日本には四文字熟語という独特の用語があります。

四文字熟語とは、その名の通り四文字で構成された言葉であり、その四文字だけで様々な広い意味を示すものです。

その中でもよく耳にする有言実行という言葉。

そしてその反対語でもある不言実行という言葉。

これらの言葉はどちらも良い意味で使われる言葉ですが、その本来の意味をご存知でしょうか。

また反対の意味であるにも関わらず、どちらも良い意味で使われるのにはどのようなことからなのでしょうか。

今回は不言実行そして有言実行の意味と、それらの言葉から考えられる日本男児のあるべき姿を紹介していきます。

不言実行は美徳?

不言実行とは、どのような行為のことを示すのでしょう。

またその行為は美しく褒められるべきことなのでしょうか。

まずは不言実行の意味と、不言実行をすべきなのか!?というその言葉を実際に自分の生活にどう活かすべきなのかを紹介していきます。

1. 不言実行の辞書的意味

不言実行とは、文句や理屈を言わずに、黙ってなすべきことを実行することをいいます。

不言実行は、「○○をする」とやることを告げずに黙って成し遂げるというイメージがありました。

しかし本来の意味は少し違うようですね。

やることを告げないのではなく、やること・やらないことに対して言い訳をしないというのが正しい使い方になるわけです。

使い方としては・・
「あの人は不言実行の人だよね」
「今が不言実行の時かもしれない」

こうして使ってみても不言実行とは聞き慣れない言葉ですね。

有言実行という言葉の方が多く使われていますが、実は不言実行の方が先にできた言葉であり、そこから派生してできた言葉が有言実行なのです。

2. 最近の若者の実態

ではこの有言実行という言葉が前に出ているのは、どうしてなのでしょうか。

それは、最近の若者の実態に合う言葉だからといえるでしょう。

つまりは最近の若者は不言実行ではなく、有言実行である人の方が多いということです。

有言実行とは、発言したことを責任を持って実践することです。

最近はSNSなどで、自分の目標などを不特定多数の人に発信する人が増えています。

・次のテストでは絶対に合格する
・今月は必ず5㎏痩せる
・来月は営業でトップになる
このように有言した上で、それに向かって努力するのが主流のようです。

そしてそれを成し遂げた時に、結果報告をし「有言実行」したと胸を張って主張するのです。

昭和の人と言われるような昔の人は、どちらかというと不言実行である人の方が多かったといえるでしょう。

言わない美学なのか、多くを語ることに格好悪さを感じてしまう時代だったのかもしれません。

黙々と自分の目標のために努力する。

それが昔の人。

目標を掲げて、その成果や結果まで報告する。

それが最近の若者。

どちらが良いというわけではありませんが、それぞれの時代がみえる二つの言葉ですね。

3. あなたの性格次第で不言か有言かを選ぼう

不言実行と有言実行は、その人の性格に合わせて選ぶのが一番です。

それぞれの言葉に合った性格とはどのようなものなのかを紹介していきます。

不言実行
・自分でプランや目標を立てて、マイペースに実行に移す方が良いと考える人
・人に言うことで余計なプレッシャーを感じてしまったり、責任を重く感じてしまう人
・多くを語るのが苦手であり、多くを語ることに美徳を感じない人
このような人は不言実行タイプです。

人に言わず、自分で目標を定めてコツコツと黙々と実行していきましょう。

有言実行
・人に伝えることでやる気が出る人
・認められたり褒められたりするのが好きな人
・アドバイスや叱咤激励が欲しい人
このような人は有言実行タイプです。

まずは人に宣言して公表して、それを糧に実行していきましょう。

不言実行と有言実行、どっちに価値がある?

