日本女性は日本だけじゃなく他国からも人気があります。

どうして日本女性は人気があるのか?その理由にしぐさです。

品があり、程よい色気があることが日本女性の最大の魅力です。

品と色気を同時に感じさせる身体の場所が「うなじ」です。

髪の毛を束ねて結うことで、さりげなくうなじを見せることで男性はドキッと感じることが多いのです。

普段、髪の毛を下ろしているとうなじを見ることはできません。

だからこそ、うなじは特別感があるのかもしれません。

うなじは遠くから見て確認できるものではありません。

近づいたからこそ、うなじを見ることができます。

しかもうなじをマジマジと眺める男性はいませんよね?見ても構わない部分だけれど、マジマジと眺めることができない部分が「うなじ」です。

露骨に見えるところよりもチラッと盗み目で見る部分の方が男性は興奮するのです。

️なんで男性はうなじが好きなの?

女性からすれば男性のうなじを見てもドキッとはしません。

また女子が女性のうなじを見ても同じようにドキドキはしません。

ですが男性からすると女性のうなじには魅力を感じる人が多いのです。

男性がうなじをを好きな理由のヒトツに女性の首が見えるところです。

女性の首は細く華奢な印象があります。

そもそも、うなじが美しく見える女性は首が長く華奢な女性です。

日本的で和の雰囲気が男性を癒してくれるのです。

やや後れ毛が見える、うなじこそ色気を感じることができるのです。

うなじの美しさは大人の女性だからこそ見える色気です。

普段から見れない部分ということでも男性にとっては特別感があるのかもしれません。

️うなじが男性にとって魅力的な7個の理由


うなじが男性にとって魅力的な場所だということは分かりましたが、具体的にうなじが魅力的に見える理由を探ってみましょう。

女性からすれば、うなじは髪をかき上げたら見れる場所じゃない?と思いますが、男性からすると特別なゾーンになるのです。

うなじイコール日本女性のイメージが強いと思います。

うなじが魅力的に見える理由は、うなじだけ極端に美しく見えても意味はないのです。

うなじが魅力的に見える肌、服装、髪型が異なってことうなじは魅力的に見えます。

普段見えないところだから

世の中には「チラリズム」という言葉があります。

チラリズムはチラリと見えるエロティシズムの略語で60年前程に作られた言葉です。

大胆に真っ裸になるのでは、あまりにも恥じらいがない。

ちょっと見えそうで見えない物に憧れる心理があります。

ちょっといやらしい雑誌でも大胆に見ると「いやらしさ」を差ほど感じないものですが、逆にこっそりと見る袋とじは様々な想像をさせるからこそ興奮させるのです。

「うなじ」が袋とじに抜擢するほど、いやらしさがある身体の部位ではありませんが、女性のうなじから様々なシーンを想像することはできます。

「ねぇ、手を見せて?」とは言えなるけれど「ねぇ、うなじ見せて?」とは言えない。

恥ずかしい部分ではないけれど、相手に見せることに躊躇してしまう部分です。

普段、髪をおろしている女性にしてみると「うなじ」を見せるヘアスタイルにすることはチョットしたイメチェンです。

うなじを見せることは女性らしさを感じさせる部分と言ってよいでしょう。

普段見えないところだからこそ、うなじを見たいと思うのが男性の正直な心理です。

健康感を感じるから


うなじは女性的な印象があります。

着物や浴衣姿にヘアスタイルをアップすれば、どことなく華奢で色っぽさを感じます。

うなじは大人の女性だけじゃなく若い女性にも似合う、健康的なイメージがあります。

ポニーテールやお団子ヘアなどアクティブなヘアスタイルにも似合う髪型でもあります。

うなじを見て普通は「健康が悪そうだな」とは思いません。

どちらかと言えば、アップや髪を束ねるときは活動的に行動しようと思っているときです。

若々しさ、女性らしさ、健康感をかんじることができる「うなじ」。

脚を大胆に見せれば若々しさや健康感はかんじることができますが、素足を大胆に見せることは脚に自信がある女性でないとできません。

うなじはボディラインに自信がなくても年齢関係問わず見せることができます。

うなじラインを美しく保っていれば女性らしく健康感を感じるポイントなのです。

日に焼けてない肌の白さ

うなじが女性らしく見えるポイントは日に焼けてない肌の白さです。

