人間は身勝手なもので平凡な人生をつまらないと感じる生き物です。

波乱万丈な人生こそ、ドラマチックと憧れることがあります。

特に昼ドラマや人気女優や俳優の恋愛ドラマや映画を見ると「私も、あんな劇的な恋愛したい」なんて思うもの。

中学、高校、大学と特に飛び出るような出来事もなく淡々と卒業して、一般的な企業に就職。

そして淡々と業務をこなし、結婚適齢期に職場の先輩と結婚して子供を出産。

絵に描いたような人生のレールに乗る。

人生なんて劇的な出来事がない、平凡な人生の方が幸せなのに平凡すぎる人生はつまらないと感じる。

やはり人生は一度っきり。

波乱万丈の方がドラマチックで楽しいと思ってしまう。

平凡な人生がつまらないと感じても、平凡な人生から抜け出すすべが分からないものです。

どんな方法をすれば、ドラマチックな人生を送ることができるのでしょう?平凡な人生は本当につまらないものなのでしょうか。

平凡な人だからこそ、平凡な人生を送ります。

平凡な人で終わりたくないと思えば平凡な自分から抜け出すことができます。

そこで抜け出す10個の方法を紹介します。

そのまま平凡な人生を送る?

人生はアッという間です。

長い人生でも、人生が楽しい!と人生を満喫できる年齢なんて正直短いものです。

人生は何度も生まれ変われることができない。

たった一度の人生を平凡な人生で終わるなんて、少しもったいない気がしますよね。

「人生は壁がある方が面白い、その壁を乗り越えてこそ生きがいを感じる」そんな言葉を聞いたことがあります。

壁のない人生は、まさに平凡な人生です。

これといって挫折もなく、淡々と過ごす毎日は悔しさもなければ、楽しさもない。

ただただ毎日が始まり、毎日が終わる生活で年齢を重ねて行く。

この世に生まれてきたなら、人生パッと過ごしたいと思う人も多いでしょう。

「人生は博打のようなもの」そんな風に言える人は、きっと劇的な人生を歩いているからこそです。

平凡な人生でただ毎日を繰り返すのか、それとも華やかな人生に賭けてみるのか?それを決めるのは、あなた次第です。

平凡にはメリットもデメリットもある

平凡な人生にもメリットとデメリットは必ずあります。

平凡だからこそ、幸せに過ごせる。

でも平凡な人生は幸せだと感じにくいものです。

目に見えるような大きな幸せを実感しにくいからです。

普通に朝起きて、食事をして仕事に行き寝る毎日は、一見つまらなく感じます。

でも、普通に過ごすことがどれだけ難しいことなのか?それは平凡な毎日を過ごしている人には分からないもの。

華やかな人生はパッと見て、すごく憧れます。

しかし華やかな人生は波乱万丈な出来事を乗り越えてるからこそ、結果的に華やかになるのです。

最初から華やかな人生は起こりえない。

どんな人生も必ずメリットとデメリットはあります。

平凡な人生から抜け出したいと望んでいるなら、しっかりとデメリットにも目を向ける必要があります。

平凡な人生のメリットとデメリットを知ってこそ、損しない人生を送れるものです。

比較的平和に過ごせる

平凡とは、平和のこと。

何も問題なく毎日を過ごせることを平凡と言うのではないでしょうか。

人生を振り返ってみると、誰だけの人が何の問題もなく毎日を過ごせるのでしょう。

大なり小なり、何かしら問題が起こる。

だからこそ、様々な感情が沸き上がる。

学校を卒業、就職、結婚、出産など人生には様々な節目があるもの。

そんな毎日の中で平凡と言えることは、すごく幸せなことです。

人生、平凡に生きることこそ意外と難しいものです。

それだけ人生は想像していない想定外のことが起こるからです。

単調で良い意味での刺激がない

平凡のデメリットと言えるば、刺激がないことかもしれません。

毎日、同じ食事をしていれば必ず人間は飽きるものです。

どんなに美味しいステーキでも一ヶ月、半年毎日同じだとすれば、ウンザリしますよね。

いいかげん、別の料理が食べたいと思うはず。

たまに食べるからこそ、価値があり美味しいと感じるのです。

人生も同じことを言えるのかもしれません。

何も問題のない、満たされた人生よりも少しの刺激を求めてしまう。

だからこそ、倫理から外れてしまう人がいる。

頭の中で理解していても、道を外してしまうのは、刺激を求めてしまうからです。

人生は宝くじと似ています。

買わなければチャンスさえ訪れない、何も起こらない、夢さえ見ることができない。

宝くじは購入してこそ、夢が見れてチャンスが訪れるもの。

人生、何もしなければ何も起こらない。

それは平凡な人生です。

人生、夢をみたい、人生を変えたいと思うなら刺激と言うチケットを手に入れるしかないのです。

たった一度の人生、平凡じゃ物足りない!

