みなさんは、思いやりや気遣いに溢れた人は好きですか?
きっと、自分だけでなく他の人のことも大切にすることのできる人のことは、みんな好感を持つのではないでしょうか?
「配慮する」という言葉がありますけど、「配慮」とは心をくばること、気を遣うことという意味があります。

つまり、配慮に溢れた人というのは、自分や他の人に対して心を配り、思いやりや優しい気配りができる人ということですね。

そのような人は、職場でも家庭でもきっと周りの人からも好かれるし、一緒にいて心地よい人でしょう。

逆に、配慮が足りない人というのは、自分勝手であったり、人の気持ちを無視する言動が多かったりして、他人から嫌われちゃったり、人間関係でもトラブルを抱えることが多くなるのではないでしょうか?
家庭でも仕事場でも、ちょっとした気配りや他人への配慮というものがあれば、それだけで
円満に、そして気持ちよくみんなが過ごせるものです。

では、どんなことに”配慮”を示せばいいんでしょうか?
ここでは、家庭、仕事、友人、そして自分自身に対して配慮すべきことについてご紹介していきます!

️配慮するべき21個のことを学ぼう

みなさんは、自分勝手だったり、周りのことも自分のことも大切にできない人をどう思いますか?
一緒にいると、すごくイライラさせられたり、がっかりさせられるのではないでしょうか?
でも、自分のことも、人のことも大切にできて、気配りや思いやる心に溢れている人と一緒にいると安心したり、そしてストレスも癒されたりするものです。

気配り上手な人は、モテるし、他人とも人間関係も良好に築くことができますよね。

何かに対して注意やもてなしの心を向けること、そして心配したり、気遣ったり、思いやりを示すことを「配慮する」といいます。

配慮すべきことあるいは人に、配慮することができる人は、人としてすごく魅力的で、みんなから好かれる人になることができます。

逆に人の気持ちに無頓着だったり、配慮が足りない人、というのは知らず知らずにでも人に嫌な思いをさせていたり、人のことを傷つけちゃっていることがあるかもしれません。

なので、何に対して配慮を示す必要があるのか?ということを、ちゃんと知っているのは重要なことではないでしょうか?
その配慮すべき点を知っていれば、気持ちよく楽しく毎日を過ごしたり、トラブルを最小限に抑えることもできるでしょう。

ではさっそく、何に配慮する必要があるのか、今回は27個チェックしていきましょう!

️家庭で配慮すべきこと


まず家庭の中で配慮すべきことを考えてみましょう!
みなさんにとって今、家庭とはどんな場所ですか?
自分にとっての居心地のいい居場所となっていますか?
それとも、あんまり帰りたくないようなストレスの原因となる場所となっていますか?
家庭の中がいつも幸せでトラブルがない、という家族なんてないかもしれません。

家族もみんな一人ひとり違う人間なので、その関係を良いものにして、みんなが居心地のいいと思える場所にするためには、お互いの努力やお互いへの気遣いが絶対に必要です。

では、家庭の中では特に、どんなことをお互いに配慮したらうまくいくのでしょうか?
もっと、居心地がよくてみんなが幸せと感じる過程を築くために、配慮すべきポイントをご紹介します。

家事や育児の分担

結婚するときには、みんなすごく幸せな家庭を夢見ていますよね。

この人と一生一緒にいたい、と思うから結婚するわけですけど、結婚式の日は幸せでも、実際に生活がスタートすると、お互いに仕事と家庭の事のバランスをとるのが難しくて、夫婦は時々すれ違ってしまうことも多いですよね。

夫も妻も仕事をしているなら、お互いに仕事の関係ですごく忙しくて疲れているときも出てくるだろうし、家事の分担について決めていないと、どちらか一方が家庭の中での仕事を多く負担することになったりして、そのことで喧嘩になることがあります。

やはりどちらかというと、女性の方が家事が上手だったり、気づくことが多く、さらに家事は女性の仕事、というイメージがあったりすると、共働きで女性も外で仕事をしているにも関わらず家事も女性がしなくてはいけない、ということになっていることもあります。

