CoCoSiA(ココシア)

配慮するべき21個のこと。仕事や家庭で!


みなさんは、思いやりや気遣いに溢れた人は好きですか?
きっと、自分だけでなく他の人のことも大切にすることのできる人のことは、みんな好感を持つのではないでしょうか?
「配慮する」という言葉がありますけど、「配慮」とは心をくばること、気を遣うことという意味があります。

つまり、配慮に溢れた人というのは、自分や他の人に対して心を配り、思いやりや優しい気配りができる人ということですね。

そのような人は、職場でも家庭でもきっと周りの人からも好かれるし、一緒にいて心地よい人でしょう。

逆に、配慮が足りない人というのは、自分勝手であったり、人の気持ちを無視する言動が多かったりして、他人から嫌われちゃったり、人間関係でもトラブルを抱えることが多くなるのではないでしょうか?
家庭でも仕事場でも、ちょっとした気配りや他人への配慮というものがあれば、それだけで
円満に、そして気持ちよくみんなが過ごせるものです。

では、どんなことに”配慮”を示せばいいんでしょうか?
ここでは、家庭、仕事、友人、そして自分自身に対して配慮すべきことについてご紹介していきます!

この記事の目次

️配慮するべき21個のことを学ぼう

みなさんは、自分勝手だったり、周りのことも自分のことも大切にできない人をどう思いますか?
一緒にいると、すごくイライラさせられたり、がっかりさせられるのではないでしょうか?
でも、自分のことも、人のことも大切にできて、気配りや思いやる心に溢れている人と一緒にいると安心したり、そしてストレスも癒されたりするものです。

気配り上手な人は、モテるし、他人とも人間関係も良好に築くことができますよね。

何かに対して注意やもてなしの心を向けること、そして心配したり、気遣ったり、思いやりを示すことを「配慮する」といいます。

配慮すべきことあるいは人に、配慮することができる人は、人としてすごく魅力的で、みんなから好かれる人になることができます。

逆に人の気持ちに無頓着だったり、配慮が足りない人、というのは知らず知らずにでも人に嫌な思いをさせていたり、人のことを傷つけちゃっていることがあるかもしれません。

なので、何に対して配慮を示す必要があるのか?ということを、ちゃんと知っているのは重要なことではないでしょうか?
その配慮すべき点を知っていれば、気持ちよく楽しく毎日を過ごしたり、トラブルを最小限に抑えることもできるでしょう。

ではさっそく、何に配慮する必要があるのか、今回は27個チェックしていきましょう!

️家庭で配慮すべきこと


まず家庭の中で配慮すべきことを考えてみましょう!
みなさんにとって今、家庭とはどんな場所ですか?
自分にとっての居心地のいい居場所となっていますか?
それとも、あんまり帰りたくないようなストレスの原因となる場所となっていますか?
家庭の中がいつも幸せでトラブルがない、という家族なんてないかもしれません。

家族もみんな一人ひとり違う人間なので、その関係を良いものにして、みんなが居心地のいいと思える場所にするためには、お互いの努力やお互いへの気遣いが絶対に必要です。

では、家庭の中では特に、どんなことをお互いに配慮したらうまくいくのでしょうか?
もっと、居心地がよくてみんなが幸せと感じる過程を築くために、配慮すべきポイントをご紹介します。

家事や育児の分担

結婚するときには、みんなすごく幸せな家庭を夢見ていますよね。

この人と一生一緒にいたい、と思うから結婚するわけですけど、結婚式の日は幸せでも、実際に生活がスタートすると、お互いに仕事と家庭の事のバランスをとるのが難しくて、夫婦は時々すれ違ってしまうことも多いですよね。

夫も妻も仕事をしているなら、お互いに仕事の関係ですごく忙しくて疲れているときも出てくるだろうし、家事の分担について決めていないと、どちらか一方が家庭の中での仕事を多く負担することになったりして、そのことで喧嘩になることがあります。

やはりどちらかというと、女性の方が家事が上手だったり、気づくことが多く、さらに家事は女性の仕事、というイメージがあったりすると、共働きで女性も外で仕事をしているにも関わらず家事も女性がしなくてはいけない、ということになっていることもあります。

そうすると、女性の側の負担は結婚したことによってすごく増えてしまって、ストレスをいっぱいに抱えてしまうことがあるかもしれません。

もちろん、その逆パターンもあって家事の分担について、男性の側が大きな負担を抱えてストレスになってしまうこともあるでしょう。

家事とかって毎日のことなので、この問題は放っておくとかなり大きなストレスになったり、不満になります。

それが原因で夫婦間がかなり緊張状態になったり、お互いの存在が家庭にあることがストレスと感じてしまうことがあるのです。

幸せな結婚のはずが、負担となっていては長続きしませんね。

それで、家事についてどちらかが無理な負担を抱えていないか、お互いに配慮する必要があります。

もし、家事は女性がするものとして、いつもやってもらうのが当たり前、というような考え方をしているのなら、女性としては自分が家政婦のように、それもタダ働きさせられている奴隷のように感じることがあることを覚えておきましょう。

どちらも相手を利用する、ということではなく、相手の立場に立って考え、自分が協力できることはないか、どうしてほしいのか、ということを配慮して考えてみましょう。

子どもが産まれると、もっと家庭の中の事情は変わります。

子どもが小さい時には、お母さんは赤ちゃんに付きっ切りになります。

自分のことをする時間さえもないほどに忙しくなるし、今までの生活スタイルが一変します。

それで、お母さんもものすごいストレスを抱えます。

そんな時に夫が全然家事を手伝ってくれない、子育てに参加しないで、自分だけ遊んでいるということがあると、妻の怒りのボルテージはいっきにMAXになります。

赤ちゃんが産まれると、お母さんも大きな変化があって精神的にも不安定になることをぜひとも配慮しましょう。