理想の自分って誰しもが持っている事だと思います。

なかなか理想の自分って難しいですが、追い求めて努力している人はたくさんいます。

ただ、理想の自分って非常に難しく、中には完璧な存在を目指して努力している人がたくさんいるかと思います。

ただ、完璧な存在を目指すってなかなか簡単な事ではありません。

並大抵の努力では出来ない事ですし、すべてを完璧にしようと思ったら、非常に時間がかかりますし、すべてとなると不可能なレベルになってしまいます。

ただ、完璧主義な人は存在しており、中途半端になる事を嫌う人もいます。

今回はそんな完璧主義な人についてご紹介していきたいと思います。

あなたがもし完璧主義なのであれば、今回ご紹介する内容を参考にしていただければと思います。

常に完璧を求める人、周りに居ませんか?

あなたの周りにも完璧主義な人っていませんか?

なんでもする事なす事完璧にしないと気が済まないという方がいるかと思います。

完璧に何もかも行うという事は非常に難しい事ですが、完璧を目指している人は意識が高いといえるでしょう。

完璧になるには、普通の努力だけでは難しく、しっかりと自分自身を追い込んでできるように高い意識を持ち続けなければいけないからです。

完璧を追い求めるのも確かに大事な事ではありますが、あまりにも意識しすぎてしまうのも疲れてしまいますよね。

完璧を求める事は悪い事ではない

完璧を追い求める事は素晴らしい事ですし、悪い事ではありませんが、それに縛られれつづけてしまうという事はちょっと問題になるかもしれません。

意識しなくてもいい部分まで意識してしまったり、一般的にはどうでもよい事でも、その人にとってはどうでも良い事には感じない場面も出てくるかもしれません。

完璧を追い求めるには、非常に難しいという事と、高い努力を継続的に行う必要があるという事をしっかりと理解した上で望まないと、最終的に中途半端に終わってしまうという事もあるので、注意が必要です。

全て”完璧”は難しい

実際に、すべての事を完璧にこなすという事は難しい事ですし、すべてとなるとほぼ不可能なレベルにまでなってしまう事もあります。

完璧なレベルまでいくと、失敗もしない、一切無駄がない状態にまで仕上げる事になりますので、一般的には簡単にできる事ではありません。

時間は有限ですし、必要ない部分まで極め続ける事は、大事な事かもしれませんが、必要ない場合もあります。

だからこそ、効率的に考えるならば、大事な部分を見極めて、手を抜ける部分は抜く、必要ない部分まで時間をかけないという事も大事になってくる場合があります。

ただ、それでも性格的に無理だと感じている人はいるかもしれませんね。

完璧主義であるがゆえに感じる難しい部分になるのかもしれません。

完璧主義な人の7個の特徴

今回は、完璧主義だという人に関する特徴をご紹介していきたいと思います。

完璧主義の人って周りに少しくらいはいらっしゃるのではないでしょうか。

完璧主義の特徴をご紹介する中で、その人があてはまるかどうか確認していただきたいですし、もし自分自身が完璧主義かもと思っている方は、自分自身があてはまるかどうか確認してもらえると面白いかもしれません。

また、ご紹介する内容が自分自身に知らず知らずのうちに当てはまっているという事があれば、自分では認識していなくても、完璧主義になってしまっているという事もあります。

