私たちは常に誰かと会話する事を楽しんでいます。

それは仕事であったり普通のお喋りであったりと場面的なものは色々とありますが、こんな風に言われる人はいませんか?

「あの人ってボキャブラリー豊富だよね~」

会話を引っ張る人ってどこにでも一人はいますが、とにかく色々な言葉が出てきます。

口ベタな人達から見ればその知識はどこから出てくるのだろうといった疑問も沸いてきてしまいます。

それくらいボキャブラリーが豊富な人の話には魅力があります。

そしてこのボキャブラリーですが会話だけではなく色々な事にも作用してくるのです。

恋愛などでもこういった人たちは人を飽きさせません。

それは何を意味するのかと言うと「モテるんです!」そして仕事においても「出来る人です!」

相手の心を掴みやすい話術は誰しもが身につけたい事でもあります。

でもどうやってボキャブラリーを増やしていいのかわかりませんよね?

今回はそんなボキャブラリーを増やして人生を豊かにする方法をご紹介していきます。

人と話すのが苦手だった方でもこの方法を実践していけば自然と人が集まってきて人気者になること間違いなしです。

ボキャブラリーを増やすための7個の方法

それでは初めにボキャブラリーとはどのようなものなのかを簡単にご説明します。

日本語で表記する場合には「語彙」と訳されます。

これは一定の事に対して使われる言葉の総体と言われます。

彙という言葉には集まるといった意味があるので、語が集まる、すなわち言葉が集まるという意味になってきます。

これをわかりやすく言えば、ボキャブラリーの豊富な人はニュースでも芸能関係でも文学作品にしても色々な言葉を知っているという事ですよね。

一つだけではなく色々な事に対して関心があり、知識の扉が沢山あれば自然と話す内容が濃くなってきます。

芸能関係は得意だけれど、文学知識は全くないのでは「口に出来る言葉が少ない」という事になります。

そうなってしまうと「あの人はボキャブラリーに乏しい」といった結果になりがちです。

それでは中々人との会話も続きませんし人を魅了する事はとても難しいでしょう。

自分でボキャブラリーを増やす努力をするのはとても簡単な事です。

しかし、ほとんどの方はその方法を間違った形で始めてしまいます。

せっかくやる気が出たのに途中で投げ出してしまうのは間違っている事に気がついていないからです。

今からご紹介する方法は誰にでも簡単に実行できるもので、少しづつやっていけばかならず良い結果へとなっていくものばかりです。

ボキャブラリーを増やしていけば今後の将来もかなりちがってくる事でしょう。

色々な人との会話は自分を成長させる事へも繋がりますし、何よりも生活自体に張りが生まれてきます。

どんどん良い方向へ進む事になり今までにない経験もする事になります。

間違った事を実行していてもあまり効果はありません。

誰でも出来る簡単な方法でボキャブラリーを増やしてみましょう!

それではまず一つ目の方法です。

1.本や新聞を読む


この頃活字を目にしているでしょうか?

これだけの情報社会ですから皆さんはスマホやパソコンで色々な事を知る事が出来ます。

多くの人はそれで色々な事を知ったという感覚になりがちですが、それは少し間違った考えです。

スマホなどの場合で多くの方は「流し読み」をしていきます。

大体の事を掴んだら読み飛ばしていませんか?

ニュースアプリなどをインストールしている人も自分の興味のある記事を読みがちになります。

記事のタイトルを読み、主要である事がおおよそ把握出来たら次の記事などへ移ってしまう人が多いと思います。

それではボキャブラリーは増えていきません。

ちょっとした情報を覚えているだけですぐに忘れてしまうからです。

ボキャブラリーの豊富な人はその事を覚えているから色々な場面でも言葉として出てくるのです。

そして一番身近にあるもので最適なものと言えばやはり新聞などになります。

新聞はニュースを始め、スポーツやコラム的なものもあり色々な知識の宝庫と言えます。

全体的に見る事で色々な言葉を覚える事にもなります。

スマホなどの流し読みとは違って活字を目で追っていく事はとても記憶しやすい状態になり、色々な表現や言葉が頭に入ってくるように変わってきます。

小説などもとても良い状態を作りだしてくれます。

色々な地域の特色なども書かれている場合も多いので自分の知らない土地の情報なども覚えやすいでしょう。

こういった活字を利用したものは人の記憶へ残りやすく何かの時に言葉となって出てきます。

最近本を読んでない、新聞も読まなくなったという人は多いのではないでしょうか?

