オシャレって個性!自分を表現することは大切です。

でも知っていましたか?女性の追求するオシャレって実は男ウケしないんです。

可愛いと思ってしたことが、モテを遠ざけてしまうなんて残念すぎますよね。

最近だと、街でたまーに見かけるオンザ眉毛の女性。

これは男ウケが悪い!気をつけたいオシャレの一つなんです。

今回はそんなオンザ眉毛についてを紹介していきます。

可愛い!流行ってるし!と早まる前にぜひ読んでみてから検討してみてください。

オンザ眉毛って?

まずオンザ眉毛とは何かってところから、説明していきます。

オンザ眉毛は系統でいうと青文字系の雑誌に分類されるオシャレです。

渋谷にいるようなギャルや表参道にいるコンサバ系というよりは、原宿の竹下通りにいるような個性的な女子たちです。

雑誌ではCUTIEやZipperなんかが代表的です。

これらの雑誌を読んでいると、オンザ眉毛のモデルさんも多いので可愛いという印象が強く残るのかもしれません。

前髪が眉毛の上で揃っていること

オンザ眉毛とは、on the mayugeってことで、眉毛のことを指しているのではなく、眉毛の上にある前髪を指している言葉です。

前髪がパツーンと眉毛の上で揃っていることをいいます。

ちょっと自分の顔を鏡で見てください。

眉毛ですよ?結構上の位置にありますよね。

この眉毛よりも前髪が短いというのは、想像しているよりも短いですよ。

しかもパツーンと揃えてしまうのですから、失敗するとなかなか訂正が難しいです。

オンザ眉毛にしている人は、定規でひいたかのように眉毛の上で綺麗に一直線の前髪となっています。

自分でするのは難しいので、ほとんどは美容院で依頼しているのでしょう。

言葉自体は1990年代からある

あまり聞き慣れない人もいるかもしれませんが、オンザ眉毛という言葉は1990年代からあります。

つまり歴史はもう20年以上もあるというわけです。

1990年代の後半に若者に圧倒的な人気のあった篠原ともえが火付け役です。

篠原ともえがオンザ眉毛をしていたことから、それを真似て前髪を短くする女の子が急増しました。

一時期よりは落ち着いたのですが、今でもオンザ眉毛は一部の女子の間では人気が根強く続いています。

オンザ眉毛をキープするには、眉毛まで髪が伸びるたびに切らないといけないので、お手入れが大変そうですよね。

オンザ眉毛で有名なのは?

女の子は可愛いモデルさんやタレントさんを真似て、自分のオシャレをします。

オンザ眉毛も有名人がしていることで人気が出るんです。

オンザ眉毛といって想像できる有名人は多くありません。

だからこそ、オンザ眉毛も個性の一つにしてアピールできるのでしょう。

そんな少ないオンザ眉毛の有名人を紹介します。

篠原ともえ

オンザ眉毛の火付け役となったのが、篠原ともえです。

オンザ眉毛に篠原ともえの名前は欠かせないです。

とはいえ、今はすっかり大人の女性になってしまったので当時の篠原ともえを知らない人はオンザ眉毛なんて想像できないかもしれません。

篠原ともえは1996年に空前絶後の大ブームとなりました。

当時17歳の高校生。

オンザ眉毛にお団子頭。

カラフルな服装で腕にも装飾がジャラジャラ。

顔にシールを貼ったりしていました。

これがファッションリーダーとなり、真似をする人のことをシノラーと呼びました。

シノラーは社会現象にもなるほど。

同年代の女子たちだけでなく、小さい子どもから、大人まで。

そして男性まで。

色んな人がシノラーの影響を受けていたのです。

1996年から2〜3年はシノラーの時代で、篠原ともえと同じようなオンザ眉毛にお団子頭が流行しました。

水戸なつめ

今テレビに出ているオンザ眉毛といえば、水戸なつめですね。

サランラップのCMでも前髪という特徴を活かして出演しています。

そして「前髪を切りすぎた」というタイトルで歌まで出しているんですよ。

もうオンザ眉毛を武器にしていますよね。

水戸なつめは青文字系の雑誌にも多数出ています。

小顔で可愛らしい顔に、オンザ眉毛がよく似合っているので、オンザ眉毛に憧れる女子のカリスマなわけです。

しずくちゃん

しずくちゃんはDAKARAのCMに出ている女の子です。

緑色の帽子や衣装が印象的で、その可愛さにはCMを見ているだけで癒されてしまう人も多いでしょう。

2008年から子役として活動をしており、DAKARAのCMは2012年から続いています。

小さな女の子だからこそオンザ眉毛が似合うというのもありますが、ここまでオンザ眉毛が可愛く見えちゃうのはしずくちゃんの特別な可愛らしさがあるからですね。

オンザ眉毛が男ウケしない8個の理由とやっちゃった時の対処法

雑誌を見ていると可愛いオンザ眉毛も、実際やってみるとなかなか似合う人って少ないんです。

それに何よりもオンザ眉毛は男性が好きではありません。

可愛い人でもオンザ眉毛にしてしまうと、男性はガッカリしちゃうんです。

ではオンザ眉毛はなぜ男ウケしないのでしょうか。

男ウケしない理由とやっちゃった時の対処法についてをここから紹介していきます。

1.子供っぽく見える

まず前髪があるだけでも、少し子供っぽく見えますよね。

前髪のなかった人が前髪を作ると、5歳くらい若く見えるんです。

でも若く見える分には、可愛さが増して良いですよね。

美人という印象から、可愛らしいという印象になります。

それがオンザ眉毛にすると、若く見えるどころか子供っぽく見えてしまいます。

色気とか知性みたいな大人の女性としての魅力が半減してしまうのです。

ある研究によると、顔のイメージを決めるのは相対比率だという結果が出ています。

幼い子は顔の縦が短いんです。

大人になるにつれて、シュッと長くなってくるんです。

それが前髪を作ると顔の長さが短く見えますよね。

そのため、自然と顔の印象が幼くなるのです。

昔の女の子のイメージが強い

男性の中ではオンザ眉毛っえ昔の女の子のような古いイメージが強いようです。

昔のアニメや漫画の少女ってオンザ眉毛でおさげの子が多く登場しますよね。

それが印象に残っているので、古いと思ってしまうのでしょう。

あとはちびまる子ちゃんもそうですよね。

昔からある漫画で、まるちゃんって昭和な女の子ですが、まさにオンザ眉毛。

そしてサザエさんのワカメちゃんもオンザ眉毛ですよね。

日曜に昔から見ていたアニメの女の子たちが、皆オンザ眉毛なので、男性のイメージはまるちゃんやワカメちゃんが強いのです。

2.顔が丸く見える

前髪を作ると顔が丸く見えます。

これは顔の長さが短く見えることで横幅と縦幅が同じくらいになり、コロコロとした丸い顔になってしまうからです。

前髪を横に流していれば雰囲気も変わりますが、パッツン前髪なので余計に丸っこく見えます。

丸顔の女性は可愛いのですが、あまりに丸顔を強調させてしまうと幼く見えてしまいます。

肉まんを連想させるような輪郭では、男ウケも悪くなってしまいますよね。

全体的に丸くなってしまう

丸顔の人が似合う髪型の一つにオンザ眉毛ってよく入っています。

丸顔だからこそ、眉毛の上でパッツンにした方が可愛く見えるんです。

でもこれはあくまで女性目線。

男性は全体的に丸くなってしまうと可愛いと思えても、女性としての魅力は感じません。