不言実行と有言実行は似ていて非なる言葉です。

どちらも良い言葉ですが、この二つは対語であるといえるでしょう、またここまで紹介したように、それぞれの使う人の性格によっても、その言葉の活かし方が変わってくるものです。

では一般的には不言実行と有言実行は、どちらに価値があるのでしょうか。

それぞれの言葉に利点と欠点がありますので、紹介していきます。

1. 不言実行の利点

まずは、不言実行の利点から紹介します。

言わない美徳には、どのようなものがあるのでしょうか。

現在では少なくなってきている不言実行ですが、隠された利点はたくさんあります。

1. ひとりで黙々と目標に向かって努力する

なんでもコツコツと努力するタイプの人にとって、有言実行をしてしまうと何らかの妨害が入る可能性があります。

一緒に切磋琢磨しようと人が集まることで、集中できなくなりあなたの進みたい方向へと行けなくなることもあるかもしれません。

不言実行であれば、自分のペースで誰に妨害されることもなく目標に向かって努力することができます。

ひとりで黙々と打ち込めるというのは、ストレスもなく不言実行することの大きな利点です。

2. 目標を達成した後の周囲の感心がより大きくなる

何も言わずにサラリと物事を達成している人は、周囲の感心をより高めることができます。

もちろん有言している人の方が、注目は集まるでしょう。

例えばスポーツ選手で「絶対に金メダルをとる!」と言っている人がいれば、本当に金メダルをとるのかと注目が集まります。

結果、金メダルを獲得すれば有言実行の選手として讃えられるはずです。

一方で何も発言せず注目もしていなかった選手が金メダルをとると、世間は驚きます。

注目していなかったからこそ、より感心が高まるのです。

日本人の傾向としても不言実行した人の方が好感が持たれるのかもしれません。

3. 周囲から邪魔されない

何か目標を掲げることで、それを妬む人がいます。

その嫉妬から、どうにかしてその目標を阻止しようと邪魔をする人も現れるのです。

トップになる!
という目標を有言すれば、同じ目標を持っている人にとっては邪魔者になりますよね。

自分がトップになるために、どうにかしなければと焦りを感じてしまいます。

そして有言実行させないようにするのです。

不言実行であれば、持っている目標も野望も人に知られることがありません。

余計なライバルを作ることもないので、周囲から邪魔されることもないでしょう。

2. 不言実行の欠点

不言実行という黙々とこなすことの利点がある一方で、欠点もあります。

続いては、不言実行の欠点についてご紹介していきます。

1. 誰にも教えていないので、簡単にリタイヤできる

不言実行で進めていると、誰も何も知らないので、誰からも何も言われることがありません。

これは良いことでもありますが、逆に言うとその目標を諦めることも簡単になってしまうのです。

例えば「夏までに痩せる」と有言した人は、夏までに痩せないと周囲の人に口だけと思われてしまうので、必死で頑張るでしょう。

痩せた自分を見てもらわなければと奮い立たせるはずです。

しかし夏までに痩せることを誰にも言っていないのであれば、痩せなくても口だけと思われることはありません。

痩せようと考えていたこと自体知らないのですから、簡単にリタイヤできます。

言葉に出すことでリタイヤできない状況に自分を追い込むことも時には必要!それができない不言実行は、自然とリタイヤしやすい状況になってしまうのです。

2. 自分自身に打ち勝つ強い精神が必要である

不言実行の場合、誰からも叱咤激励をされることはありません。