ちょっとの時間でも読む事によって全然違った結果になるので、自分にあった本などから読み始めるという事はとても大切です。

そして、行動に移す場合ですが以下の事に注意して下さい。

1.いきなりレベルの高いものから始めない

「ボキャブラリーを増やす為に色々本を買ってきた」このような極端な行動は飽きやすく長くは続かないでしょう。

1週間後にはどの本にも手をつけてないといった状態にもなりかねません。

とにかく本や新聞から始める場合、自分の興味の持てる分野から攻めていく事が大事です。

例えば新聞を読む場合ですが、ニュースは堅苦しいから嫌いなのであればスポーツ記事からでも大丈夫です。

読む事が日課になってくると読むスピードも速くなり他の記事も読んでみたい気持ちへ変わってきます。

違う事にも興味を持ち始めた時は記憶もしやすい状態になり、嫌いだったニュース記事を見ていても読み進める事が出来るようになっていきます。

そのうちに新聞全部を読んでしまうという事は当り前になってきます。

これだけでも以前の自分とは全く違ってきますよね?

新聞なんてほとんど読まなかった状態から半年程すると毎日欠かさず見るようになるって格段の進歩ではないでしょうか?

レベルの高いものから始めてはほとんどの方が失敗していきます。

あくまで自分の続けられるという事から始めていけば短い期間にうちに驚くべき成長が出来るようになりますので、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

次に大事な事ですが、新聞などを読む事に慣れてきたならば次の事を考えながら読んでください。

2.いろいろなことを深く考えるようにする


読むという行為は特に苦痛ではなくなってきたら、今度はイメージしながら読む事に挑戦してみましょう。

何かの記事を読む場合東北の記事であればその土地の名産などを思い出してみたり、または調べてみたりと掘り下げていきます。

小説を読んでいた場合などは主人公の気持ちなどを自分なりに考えてみるといいです。

こうした事は読むだけの場合と違って脳にイメージとして記憶されるようになります。

ボキャブラリーの豊富なかたは言葉自体ではあまり覚えていないかもしれません。

言葉を覚えていくのにも限界もあり全ての言葉を見たからといって覚えられるものではないからです。

何かの文を深く考えるという事は脳でイメージします。

それが記憶に結びついて忘れにくいものへなっていくのです。

最初はそんなに覚えていられなくとも、継続していればだんだんと覚えていくのが楽になっていくはずです。

このイメージで覚えるやり方を掴んでしまえばどんな本を読んでいたとしても記憶がしやすい状態になり、自然と言葉も覚えていくのです。

とても不思議な事ですが練習していけば誰でも出来るようになるので実行していただければと思います。

その際、本を読む事とイメージしながらの事は同時に行わない方がいいです。

まずは読む事が苦痛ではなくなったと感じたらイメージする事も加えていくという方法にして下さい。

多くの事を同時にする事は失敗の素になり、貴重な時間を使ってしまいます。

あくまで一つづつ、自分のペースで続けていけば挫折する事はありません。

ここまできたら読むことの他に書く事にもチャレンジしていきましょう。

3.文章を書く経験を増やす

読む事に慣れたら書くという事も重要になってきます。

漢字でもそうですが読めるけど書けない方はいっぱいいますよね?