そうすると、女性の側の負担は結婚したことによってすごく増えてしまって、ストレスをいっぱいに抱えてしまうことがあるかもしれません。

もちろん、その逆パターンもあって家事の分担について、男性の側が大きな負担を抱えてストレスになってしまうこともあるでしょう。

家事とかって毎日のことなので、この問題は放っておくとかなり大きなストレスになったり、不満になります。

それが原因で夫婦間がかなり緊張状態になったり、お互いの存在が家庭にあることがストレスと感じてしまうことがあるのです。

幸せな結婚のはずが、負担となっていては長続きしませんね。

それで、家事についてどちらかが無理な負担を抱えていないか、お互いに配慮する必要があります。

もし、家事は女性がするものとして、いつもやってもらうのが当たり前、というような考え方をしているのなら、女性としては自分が家政婦のように、それもタダ働きさせられている奴隷のように感じることがあることを覚えておきましょう。

どちらも相手を利用する、ということではなく、相手の立場に立って考え、自分が協力できることはないか、どうしてほしいのか、ということを配慮して考えてみましょう。

子どもが産まれると、もっと家庭の中の事情は変わります。

子どもが小さい時には、お母さんは赤ちゃんに付きっ切りになります。

自分のことをする時間さえもないほどに忙しくなるし、今までの生活スタイルが一変します。

それで、お母さんもものすごいストレスを抱えます。

そんな時に夫が全然家事を手伝ってくれない、子育てに参加しないで、自分だけ遊んでいるということがあると、妻の怒りのボルテージはいっきにMAXになります。

赤ちゃんが産まれると、お母さんも大きな変化があって精神的にも不安定になることをぜひとも配慮しましょう。

それも、赤ちゃんに付きっ切りで一人で家にいなくてはいけないことにすごくストレスを感じる女性も多いようです。

それで、男性も育児に参加しつつ、奥さんに任せっきりにしたり、奥さんの努力を当たり前に思ったりしないように、奥さんの気持ちや状況に配慮しましょう。

もちろん妻も夫が何もしてくれない、ということで批判的になっていると、旦那さんもイライラしてしまいますので、育児に関してお願いがあるなら親切に、そして旦那さんの仕事が落ち着いたときとか旦那さんの気持ちに余裕がある時に言ってみましょう。

そうやって、お互いが結婚し、子どもができるという家庭の状況の変化に伴って、どんな風に生活が変わったかということに配慮しながら、家事と育児の面で協力しあうようにしましょう。

体調を気遣う


忙しくても、相手の体調を気遣うような仲でいられるとイイですよね!
ちょっとした変化に気づいて「大丈夫?」とか「今、すごく忙しそうだね。ちょっとマッサージしてあげようか?」といった、お互いの体をいたわるような声掛けができると、すごく温かい気持ちになりますよね。

相手の体調を気遣うって、自分に余裕がないとなかなかできなかったりします。

でも、相手がすごく疲れていそうな時に、めんどくさい仕事を頼んだり、イライラしているときに文句や不満を言ったりすると、ケンカを促しているようなものですよね。

家族の一人ひとりも、体の面でも精神的な面でもいろんな波があります。

女性も男性もイライラしやすい時期とか、疲れていて何もできないとき、というものがあるはずです。

そんな姿に対して、批判的になったりするのではなくて、お互いにやさしく気遣ったり、自分にできることで仕事を手伝ったり、サポートしたりするならきっと家族の絆が深まりますよ。