立ち止まった時も悩んだ時も、自分で乗り越えなくてはいけないのです。

つまりはそれを乗り越える強い精神が必要です。

きっと誰でもない自分自身との戦いになるでしょう。

「もう諦めちゃえ!」
「別に誰にも言ってないし、やめても平気!」
そんな弱い心が自分を支配することもあるはずです。

そんな時に弱い心に打ち勝てるのか。

その強さがなければ不言実行は成り立ちません。

弱い心を受け入れるのは簡単です。

逃げることも簡単です。

だからこそ強い精神が必要となるのです。

3. 評価の基準がわかりにくい

有言実行の場合、言ったことを実行しているだけで他己評価を得ることができます。

言ったことをやった。

それだけの簡単で明確なことなのです。

しかし不言実行の場合、言わずに実行しているので、それが評価すべきことなのかどうかが他人には判断がつきません。

当たり前のこととしてスルーされてしまうことも多いのです。

評価の基準がわかりにくい=評価されにくい
同じことをしているのに有言実行の方が凄いと思われてしまうのです。

3. 有言実行の利点

不言実行の利点と欠点を紹介しました。

見方によっては、良さも悪さもあることがわかっていただけたかと思います。

では現在の若者の傾向でもある有言実行には、どのような利点と欠点があるのでしょうか。

まずは有言実行の利点から紹介します。

1. 公言したことで頑張る気持ちが強くなる

やはり有言実行することの利点は、自分へのモチベーションを高めるということでしょう。

公言することで、「言ったからにはやらなければ!」と自分の気持ちを強くすることができます。

また自分自身の気持ちを改めて認識することもできます。

不言実行の欠点で簡単にリタイヤできることを紹介しましたが、有言実行はその逆!簡単にリタイヤできない状況を自分で作ることで目標に向かって迷わず進むことができるのです。

2. 周囲が応援してくれる

「私はこれをやり遂げます」と公言することで、周囲の人に「あの人はこれのために頑張っている」と知ってもらうことができます。

あなたが悩んだ時には、その答えを導いてくれるでしょう。

あなたが困った時には、手を差し伸べてくれるでしょう。

あなたが立ち止まった時には、そっと背中を押してくれるでしょう。

周囲の人の応援で、自分を強く持つことができて、達成できることもたくさんあります。

これは有言実行だからこその利点なのです。

3. 自分をアピールできる

政治家は公約を国民に掲げます。

「私が当選した際には必ず○○します」と公言し、約束するのです。

その公約の内容で国民は投票する人を決めたりしますよね。

つまり公言することとは「自分はこんなことができる人間」とアピールすることになるのです。

そしてそれを有言実行した時には、その人の信頼も厚くなるでしょう。

不言実行の政治家がいても、何をしているのか何もわからず当選することはないでしょう。

やることを公言してこそ、自分というものをアピールできるのです。

4. 有言実行の欠点

さて、続いては有言実行の欠点についてです。

公言することで、どのようなマイナスがあるのでしょうか。

1. 公言したことでプレッシャーが増す

これをやる!と公言することで、自分を追い込むことができます。

これは良くもあり、悪くもあることなんです。

追い込むことで頑張れるのであればプラスの作用ですが、追い込むことでプレッシャーが増してマイナスの作用が働くこともあります。

「できなかったらどうしよう」
「もし達成できなかったらダメ人間だ」
「口だけの人だと笑われる」
そんな重圧が自分にかかり、身動きがとれなくなってしまう場合もあります。