人生は一度っきりです。

大人になると、「あのとき、ちゃんと勉強してれば良かった」そんな風に思うことありますよね。

もし、しっかり勉強していれば、もっと別の人生を歩めたかも知れないからです。

人生のターニングポイントで選択を間違えることは、よくあります。

しかし、過去を振り返っても人生は元に戻らない。

人生、やり直しができると言いますが、現実問題、人生やり直しするなんて不可能に近い。

やり直しする為には、覚悟と運と努力が必要です。

一度きりの人生だからこそ、無駄に生きてはもったいない。

人生、何度もやり直しができれば、平凡に生きることもありです。

でも、たった一度の人生だからこせ、人生を満喫したいと思うもの。

平凡で良いのでしょうか?何も起こらない平凡じゃ、物足りないと少しでも感じたら動き出すしかないのです。

平凡な人の7個の特徴


平凡な人には、特徴があります。

平凡な人は簡単に言えばめんどくがりやです。

めんどくさいからこそ、何も行動を起こさないのです。

毎日仕事や学校で考えることがあるのに、余計なことを考えるなんて面倒と思っています。

ただでさえ、疲れるこたが多い毎日、体を休めることが一番大事と思っています。

そして自分の限界を自分で決めてしまっている。

自分自身を分かっているのは、自分自身と思っていらからこそ、夢を見ないのです。

大恋愛する人も、大金持ちになる人も、社長になる人も全て別の世界で生きている人と思っています。

自分は主役になれならと思い込んでいるからこそ、無駄なことは考えない。

現実主義者な人は、基本的に平凡な人です。

夢や目標がない

夢や目標がないと気持ちが熱くなることはありませんよね。

平凡じゃない人は浮き沈みも大きいものです。

気分的に沈むことがありますが、それでも夢や目標があるからこそ熱い気持ちになれる。

沈んでも這いがることができます。

だからこそ、志を高く保つことができるし、夢や目標をかなえることができるのです。

逆に平凡な人は浮き沈みも少ないものです。

良い言葉で言えば常に冷静、平常心を保つことができます。

しかし、それは結局のところ熱くなるものがないだけです。

夢や目標がないからこそ、熱くならない。

沈んだところで悔しいという感情もない、ただ時が解決してくれると心のどこかで思っています。

夢や目標がないと人生は正直つまらない。

平凡は普通の毎日です。

これと言って楽しいこともなければ、つらいことも悔しいこともない。

それを良しとするのか?なしと思うのか?自分次第です。

小さなことで幸せを感じられる

平凡な人は良く言えば小さなことで幸せを感じることができます。

例えば、二連休になる金曜日の夜。

ただ仕事が終わっただけでも「あぁ~今週も終わったぞ!今日は夜更かししよう。」と思ってしまう。

毎週末味わえる出来事なのに幸せと感じてしまう。

お給料が出ると嬉しくなって仲間と飲みに行ったり、お出かけやショッピングをすることがありますよね。

それも小さな幸せです。

平凡な人にとっては毎日でも小さな幸せを探すことができます。

仕事を終えて温かい我が家に帰って食事をすること、お風呂に入ることだって幸せ。

当たり前のことが幸せと感じることができます。

小さなことで幸せと感じられることができれば、日常のストレスもきっと少ないことでしょう。

平凡な人は、ある意味すごく幸せを感じることができる人です。

でも、小さな幸せになれすぎているからこそ、大きな幸せなんて起こりえないと思ってしまう。

夢を見ることを忘れてしまうのです。

安定を求めている

平凡な人は平凡が一番と思っています。

たしかに平凡な生活は刺激がなくてつまらないように感じてしまいます。

派手な人生の方が華やかで楽しそうに見えますよね?派手な人生は刺激的なことも多く起こります。

しかし刺激的な毎日は意外と精神的にも肉体的にも疲れるものです。

平凡な人からすると、そんな疲れることはしたくありません。

平凡な人は身ずから挑戦して成功しようとも運命を変えようとも思わないもの。

ただ毎日が普通に何ごともなく過ごすことが一番幸せだと思っているのです。

安定とはトラブルひとつ起こらない、穏やかな日々。

平凡な人は安定を求めています。

人をあまり羨ましいと思わない

そもそも他人と自分を比較しないのが平凡な人の特徴です。

他人と自分を比べてしまうと自分の方が劣っているとか、相手が羨ましく感じることがあります。