書くという事は自分の知っている言葉を集めたものです。

何かの本で見た表現であったり新聞に書いてあった言葉を繋ぎ合わせたものなどを自分の言葉で編集したものです。

会話でも同じ事が言えるのですが、結局は頭に浮かんだ言葉を口で伝える事が会話です。

その時に言葉自体が繋がらないと会話にはなりません。

書く事はその練習でもあると言えるのです。

最初は身近な話題などから挑戦する事が大切です。

この段階でもムリにレベルを上げないで下さい。

いきなり小説を書くなんて事をしてもボキャブラリーを増やす事には繋がりませんので簡単な事から始めましょう。

実際に書いてみる決意をしたらこのようなものからチャレンジしてみて下さい。

1.日記やブログからでも良い

日記やブログって続けられそうなイメージがあるのですが、毎日となると難しいです。

最初は毎日じゃなくてもいいですので書くという事に慣れていって下さい。

日記の場合なども書く時には自分の気持ちを表現してみるなど、ちょっとした工夫をしていくとボキャブラリーを増やす練習にもなってきます。

一例ですが
「とても美味しいラーメンを友人と食べました。

帰りの道でもラーメンの話ばかりで二人とも常連になりそうです」
かなり普通の文章ですが、もう少し自分の感情なども入れてあげるといいかもしれません。

「この前見つけた気になるラーメン屋さんへ友人と行きました。

入った瞬間からスープの良い香りが店内に広がっていて期待出来そうです。

10分程で注文した醤油ラーメンが運ばれてきたのですが、まずスープが美味しい!アッサリしているのですがくどい感じもなく久々にスープを飲み干しました。

帰りの道でもラーメンの話ばかりで二人とも常連になりそうです!」

ちょっとした事でも自分の感情を入れると全然ちがった文章になってきます。

そして書くという事も楽しくなってきます。

ブログなどを書いていると他の人からのコメントなどもつくようになり、やる気も起きています。

だんだんと内容も濃くなっていけば自分で読んでいても楽しい日記やブログになってきますよね。

少しづつでもいいのでブログなどを続けていけば、ちょっとした事でも色々と人へ伝える事が出来ますのでチャレンジしていきましょう!

ここからはボキャブラリーを豊富にするための心構えになります。

4.人の話をよく聞く

誰かが話している時にきちんと聞いていなければ話の内容は理解する事は出来ません。

内容が分からなければ返答する事も難しいので会話は途切れてしまいます。

日頃から話しをよく聞くという人はどういった話題であってもすぐに返答してくれます。

ここでもボキャブラリーが必要になってくるのです。

話しが好きな人っていますよね?

そういう人たちは人の話も真剣に聞く人がとても多いです。

それが会話として繋がっていくのですが、自分の経験した事であったり感情であったりとうまく織り交ぜながら話してくれるのでとても聞きやすく飽きません。

逆に話しをよく聞かない人は返答も短いです。

うわの空な返事になってしまうので印象も悪くなってしまいます。

話しをよく聞くという事は会話のキャッチボールを楽しむ為に大切な事ですし、聞いた内容が理解出来れば自分が話す時にも色々な言葉が自然と出てきます。

ちょっとの差が大きな違いになってくるので話しを真剣に聞くという事はとても大切になります。

そしてこの事も大事です。

分からない言葉や内容があった時にはどうするべきかです。

5.分からない言葉はすぐ調べる癖を付ける

自分で文章を書いたり読んだりしていると分からない言葉が必ず出てきます。

そうした場合にはすぐに調べるという癖をつける事が大切です。

「後で調べればいいや」このようになってしまうとボキャブラリーは増えていきませんよね。

自分が知らない言葉を知識にする事がとても大切になります。

今は辞書などなくともスマホなどを利用すればだいたいの事は分かります。

そういったものを上手に利用しながら調べる癖を付けていく事が自分の為にも大事になってきます。

ボキャブラリーが豊富な人は調べるという事も好きです。

知らない言葉があると深く掘り下げて追及していきます。

ちょっとした差なのですがそれが後で役に立ってきます。

自分で調べた事は記憶に残りやすくあまり忘れる事がないからです。

どんな言葉に対しても興味も持つと自然に使える言葉自体が増えてきます。

最初は嫌かもしれませんが、やっていくうちに自然と身についてくる事ですので面倒であっても調べる癖を付けて下さい。

次のステップは話す事が苦手な方は最初戸惑うかもしれませんが、やっていくうちにきちんと会話できるようになりますのでチャレンジしてみて下さい。

6.単語や感情表現で話すのをやめる

人との会話で感情表現で表してしまうという方はいらっしゃいますか?