公言することで自分の動きを抑制してしまうのであれば、言わない方が良いですね。

プレッシャーもやる気に変えられる人でないと有言実行は向いていないでしょう。

2. 義務感が強くなり、モチベーションが変容する

最初は自分自身で決めた目標が、公言することで目標ではなく義務になってしまうこともあります。

自分の夢として「こうなりたい」とキラキラした目標を公言したとします。

最初は自分自身のために掲げたもので、そのモチベーションも夢のためと思うと高かったことでしょう。

しかしそれがいつからか周囲に期待されるようになることで義務になってしまうのです。

「やりたい」と思っていたことが「やらなければいけない」に変わり、気が付くと自分ではなく、周囲の人のために仕方なく行っているという状況に。

これではモチベーションも下がる一方ですね。

なんのための夢や目標なのかもわからなくなってしまうでしょう。

有言実行+不言実行の組み合わせ

それぞれの利点と欠点をみてきました。

それぞれの言葉に良さと悪さがありますが、じゃあどちらの言葉を実践すべきなのか。

というと、なかなか難しいですね。

自分の性格で有言実行なのか不言実行なのか選べたら良いのですが、それでも悩んでしまった時には、この二つの言葉を上手に組み合わせてみましょう。

つまり最初にやるべきことは公言し、その後の過程やできない言い訳などはいっさいしないということです。

不言実行とは、もともとは言い訳をしないことです。

「○○をする」と公言だけはし、あとはそれを達成するために黙々と努力をしましょう。

これは有言実行であり、不言実行でもあります。

周囲が忘れた頃に達成をすれば良いのです。

どちらが良いかとどちらかだけを選ぶのではなく、上手く言葉の良い部分を自分に取り入れて言葉を使ってみましょう。

現代の日本男児の特徴

昔の男は不言実行。

男は多くを語らずに寡黙に遂行する。

それが当たり前でした。

しかし現代の日本男児は有言実行。

公言することで自分や周囲を高めていく。

そんな時代になりました。

この言葉からもわかるように、比べてみると日本男児というのは昔の姿から大きく変わってきていますね。

では現代の日本男児には、どのような特徴があるのでしょうか。

1. どっしり構えられず、細かいことを気にする

何があってもどっしり構える、まさに一家の大黒柱としてあるべき姿だった男性。

少しのことでは動じずに、そこにいるだけで安心できるような存在だったのです。

それが現在の男性は、どっしりと構えることができません。

いちいち細かいことを気にする神経質な人も増えています。

例えば付き合っている彼女がいるとします。

彼女の仕事が忙しく、なかなか会ってくれないという状況の時。

仕事が忙しいからと落ち着くまで、何も言わずに待ってくれるのが昔の男。

それを本当に仕事?と疑い気にして、会えないことに愚痴を言ってしまうのが今の男。

この違いです。

やはり男であれば、動じずに細かいことに気にすることなく、どっしり構えていてほしいと思ってしまいますよね。

2. 頼りがいが無い

何かあった時に頼りにならないのが現代の日本男児。

挙動不審になったり、てんぱったりしてしまうのです。

頼りになる人とは、最終的な決断をしてその責任をとる覚悟のある人です。

その人に任せておけば大丈夫という信頼が持てる人です。

自分を犠牲にしてでも、何かを守ろうとできる人です。

それが現代の日本男児にはありません。

まず優柔不断で決断をすることができません。

また責任逃れをしようとします。

自分を犠牲にすることができないのです。

その結果、重大な事柄からは逃げてしまう頼りない男になってしまったのです。

3. 草食系男子の増加

今は○○男子という括りで男性をタイプ分けすることが増えています。

この○○男子でいうと、昔の男性は肉食系男子であり、今の男性は草食系男子であるといえるでしょう。

積極的な肉食系から、消極的な草食系に変わってしまったのです。

昔は男性から告白やプロポーズをするのが当たり前でしたが、は女性から告白やプロポーズをしたというカップルも多いでしょう。

男性が草食系になったから女性が肉食系になったのか・・。

女性が肉食系になったから男性が草食系になったのか・・。

何が今の男性を草食系にさせてしまったのでしょうか。

不言実行以外の日本男児のあるべき姿とは

日本男児とはこうあってほしい!こうあるべきだ!
という戒めや願望もこめて、ここからは不言実行以外の日本男児のあるべき姿を紹介していきたいと思います。

今一度男性のあるべき姿を再認識してみてください。

1. 正義を貫く

今の男性は「貫く」ということをできる人が少なくなっています。