嫉妬や妬みがあるからこそ、闘争心が芽生えて相手よりも勝るように頑張ろうと思うものです。

特に職場や受験、オーデション等では他人と比べてしまうことがいいくなりますよね。

平凡な人は他人と比べる感覚がない。

だからこそ、相手のことをあまり羨ましいとも思わないのです。

相手が高級な外車や時計をしていても、相手が自分よりも高いお給料をもらっていても、自分がオーデションに落ちて、相手が受かっても仕方ないと納得します。

それはある意味、ストレスを溜め込まない性格ですが、人をあまり羨ましいと思わないことで闘争心は育ちません。

闘争心がなければ相手よりも勝ることはありませんし、結果を残すことができません。

楽して勝利を得ることはできないのが現代社会です、

行動力がない

平凡な人イコール行動力がないと言えます。

行動力がある人は、身ずから進んでチャレンジをしています。

チャレンジをするからこそ、リスクもあり結果を残すことができるのです。

人生に行動力はつきものです。

例えば学校生活、部活、就職、恋愛、結婚と多くの場所で行動力が必要となります。

行動力がないと卑屈な考えになりがちです。

「やっぱり自分はダメだ」「またアイツに先を越されてしまった」と思ってしまします。

その結果「自分は平凡な人」と言葉で自分を慰めているのです。

平凡という言葉を都合の良い言葉にしていませんか?行動力がないことを平凡という言葉で片づけてしまっています。

行動力は、どんな場面でも必要です。

無駄遣いを嫌う


無駄遣いを嫌うことは非常に良いことです。

頑張って働いたお金を意味なく使うことは良くありません。

しかし極端に無駄遣いをしない!とお金を貯蓄することで自分のところにお金が入ってこなくなることもあります。

お金は使ってこそ、自分のところに再び回ってくるものです。

無駄遣いをしないことは良いことですが、極端な溜め込みも良くない。

すべてのことに対して無駄遣いと思ってしまう癖がついているのが、平凡な人の特徴です。

交際費も生活費も極力抑えたいと思うことで、人脈が狭くなります。

飲み会も友達や家族との旅行も全て平凡な人からすれば無駄遣いになります。

全てを無駄遣いと思わずに、時にはお金を使うことも大事です。

お金を使っても意味ある時間にすれば良いのです。

無駄遣いを嫌ってばかりいれば平凡で何もない人生になってしまいます。

毎日同じことの繰り返し

平凡な人は毎日同じことの繰り返しを幸せなことだと感じることができる人です。

毎日同じことの繰り返しは退屈と思う人もいれば、何もないことが一番安心だと感じる人もいます。

平凡な人生は、まさに何も起こらない日々、それは毎日同じことの繰り返しです。

朝起きて仕事に行き、定時に帰宅すること。

帰宅しても食事をしてテレビを見て、お風呂に入り眠る。

そして、月曜日から金曜日まで勤務することが毎日同じことの繰り返しをつまらないとは思わないのです。

それはストレスがたまらないことで良いことと言えますが、毎日同じことの繰り返しで安心する平凡な人はペースを乱されるとを嫌います。

ペースが少しズレることで不安に感じて仕方ないからです。

例えば、突然会社が倒産してしまったりすれば、どうすれば良いか分からなくなります。

簡単に言えば、打たれ弱い体質です。

仕事でも突然トラブルが起こることで対処することができない。

臨機応変に対応するチカラがないのです。

毎日同じことの繰り返しは平凡な人からすれば何よりも安心することです。

だからこそ、自分から行動を起こしてペースを変えることはしたくないのです。

平凡な自分から抜け出す10個の方法

平凡な自分に満足している人もいますが、一度きりの人生だから刺激的に生きてみたい!と願う人も多いはず。

それでも平凡な毎日を過ごして来た平凡な人が急に刺激的な人生を送るなんてことはありえない。

自分が変わらなければ平凡な人は平凡な人生を歩くしかないのです。

華やかな人生、刺激的な人生の人も最初は平凡な人でした。

なぜ、刺激的な人生になったのでしょうか?それは自分自身の考え方を変えたからです。

今の自分から新しい自分になる強い気持ちがあるからこそ、自分自身を変えることはできます。

誰もがスタートラインは同じ場所です。

誰もが平凡な一人の人間です。

自分自身を変えよう、平凡な自分から抜け出そうと考えるから殻をやぶることができます。

平凡な自分から抜け出す10個の方法を知って、自分自身の殻を破ってみては如何でしょうか?