感情表現とは身振り手振りといった身体の動作で相手に伝えようとする事になります。

それともう一つ。

一つの言葉だけで伝えようとする事です。

どちらも相手には伝わるのですが、感情表現の多用は間違った意味で伝わる事もあります。

自分ではそんなつもりじゃないと思っていても、相手から見ると違う表現で捉えられてしまうことが出てくるからです。

もし間違った意味で解釈されてしまったら会話は終了しますし、関係も悪化する事だって考えられます。

感情表現はそういったリスクもあるのだと思って下さい。

同時に一つの言葉だけも似たような傾向があります。

とにかく言葉自体が少ないのは良い印象を与えません。

相手はもっと言葉をかけて欲しいのに一言で終わってしまったらどう感じるでしょう?自分が相手の立場だったとしたら良い印象を持つでしょうか?

実践していく事は難しいかもしれませんが、今までこういったものに頼っていたのであればちょっとづつでも改善していく事が大切になります。

人とのコミュニケーションは些細な事が原因で悪化してしまいます。

言葉の使い方も考えて使わないと、予想していたものとは全く逆の結果になる事さえあるのです。

この事を直していくにはどうすればいいのか!

それは練習しかありません。

7.他の言葉で言い変える練習をする

まずは感情表現からお話しします。

身振りや仕草が出るという事は話の内容はきちんと理解している事にもなりますよね。

練習法としては、すぐに言葉を出してフォローする事です。

最初から感情表現を止めるのは難しい場合、その後にきちんと自分の意見を伝えて下さい。

そうする事で相手にも気持ちが届けられますし、違う意味で伝わる事もある程度は防ぐことが出来ます。

少しづつその言葉を増やしていく事で、気がついた時には感情表現というものに頼らなくても大丈夫になってきます。

それには練習していくしかありませんので、慣れるまで何度もする必要が出てきます。

次に一つの言葉だけで伝えていた場合ですが、これは一つづつ言葉を足してあげましょう。

最初は2つの言葉、そして3つと段階を踏んでいけばさほど難しい事ではありません。

どんな事でも練習するという事は大切ですが、意識をした練習がとても重要になります。

字を読む癖をつけたり文章を書く習慣にしても初めから思うようにはいかないでしょう。

ただ、それをそのままにしていればボキャブラリーを増やす事は出来ません。

自分なりに色々とやってみて最後は人との会話で実践していく事が一番の近道です。

相手も対応がいつもと違ってくればその事に気がついてくれ、関係もより良いものへと変わりますし、伝えようとする姿勢が大切になるのだと思います。

ボキャブラリーを増やすという事はさほど難しい事ではないのです。

今まで上げてきた7個の事をちょっとづつ実行していけばそんなに時間もかからずに人との会話を楽しめる自分に出会えるのではないでしょうか。

今まではボキャブラリーを増やす方法についてお話ししましたが、次はボキャブラリーそのものについてお伝えしたいと思います。

ボキャブラリー、豊富にありますか?

会話が続かない。

人と話すのはどうも苦手。

このように感じる人は、ボキャブラリーに乏しいと言えます。

性格的な部分も大いに関係してくるのですが、言葉で出来る単語が思いつかないと話すこと自体躊躇しますよね?

何を問われても一言しか出てこないとなると信頼出来る関係を築くのはかなり難しくなってきます。

ボキャブラリーを増やす事は自分に自信に繋がります。

自信が出てくれば会話が楽しくなり、人との輪が広がっていきます。

もう一度ボキャブラリーについて考えていきたいと思います。

1.ボキャブラリーとは?

