女性が好きになる男性のタイプは、年令を重ねるに従って変わっていきます。

特に、学生から社会人になるとコロっとそのタイプが変わりますよね?

学生の頃はヤンチャだったり、イキってる男子をカッコイイと思いがちですが、社会人になると大人な「いい男」がモテるのです。

では、「いい男」とはどういう基準があるのか?

その特徴を見ていきましょう!!

①はっきり断るところは断る

自分の生き方に広い心と自信を持っている人は、周りの人の意見や考えに安易に流されない傾向があります。

自分の人生は様々な人のお蔭で歩むことができたという感謝の広い心を持ち、周りの人の意見や考えを聞きながら無視せずに、自分の考えを表現し、相容れないときは、ハッキリ断るところは断る毅然さを持ち合わせている男は、いい男と言えます。

安易に周りの人の意見や考えに迎合する男には、心を許さないことが大切です。

周りの人から好かれたいために、周りの人の意見や考えに安易に迎合する男は、いい男からは縁遠い存在です。

ハッキリ断れる男は、生き方や考え方がカッコいい男と言えます。

優しいが全てではない

あなたのことを真摯に想い大切にする男は、あなたへの優しさだけで心を掴もうとはしません。

あなたを大切にするために、時には、あなたの足りない面に気づいたとき、助言や指摘をするために厳しいコトバを向けてくることができる男は、いい男と言えます。

大切な人との人間関係づくりの中では、優しさだけではお互いの関係を成長させることが難しい場面もあります。

そのような時には、厳しいコトバで率直な意見を交わし合うことが必要になります。

あなたと率直な意見を交わし合える男は、いい男と言えます。

②仕事を頑張っている

男が仕事を頑張る理由として、大きく2通りあります。

ひとつは、自身の社会的地位を獲得するために、周りの同僚よりも優位に立とうとする競争意識の強い男です。

もうひとつは、自分の身近な人の幸せと自身の幸せな生活のために頑張り、身近な人を大切にする心をもった男です。

仕事を頑張っている男を観るとき、あなたはどちらのタイプの男をいい男と思うかにより、あなた自身の価値観が見えてきます。

③高い目標に向かって精進している

日々の生活の中で、人生に真摯に向き合う男は、将来に向けて高い目標をもつ傾向があります。

高い目標に向かって精進し、正面から『壁』に向き合い乗り越えていく男は、いい男といえます。

しかし、目標に向かって歩んでいる男を見るとき注視しなければならない点があります。

高い目標に向かうことで、周りの人の存在が眼中に入らず、自身の野望達成に向けて一心不乱に、時には周りの身近な人を踏み台にしてまで突き進む男が居ます。

また一方、自分と周りの身近な人も大切にしながら、高い目標に向かいつつ、身近な人の幸せも視野に入れながら精進し続ける男も居ます。

あなたは、どちらの男をいい男と見るか自己判断してみましょう。

あなたが、どちらの男をいい男と評価するかを省みることで、あなたが男性からどのように観られているかの判断材料のひとつになります。

あなたが、後者の男をいい男と観るなら、あなたは男性から大切に観られていると言えます。

④いつも正直で素直

いつも正直で素直な男は、自身の生き方にしっかり根を張り、誠実な人生を歩んでいる、いい男と言えます。

自分に自信が持てない男は、日々の生活の中で、仕事などで厳しい場面に向き合ったとき、安易な逃げ道を探してスリ抜ける生き方をしてきたことを物語っています。

自分に自信が持てず、弱点を隠そうとする男は、正直さ素直さは持ち合わせていません。

正直で素直になることは、自分をさらけ出すことに等しいため、自分をさらけ出せる男は、裏オモテのない信頼のできる、いい男と言えます。

⑤人の愚痴は絶対に言わない

人の愚痴は絶対に言わない男は、周りの人を大切にする心の広さと温かさをもった男と言えます。

人の愚痴を言う男は、心の奥に寂しさと劣等感を隠し持っていることの顕れです。

劣等感を抱いている男は、周りの人と、いつも比較する傾向があります。

周りの人の愚痴を言うことで優越感を作り上げて、自身の劣等感を隠そうとします。

あなたの身近に、人の愚痴を言う男がいるなら距離をおきましょう。

安易に距離を縮めると、あなたが愚痴の対象になることもあります。

いい男は、周りの人と快い温かさをもった関係を築くことができますので、人の愚痴は絶対に言わないです。

また、観かたを変えると、人の愚痴を言う男は、人の欠点ばかりに興味をもつ心の狭い男と言えます。

男が日々の生活の中で、絶えず自身の欠点ばかり気にしながら生活していることで、自ずと他人の欠点ばかり気になってくるものです。

周りの人の欠点を挙げ愚痴を言うことで、自身の欠点を忘れようとする心理状態の顕れといえます。

いい男は、自身の欠点に気付いていても、その欠点を補うために、長所を更に伸ばそうと前向きに考え行動し、人の愚痴は絶対に言わないプラス思考ができる男です。

⑥つらい経験はたくさんしてきた

人生の中で様々な困難な課題に直面した場面で、逃げずに真摯に向き合って乗り越えてきた男は、『つらい経験はたくさんしてきた』と言い、『しかし、多くのことを学ばせてもらった』と付け加えることができるのです。