目標や夢を設定する

平凡な自分から抜け出すことは簡単なことではない?そんなことはありません。

まず平凡な考えを少しずつ変えることが大事です。

平凡な人は目標や夢を持っていません。

それは目標や夢を持っても叶わないと思い込んでいるからです。

「夢を持っても無駄、自分にそんなチカラはない」と現実的な考え方をしています。

自信過剰になる必要はありませんが、目標や夢を持たなければ前に進むことはできません。

例えば宝くじも購入しなければ、宝くじなど当たることはありません。

それは夢を見て想像することさえもできないということです。

目標や夢を持たないことは現実的です。

ですが、現実的な人生はユーモアがない人生です。

目標や夢を見るからこそ、人生は楽しくなるもの。

目標や夢があるからこそ、行動したくなるものです。

何もしない人生は何も起こりません。

まずは目標や夢を描いてみましょう。

やりたいことをやる

やりたいことを考えるとじっとしていることはできません。

何か行動に移したくなるものです。

例えば「資格を取得しよう」と思えば、資格の取得の為に勉強をはじめます。

それがスタートの一歩になるのです。

やりたいことを見つけると何もせずにはいられないものです。

「お金を貯めよう」「痩せよう」その先に必ず「何故?」という理由がついてきます。

理由があるからこそ、行動して実行したくなるのです。

「どうせ無理」と思ってしまえば、やる気がなくなります。

やりたいことを我慢してきたからこそ、我慢することに慣れてしまっているのです。

我慢せずにやりたいことをやってみましょう。

何かに向かって行動している人は熱い気持ちになれるはず。

自分磨きをはじめる

自分磨きをはじめることは内面的にも外見的にも変わることができます。

まず最初に自分自身の服装や化粧を変えてみましょう。

目立つことが好きじゃない平凡な人は一般的な服装を好みます。

黒やグレー茶色など地味目な色は心まで地味にしてしまいます。

人間は外見を少し変えるだけで気持ちまで変えることができるものです。

美容院に行った帰りは気分的に明るくなりますよね?まさに外見が少し変わったからこそ気持ちが軽くなるのです。

自分磨きをすることは外見はもちろん、心のお掃除をすることにつながります。

心が軽くなることで別の景色を見ることができます。

いつも同じ景色を見ていると、その景色になれてしまって変わらないことが当然と思ってしまいます。

新しいアイデアは生まれなくなります。

自分磨きをはじめて、心も磨いて新しい景色を見つけましょう。

家の中を思い切り模様替えしてみる

同じ景色、まさにいつも見慣れた家の中です。

自分自身の家は一番落ち着ける場所ですよね。

でも落ち着くことに慣れていませんか?家の中を思いっきり模様替えすると新鮮な気持ちなります。

きっと最初はソワソワするかも知れません。

模様替えを思いっきりすれば、普段の見慣れた自分の部屋ではないからです。

模様替えでキレイに掃除した部屋は清々しい気分にさせてくれるものです。

何故か空気まで澄んでいるように感じます。

模様替えをする意味は部屋のお掃除もあるのです。

隅に隠れていた本がひょっこりと出てきて刺激を受けたりと模様替えをすることで宝探しができます。

自分が忘れていた夢も模様替えをすることで見つかるかもしれません。

普段、見慣れた光景では見つけることができません。

模様替えをして、無くしてしまったものを見つけてみましょう。

できるなら引っ越しする

慣れ親しんだ場所には思い出がたくさんあります。

しかし思い出は過去のものです。

過去に縛られていては前に進めることは出来ません。

過去はポジティブな自分にはしてくれないものです。

思い出がたくさん詰まっている家にいることで過去から抜け出すことができないことはありませんか?自分自身を変えるために大きな決断も時には必要です。

思い出が詰まった家を引っ越しすることで過去から現在に進めることができます。

現在というスタート地点に立つことで未来を描くことができるのです。

平凡な人は変わることを恐れています。

平凡な人は過去を大事にしてしまうものです。

未来を描くよりも過去に寄り添っている方が現実的だと考えるからです。

平凡な人生から抜け出したいと思うなら、慣れ親しんだ場所を捨てて引っ越しをしてみたらどうでしょうか?新しいスタートを切ることができます。

旅に出てみる

旅に出ること新鮮な気持ちになりますよね。

近場としても旅に出ることはチョットした冒険です。

いつも同じ駅、いつも同じ路線、いつもの風景に安心します。

旅に出ると普段乗らない電車や見慣れないドキドキしますよね。

だからこそ、新鮮な気持ちになれるのです。

風景が変わることで会話する相手も変わる。

