「あなたってブサイクだよね」

もし、こんなことを他の人から言われたら、あまりにショックを受けちゃいますよね。

それを同性から言われてもショックですけど、男性から、しかも気になる人や好きな人から言われたら、立ち直れないほどショックを受けてしまうかもしれません。

ブサイク(不細工)の意味について調べて見ると、「容姿や見た目が醜いこと」となっています。

でも、容姿や見た目は親から受け継いだ遺伝なんだし、自分のせいじゃないんだから仕方ないじゃない!って思いますか?

そもそも、ブサイクかどうかというのは、何を基準にして判断するのでしょうか。

顔のそれぞれのパーツは、人によってみんな特徴は異なります。

顔の大きい人、目が小さい人、鼻が大きい人、口が分厚い人…など、いろいろですよね☆

それに、顔というのは人それぞれに好みは異なりますから、ブサイクという基準を決めるのは非常に難しいところです。

ある人はブサイクだと感じても、別の人はかわいいとか、許せる顔だ、と感じるかもしれません。

実はブサイクかどうかは、単に「顔面偏差値」だけで決まるわけではありません。

確かに美人だとか、かわいいと言われる人と比べると、顔のバランスが悪い人はいます。

でも、顔そのものはそこまで美人なわけではないのに、なぜかとてもチャーミングで惹かれてしまう女の人っていますよね。

ですから、ブサイクかどうかは、受け継いだ外見だけで決まるものではない、ということが分かります。

では、どんな女性は、周囲の人からブサイクだと思われてしまうのでしょうか。

もし自分がブサイクだと感じているなら、どうしたら少しでも魅力的に自分を見せることができるのでしょうか。

ブサイク女と言われる人の基準や対策なども取り上げながら、考えていきましょう☆

ブサイク女なんて言わせない!

「ブサイク女」というレッテルを貼られたら、誰だって少なからずショックを受けると思います。

言われっぱなしは悔しいですよね。

そんな言葉を投げかけてくる人の性格もちょっと疑ってしまいますけど、でもブサイク女だなんてもう絶対に言われないように、この機会を自分を見つめ直すチャンスだと前向きにとらえて、考え直しましょう!

ブサイク女になっていませんか?

正直言って外見や見た目は、他の女の人と比べたら可愛い方だし、自信がある…という人もいるかもしれません。

でも、慢心は危険ですよ☆

もしかすると、外見や見た目はそれなりに良い方なのに、周囲の人からは「ブサイク女」だとみなされている可能性もあります。

それは、ブサイクという基準が、必ずしも外見や見た目だけで決まるわけではないからです。

逆に自分より外見が整っているわけではないのに、なぜか周りから「カワイイ」とか「美人だよね」って評価の高い女の人はいませんか?

せっかく外見は良くても、他のことが要因となって、「ブサイク女」になってしまっている危険があります。

ではその要因となり得る「他のこと」には、どんなことが含まれるでしょうか。

ブサイク女は身も心もブスな女

自分の周りにいる友人や知り合いの中で、顔そのものはパーツも整っているし、きれいなタイプに入るのに、髪の毛はいつもボサボサで、ファッションもメイクもまったく整っていない、ちょっと残念な人っていませんか?

見た目は全然ブサイク顔なんかじゃないのに、言葉遣いが悪かったり、やることなすことがすべてガサツで、女を捨てているような人を見ることもあります。

他にも性格が悪くて、いつも人の悪口や下ネタの話ししかしないような女性に遭遇したりすると、「この人は心がブサイクな女の人だな」と感じることがあるかもしれません。

そうです、ブサイク女というのは決して、生まれつきの見た目や外見だけで判断されるものではないのです。

むしろ内面からにじみ出ている要素によってその人自身のイメージが作られて、プラスにもマイナスにも働いてしまう時が多いのです。

つまり、ここで言われる「ブサイク女」というのは、女性としての、女性だけが持てる美しさや女らしさをあきらめたり捨ててしまっている、身も心もブサイクな女性のことを言っているわけです。