ご飯の味付けや好き嫌い

家庭の問題の中には、食事の好みが合わない!ということもありますよね。

夫婦はもともと別の家庭で育ってきたわけなので、ご飯の味付けや好き嫌い、今までどういった食事をしてきたのか、ということが全然違います。

この食事というのは、食べるのが好きな人にとってはかなり生活の中でかなり重要なポイントです。

食事がまずかったり、楽しみにしている夕食ががっかりさせられるものだったりすると、それが大きなストレスになります。

だから、相手がどんな味付けを好むのか、相手はどんなものが好きなのか、ということを配慮してあげることも大切です。

自分が食べたいもの、自分が好きな味付けばかりでは、あなたと一緒に食事をするのが相手にとったら苦痛になってしまうかもしれません。

だから、食事の面でも相手の好みや好き嫌いについて、よく理解して十分に気を配るようにしましょう。

そうすれば、家に帰って家族と一緒に食事をするのが楽しみになり、一緒にあったかい食卓を囲むという幸せなひと時を楽しむことができるでしょう。

感謝の気持ちを伝える

家族になると、お互いにどんどんと気を遣わなくなって、してもらったことも当たり前になってきたりしますよね。

食事を作ってもらうのも当たり前、掃除や洗濯などの家事をしてもらうのも当たり前、がんばって家族のために仕事をしてくるのも当たり前・・・。

でも、その一つ一つはみんな努力して行っていることだし、相手のために頑張っていることだったりします。

自分のためだけなら、感謝してもらわなくてもいいかもしれないけど、相手のために努力して行っている事には、やっぱり感謝の気持ちが欲しいと思うことがありますね。

もちろん、家族のためにするのは当たり前かもしれませんけど、「ありがとう」とか「いつも助かっているよ」という一言や、感謝のプレゼントがたまにあるのとないのとは、頑張るモチベーションがかなり違います。

気持ちは持っていても言葉や行動に表さない、という人は多いですけど、表さないと十分に伝わりません。

なので、一番身近な人にこそ、してもらっていることが当たり前と思いがちですけど、感謝の気持ちを忘れずに、言葉や行動でそれを表現するようにしていきましょう。

感謝を伝える、ということを心掛けるだけで、家庭の雰囲気がよくなったり、お互いにもっと親切になれたりしますよ。

1人の時間を邪魔しない

家族とは言え、みんな一人になりたい時ってあるものですよね。

そっとしておいてほしい時や、邪魔されたくないときがあります。

そのような時に、家族のだれかがこちらのことを何も考えずに自分のペースでどんどんと踏み込んできたり、話しかけてきたりするとすごくイライラしてしまうものです。

なので、お互いに一人になりたい時や、そっとしておいてほしい時というものを尊重しましょう。

家族なんだから!といって、相手の一人の時間も邪魔してしますのは、相手への配慮が足りなさすぎます。

だから、相手のことを観察して、今話しかけていい時なのか、それとも一人になりたい時なのか、ということによく気を配って、遠慮すべき時は遠慮しましょう。

相手のペースやお互いの時間の使い方や必要を尊重すれば、その親切な気配りに感謝されるでしょう。

義理の家族の対応

自分の家族との付き合いはそんなに難しくないとしても、義理の家族との付き合いはやっぱりけっこうめんどくさかったり、ストレスになることがありますよね。

だから、自分の家族は大切にしているのに、配偶者の家族に対してはすごく態度が悪い、ということで夫婦間に緊張が走ることもあります。

もちろん、義理の家族よりも自分の家族のほうが身近だし、付き合いも楽しいですけど、しかし家族となった以上、義理の家族のことも大切にする必要があります。

それはもう結婚するときから覚悟するべきことなのです。

それができないなら、配偶者を傷つけることになったり、相手への不満が募ることにもなりかねません。

だから意識して、自分の家族だけでなく、義理の家族への気遣いも心がけましょう。

そして、義理の家族が自分を受け入れてくれるまで、少し時間がかかることもありますし、どうしてもそちらの家族にとっては自分の本当の子どもが一番かわいいわけで、義理の子どもとなった自分に対しては態度が違う、ということがあるかもしれません。

それで、配偶者がそれによって傷ついていたり、すごくストレスを抱えていることがあるなら、その気持ちにも配慮を示して、家族との付き合い方についても一緒に話し合ったりすることが必要かもしれません。

️仕事で配慮すべきこと

次は、仕事で配慮すべきことについて調べていきましょう♪

1人で突っ走らない

普段は人とのコミュニケーションが苦手というわけではなくても、他の人や上司とのコミュケーションをあまりとらずに、仕事上では一人で突っ走ってしまうタイプの人もいますよね。

そのような人は、もしかしたら人よりも頭の回転が速くて、仕事も早いのかもしれません。

しかし、いつも上司や周りの人が自分と同じタイミングで同じことを考えて動く、ということはないでしょう。

仕事上では、仲間や上司とのコミュニケーションや理解の共有がないと、自分ひとりで勝手に動くことになり、ただただ空回りをしている、ということになってしまいがちです。

なので、もし頭の回転が速く、そして自分の中で最善と思える方法がすぐに思いついて、それで仕事をやってしまいたい、と思う時があるとしても、一人で突っ走ってしまう前に、仕事仲間、とかく上司との理解と情報の共有というものに注意を払いましょう。