それは大きな刺激です。

旅に出ることで今まで見えなかった景色が見えてきます。

それは新しい発見を予感させるものです。

旅にでることでチョットしたハプニングが起こることもあります。

何が起こるか分からないからこそ刺激をもらうことができるのです。

価値観が大きく変わる経験ができる

旅に出てみると価値観が大きく変わると言いますよね。

とくにインドなど海外旅行に行った人は刺激をもらって帰ってくる人が多いです。

その土地の文化や習慣にとまどいながらも、新しい発見を得ることができるのです。

旅に出てみることは楽しいことばかりではありません。

自分の思い通りに行かないこともあるでしょう。

だからこそ成長することができるのです。

「これで良し」と思っていたことが旅行に行くことで通用しないことに気づき、自分自身の小ささに気づかされます。

価値観が大きく変わる経験ができるのが旅行です。

海外まで行かなくても日本でも価値観を大きく変える経験はできます。

その土地と文化は同じ日本でも違うものです。

普段、当たり前だと思っていることも土地が違うだけで当たり前じゃないこともあります。

同じ場所にいるといつまでも同じ価値観のままで成長することは出来ません。

新しい自分になる為に価値観を変えることは必要です。

新たな出会いがある場所に出かけてみる

新たな出会いを見つけることは自分自身の価値観を変える大きなキッカケになります。

慣れ親しんだ場所は心地良いものです。

いつもの場所に行けば、いつもの相手がいる。

その場所には不安がなく安心して過ごすことができますが、その安心に慣れてしまいます。

慣れるからこそ、甘い気持ちになり「これでいいや」という感情が生まれてしまいます。

新たな場所を見つけることで新たな出会いがあります。

新たな出会いをすることで新しい刺激を得ることができるのです。

緊張することが自分自身にとって良い刺激になります。

慣れ親しんだ場所で満足していると平凡な人生を変えることができません。

人脈が変わると行動範囲が変わる

新たな出会いの場所を見つけると多くの相手と知り合うことができます。

それは価値観が変わる大事なポイントです。

自分では気が付かないことを相手が発見してくれることがあるからです。

「自分にこんな特技があったんだ!」と気づかない特技は慣れ親しんだ場所では見つけることができないものです。

人脈が変わると行動範囲が変わるのは、新しい自分を見つけることができるからです。

人脈は良くも悪くも自分自身の行動範囲を変えるチカラがあります。

例えば、地味で目立たない学生が夏休み明けに派手になっていることがよくあります。

まさに新たな出会いが価値観や人生観を変えたわけです。

平凡で毎日では一つのことしか考えることができない。

しかし人脈が変わると行動範囲が変わり、新しい自分を発見することができます。

お金の使い方を変える

お金の使い方は個々に違うものです。

お金を慎重に使う方もいれば、金遣いが荒い人もいます。

アリまたはキリギリスのどちらのタイプが正しいのでしょうか?どちらが正しいとは明確には言えませんが、平凡はリスクのない毎日です。

平凡な人はアリタイプと言えます。

お金もコツコツ貯めて貯蓄をする。

何故、貯蓄をするのか?それは安定した人生を送りたいからです。

平凡な人はコツコツタイプですから、一攫千金など大きなことはねらぅていません。

だからこそリスクのない安定した毎日を送ることができます。

しかしリスクのない毎日は平凡な毎日です。

自分のお金を使わないだけであり、お金は増えていません。

お金の使い方で人生は大きく変わります。

「お金がほしい」と思うのは、誰もが思っていることです。

少ないお金を使わずに貯蓄してお金持ちになるのか?それともお金を単純に増やしてお金持ちになるのか?お金の使い方で人生を変えることができます。

安物買いの銭失いをやめる

「安物買いの銭失い」そんな言葉を耳にしたことありませんか?平凡な人は稼いだお金を貯蓄したがります。

お金を使うよりも、お金を貯めることに生きがいを感じるかたです。

アパレルサイトで有名な社長さんは「お金は使うことで新しいお金が入ってくる」と言います。

お金は使わなければ自分のところにやってこない。

平凡な人はお金を使うことに慣れていません。

だからこそ、「この商品ほしいなぁ?でも高いなぁ」と悩み、結局ほしい商品ではなく似たような商品を購入してしまう。

その理由は安いからです。

商品の中身よりも価格で選んでしまっていませんか?ほしい商品じゃなく安い商品を購入できたことに満足してしまっています。

安物買いを購入する癖がついてしまうと質よりも金額重視になってしまう、結局は商品自体に愛着がない為に飽きてしまうのも早くて、また新しく安い商品を購入してしまいます。

