CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

うわべだけの友達の15個の特徴。本当の友達になるには?


別に仲が悪い訳ではないけど、そこまで深い仲ではないという友達がいる人は多いのではないでしょうか。

この記事では、うわべだけの友達の特徴と本当の友達になる方法をご紹介したいと思います。

この記事を読んで、ぜひうわべだけの友達を卒業しましょう!

この記事の目次

うわべだけの友達と本当の友達がいる?

たくさん友人を持つ人なら分かると思いますが、付き合いが深い相手と、それほど深くない相手がいると思います。

大人になればなるほど、うわべだけの友達と本当の友達の区別がハッキリとしてくる傾向があります。

それは生活スタイルによって違ってきたり、価値観が変わってくるからでしょう。

だから、自分の身の回りにうわべだけの友達がいても、嘆くことはありません。

うわべだけの友達の15個の特徴と本当の友達になる方法


自分がうわべだけの友達と思っていた相手が、自分のことを大事に思っていてくれていたなんてこともあります。

そして逆に、親友だと思っていた人がある事をきっかけに、うわべだけの関係なってしまったなんてこともよくあります。

ここでは、うわべだけの友達の特徴15個と本当の友達になる方法をお伝えします。

「この人、自分にとって本当の友達なのだろうか?」と疑問に思ったときに参考にしてみてください。

1.お互いのことを深く知らない

お互いの基本的な情報が分からない時点では、うわべだけの友達だといえます。

たとえば、住所、どんな職業か、出身地、恋人の有無など、これらは、男女関係なく話のベースになるもので、必ずと言って良いほど会話の中に出てきます。

これらの情報は出会って間もない頃に出てくる話題です。

相手が言いたがらない人は、あなたを警戒しているか様子を見ているので、会話に工夫が必要となってきます。

でもその工夫もそれほど難しいことではありません。

あまり構えず、気軽に会話をしてみましょう。

まずはお互いを知ろう

何はともあれ、お互いのことを知るのは大事です。

一辺にたくさんの情報を提供したり、情報を与える必要はありませんが、少しずつ話をしていきましょう。

新学期や新入社員になったばかりの時など、自己紹介は同い年や、同僚だった場合はサラっとしかしていませんよね。

お互いを少しでも知れば、そこから話が広がり、仲良くなる手がかりが見つかります。

自分のことを積極的に話してみよう

相手の事が知りたいと思った時、一方的に質問するのはよくありません。

まずは自分の情報を提供しましょう。

「私、最近アニメの○○見てるんだけど、アニメとかみる?」など自分の趣味を言うのも良いでしょう。

どこから通っているか、オーソドックスに今日や明日の天気などもいいです。

よほどぶっ飛んだ会話の切り口でなければ、ジャンルはそれほど気を遣わなくても大丈夫です。

自分が思ってるより、相手はそれほど身構えていませんし、思った以上にフランクな返事をしてくれます。

身構えずに自分のことを話してみてください。

2.無言の時間が辛い


無言の時間があると辛いと感じるかもしれません。

この時間こそがいかにも「うわべだけの友達」という感じがしてしまいますよね。

喋らない相手に対して「何か話してよ」とか「この人、私のこと嫌いなのかな」とか「なんか嫌な感じ」と思ってしまったことはありませんか?