つらい経験をプラス思考で振り返り、『つらい経験=自身の糧』とすることができる男は、いい男と言えます。

他人を受け入れる大きな心を持っている

『自分の人生は様々な人のお蔭』と心に刻み込んでいる男は、他人を受け入れる大きな心を持っているイイ男と言えます。

一方、自分の努力だけで人生を築いてきたと自負する男は、他人を受け入れる心を持っていません。

この男の人生の中には、他人の存在が眼中にないのです。

男の心の広さと狭さは、今まで歩んできた人生経験の多様さと深さにより大きく左右されてきます。

日々の生活の中で思うように事が運ばないときや失敗したときに、常に他人に責任を負わせるような他人を踏み台にしてきた男の心は、無きに等しいくらい狭いといえます。

しかし一方、人生の中で思うように事が進まないときでも、責任は自身にあるという確たる信念のもとに乗り越えてきた男は、厳しさをトコトン味わった分、他人を受け入れる大きな心を持っているものです。

⑦優しさは安売りしない

優しさには2通りあります。

心のこもった本当の優しさと見せかけの優しさです。

心ある男にとって、心のこもった本当の優しさは安売りしないものです。

いい男は、本当の優しさは安売りできないくらい『重たい』ものであることを解っています。

しかし、本当の優しさを分かっていない男は、他人の目を自分に惹きつけるために、心のこもらない見せかけの優しさを振りまきます。

見せかけの優しさは、自分をいい男に見せようとするための『手段として使う』優しさですので、安売りし易い面をもっています。

しかし、自分の人生を振り返り、『沢山の人々のお蔭だ』と省みることのできるイイ男は、他の人を大切に思う『目的としての』優しさを向けてきます。

いい男は、他の人を大切にする心が根付いていますので、優しさを安売りしません。

⑧見返りを求めない

人は日々の生活で織りなされる様々な人間模様の場面で、助けたり助けられたりすることの繰り返しを経験することで、成長していく面をもっています。

仕事やプライベートなど様々な場面で、他の人から助けられたお蔭で乗り越えることができたと考えている男は、他の人が困っている場面に出くわしたとき、助けの手を差し伸べることができます。

他の人の困る姿に手を差し伸べて助けた結果、見返りを求めない男が本当の親切心をもったいい男です。

一方、見返りを求める男は、見せかけの親切さを振りまく傾向があるので用心しましょう。

相手に期待もしない

相手を大切にすることのできる男は自分のために、相手に期待をすることはしません。

一方、自分のために相手を利用しようと考えている男は、相手に期待するものです。

自分の欲求を満たすために相手を利用する男は、見返りを求めるために、相手に期待をします。

しかし常日頃、周りの人を大切に考えて日々を送っている男は、自分のために相手に期待を抱くことはありません。

相手に期待をせずに、自身のチカラで誠心誠意努力している男は、信頼できるいい男と言えます。

⑨いつでも相手の時間を大切にしてくれる

人生にユトリを持ち、心に余裕をもった日々を過ごしているいい男は、周りの人への心配りをする余裕があるため、いつでも相手の時間を大切にしてくれます。

時間の大切さを認識できる男は、今まで歩んできた人生経験の中で壁と言われる課題を正面から乗り越えてきたことで、時間の大切さを実感してきたことを物語っています。

しかし、自らの人生に正面から向き合わずに、逃げ道を探す人生を過ごしてきた男は時間の大切さを知る由もありません。

時間の大切さを実感しているいい男は、自分の時間と相手の時間の区別なく、いつでも相手の時間を大切にしてくれます。

⑩頭のなかの考えごとは常に8:2

8:2の法則は日常生活の様々な場面で現れてきます。

例えば、お店の売り上げの8割は2割のお得意様のお蔭と言われています。

人が生きていく中で、様々な課題に直面したとき、最も大切な『2』を自ら乗り越えることで、他の多くの『8』へ広い影響を及ぼし、人生が良循環に展開していくことがあります。

頭のなかの考えごとの8割は自分の人生をステージアップさせるための方策で占められていて、残り2割は大切な身近な人への思いやりで占めている男は頼れる男です。