳をしない」という事です。

言い訳は自分の身を守もうとする自己保全の手段です。

そんなものを聞かされたら、相手はかえって怒りが沸き起こり、せっかく白状してもあまり意味がなかった、という事態にもなりかねないかもしれません。

そして「言い訳」はポジティブ思考の考え方とも違います。

そう「ネガティブ思考」なのです。

いくら正直に白状して自分の罪を軽くしてもらおうとしても言い訳ばかり言っていたら結局、その白状も何の意味も効果もなくしてしまうのです。

白状するときは「全て自分が悪いんだ」、という姿勢で心から反省している素振りを見せるべきです。

でないと相手はあなたの「白状」に対して「正直」という概念を持ってくれなくなるでしょう。

ページトップ