特徴を見てチェックしてみよう

実は知らずのうちに「身も心もブサイクな女」に成り果てていたとしたら嫌ですよね。

自分では気づかなくても、周りからそんな評価を受けてしまっていることさえあり得るかもしれません。

それで、自分がいわゆる“ブサイクな女”になっていないか、時おり見直してみるのは良いことです。

せっかく女性として生まれてきたからには、“美しい”女性でありたいですよね。

そうした「身も心もきれいな女性」になれるとしたら、異性からだけでなく、同性の友達や知人からも好かれる存在になれることでしょう。

それで、“ブサイクな女”に見られる特徴を知っておくのは良いことです。

特徴を見ながらチェックすることで、改めて見直すべき分野に気づかされることもあるかもしれません。

そうすれば、以前に「ブサイク女」というレッテルを貼られたことがあるとしても、対策をしっかり行なって、その人を見返すことができるに違いありません。

ブサイク女の14個の特徴

先ほども取り上げたように、ブサイクであるというのは、決して生まれつきの容姿や見た目だけで判断されるものの事だけを言っているわけではありません。

むしろ、自分というものを形作っている振る舞いや話し方、性格や行動の仕方によって“ブサイク”だというイメージを作り上げている場合が多いのです。
 
ではこれからブサイク女の特徴を14個取り上げていってみることにしましょう。

周りにこんな女性がいるな~と頭に思い浮ぶ人もいるかもしれません。

でも自分に当てはまるところももしかしたらあるかもしれません。

いつの間にか自分が「ブサイク女」になっていた、なんてことにならないように、しっかり自己評価してみるのは良いことです。

メイクが下手

メイクアップは女性に与えられた特権です。

最近では男性でもメイクをする人も増えてきてはいますが、メイクで男性らしさをアピールできるわけではありませんよね。

でも女性は違います。

どんなメイクアップをするかによって、より可愛らしくもなれたり、女性らしさをアピールすることができます。

ですからメイクは、女性が自分をより美しく、輝かせて見せるための手段になるということなのです。

せっかくきれいに見せるための手段なのに、逆にメイクをしている時の顔が、やたらと老け顔だったり、メイク法が合っていない人って見かけることありませんか?

この人、すっぴんはきっといいモノ持っているんだろうけど、やたらとファンデーションやチーク、アイシャドウを厚塗りしすぎていて、ケバイ印象になっている人もいます。

メイクアップで肌ムラができていたり、血色悪い肌色に見えるという人もいるかもしれません。

メイクが苦手だという人もいるとは思いますが、自分に似合うカラーアイテムを見つけたり、メイクアップ方法を勉強したりして、自分がより輝かいて見えるメイクができるように意識してみるのは良いことです。

女を捨てている


行動や仕草、身だしなみにまったく気を使っていない人を見ると、女を捨てているなと感じる人が多いようです。

たとえば、大きな口を開けてガハガハ笑ってみたり、スカートを履いているのに足を開いて座ってみたり、すっかりオジサン化しているような女性は、どんなに顔がきれいでもブサイクに感じる異性は多いようですよ。

他にも、おならやげっぷを人前でも平気でする、人がたくさんいる公共の場所でメイクをすることが平気な人、飲み方や食べ方が汚い人なども女を捨てていると見られます。

身だしなみでいうと、いつも髪がボサボサだったり、眉毛もまったく整えていない人や、ムダ毛の処理を怠っている人、ファッションがダサい人など、見た目をまったく気にせず無頓着な人を見ても、女を捨てている「ブサイクな女」だと思われてしまうようです。

常に女性らしくいられる人というのは少ないと思いますが、人前での言動や身だしなみには気を付けたいものですね。

地の顔がどうしようもなくブサイク

生まれつき遺伝で受け継いだ地の顔が、やっぱりかわいいとは言い難い、という人もいます。

顔のパーツそれぞれを見ると、一つ一つはそんなに悪くないのに、全体のバランスが悪くてブサイクに見えてしまう人もいます。

みなそれぞれ個性なので、顔だけを見てブサイクと評価されるのはどうなのかと思いますが、大人になれば気になる部分をメイクでカバーしたり、どうしても気になる部分は美容整形などで改善することもできるかもしれません。

