CoCoSiA(ココシア)

「ワンチャン」ってどういう意味?使い方は?

言葉はどんどん進化もしますし、新しいものが生まれてきます。

よく「死語」と言いますが、その逆はおそらく「新語」ではなく「生語」と言えるでしょう。

通常ならば、生まれた言葉は進化・成長はしません。

その「意味」を持ったまま、拡がることはあっても、大きくなることはありません。

世間に同じかたちで定着したまま、つまり意味は変わりません。

ですが、進化・成長する言葉も中にはあるのです。

それがここでご紹介するワンチャンです。

この言葉、この言葉の意味を知っていますか?

知らない人はもちろん、知っている人ももしかしたら使い方、解釈の仕方を間違っている場合があります。

なぜなら上記で話したように、「ワンチャン」は、進化・成長し、様々なかたちを見せる、そんな言葉だからです。

言い換えればとても使い勝手が良く、様々な場面において、たくさんの意味で使用できるのです。

この記事の目次

最近よく聞く「ワンチャン」って何?

「ワンチャンあるかな」
「それ、ワンチャンあるね」
「ガチ飛ばせばワンチャン行けるかも」
「ワンチャンからリア充」

などの使われ方をするワンチャン。

ネットで検索すると、「今更訊きづらいんですけどワンチャンって何ですか?」と質問している人が数多く見られます。

この問いを分析すれば、「よくは分かっていないけれど、何となく使っている」という発言にも取れます。

「この記事を読んだら、ワンチャン、ワンチャン、分かるの?」

という言葉の使い方が(問いの使い方)が正しいか正しくないかは、記事を読み進め、ワンチャンの意味を把握した後、判断してみてください。

たかが言葉、されど言葉です。

使う、使わないは別にして、それは知識なのですから、知っていて損になることは決してありません。

1. 言葉自体の意味

そもそもこのワンチャンですが「One Chance」の略語です。

使い方は、すなわち意味や捉え方は、このワンチャンの特質的部分で、つまり暴動でお書きした通りに進化・成長しているため、

「こうだ!」と一言で表すのは難しいのです。

ですが一般的には、別な言い方をするのなら生まれた当初の意味は、

「可能性はなくはない!」

「微々たるものだけれどチャンス(機会・好機)はある!」

というものです。

まあ、ワンチャンス、をそのまま訳したかたちに近いです。

この最初の意味から、様々なかたちで進化・成長を遂げ、使用されているのが、このワンチャンです。

ひいてはワンチャンの面白さ、使い勝手の良さ、と言えるのです。

そして幅広く使えるが故に、よく分かっていない人がとりあえず、「ワンチャン」と使用することにより、

その言葉を受けた人が内心で苦笑しているという事態も考えられということは想像つくことでしょう。

なので是非、「ワンチャンってこういうもので、こういう使い方が正しい」ということを知ってください。

2. 言葉の由来

ワンチャンは誰が言い始めたのか、そもそも造語ではないため、この辺りは分かっておりません。

ただ、みんなが知っているであろう英単語を、それぞれの解釈のもと、それぞれが思いのまま成長させたと言っていいでしょう。

そして発信源が不明のこのワンチャンですが、古くから多用されていた場所なら実はあります。

それは卓を囲んで行なう、「麻雀」という舞台です。

3. 元々は麻雀用語


元々というより、麻雀をするという場所において、この言葉が使い勝手が良かった、という理由が大きいでしょう。

なぜなら麻雀は中国が発祥なのですから、そこに英語が入るのは違和があるからです。