最初に軽く説明しましたが、違う視点で考えてみましょう。

ボキャブラリーですが、いくつも言葉の引き出しを持っているとイメージして下さい。

人は言葉を口にするときに脳で考えてどの言葉が適切なのかを選びます。

ボキャブラリーが乏しい場合には選ぶ引き出しが極端に少ないのです。

極端な話しですが引き出しが一つだけしかなければどうでしょう?

口に出来る言葉は数えるくらいしかありませんよね。

ボキャブラリーが豊富にある人との違いはまさにココなのです。

引き出しをちょっとづつ増やす事がとても大事になります。

今まではそれでなんとか通じてきた事でも壁にぶち当たるかもしれません。

もっと会話が出来るようになりたいと思う時もあるでしょう。

ただし、引き出しが少ない事には何も変化する事はないのだと思います。

それを補うためにする事が引き出しを少しづつ増やしてあげる事です。

7個の方法はこの引き出しを沢山作るきっかけになっています。

そして、ボキャブラリーがこのままだとしたらどうなるでしょう?

2.ボキャブラリーが無いとどうなる?

私たちは会話を楽しむ動物でもあります。

その時の気持ちなどを伝えあって意思疎通を図ります。

それがボキャブラリーが無い為に人間関係にも大きく影響してくる事になるのです。

全てではないにしても自分の周りからどんどん人はいなくなってしまいます。

会話が楽しくない人とはどうしても一線をおいてしまうので、ボキャブラリーは人とのコミュニケーションをとる上で欠かせない事になるのです。

全く引き出しが増えない状態ですごしているとどのようになっていくのかをお話しします。

1.自分の言いたいことが伝わらない

言葉の繋ぎ方がわからなければ気持ちを伝える事が出来ません。

相手にも伝わる事がないのですから、疎遠になるきっかけにもなりえます。

どう言ってよいのかわからない場合は、ボキャブラリーを増やしていくしかないのです。

少しづつでも気持ちを伝える努力をしなければ、相手に伝わることは全く出来ません。

そして相手はどのように感じているでしょう。

2.頭が悪いと思われる

言葉は悪いですが、相手は自分の事を「頭が悪い人」と思っています。

出てくる言葉が似たような事ばかりで身振りや仕草だけでは何も伝わってきませんよね。

そのうちに話す事もなくなりずっと「頭が悪い」と思われたままになってしまいます。

自分にとって大切な人でも相手にとっては必要のない存在となっていきます。

そういう思いをしない為にもボキャブラリーは大切です。

自分の為に必要になってくる事を忘れないで下さい。

また、次の事も考えられます。

3.文章を読んでも理解出来ない

生活や仕事をする上で何かしらの文章は目にしなければいけませんよね。

そうした時にも影響は出てきてしまいます。

まず何を書いてあるのかが分からない!