ひねくれている


ひねくれている人はたいていの場合、人から嫌われたり、人を不快な気持ちにさせるものです。

ひねくれているとは、「心がねじけていることや屈折している人」のことや、「根性が曲がっている」ような人のことを言います。

褒められて育てられる環境にいなかった人に多くみられる特徴ですが、人の好意や誉め言葉を素直に受け取ることができません。

むしろ言われた事の裏にあるものを見ようとしたり、動機を疑う傾向が強くあります。

たとえば、自分の成し遂げたことをひとから褒められても、「ありがとう」と素直に言えずに、強く否定する傾向が見られます。

「どうせ心の中ではバカにしてるんでしょ」とか「こんなこと、誰でもできると思ってるくせに」などと、言動の裏に何かあるはずだと疑ってしまうのです。

他にも、ひねくれている人は人の幸せを素直に喜んであげられない、という特徴もあります。

友人の結婚や出産をひがんだり、ねたんだりします。

逆に誰かに不幸なことが起きると喜んだりもします。

こういう人は、どんなに見た目がきれいな人であったとしても、近づいて仲良くなりたい存在ではないですよね。

まさに「心がブサイクな女性」だと感じます。

勘違いがひどい

生きていくためにはある程度の自信は必要ですし、ポジティブ思考であることも大切だと思います。

しかし、その度合いがあまりにひどすぎて、周りの評価以上に自分を過大評価したり、やたらと自信があり過ぎて勘違いがひどい人っていませんか?

そういう勘違いがひどい女性の中には、自分だけがかわいいと思っていて欠点を認めようとしない人や、年齢に合わない若作りをして痛すぎる人がいます。

男性の前ではものすごいぶりっ子な態度を見せて、周りをドン引きさせたりイライラさせている人もいます。

そういう「勘違い女」は、実は自分だけがそれを良いと思っていて周りに迷惑をかけたり位、嫌な思いをさせてしまっていることに、早めに気付く必要があるかもしれません。

【勘違い女については、こちらの記事もチェック!】

自己中心的

いつも自分が話題の中心になっていないと気が済まなかったり、常に自分が優先で、自分を押し通そうとする人って周りにいませんか?

そういう自己中心的な女性は、自分の思い通りに物事が動かないとすぐに怒ったり、キレてみたりする傾向があったり、人の意見やアドバイスにも耳を傾けようとしないわがままな性向を持っているかもしれません。

自己中心的な人というのは、他の人がどう思うか、とか感じるかで物事を見ることができません。

自分さえ楽しければとか、良ければそれで良いので、人に対する思いやりも持ち合わせていません。

どんなに顔が美人な人でも、心がブスな自己中心的な人と長く付き合える人はそういないはずです。

自己中心的な人は、相手を不快な気持ちにさせますし、どんどんと身近な人から距離を置かれる存在になってしまうことでしょう。

人の気持ちを考えない

自己中心的な人と非常に似ていますが、人の気持ちを汲んだり考えることができない女性もいます。

周りに気を配れなかったり、人が嫌な気持ちになるかどうかはお構いなしで、迷惑を顧みない人のことです。

そういった人は、「もし自分がこう言われたらどう思うだろう」とか「自分がその人の立場だったらどうだろうか」という視点や観点で想像する能力やスキルが欠けてしまっているのかもしれません。

そして深く考えずに発言するので、知らずのうちに相手を傷つけてしまっている、ということも☆

大人になっていけばいくほど、人の気持ちを汲み取る能力は欠かせないものになっていきます。

人間関係において非常に重要な役割を果たしますから、まずは人を思いやる気持ちを持てるように意識しましょう。

服や靴が汚い

いつも身に着けている服や靴が汚い女性を見ると、この人は生活すべてにおいて、だらしない人なのではないか…と思われてしまうかもしれません。

どんなにブランドの高価な服や靴を身に着けていたとしても、手入れを怠っているとしたら残念な人だと思われてしまいます。

自宅にいる時の部屋着や、下着になるとどうでもいいやと思ってしまって無頓着になってしまう人もいるでしょうか。

でも誰に見られるかに関わらず、たとえば下着の上下を揃えて着るとか、ヨレヨレの伸びきった服を着ない、といったように、「ブサイク女」にならないための美意識を心がけることは大切かもしれません。