一人で突っ走ってしまうと、上司から信頼を得ることが難しくなります。

仕事上では、仲間や上司がいる以上、何も言わずに自分ひとりで動いてしまう前にお互いに情報や考えを伝え合うという配慮が必要です。

その自覚がないと、先ほどのように一人で突っ走ってしまい、周りから信頼されなかったり、自分に求められている役割というものを認識していないで仕事を効率よく進められない、ということが起きてしまうでしょう。

それで、チーム内で自分がどんな立場にあるのか、自分に求められている役割は何なのか
ということを理解し、それを責任をもって果たしましょう。

チームにはリーダーがいるはずです。

リーダーはただ指示を出すだけの存在ではなく、そのプロジェクトが成功するために全体をまとめ、その仕事に責任を負っている立場です。

それで、リーダーに協力すること、そしてコミュニケーションをとることが大事になるでしょう。

なので、ハッキリとわからない事などが出てきたら、相談したり、確認と報告を忘れないように心がけることも必要です。

チームとして一致団結するなら仕事は効率よく進むでしょう。

それで、お互いに進捗状況などを確認したり、お互いにサポートしたりして、チームみんながチーム内の仲間に気を配りましょう。

話をよく聞く

”話をよく聞く”というのは、コミュニケーションの基本ですよね。

とかく、会社では仕事仲間とどれだけ円滑なコミュニケーションが取れているか、ということが仕事の成果と直接関係してくることもよくあります。

情報共有ができていないと、効率よく仕事を進めたり、期待する結果を出すことが難しくなります。

この情報共有のためには、まず人の話をよく聞く、理解するということが必要になります。

自分勝手に考えて、独りよがりの理解で行動するなら、自分の役割や期待されていることを確実に果たすことはできないでしょう。

それで、相手の立場に立って、まずは相手の意見をよく聞くこと、そしてそれを受け止めていること、理解していることを示すことです。

それにより、自分自身の意見も相手に受け止めてもらいやすくもなります。

コミュニケーションを円滑にしたい、効率よく仕事を進めたいと思うなら、まずは一緒に仕事をする仲間や関係している人たちの話をよく聞いて、賛成することができないとしても、まずは考えや意見など正しく理解し、受け止めるようにしましょう。

チームワークの意識

もしチームとして数人が一緒に一つのプロジェクトなどを進めていくということになるなら、まずはチームワークの意識を持つことが必要です。

それは、まずその仕事がチームとしての仕事で、みんなで協力して行うものだ、という自覚を持つことです。

その自覚がないと、先ほどのように一人で突っ走ってしまい、周りから信頼されなかったり、自分に求められている役割というものを認識していないで仕事を効率よく進められない、ということが起きてしまうでしょう。