多少高くても質が良い商品を購入しておけば、商品に愛着がもて長く愛用することができます。

安い商品を買えば愛着がなく飽きてしまうことで、いつまでも良い商品に出会うことができない。

平凡な人は結果的に損をしてしまうのです。

リスクがない生活を求めているようで、リスクを高めてしまっています。

自分のケチな性格が仇となり本物を見分けるチカラを無くしてしまいます。

すごい人の成功ストーリーをたくさん見る

平凡な人は他人を羨ましいと感じにくい性格です。

それは平凡な人の周りに平凡な人が多いからかもしれません。

「みんな似たようなもの」どこかで冷めた考えを持っていませんか?世の中には多くの社長さんや成功者がいます。

成り上がりってこそ成功を掴む人がいます。

人脈を広くする理由は、多くの人の成功ストーリーを知ることが大事です。

最初から成功を手にできる人はいません。

何故、その人が成功したのか?その相手の成功ストーリーを見ることで自分に刺激を与えるのです。

きっと成功者のストーリーを聞くと「この人、すごい」と感動するはず。

衝撃を受けることで、自分の中で価値観が変わります。

自分もチャレンジしたい!そんな願望が少なかれ生まれてきます。

すごい人の成功ストーリーをたくさん見ることは、自分に刺激を与えることなのです。

たくさんの本を読む

「すごい人の成功ストーリーなんて、どうやって聞けばいいの?」自分の周りには成功者なんていないと思う人もいますよね。

そんな都合良く尊敬するような人がすぐそばにいることは奇跡です。

それでも成功ストーリーを見ることはできます。

それは書店に行くことです。

本屋さんには多くの成功ストーリー本があります。

自分の好きなジャンルをピックアップして、成功ストーリーを読むことで自然と頭に入ってきます。

本は自分自身のペースで読むことができます。

時間を束縛されることなく、落ち着いた時間に本を読むから素直に内容を受け止めることができるのです。

たくさんの本を読むことで、たくさんの情報や刺激を受けることができます。

本を読んだ後に自分自身で感じるものが必ずあります。

共感できない内容もあれば、共感できる内容もある。

たくさんの本を読むことすべてが身になるのです。

たくさんの本を読むことに無駄なことはありません。

習い事を始めてみる

習い事をはじめることも新しい発見の一つです。

少し興味があること、一つや二つはありますよね。

「習い事をして飽きてしまったら意味ないし」「興味だけで始めるのも・・・」と迷って習い事を始めないことが意味ないことにしてしまうのです。

何かを学ぶことは必ず自分を成長させてくれるものです。

少しの興味が学ぶことにより、楽しくなり本当の興味に変わります。

習い事を始めて、習い終わる頃には特技になるのです。

特技は自信に変わり、それが自分自身の強みになるのです。

習い事は自分自身を成長させてくれるキッカケになります。

少しの興味から習い事を始めても良いのです。

習い事を始めることに理由なんて必要ありません。

習っているうちに理由を見つけることはできるからです。

今までやったことがないことに挑戦

習い事をして一週間は「やっぱり向いていないのかなぁ?」そんな気持ちになり挫折を感じることもありますよね。

でも誰だって最初から上手に出来ません。

もちろん、天才肌の人や素質がある人もいます。

しかしほとんどの人はドキドキしながら、不安な気持ちで始めるのです。

今までやったことないことに挑戦することに不安な気持ちはつきものです。

しかし徐々に慣れてくることで、不安な気持ちは薄れて行き自信に変わっていきます。

今までやったことないことで初心に戻ることができるのです。

初心に戻ることは、とても新鮮なことです。

誰もが慣れ親しんだ場所では初心の頃の気持ちを忘れてしまいます。

「このままでいいや」と思うことで現状に満足してしまう。

平凡な人は今以上を目指すことをしません。