貫くとは、初めから終わりまで方針や考えを変えないで続けることです。

自分が正しいと思っても、周囲が反対や反感があると簡単に自分の意見を変えてしまう男性が多くなっています。

よく言えば臨機応変なのでしょうが、そこには自分の意志がなく流されてしまう弱さがあるのです。

昔の男性は、良くも悪くも頑固です。

自分が正しいと思ったことは、人がどう思っても貫き通す覚悟や強さがありました。

やはりこの頑固さは日本男児には必要なのです。

人に何を言われても、自分の正義を貫く。

その意志の強さが欲しいものですね。

2. 謙虚であること

日本男児の特徴として、非情に謙虚であることが挙げられます。

謙虚とは、控えめでつつましやかなさま。

また自分の能力や地位におごることなく、素直な態度で人に接するさまのことです。

今時の男性は、すぐに調子にのってしまう人が多いですよね。

自己評価ばかりが高く、成功すると必要以上に自分を過大評価して、偉そうに振る舞ってしまうのです。

自信がない男性が多いからこそ、自己評価を高めて武装したいという思いもあるのかもしれません。

しかしやはり日本男児たるもの謙虚でいてほしいものです。

どんな成功や地位を手にしてもいつまでも自分は成長中だと感じることができる人の方が、より大きな男になれるはずです。

3, 身体は強く心は優しく

男性は女性よりも強い生き物です。

それは身体のつくりはもちろん、心の強さもそうであるはずです。

身体は強く心は優しく。

このような男性になるには、身体も心も強くなくてはいけません。

身体だけ鍛えても意味がないですし、心が弱くてもいけません。

まずは身体を強くすること。

女性を守れるくらいの最低限の強さは身に付けておくべきですよね。

また心の優しさとは、心の強さです。

優しいというのは、何でも許して受け入れるということではありません。

時に優しく、時に厳しく、相手を思いやれる心がなくてはいけません。

そんな強さと優しさを持つ男性。

それが日本男児に求める、あるべき姿であるといえるのです。

4. 約束は小さなものでも必ず守る

よく約束に大小つける人がいます。

大事な約束。

守らなければいけない約束。

小さな約束。

破ってもいい約束。

こんな風に思うのはおかしいですよね?約束は約束。

そこに大きいも小さいもありません。

「大企業のアポイントが入りそうだから、中小企業の約束はキャンセルしておこう」
自分の利益を考えて、小さい約束を後回しにしてしまう人がいます。

もちろん大企業のアポイントの方が大きいものであり、大切だと感じてしまうでしょう。

しかし人とは積み重ねです。

中小企業であっても約束したのであればそれを守る努力をしなければ、全てが崩れてしまいます。

大企業を後回しにしてでも、きちんと約束を守ること。

それが礼儀であり、男としてのかっこよさでもあるのです。

5. 動じない強さを持つ

どっしり構えていて動じない男性とは、頼りになる強さを感じます。

まさに昔の将軍のようなイメージでしょうか。

さぁ、敵が攻めてきた!なんて時に、あわあわと慌てふためいてしまってはその国は滅びてしまうでしょう。

どんな時でも動じない。

敵が攻めてきた時には、冷静に今どうするべきかを判断することが大切ですよね。

それには心に余裕があることが大切です。

いつも自分のことでいっぱいで、余裕も器もないと、何か起きた時に容量がオーバーしてしまいパニックになってしまいます。

余裕がある男性は、何か起きた時にもそれを受け入れる容量があるのです。

自分だけでなく人のことも考えられる余裕と器があるのです。

それがある男性は動じない強さがあるといえるでしょう。

男性であれば、動じない強さを常にもっていてほしいですね。

そうしないと一緒にいる人まで共倒れとなってしまうでしょう。

6. 自分に自信を持っている

前項で、謙虚であることを紹介しました。

謙虚であることと自信を持っていることとは、逆ではないのか?と思いがちですが、謙虚である=自信がないということではありません。

謙虚とは自分を過信しすぎないことです。

そして人の意見に耳を傾ける素直さがあること。

この謙虚さは、自信がないから成り立つのではなく、むしろ自信があるからこそ謙虚になれるのです。

自分に自信がある人は、きちんと自分を認めてあげられるような努力をしている人です。

その努力の成果が出ているからこそ自信が持てるのです。

そしてその自信があるからこそ、素直に人の意見を聞き入れることもできるのです。

努力していない人は自分に自信が持てません。

自分に自信が持てないと謙虚さもなくなり、ただの弱い男になってしまいます。

自信があるということは強さも持てるのです。

努力して自分に自信をつけて強い男になる。

それこそ日本男児のあるべき姿です。