やはり女性イコール白いイメージがあります。

普段、髪をおろしている女性なら尚更のこと、うなじは美しい白さを感じます。

やはり日焼けした肌は健康的な部分もありつつ、肌の劣化や傷みは見られます。

どうしても目に見えないようなシミやソバカスが出てしまうのです。

とくに首元や襟足は年齢と共に気になりはじめます。

アップや髪を束ねたときに、さりげなくうなじが白く美しいと思わず目を止めてしまう。

うなじには視線を止めるほどの魅力があるのです。

日に焼けないことで肌の白さはもちろんですが肌触りの良さを感じさせる滑らかさもうなじにはあります。

おくれ毛が色っぽい

うなじはビシッ!と固めてしまうよりも少し乱れた方が色っぽさを感じます。

とくに、おくれ毛が少し落ちているとより女性らしい印象です。

それはビシッと固めてしまうと完璧すぎて、芸術的なイメージになってしまうからです。

やや、おくれ毛が落ちている方が現実的に人間味があります。

理想の女性を求めるときに母性的な女性がが人気があります。

温かみ、女性らしさ、それは人間味あることに通じるのかもしれません。

少し乱れたおくれ毛が風になびいていたり、少し汗で濡れていてもそこも魅力的です。

涼しげなアップ姿におくれ毛が見えるうなじは実に人間的です。

うなじを見せるときはキレイに固めるよりも、おくれ毛を少し落とす方が色っぽいです。

髪をかきあげた時のチラリズム

普段ロングヘアの女性が麺をすするときに髪の毛を束ねることあります。

そんな時にチラリと見えるチラリズムがドキッとさせます。

また気温が高く暑くなってきたり、ちょっとチカラ仕事をするときも髪を束ねます。

予想をしていなかった場面で突然に髪をアップにしたり束ねたりすることで思いがけずに「うなじ」を見ることができます。

想像していなかったからこそ一瞬の行動にドキッとします。

さりげなく髪をかきあげた時のしぐさにチラリズムを感じずにはいられない。

普段見ない部分だからこそ、こっそりと見たくなる。

うなじを見せて表情は普段と少し違ってみえるのもチラリズムの醍醐味です。

特別な服装の時に見えるから

うなじを見せるときは少し特別なシーンが多いです。

普段から髪を束ねている人も服装が変わるとうなじのイメージも変わります。

普段見ているうなじとは違うスタイルがあります。

例えば、うなじが最も似合うと言えば和服です。

和服と言えば、本格的な冠婚葬祭の着物、カジュアルな浴衣、特別な振袖などです。

一年を通しても着る機会が少ない和服にうなじは最高にマッチしている組み合わせです。

また、スーツ姿でもうなじはピッタリとマッチします。

和服やスーツ姿どちらも頻繁に着ることがない人であれば、尚更特別感は強いです。

普段見慣れない服装に普段見慣れない髪型はイメチェン度合いも高いです。

うなじを見せる機会がない女性は、ここぞとばかりに特別な服装を着る日にうなじデビューをするとインパクトもアップします。

和服

和服を1年間で着る機会があるとすれば1~3回程度だと思います。

いや、まったく着ない女性も多いかもしれません。

和服は冠婚葬祭のときに着ることが多いですが、最近ではカジュアル着物や古典着物などが若い女性からも支持され、注目されています。

和服でロングヘアも可愛いですが、やはり日本女性の華奢な美しさを目指すなら和服にはアップスタイルでうなじを見せたいものです。

うなじイコール和服は外すことができないセットになっています。

うなじをいかに大胆に見せることで女性らしさをアピールできます。

うなじは大胆に見せているけれど、和服は基本的に首から下をキッチリと包んでいて露質は極めて少ない服です。

うなじとボディのギャップもまたチラリズムのヒトツかもしれません。

浴衣

最近では夏の花火大会に浴衣で出かけることや、夏フェスも浴衣で出かける若者がすごく多くなりました。

そのこともあり浴衣一式で販売されてリーズナブルな価格で購入しやすい。

浴衣姿は、ほんのり色っぽい夏の風物詩ですがヘアスタイルにアップにして決めたいもの。

昔は浴衣は日常的に寝巻き変わりとして着ていた女性も多かったこともあり、ヘアスタイルも大人っぽく色っぽいイメージでうなじを見せました。

最近は若い子が着る浴衣に変わり、ヘアスタイルも色っぽいというよりも可愛いイメージ。

