CoCoSiA(ココシア)

偽名を使う7個のメリット・デメリット。偽名を使うシーンとは?


みなさん、偽名を使ったことはありますか?偽名って聞くとちょっと悪いイメージがありますよね。

偽名はいろんなシーンで使われます。

皆さんも偽名を使ったり、使おうかなと思った経験があるのではないでしょうか?それはどんな時でしたか?

今回は偽名を使うメリットやデメリット、使うシーンなどご紹介していきます。

知っておけば、いざというときに偽名を使えますよ。

この記事の目次

偽名って使ったことある?

偽名って聞くとどんなイメージがありますか。

大抵は悪用することをイメージするのではないかと思います。

実際に何者かが犯罪を犯すとき偽名を使います。

現在は改善されましたが、まったくの他人になりすまして銀行口座を作り、誰かからだまし取ったお金をそこに振り込ませるという手口に使われたことがありました。

このような事件が多いことから、現在は本人証明の書類と印章を見せなければいけないなどの工夫がされるようになりました。

このように偽名は犯罪者が使うイメージが根付いています。

しかし一方で、平和的な運動や社会運動をしている人が、偽名を使う場合もあります。

正しいことをしていても、弾圧される可能性があるからです。

最近ではノーベル平和受賞者のマララさんが、タリバーン支配を偽名で発信して、世界から注目されました。

このように自分だと分ってしまうと、命が狙われてしまう可能性がある人が偽名を使う場合もあります。

私たちは滅多なことで犯罪もしませんし、命を狙われることもありません。

でも生きていれば偽名を使いたくなるシーンも出てくるでしょう。

そもそも「偽名」とは?


「偽名」の意味は「本名を隠すための、いつわりの名」とされています。

大抵は悪いニュアンスに思われがちで、イメージ的にもあまり良くありません。

でも使われるシーンは必ず悪いことばかりではなく、使う人によっては平和的にそして面白く、みんなを楽しませるために使うこともあります。

偽名を使うか本名を使うか…

偽名を使うか本名を使うか、そんな場面に遭遇したことはありますか。

偽名を使うなんて普通に生活していたら、そんなことないんじゃない?と思うかもしれませんが、意外といろんなシーンがあるものです。

駅前でのしつこいアンケートなどもそうでしょう。

アンケートだけだと思ったら、名前や住所も求められて困ったことはありませんか?

そんな時、後々めんどうになりそうだと思い、とりあえず偽名を書いたことがある人もいると思います。

その逆に、本名をしっかりと告げたいシーンもあります。

例えば大金を拾ったときなど、落としてしまった人が出てこなければ拾った人にいくらか戻ってきます。

これは絶対に本名で名乗りたいですよね。

また、偽名とは少し違いますが「匿名」が許されるシーンもあります。

例えば事件を目撃した場合です。

最近は虐待をされているという通報は匿名でも良いとされています。

偽名、本名を使うシーンは日常にたくさん潜んでいるのです。

突然に偽名や本名を使う場面を迫られることもありますが、使う側の諸々の思いによっても違ってくるのです。

偽名を使う7個のメリット・デメリット

ここで偽名を使う際のメリット・デメリットをお伝えします。

偽名と聞くとどうしてもマイナスなイメージばかりわいてくると思いますが、それは仕方ないことです。

偽名の偽は「いつわり」と読みますからね。

しかし偽名を使うことは悪いことばかりではありません。

ここでメリットもデメリットも知れば、とっさの時に偽名を正しく使うことが出来るでしょう。

偽名を使う7個のメリット

まずは偽名を使うことで得られるメリットを紹介します。

意外とメリットはありますので、皆さんの日常の場面で使ってもらえたらと思います。

これから紹介するメリットはなんと7個もあるんです。

偽名を使う時、普段から正直な人はちょっと気が引けるかもしれませんが、役に立つこともあるのでぜひチェックしてみてください。

状況に応じて使い分けできる


まずは偽名を使う際に最も見極めなければならないのが、今自分がいる状況です。