実は相手も同じ事を考えている可能性があります。

気まずそうにすると相手も気まずくなる

気まずそうにしていると、相手も??本当にそうなの?と思ってしまいますよね。

実は、自分の緊張感や安心感というのは伝染するんです。

だから自分が気まずそうにしていると、相手も気まずそうになってしまうのです。

そんな時に役立つのが、「雑談力」です。

このワードを聞いて、とてもハードルが高そうに思えますがそうでもありません。

この雑談力は別な言い方をすると「聞く力」でもあります。

傾聴という言葉をご存じでしょうか。

相手の話を真剣に聞き、共感することです。

この傾聴が出来れば、相手は自分の事を礼儀正しい人だなと思ってくれます。

そして少しずつかも知れませんが、心を開いてくれるでしょう。

ただ、この傾聴ですが相手が話し終わった後に、アドバイスや説教じみたようなことを言うのは止めておきましょう。

相手はただ、あなたを信頼して話してくれただけなので、共感するだけに止めておきましょう。

無言の時間があっても気にしないようにする

無言の時間は気まずいものです。

沈黙が怖いあまり、やたらおしゃべりになって余計なことを話してしまったりすることもあるでしょう。

そしてまた、「この人、私のことが嫌いなんだろうな」と無駄に落ち込んでしまうことを考えたり…。

でも無言の時間があったとしても、気にしないようにしましょう。

3.二人きりで会うのは気まずい

複数人なら良いけど、二人きりで会うのは気まずいという友達もいると思います。

そういう人とは、まず二人きりで会うのはやめておきましょう。

まずは次に紹介する2つのステップを実践してみてください。

まずは数人で何回か遊ぶ

まずは何人かで会いましょう。

グループで会うと会話も弾みますし、その中で仲良くなりたい人の情報を仕入れたりするのもよいでしょう。

時間が経つにつれ、相手の趣味や食べ物の好みなどがだいたい分かってくると思います。

そして数人で遊ぶと、相手と自分の距離感も分かってくるでしょう。

自然に会話できるようになったら二人で遊んでみる

まずはグループで遊んで、会話できるようになったら二人で遊ぶようにしましょう。

グループで遊んでいる時に、十分盛り上がっているようだったら長い時間一緒にいても大丈夫だと思います。

まだちょっと心配な人は、短時間から遊んでみましょう。

例えばまずはお茶を飲む程度にするなどがいいです。

他にも、2人の間に何かを間に挟むのもいいでしょう。

例えば、映画を観るのもいいです。

映画なら喋らなくてもいいし、見終わった後に2人でそのことについて話すこともできます。

他にも、映画のように会話がなくても済むようなイベントが他にもあるなら、どんどん取り入れてみてください。

4.気を遣う

あまり親しくないと、どうしても気を遣ってしまいますし相手も気を遣ってしまいます。

これはあまり親しくない者同士の特徴と言ってもいいでしょう。

あまり親しくはないので、嫌われたくないという考えが先行して、どうしても自然と気を遣ってしまうのです。

こちらが気を遣うと相手も気を遣ってしまう

心模様というのは、何故か近くにいる人にも伝染してしまうものです。

こちらが気を遣うと、相手も同じく気を遣ってしまいます。

でもこれは悪いことではありません。

何故なら、気を遣うのは相手への思いやりでもあるからです。

もしかすると気を遣いすぎて、疲れてしまうこともあるかもしれません。

そんなことがないように、先ほどお伝えした「短時間だけ会う」ことをおすすめします。

一度気を遣わずに接してみる

グループで会ってみた後に、2人で会ってみて何となく気心が知れたら、一度気を遣わずに接してみましょう。

ありのままの自分を見せてみましょう。

そうすることによって、相手も心を開いてくれるでしょう。

今まで気を遣っていた話し言葉を少しフランクにしてみたりするのもいいです。

手っ取り早いのは、お酒の力を借りることです。

美味しい肴とお酒があれば、自然と話が弾むものです。

5.会話が盛り上がらない

うわべだけの関係の特徴の1つに、話が盛り上がらないというのがあります。

でもこれは、仲が良くてもよくあることです。

あまり気にしないようにしましょう。

会話が盛り上がらなくて焦ってしまうかも知れませんが、相手は意外と気にしていない場合が多いです。

でも気になるようなら、会話のネタを用意しておきましょう。

相手の趣味や興味のある話題を振ってみる

話が途切れてしまった場合は、相手の趣味や興味のあることを話してみましょう。

自分のことに興味を持ってくれることは嬉しいことです。

そして相手も、自分の事を話す場面はなかなかないものですから、喜んで話してくれますよ。

また、相手の何かを褒めるのも良いでしょう。

例えば着てる服や、バッグなどのデザインに興味を持ち質問してみるのも会話に幅が広がります。

また、会話を続けたいなら聞き上手になるといいでしょう。

真剣に聞いてくれると、自分が大事にされているように思いますので悪い気はしません。

6.会話の内容が薄い

うわべだけの関係だと、会話の内容が薄いこともあります。

例えば学校内や会社内でのこと、ワイドショーを見た感想、政治経済などなど、普段自分にとってどうでもいいことなどが話題にあがったりします。