色鮮やかな花飾りをつけてアップスタイルにして、うなじもおくれ毛を多くします。

昔と今の浴衣姿ではデザインも違いますし、ヘアスタイル、うなじの見せ方も変わります。

振袖

振袖を着るときは成人式やお正月などが一般的です。

豪華な振袖に似合う、うなじもまた特別感があります。

豪華な振袖に負けないアップしたヘアスタイルは浴衣のときと違い、うなじのおくれ毛は割りとスッキリとまとまりがあることが特徴的です。

この日のために、うなじを美しくケアをする方も多いです。

とくに成人式に着る振袖は一生に一度しかない特別な日です。

豪華な振袖にヘアスタイル、うなじ姿を見せることで普段とは違う表情を見せることができます。

お正月の振袖姿も久しぶりに成長した女性らしい姿を見せることができる特別な日です。

普段と違う表情見せることができるギャップの日でもあるのです。

スーツ

スーツ姿になって髪をアップにすることも多いです。

ストレートヘアでスーツを着ていても、ココ一番の場面で髪を束ねることもあります。

キャリアウーマンのアップ姿は、うなじ姿もまた貫禄があります。

引き締まったスリムなスーツに華奢な襟足に少しナチュラルなおくれ毛のうなじ。

ビジネスで見せるスーツ姿の貫禄あるうなじに対してイメージが違うスーツスタイルと言えば冠婚葬祭やおめでたい日に着るスーツです。

カッチリとした特別感のあるスーツのときにヘアスタイルもカッチリめに決めます。

ポニーテールや夜会巻きなども少し強く束ねることでおくれ毛も少なめです。

同じようなスーツ姿でも着用するシーンに合わせてヘアスタイルも変わります。

特別な日であればあるほど、ヘアスタイルもワックスで髪を束ねてカッチリと決めることが多いのがスーツ姿のうなじの特徴です。

大人の女性という感じがするから

うなじを見せるということは大人の女性という印象が非常に強いのです。

たとえ、花火大会や夏フェスで着用する若い子の浴衣姿であってもうなじを見せるヘアスタイルは特別感があります。

キュートなヘアスタイルの中にも大人っぽくシットリとした雰囲気が隠れています。

うなじには独特の魅力があります。

どことなくうなじを見せるようなヘアスイルや服装になったとき話し方やしぐさも変化すると思います。

外見から変化することで内面も大人の女性に近づくことができるのです。

浴衣や振袖、スーツ姿、それぞれ服装が異なればヘアスタイルも変わります。

そしてメイクやしぐさ、言葉使いも変わるものです。

普段と違った雰囲気の中で見せる、うなじ姿は大人の女性という感じずにはいられない。

️魅力的なうなじの条件

特別な日、特別な服装でうなじを見せるときに普段のうなじではもったいない。

せっかくの特別な日に普段と違う自分を見せたいと思うはずです。

そんなときに普段のお手入れなしのうなじ姿では逆効果に感じさせてしまいます。

本来、うなじを見せる姿は大人っぽくしっとりと色っぽいことが特徴的です。

ですが美しいうなじを見せられないと、だらしなく男性らしさを感じさせてしまう。

首元は女性のラインを強調できる部分でもあるのです。

うなじを見せるような服装やヘアスタイルをしたときは女性らしくしなければならない。

誰もが魅力的なうなじと溜息つくような姿を見せるには、うなじの条件をクリアしなければなりません。

魅力的なうなじの条件とは、どんなことなのでしょう。

ヒトツ間違えてしまえれば逆効果のうなじ、是非、うなじの条件をクリアさせましょう。

襟足の形がキレイ

最低限中の最低限、うなじを見せるなら襟足の形がキレイことは必須条件です。

おくれ毛の少しだらしない雰囲気も基本は美しい襟足の形があってこそ色っぽく変化することです。

襟足の形がキレイじゃないとうなじを見せても単なるだらしないヘアスタイルで終ってしまいます。

色っぽさ、それは意図的なけだるさからくるものです。

襟足の形がキレイだからこそ、けだるい魅力的な雰囲気は引き立ちます。

襟足の形がキレイということは無造作にしていないことです。

しっかりと襟足の形がキレイに整えるようにカットしていることが大事です。

普段、うなじを見せることが多い職業の方はマメに襟足の形を整えているものです。

やはり、脚や腕、髪の毛にしても手入れをしなければ美しさは保つことができません。

襟足だって同じことです。

キレイな形を保っていなければ美しいうなじを見せることはできないのです。