それで、チーム内で自分がどんな立場にあるのか、自分に求められている役割は何なのか
ということを理解し、それを責任をもって果たしましょう。

チームにはリーダーがいるはずです。

リーダーはただ指示を出すだけの存在ではなく、そのプロジェクトが成功するために全体をまとめ、その仕事に責任を負っている立場です。

それで、リーダーに協力すること、そしてコミュニケーションをとることが大事になるでしょう。

なので、ハッキリとわからない事などが出てきたら、相談したり、確認と報告を忘れないように心がけることも必要です。

チームとして一致団結するなら仕事は効率よく進むでしょう。

それで、お互いに進捗状況などを確認したり、お互いにサポートしたりして、チームみんながチーム内の仲間に気を配りましょう。

本音と建前の使い分け

仕事仲間に本音を言う必要があるのか?ということを疑問に思う時があるかもしれません。

というか、本音を出してしまうことによって社内の雰囲気がわるくなったり、あとで人間関係のトラブルが起きてしまうのが恐い、ということもあります。

だから、やっぱり本音っていつも言えるわけではありませんよね。

もし取引先の人であればなおさらです。

お互いの利益のために付き合っているわけなので、本音だけで話すということよりも建前を使っていることが多いでしょう。

しかし、やっぱり仕事も大半は人間関係で成り立っていますから、そこには信頼関係というものが土台となっていたりします。

なので、常に本音を言わない人というのは、相手からすると警戒されているんだな、とか何を考えているのかわからないと思われがちです。

それで、相手に自分の性格や考えというものを知ってもらい、安心して一緒に仕事を進めていくために、本音で話すということも必要でしょう。

上司も本音で話してくれると、あなたのことを信頼しやすくなります。

もちろん、表に出すとトラブルになったりする本音は言わないけれど、自分を理解してもらうために本音を伝える努力をするべき時もある、それが周りへの配慮でもある、ということを覚えておきましょう。

仕事上の付き合い

仕事仲間や取引先の人などとの飲み会や休日に出かけるという接待などがすごく無意味に思える人もいるでしょう。

しかし、仕事柄によってはそれがすごく大事なこともあります。

もしチームとして働くことが多い職場なら特に、お互いを理解してコミュニケーションを円滑にするために、仕事以外の付き合いを求められることがあるかもしれません。

仕事仲間というのは、自分の気の合う人との付き合いとは全然違いますよね。

自分とは性格もタイプも基本的な考え方も違う人もたくさんいます。

そのような人達と一緒に仕事を進めていくうえで、やっぱりお互いを理解し認め合うというためには付き合いが必要になることもあるでしょう。

それでもプライベートなことまでは余計な口出しをしない、という線引きも必要になってきます。

なんでもかんでもプライベートまで詮索することがないように気を遣いながらも、仲間とsしてお互いを理解するように、お互いを知るように努力できるかもしれませんね。

️友人に配慮すべきこと

お互いをよく知っていて、気の置けないなんでも話せる友人がいることは、毎日をすごく充実してくれますよね。

楽しい時に一緒にいるだけでなく、大変な時にも頼れたり、友達としてアドバイスや励ましをくれたりする人は、一生大切にしていきたい存在です。

そんな友人を大切にして、一生の付き合いができるように、友達に配慮すべきことも見てみたいと思います。

親しき仲にも礼儀あり

「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがありますよね。

これは、どんなに親しい仲であっても、守るべき礼儀というものがありますよ、ということを教えてくれています。

仲がいいと、ついつい遠慮しなくなって失礼な言動を平気でしてしまうことがあるかもしれません。

最初まだ知り合いになったばかりのころは、お互いに気を遣っていたものの、付き合いが長くなって遠慮が無くなったり、気を遣わなくなることは危険です。

いくら相手をよく知っていて、長い付き合いだとしても、人として相手への敬意やマナーを守る必要があります。

相手のプライバシーを守り、思いやりを忘れないでいましょう。

いくら仲が良くていろいろと恋愛話とかお互いの過去のことを知っているからといって、笑い話としてそれをどこかれ構わずにバラしたり、感謝をしなくなったり、遅刻するのも当たり前になったりするなら、相手の感情をすごく傷つけたり、またが害してしまうことがあります。

大切な友だからこそ、気を遣いマナーを守って、相手に対するリスペクトや思いやりを忘れないようにしましょう。

言っていいことと悪いことを考える

いくら長年の友達だからと言って、なんでも言っていいとは限りません!
他人から言われて嫌なことは誰だってあります。

それに、あなたはその人のことをなんでも知っていると思っているとしても、本当に100%気持ちや状況を理解している、ということはないでしょう。

それなのに、上から目線で、あるいは遠慮なしに批判や傷つけるようなことを言ったりするなら、当然ですが友達を無くします。

それに、いくら友達だからと言って、あなたに関係のないことに口出しをしてアレコレと勝手に評価したり、批判したりするのは、友達からしたらすごく不快です。

その人の責任や努力とは関係ないことに関して、勝手に口出しをするのは相手を傷つけることにもなるでしょう。

言っていいことと悪いこと、というのはすごく判断が難しいですけど、自分だったら言われてどう思うだろうか、という相手の立場に立った考え方ができればすごく判断しやすいのではないでしょうか?
相手の立場に立って、相手の感情にちゃんと配慮が払える人は、言葉で人を傷つけることが少なくなるでしょう。