確かにうわべだけの関係や、まだ仲が深くない間だと会話の内容が薄いです。

でもこれは、挨拶のようなものなのです。

「こんにちは」の延長上の会話だといえるでしょう。

「こんにちわ」に浅いも深いもありませんからね。

内容が薄い会話をしている時間は、相手の心の状態を見せ合っているといってもいいでしょう。

何気ない会話のやりとりで、相手の受け答えでその日の機嫌や、ちょっとした健康状態などがわかります。

世間話程度であまり敏感になる必要も無いですが、世間話にはそのような役割もあるのです。

真剣な話をしてみると仲が深められるかも

うわべだけの会話では、確かにいつまでたっても仲は深められないでしょう。

だからといって、相手に真剣な話を求めるのも申し訳ありません。

なので真剣な話は自分からするようにしましょう。

最初は、ちょっとした相談ごとから話してみてください。

仕事の事や人間関係などが良いでしょう。

あまりにも内容が軽いと、世間話の延長になるので内容は選んでください。

真剣な話は徐々にしていくようにしましょう。

そして話し終わった後は、「あなたはどう思う?」と聞いて意見交換をしてください。

相手があなたの話に何か答えてくれたら、あなたもその話に真剣に聞いて、少しずつ話を広げていってくださいね。

7.関わることがなくなると連絡を取らなくなる

うわべだけの関係だと、一時的に関係があっても用事がなくなると連絡が途絶えることが特徴に挙げられます。

仕事のプロジェクトで一緒だった人が、終わると連絡が来なくなったりするのはよくあることです。

その時は、仕事が2人を繋げていましたが、それがなくなると連絡がしずらくなるというわけです。

悲しいですが、これは普通に起こります。

こちらから連絡してみる

気になる相手で、もっと仲良くなりたいと思うようでしたら、こちらから連絡してみましょう。

きっとこれまでに、「連絡して断られたらどうしよう」「素っ気ない態度をされたらどうしよう」と考えてしまい、連絡できずにいたのではないでしょうか。

でもそんなことは気にしなくてもいいです。

もし断られたら、それはそれで諦めてしまいましょう。

断られてしまうと、今までの「どうしようかな」という気持ちが吹っ切れてしまいますよ。

8.本当に会いたいときに会えない

助けて欲しいとき、話を聞いてもらいたいとき、いの一番で駆けつけてくれるのが友人です。

でも、そんな時に連絡しても「また今度ね」とか「今忙しいから」と理由づけて会わない人は、うわべだけの関係といえるかもしれません。

もちろん相手の都合もあるのでしょうが、もし深い仲なら会ってくれることが多いでしょう。

相手が落ち込んでいるときは時間をとって会いに行こう

もし仲良くなりそうな人が、何かで落ち込んでいたら時間を取って会いに行きましょう。

そして真剣に耳を傾け、心の声を聞いてあげてください。

的確なアドバイスはできなくても、ただ真剣に聞いて共感しましょう。

上手く話せなくてもいいのです。

相手は話しているうちに頭の中が整理されて、心の中も落ち着いてきます。

話を聞いてくれるというだけでも嬉しいですが、でも一番嬉しいのは時間を割いて自分の所に来てくれたことです。

時間はお金よりも価値があるもの。

だから皆、自分にとって価値がないと思うことには、時間を割いてまでしようとしないのです。

相手にわざわざ「忙しい中、時間を割いて来てやった」と言わなくても、相手には忙しい中来てくれたというだけで嬉しいものなのです。

9.本音や自分の意見を言わない

うわべだけの関係だと、なかなか自分の意見を言いません。

嫌われたらどうしようとか、引かれたらどうしようという考えが先立ってしまうからです。

でもずっとこのままだと、いつまでたっても深い仲にはなれないでしょう。

ある程度仲良くなったら少しずつ本音を言えるようにしておいてください。

ただ気をつけたいのは、相手を傷つけるような本音は言わないことです。

「最近太ったんじゃない?」とか「彼氏ってあなたと不釣り合いよね」とか、思った事を言わないようにしましょう。

ただ思った事を言うのと、本音を言うのは違います。

仲良くなってくると口が悪くなってくることもあります。

ついつい、口からポロっと言ってはいけないことを言ってしまうこともありますので気をつけましょう。

自分から本音を話してみる

自分の本音や意見を言うのは、どこか気恥ずかしいし、どう思われてしまうのだろうと思うと、なかなか本音が言えないものです。

でもそのままでは、いつまでたっても自分の事を知ってもらえないし、うわべの関係のままなのでぜひ本音を話してみてください。

しかし、相手が何かを言ってくれた意見に対して言ってはいけません。

それはもう少し仲良くなってからにしましょう。

では何に対して本音を言うのか、それは自分の意見を本音を言うのです。

普段自分が考えていることなどを話してみましょう。

例えば普段疑問に思っていることや、残念に思うこと、悔しいと思っていることなどを話してみてください。

そして意見を求めてみましょう。

そこから会話が生まれますし、お互いの心の中を知ることが出来るでしょう。

10.一緒にいるとなぜか疲れる

うわべだけの関係だと、どうしても気を遣ってしまうので疲れてしまいます。