書いてある事が分からなければ、次の行動にも影響します。

普通は分からなければ誰かに聞くという事も出来ますが、自分の気持ちをうまく伝えられないと話しかける事も迷ってしまうはずです。

こうなってしまうとやる気も薄れていきますし話すことが苦痛になってしまいます。

本当に悪循環ですよね。

ボキャブラリーが乏しいという事は日常にも大きく影響してくるのです。

また、こんな事にも繋がります。

4.人の話を理解出来ない

文章が理解出来ないという事は話されている内容も理解できません。

何かを指示されたとしても全く分からないという事になります。

何が分からないと聞かれても、どこが分からないのか伝える事も出来ません。

色々な影響が出てくると思います。

最初は丁寧に教えてくれるかもしれませんが、月日が経てば相手の態度にも変化が起きるのではないでしょうか。

仕事を任されなくなったり話しても聞いてもらえない等、色々な事が考えられます。

そうなってしまってからでは修復していくのはとても難しいです。

人の気持ちが変わってしまうと新たに考えを変えてもらう事はとても大変になります。

そして、その後も自分を変える事をしなければこういった態度でしか物事を伝えられなくなってしまいます。

5.感情やジェスチャーでごまかすしかない

言葉が出てこなければ感情などでごまかすしかありませんよね。

その場しのぎで相手に合わせる事しか出来なくなってしまうでしょう。

そのジェスチャーが相手の話している内容と大きく違った時は、相手の信頼も失ってしまう時でもあります。

こういったジェスチャーなどはかなりのリスクを背負っている事だけは忘れないようにして下さい。

また、言葉を出さないという事はこんな一面にも繋がります。

6.分かったふりをするしかない

相手も話す事が嫌になるとこのように問いかけてくるようになっていきます。

「今の内容わかった?」

自分は全く理解出来ていなくとも頷くしかありません。

分からないと答えれば「どこが分からないの?」と聞かれるからです。

何も分からないままにしてしまえば仕事にしても約束にしても失敗するという事になるでしょう。

その事は大きな信用も失う事になりますよね。

分かったふりをするという事は何も良い結果を生みません。

むしろ孤立していく原因になってしまいます。

そして気持ちはどんどん落ち込んでいきこんな風にしか考えられなくなってしまいます。

7.劣等感を感じてしまう

理解出来ないと周りに知られると色々な影響が出てきます。

仕事も一人でしなければいけなくなり周りに聞く人がいない状態です。

自分が嫌になってしまい生活も楽しくなくなってしまいます。

ストレスだけが増えていき体調も悪くなってしまうかもしれません。

こうなってしまっては遅いのではないでしょうか。

ここから人との関係を一から築き上げる事は本当に難しい事のように感じます。

もっと早くボキャブラリーを増やす努力をすれば良かったと思うようにもなります。

一度落ち込んだ気持ちを立て直す事は想像以上に辛い事が多いです。

ここまで自分を追い詰めないようにしなければいけませんし、早めに行動する事がとても大事なのです。

最後にボキャブラリーが少ない人の特徴をあげます。

これに少しでも当てはまってしまったら何かしらの行動を起こして下さい。

必ず良い結果へと結びついてくれるはずです。

ボキャブラリーが少ない人の特徴

自分ではボキャブラリーはあると思っていても、案外気がつかないものです。

第三者的な視点でもう一度見直してみる事で気がつく事もあるはずです。

自分はこういう所はないだろうか?と、見つめ直した上でチェックしてみて下さい。

1.勉強嫌い

ここでいう勉強ですが学校などの勉強も指しますが、生活する上で必要な勉強が主だと思って下さい。

社会人であれば会社の商品や仕事に必要な知識を頭に入れる事も勉強です。

事務であれば簿記などが必須ですし、資格を必要とする仕事も出てきます。

こうした問題に直面した時、気持ちを奮い立たせて勉強に励むという事が出来るかが問題になってきます。

取らなければいけない資格などについては勉強するかもしれませんが、次のステップへ自ら進まないタイプだとすると、勉強嫌いという事になります。

現状で満足するタイプに多いのですが、ある程度までは頑張る事が出来ますがそれ以上は自分からは行動しません。

それがボキャブラリーを乏しくしている原因なのです。

2.本や新聞を読まない

漫画は読むけど本にも新聞にも興味がない人もボキャブラリーは乏しいと言えます。

新聞には難しい言葉も出てきて人生における一番身近な教科書かもしれません。

色々な話題が詰まっているのに読む事が面倒で読まないという人が増えています。

どうしても新聞が嫌な人は本でもいいです。

とにかく色々な本を読んでみて下さい。

読まずに嫌いというのは食わず嫌いと一緒です。