悪いことをしたらしっかり謝る

いくら友人同士でも、相手を傷つけるようなこと、相手の感情を不快にしてしまう事ってお互いにしてしまうものです。

もうそれはある程度しょうがないとしても、相手に悪いことをしたことに気づいたなら、ちゃんと自分から謝る、ということを忘れないようにしましょう。

謝れる、自分の非を認めることができる、というのは人として大人な証拠です。

みんな間違いはするし、誰かに悪いことをしてしまうのですが、それをちゃんと認めて謝れるかどうか、そしてしてしまったことを心から後悔して改善する努力ができるかどうかが、大切な人との関係を守れるか、それとも崩れるままにするか、ということの分かれ道になるでしょう。

変な時間にラインしない

友達だとしても、夜中とか変な時間にLINEして、未読スルーである事や、既読スルーであることを怒るのは自分勝手です。

相手のことを考えれば、変な時間にLINEをしたら迷惑になることくらいわかります。

親しい仲だとしても、相手が困るような行動をするのは控えましょう。

相手の立場に立って、迷惑にならないように、相手の負担にならないように気を遣うことも大切です。

愚痴ばかり言わない

愚痴や文句ばかりを言いたくなるとしても、そればかりを聞かされている友人の身になってみてください。

いつも消極的で、批判的で、文句ばっかりの人といると疲れますよね。

相手の気持ちを考えて話しましょう。

もちろん、辛い時にそばにいてくれたり、支えになってくれる人が親友です。

でも、自分のことばかり考えていると相手への気遣いが無くなり、相手はあなたといることに疲れたり、あなたに利用されていると感じてしまうかもしれません。

️自分に配慮すべきこと

さらに、ここからは自分自身に対して配慮すべきことをについて取り上げていきたいと思います。

体調管理

自分の体調管理は自分の責任です。

自分の体力、気力、精神力などの限界を超えないように、自分自身に配慮し魔性。

そうしないなら、大事な瞬間に体調を崩して周りにも迷惑をかけたり、今までの努力が水の泡になってしまうこともあるかもしれませn。

自分の限界をわきまえ、そして体調の異変を感じたらすぐに行動して、症状が重くならないようにする、ということができるでしょう。

睡眠時間

忙しいとしても、睡眠時間の確保にも気を遣いましょう。

睡眠は体と心の健康の基本です。

睡眠が取れなくなると、集中力が低下し、仕事の効率も下がり、さらには精神的に不安定にもなります。

なので、睡眠時間をしっかりと取れるようなスケジュール管理をするように気を配りましょう。

栄養の摂取

毎日の食事にも気を配る必要があります。

食べたもので体ができます。

栄養をしっかりと摂らないと、すぐに疲れたり、風邪をひきやすくなったり、イライラしたりすることもあります。

現代人は多くのストレスを抱えて苦しんでいるといいますが、それに耐えれる体とメンタルを作るのに、毎日の食習慣も関係しています。

特に、脳はストレスから自分を守るためにビタミンやミネラルなどを必要としてます。

コンビニ食などが続いていると、そのような栄養素が足りなくなってしまうことが多いです。

それで、毎日の食事に気を遣い、自分のコンディションをより整えてくれる栄養素を取り入れていくようにしましょう。

身だしなみ

人はまずあなたの外見であなたを判断します。

特に多くの場合、身だしなみをチェックして、あなたの性格とか生活習慣、または信頼できる人なのかとか、しっかりとしている人なのか、どんな生き方をしている人なのかということを連想し、あなたを判断しています。

なので、仕事上では清潔感があり好感を持たれるような身だしなみが求められます。

それで、人から好感を持たれたいと思うなら、清潔できちんとした身なりをするように心がけましょう。

息抜きの時間

どんなに仕事や学業が忙しいとしても、時にはいったん息抜きをすることも必要です。

体も心もいっぱいいっぱいになってしまっているとき、限界を感じている時には、効率も良くないでしょう。

それで、時にはリフレッシュする時間を取りましょう。

毎日ストレスでいっぱいの生活かもしれませんが、自分が楽しいと思えることをしたり、仕事を忘れる時間を作るなら、またがんばる力がでてきます。

自分を大切にして、燃え尽きてしまわないように注意しましょう。