身体が疲れてしまうのではなく、心が疲れてしまうのです。

仲良くなろうと頑張れば頑張るほど、無駄に気を遣ってしまうからでしょう。

その他にも考えられる理由としては、普段あなたが人とあまり接していないので、「人疲れ」している可能性も考えられます。

人付き合い自体がまだ手探り状態なのかもしれませんね。

なので、自分のコミュニケーション能力をよく考えてから、一緒にいる時間などを考えて、お互いが疲れないように工夫をしましょう。

お互いに気を遣ったり無理をしているのかも

一緒にいると疲れてしまうのは、やはりどこかで無理をしているのでしょう。

その理由で考えられるのが、自分の意思で動いていない状態であることです。

もっと詳しく言うと、相手に合わせていたり相手にコントロールされていることも考えられます。

仲良くなろうと思い、相手の言うことにただ言いなりになったりはしていませんか?

最初は相手の喜ぶ顔が見たくて、お願い事をされたりしても嫌な顔しなかったりしても、時間が経つにつれ「あれ?」と思うことが増えていませんか。

そんな違和感を感じたら、とりあえず距離を置いてみましょう。

無理に一緒にいなくてもいい

仲良くなりたいはずなのに、何となく疲れてしまったり相手に違和感を感じる場合は、無理に一緒にいなくても良いのです。

せっかく声をかけたのに、せっかく少しでも仲良くしてもらったのにと思うかもしれませんが、「疲れてしまう」という事実がもう答えなのでしょう。

もしかしたら、「自分は本当に人付き合いが下手だな」と落ち込むかもしれませんが、そんな事は気にしなくてもいいです。

疲れてしまう思いをしてまで人付き合いをする必要はありません。

11.お互いのプライベートを知らない

うわべだけの関係だと、お互いのプライベートな情報を知っていないことが多いです。

例えば勤め先や、詳しい住所、恋人の有無など知らないことがあるでしょう。

普通の関係ならば住所くらいは知っているようなものですが、世代によっても違うかもしれません。

最近は手紙を出すこともありませんし、ほとんどメールやLINEです。

しかも年賀状を出すことも少なくなったので、住所を知ることもなくなったのかもしれません。

プライベートを知っていたら、仲が深いのかといえば必ずしもイコールにはならないのですが、あまりにも知らなさすぎるのも寂しいものですよね。

ちょっと踏み込んだ話しをしてみる

プライベートをあまり知らないのも寂しいので、そんな時は自分から少し踏み込んで話してみましょう。

踏み込んだ話というと、シリアスな話を想像するかもしれませんが、それほど深くなくても良いです。

例えば家族の話や恋人の話を自分からしてみましょう。

その上で、「あなたは?」と聞いてみてください。

そう聞いて、お茶を濁されたりしてもあまり気にしないでください。

こんな時、相手がどうしてプライベートな事を言わないのかというと、その理由はいくつか考えられますが、実は相手もあなた同様、おっかなびっくりで人付き合いをしようとしているのかもしれません。

つまり相手も手探りの状態だと考えられます。

なので、もし踏み込んだ話をする時は自分からするようにして、相手には無理に話をさせないようにしましょう。

12.肯定や賛成しかしない

まだ仲が深くない関係だと、相手の意見に関して否定はしません。

肯定か賛成しかしないものです。

本当は自分の否定的な意見を言いたいけれど、嫌な顔をされたりしたらどうしようなどと考えてしまうからです。

でも、この肯定か賛成かしかしない会話も実は悪くないのです。

例えば、相手が悩みを話している時や愚痴を言っている時など、ただ共感して欲しい時もあるものです。

特に女性の場合は、共感してほしい生き物です。

なのでそんな時は、ただその人の存在を肯定して意見に賛成してあげましょう。

間違ったことは間違っていると言う

本当は、間違ったことを間違ってると言いたい。

でも、嫌われたら…と思うとなかなか言えないものです。

ではどのタイミングで言って良いのかが問題となります。

言うタイミングは、相手がたくさん話した後にしましょう。

または、相手が話し終わった後に「どう思う?」と聞いてきたらにしましょう。

とはいえ、女性の「相談ごと」は一方的な会話で終ってしまう場合が多いです。

「どう思う?」「どうしたらいい?」と聞かれ、的確なアドバイスをしても「でも」や「だって」で返してくるでしょう。

なので、間違っていると指摘するなら、本当にここぞというときだけにしましょう。

道ならぬ恋をしている、犯罪に手を染めようとしているなど大事な時にだけ言うようにしましょう。

13.悩みがあっても相談しない

悩み相談はうわべだけの関係だと、なかなか言いづらいものがあります。

誰かにバラされたらどうしよう、悩みの内容が深すぎて引かれたらどうしようと考えてしまいますよね。

それは誰もが思ってることで、相手も自分も同じ思いなのです。

なので相手が悩み相談してこなくても、冷たいとか薄情とか思ってはいけません。

また、悩み相談というのは、解決したいという気持ちもありますが、「話を聞いてもらいたい、胸のうちの苦しみを共感して欲しい」と思っているので、何も言わず聞いてあげるのがとても大事になってきます。