なので、自分自身がどうなのかという事も頭に入れてみて頂ければと思います。

それでは見ていきましょう。

1、結果も過程も重要視する

完璧主義である場合、これが非常にあてはまるのではないでしょうか。

何かをする上で、最終的に重要視する項目になりますが、多くの人は結果が大事だと答える方が多いかと思います。

中にはそれまでの工程が大事であると主張する方もいらっしゃるかもしれませんね。

ただ、完璧主義の人に関しては、結果も過程も重要視するという方は多いかと思います。

あなたは結果も過程も重要視していませんか?
確かに結果も家庭も重要視かもしれませんが、無駄な事も中には存在してしまうかもしれません。

そこでも完璧を求めているという事は、かなり意識が高く、完璧主義であるという事がわかるようになるでしょう。

偶然での最高は喜べない

例えば、結果を生み出した時に偶然にも良い結果が生まれたりする場合ってありますよね。

意識していなくても、結果的にうまくいき、安心する方も多いでしょう。

ただ、完璧主義の方にとっては、偶然生まれた結果に満足するという事はないでしょう。

なぜなら、完璧主義の方にとって偶然うまくいったは失敗にしか感じません。

偶然手に入れた結果は、導き出そうとした結果ではないので、満足するという事には結び付かないかと思います。

しっかりとこうすればこういう結果になる、という事を想定した得た結果ならまだしも、そうではない結果に関してはおそらく満足できないかと思います。

完璧主義の良い部分でもあり、悪い部分でもありますね。

しっかりと追い求めるという事が出来る面では非常に仕事をする人間として優れていますが、時々どうでもよい事にまで時間をかけてしまうような事もあるかと思います。

どうでもよい事でも、気になってしまうという事に関しては、その時間があれば本当に大事な事に時間をかける方が大事になってくるという面もあるでしょう。

2、他人に任せられない

完璧主義の方にとって、他人に任せるという事は、非常に嫌う部分になります。

完璧主義の人って、自分が成し遂げる事を大事にしている面もあります。

他人に任せられないという事は、自然と自分自身の仕事がどんどんと増えているという状況になりますよね。

上手な人だったり、管理する側の人は、自分の仕事をどんどんできる人に振ったりしていく
ようになりますが、他人に任せられないという場合は、自分の仕事が効率よく行えない場合もあります。

上手に他人を使うという事をせずに、自分が完璧になるまで行うという事を選択してしまうので、効率が悪くなってしまうという面も持ち合わせているのではないでしょうか。

クオリティが下がるのが怖い

他人に任せられないという事に関しての理由の中で、クオリティが下がってしまうという事が怖いという方も中にはいらっしゃるかと思います。

他人に任せる事で、クオリティが下がってしまうのは、当然かもしれません。

どうしても自分自身が思い描いている事よりも違ってしまったり、想像よりもクオリティが下がってしまう事に方が圧倒的に多いでしょう。

ただ、それは最初に起こりうる可能性であって、様々な事を任せていくうちに、どんどんその人も意識が高くなり、最終的にクオリティ通り、もしくはそれ以上の出来を仕上げられるように育てていくという事も大事になります。

ただ、完璧主義の方からすると、最初の場合だけだとしても、クオリティが下がったりする事は認めたくないかと思います。

だからこそ、他人に任せられないという性質になってしまうのではないでしょうか。

3、思い通りに物事を進めたがる

完璧主義の方は、ある程度物事の進行状況を計画通りに進めたがる傾向があるかと思います。

例えば、何かをするにあたり、しっかりとどれくらいまでにどれくらいを終えるなどの計画を立てる方が多いかと思います。

その計画通りに物事を進行させることも完璧主義ならではのやり方である、気になる部分でもあります。

すべての面で完璧でないと気が済まないという方にとっては、進行状況を思い通りに進めたいという気持ちが強く、進行状況が遅れてしまったりしてしまうと、機嫌が悪くなってしまうという事にも繋がるのではないでしょうか。

進まないと機嫌が悪くなる

思い通りに進まないと機嫌が悪くなってしまい、イライラしてしまったりするのは、悪い特徴になってしまうのではないでしょうか。

計画を立てても、思い通りやそれ以上にスムーズに進む事もありますが、中には予想だにしないハプニングだったり、問題が生じてしまうケースも中には存在します。

そうなった時に、どうしてもうまくいかないと機嫌が悪くなり、周りに当たってしまったりする人も中には存在するでしょう。

機嫌が悪くなるのはしょうがないですが、それでも周りに嫌悪感を与えるような事はしない方が良いといえるでしょう。

4、理想が高い

完璧主義の特徴として、やはり理想が高いという事があげられるでしょう。

これは当然かもしれませんが、理想が高いという事が、自然と完璧というキーワードに繋がっているのです。

これが理想が低い場合、おそらく完璧主義にはなっていないかと思います。

理想が高いという事と、完璧主義であるという事は紙一重で、ほぼ同じ意味になってくるかと思います。

理想が高いほど、完璧を追い求めますし、完璧を追い求めるからこそしっかりとした計画を立てたり、物事がうまくいくようにストイックに追い求めることが出来るという特徴に繋がります。

ただ、意識が高いという事は、それだけで魅力的な事です。