簡単に言えば野心がないのです。

今までやったことないことに挑戦することで、慣れ親しんだ場所から一歩前に進むことができます。

自分を変えるきっかけになるのです。

思い切って仕事を変える

仕事を変えることは非常に勇気が必要なことです。

そんな簡単に仕事を変えることなんてできません。

仕事は人生を支える大きな存在だからこそ、イヤな仕事でも我慢して続けている。

自分の仕事に満足している人は世の中に、どれだけいるのでしょうか。

きっとほとんどの人が今の仕事に満足していないのかもしれません。

イヤでイヤで仕方ない仕事でも我慢して行くことは自分の為になるのでしょうか?イヤな仕事を我慢し続けると精神的にも肉体的にもストレスを感じてしまいます。

せっかくの休日もゴロゴロと寝てしまう、何も考えたくないと思ってしまいます。

それは生きているだけの生活と言って良いでしょう。

自分の人生を楽しく生きる為に自分自身が決断するしかありません。

無駄な時間を過ごすよりも、思い切って仕事を変えることで自分らしく生きれるかも知れません。

イヤでイヤで仕方ない仕事を続けることで安心を得ることはできるのでしょうか?リスクのない生活とはイヤな仕事を続けることなのでしょうか?それは違います。

平凡に生きる為にリスクのない生活を選ぶ、だからイヤな仕事を我慢することは間違っています。

思い切って仕事を変えることで、新しい環境に出会えます。

仕事は変えても、やり直しができるものです。

人生は1日過ぎてしまえば、その1日は戻すことができません。

無駄な毎日を続けることは、非常に人生の無駄使いをしていることです。

平凡な人が平凡な人生を変えるのは、自分自身の決断です。

朝活を始める

朝活をご存知ですか?朝活は非常に時間を有意義なものにしてくれます。

最近では朝活が注目されています。

大手企業も会議の時間を朝に移動させているところも多いのです。

試験勉強も深夜にするよりも、少し早起きして勉強した方が効率が良いと言われます。

夜だと時間が長く感じてダラダラと過ごしてしまいます。

それは試験勉強でも会議でも同じことです。

朝は時間が限られています。

たった1時間でも2時間でも集中することができるのです。

時間は長く使えば良いというものではありません。

効率良く、集中力を高めるからこそ意味があるのです。

目が覚めてしばらくは、ぼんやりしているものですが目が覚めてしまえば頭は働きはじめます。

夜は人間が本来、眠る時間です。

「私は夜型なの」という人は根本的に体内時計がずれてしまっているのです。

夜、目が冴えているようでも実は脳は眠っている状態です。

勉強していても、結局は記憶力が低下して翌朝には忘れてしまうことがあります。

平凡な人生でダラダラと過ごしても無意味でもったいないですよね。

新しいことをスタートさせたい、活気ある毎日を送りたいと思っているなら朝活をはじめましょう。

あなた次第で変われる!

平凡な人生が良いか、刺激的で華やかな人生がいいか?それを決めるのは誰でもなく、あなた自身です。

平凡な人だから平凡な人生しか歩めない・・・それは違います。

考え方を少し変えるだけで平凡な性格も人生も変えることができます。

平凡な毎日に満足しているように思っても、実はリスクを恐れてしまっているだけかも知れません。

平凡な毎日は何事もない毎日と思い込んで安心していませんか?何もないのではなく、何もやっていないのです。

だからこそ、何のチャンスも訪れないのです。

動かなければ何もはじまらない。

成功者は自分自身の頭を使い、体を使い行動をしています。

だからこそ、結果が残せるのです。

平凡な人はリスクを恐れて動かない。

それは人生をさぼっていることになるかもしれません。

人生は一度きりです。

だからこそ、意味ある人生にしたいと思いませんか?勝負に出ても良いのではないでしょうか。

平凡な性格も人生もあなた次第で変わることができるのです。