もし普段あなたが、正論ばかり言っているような人なら、悩み相談があっても言いづらいかもしれませんね。

まずは自分が相手を信用して相談してみる

相手が悩み相談を言いやすいように、まずは自分から相談してみましょう。

うわべだけでなく、相手のことをよく知り、良いところがわかってからにしましょう。

心を開くのは勇気がいることです。

でも相手を信用しないと、いつまでたってもうわべだけの関係のままになるでしょう。

でも無理に言うことはありません。

自然の流れに身を任せてみるのも正解です。

お互い心を開くのは、もしかしたら2年後、3年後かもしれません。

しかしそれも「ご縁」なのだと心得ておけば、焦ることもないでしょう。

14.ドタキャンや遅刻が多い

たまにドタキャンや遅刻する知人や友人がいますよね。

言い訳をいろいろ言いますが、ドタキャンや遅刻をする人は、そのことについてあまり罪の重さを感じていない人たちです。

彼らの言い分の1つに、会う約束したときはウキウキなのですが、当日になると気が重くなりドタキャンをしてしまうのだそうです。

しかしこれは、言い訳に過ぎません。

ドタキャンや遅刻する人は、相手をナメている可能性があります。

きっと初めのデートなどでは遅刻することはあっても、ドタキャンするような人はいませんよね。

大好きな人となら絶対にそのようなことはないでしょう。

ドタキャンする人・遅刻する人は、厄介な事に何度もドタキャンや遅刻を繰り返します。

一度そのことについてはっきりと伝える

あなたから強めに誘って、仕方なく来てくれるような場合でドタキャンされるなら、なんとなく分ります。

でもお互いに「それいいいね!行こうよ、行こうよ!」と意気投合しているのに、ドタキャンするのは良くありません。

もし何度もドタキャンや遅刻をされるなら、そのことで嫌な思いをしていると伝えましょう。

とはいえ、相手の言い分はあなたの満足がいく理由とはならないでしょう。

とてもふんわりした理由で言い逃れるはずです。

そのような人は、人の気持ちがわからないのに、自分がピンチの時には必死で訴えてくることもあります。

うわべだけの関係は寂しいと思う部分もありますが、平気で人を振り回す人もいますので気をつけたいところです。

ドタキャンが何度もあるようでしたら、うわべだけの関係のままにしておきましょう。

15.自慢話やマウンティングが多い

たまに自慢話やマウンティングする人っていますよね。

聞く方も最初は「すごいね」とか「羨ましい」と言葉にしますが、毎回聞いてると嫌になることもあるでしょう。

うわべだけの関係の人は、自慢話をしてくる人が多いです。

自慢話している人は、あなたを仲のいい人だから話している可能性もありますが、聞かされる方はウンザリですよね。

しかもマウンティングする人は、自分の話はいっぱいするのに、人の自慢話はあまり関心がなさそうに聞くので腹が立つものです。

一緒にいて楽しくないなら距離を置く

自慢話を聞いてもつまらなく、心から凄いと思えない。

しかも自分の自慢話は聞いてくれない。

これでは、もう友達の関係としては破綻していますよね。

うわべの関係を何とかしようと頑張ってみても、結果的に楽しくないのなら距離を置くのをおすすめします。

どうせ仲良くなるなら楽しい方がいいし、一緒にいて心が温かくなるような関係が理想です。

人間は誰とでも仲良くなれる訳ではありません。

無理しても心が疲れるだけなので、自分の心に「本当にこの人と一緒にいたいのか?」と聞いてみましょう。

うわべだけの友達じゃなく本当の友達を増やそう!

人間関係や人付き合いは難しいものです。

うわべだけの関係を本当の友達関係になるには、予想以上に時間がかかる場合があります。

その間あなたは寂しい思いをするかもしれません。

人の関係は縁ですから、思うようにいかないのは当たり前なのです。

だから、あなたの人間性に関係なく、人生の中で本当の友達がいない期間もあると心得ておきましょう。

いろんな人生経験を重ねていくうちに、人は円熟味が出てきます。

きっとそんなあなたを見て、友達になりたいと思ってくれる人も出てくるでしょう。

その時は心から相手を信頼して、優しく接してじっくり関係を築き上げてくださいね。

ページトップ