7. 決断力を持っている

決断力がある人とは、その決断に責任を持てる人です。

決断力のない人とは、その決断に責任の持てない人です。

つまり決断力がある人とは、責任感のある人です。

自分が決断したことに最後まで付き合おうという覚悟のある人です。

女性は決断力のある人が少ないです。

どうしても最終的な決断を男性に求めてしまう傾向があります。

そんな時にビシッと決断してくれて、その決断に責任を持ってくれたら安心できますね。

例えば「結婚」という決断も、その結婚に責任が持てなければいけません。

だからこそ現在の男性はその責任の重さに結婚に踏み切れない人が多いのです。

昔の男性は、結婚という決断と、結婚という責任をきちんと持ち、行動にうつしていた人が多かったのに・・どこでその決断と責任が薄れてきてしまったのでしょうか。

日本男児であれば決断力を持って、女性の上に立ち、行動してほしいですね。

不言実行以外のかっこいい男を象徴する四字熟語

不言実行とは、日本男児を象徴するような言葉ですね。

では他に本来の日本男児の姿を象徴するような四文字熟語はあるのでしょうか。

ここからは、かっこいい四文字熟語をその意味とともに紹介していきます。

1.不撓不屈’(ふとうふくつ)

この言葉は、強い意志を持って、どんな苦労や困難にもひるまない強い心を表しています。

使い方としては「不撓不屈の精神」という言い方をします。

今はなかなかこの精神を持つ男性は少ないかもしれませんね。

苦労や困難に心が折れてしまう男性が増えています。

すぐに挫けて諦めてしまう。

弱い心の若者が増えているのです。

しかしやはり男性たるもの不撓不屈の精神を持って物事に挑んでほしいものですね。

2.泰然自若(たいぜんじじゃく)

この言葉は、泰然には落ち着いていて物事に動じないという意味があり、自若には何に対してもあわてず驚かないという意味があります。

座右の銘にしていような四文字熟語ですね。

何があっても動じないというのは、まさに日本男児のあるべき姿でも紹介しました。

強さと余裕のある男性だからこそ、少しのことで慌てふためくことがなく冷静に対処することができるわけです。

自分で泰然自若と言い聞かせておくだけでも、少し物事を冷静に見られるようになるかもしれません。

3.質実剛健(しつじつごうけん)

質は素朴。

実は誠実。

質実で飾り気がなくまじめなことを表します。

また剛健は心や身体が強くたくましいことです。

中身が充実している人は、無理に自分を飾り立てることがないということでしょう。

逆に中身が空である人ほど、自分を大きく見せるために余計な武装や装飾をしようと必死になるのかもしれません。

本来の姿が質素でも、そこに強さとたくましさがあるというのは、男としてかっこいいですね。

4.一意専心(いちいせんしん)

他に心を動かされずに、ひたすらひとつのことに心を集中させることをいいます。

一意とは一途に心を注ぐこと。

専心は心をひとつのこにに集中することという意味があります。

誘惑の多い現代。

ひとつのことに心を注ぐことが難しい時代ともいえるでしょう。

色んなことに心を奪われてフラフラしてしまいがちです。

そんな中、一意専心に励むというのはとても素晴らしいことですね。

自分のすべきことをわき目を振らずに集中してこなすことのできる男性は日本男児の本来の象徴ともいえるでしょう。

5.粒粒辛苦(りゅうりゅうしんく)

この言葉は、細かな努力を積み重ねて大変な苦労をすることです。

穀物の一粒一粒は農民の苦労と努力の結果に実ったものということからできた言葉です。

今この細かい努力をする人は減ってきています。

目に見える結果ばかりを求めてしまい、小さな見えない努力を省こうとしてしまうのです。

しかし本来は小さな努力の積み重ねが全てのベースとなります。

粒粒辛苦を重ねた人こそが、本当の意味での苦労を知ることができ、大きく成長することができるのです。

男性であれば、小さな努力の積み重ねを怠らずに行ってほしいですね。

日本男児を見直そう

不言実行とはどういう意味?日本男児のあるべき姿を紹介しました。

本来日本男児とは、誇れるものでした。

日本男児のあるべき姿とは、かっこいいものだったはずです。

それがいつの頃からか、女性の方が主導権を握るような弱い存在になってしまったような気がします。

寡黙で物事を成し遂げる、強さと余裕のある大きな存在。

まさに不言実行で物事を黙々と達成させる男性こそが日本男児です。

有言実行が悪いというわけではないですが、不言実行という言葉の成り立ちやそこから見える日本男児の姿を今一度見直してほしいと切に願います・・。

日本男児!もう一度世に誇れる男性になるべく努力を惜しまず頑張りましょう。