イメージだけで決めつけずに実際に自分で試してみないと本当の感想など出てきませんよね。

この決めつけの気持ちはボキャブラリーを増やす時にはなくさないと前へ進む事が出来ないので注意して下さい。

3.知的好奇心が少ない

何か文章を書いたり、本を読んだりしている時に自分の知らなかった言葉が出てきます。

その言葉をそのままにする方がいますが、それは改めるべきです。

自分の知識の引き出しを増やすという事は知らない事を吸収しようといった行動から生まれます。

自らがそれを放棄してしまったら自分の知識はそこで止まってしまいます。

わからない言葉が出てきたらとにかく調べてみる癖はとても大事です。

この行動一つをするかしないかでボキャブラリーに雲泥の差が出てきてしまいます。

今まではしなかった方でも遅くはありません。

今からでも大丈夫ですので、分からないままにはしないようにして下さい。

4.分かっている振りをする

これは一番やってはいけない事になります。

もし仕事でこれをやっている方だと仕事を失う事にも繋がります。

分かっている振りというのは相手に対しても失礼な事ですし、仕事などの場合は取引先にも失礼です。

大きな事にならなかったとしたら運が良かっただけであり、いつか大きな失敗を招く原因にもなります。

もし、こういった経験があるとすれば今後は絶対にしない事が大切です。

これはボキャブラリーさえ充実させればいくらでも解決する方法が見つかります。

自分で原因を作ってしまう事は絶対に避けるようにして下さい。

5.笑ってごまかす

話しが理解出来ないと笑ってごまかす人がいますが、相手には不快な思いしかないでしょう。

人間関係で一番大事な事は意思疎通です。

何を聞いても笑ってばかりの人はいつか孤立します。

それは自分の生活を楽しくはしてくれません。

ごまかすという事に逃げないできちんと返答出来るボキャブラリーを身につける事が大切になるはずです。

6.向上心がない

全く向上心がない人は現状で満足です。

それ以下でもなくそれ以上でもない生活は気持ち的に楽でしょうが、人との関係も望む事は出来ないでしょう。

マイナス思考になってしまうと行動をするにも時間がかかってしまいますよね。

その状態が長くあればあるほど、人との差というのも出てしまいます。

将来的に後悔してしまう事にならないようにボキャブラリーを増やす努力はした方が良いと言えるので、ご注意下さい。

7.友達もボキャブラリーが少ない類とも

最終的にこの事にいきつく人が多いのですが、自分と似たような人としか付き合う事は出来なくなってしまいます。

友人も言葉足らずであれば気が楽ですよね。

ただ考えてほしいのですが、そこから何かが生まれるのでしょうか?

類ともを増やして自分の居場所を作る事は果たして自分の為になるのでしょうか?

新しい自分という事を考えれば、違う友人を見つける事も必要のはずです。

8.単語だけで話す

人付き合いが苦手だと「はい」「わかりました」「大丈夫です」などの言葉だけで会話を成り立たせようとする人がいます。

これは嫌われてしまう原因になるので注意して下さい。

あまりに言葉が少なければ話す意味もありません。

どんどん嫌われる事を自らしてしまっています。

自分から壁を作ってしまえば相手は逃げてしまうでしょうし、話すように頑張ってみる事も必要なのではないでしょうか。

9.同じ言葉を何度も繰り返す

単語を話す方は同じ言葉を何度も繰り返します。

理由はボキャブラリーが無いからです。

違う言葉を考えても頭に浮かんで来ない為に同じ言葉を選択するしかないのです。

そのうちに相手も嫌になってくるでしょうし、自分も嫌ではありませんか?

自分を変えていく事は大変ですが、やらなければ一生そのままです。

そして受け入れてくれる人は非常に少ないと言えます。

まとめ

今回ボキャブラリーについてお話ししてきましたが、少しの事で大きく違ってくるという事がわかります。

きっかけは人それぞれですが、会話を楽しむ事は自らを守る事へも繋がります。

日常の生活を楽しくする事がちょっとした継続する努力でなんとでもなるからです。

人と話す事が苦手な人も小さな引き出しをいくつも作る事が出来れば会話も楽しくなってきます。

それは相手の信用や信頼といった大きな財産へとなっていくのです。

最初は嫌かもしれません。

面倒と思うかもしれません。

ボキャブラリーなんて増えなくていい!と思うかもしれません。

それでも努力した人には大きく変わるであろう未来が待っています。

人と接する事が楽しくなり、毎日をイキイキと過ごせるようになります。

自分を変える日は自分で決める事が出来るのです。

ボキャブラリーは色々な可能性を秘めた自分自身の武器にもなりえるのです。

どうか楽しみながらボキャブラリーを増やす事を実践してみて下さい。

1年後の自分は今までとは全く違う別人になっているはずです。