肌が汚い

どんなに顔立ちが良い人でも、肌が汚いことで「ブサイク女」と評価されてしまうようです。

肌が汚いと、夜更かしをしていたり、食生活が乱れているだらしのない人、と思われてしまうのかもしれませんね。

実際に、毛穴が汚れていたり、でこぼこの肌であったり、ニキビや吹き出物がたくさんあると、肌の透明感は無くなってしまいます。

ツヤやハリが見られなくなって、老け顔に見られてしまう原因にもなりかねません。

肌をきれいにしておくだけで、顔が整っていなかったとしても、他の人の印象や評価は変わってくるということが分かります。

悪口ばかり言う

いつも誰かの悪口や不満ばかり言う人っていますよね。

もちろん誰だって人に不快な感情を持ったり、悪く言いたくなる時ってあるものですが、「え?そんなことで?」と思うようなことを言い続ける人も中にはいます。

いつも人のあら捜しばかりしているような人は、もしかするとひがみや妬み、嫉妬の感情が強かったり、人への劣等感を感じているのが原因かもしれません。

いずれにしても、いつも悪口ばかり言うということは、心の中や考えていることはそういったネガティブな感情の塊である、ということです。

心の中にあるものは、その人の顔の表情や態度に表れてきます。

常に考えることが前向きで、人の良いところを見れるきれいな心を持っている人は、表情が柔らかく見えたり、優しそうな雰囲気に表れるものです。

人を見る目がきれいなので、実際の目もきれいに見えてきます。

いつも幸せなので、笑顔は心からのものになります。

かわいく見える人というのは、内面からにじみでるオーラによって作り出されているといっても過言ではありません。

どんなに見た目の良い女性であっても、いつも悪口ばかり言うような負のオーラを持っている人は、人の目に魅力的な人とは映らないに違いありません。

人を見下している

人を見下しているということは、プライドが高いということです。

それと共に自尊心のない人に良くみられる特徴でもあります。

そういった人は、自分と他の人を常に比較し、自分が優位に立てる部分を探そうとします。

人を馬鹿にしたり、人の不幸話や悪いうわさばかり話すことで、優越感を感じようとします。

それによりストレスを解消したりするわけですが、周りの人から見ればいい気分を感じられないものですよね。

人を見下す態度は、周りからの評価をただ下げているだけで、結局自分の周りから人が離れていってしまうことになりかねません。

相手から「かわいそうな人」という憐みの目だけで見られてしまっていることになります。

そういう「心のブサイクな女」になってしまわないように、普段の自分の話すことや態度を見直してみることは大切かもしれませんね。

姿勢が悪い

猫背スタイルなど、いわゆる姿勢が悪い人は、見た目にも大きく影響してきます。

ただ単に骨格がゆがむとか、自信なさげに見えるというだけではないのです。

たとえば、姿勢が良くないと内臓が圧迫されたり、血行が悪くなることがあります。

そうなると、顔の肌色が悪くなったり、くすんで見えてしまう原因になりかねません。

また、姿勢のゆがみは肩こりや頭痛を引き起こすことにもなります。

いつも慢性的な痛みに悩まされてしまうと、眉間にしわが寄ったり、血の巡りが悪くなって肌ツヤが良くなくなってしまう可能性もあります。

さらに姿勢がゆがむということは、頭が下向きになる時が多いということです。

そうなると、首やデコルテ部分にしわがついてしまう、老化への悪影響も考えられます。

つまり、見た目から「ブサイク女」に見られてしまう、あるいは見えてしまうことにもなりかねないということです。

立っている時だけでなく、座っている時も良い姿勢を心がけましょう。

姿勢の良い人は、それだけで美しく見えてくるものです。

ムスッとしている

いつも不機嫌そうにしていたり、愛想のない人というのは、それだけ表情も暗く、乏しく見えてきちゃいますよね。

声をかけてもいつも返事がなかったり、無視されてしまったり、イライラしているような人を見て、「この人素敵だな」と感じる人はまずいないことでしょう。

顔はきれいなんだけど、いつも笑わないで機嫌が悪いように振る舞っている女性と、とりわけ美人ではないけれど、誰に対しても明るく笑顔で振る舞っている人、どちらが心惹かれるでしょうか。

逆にどちらを「ブサイクな女性」だとみなしてしまうでしょうか。

表情は、その人の見た目に大きく影響してきます。

その人となりを作ってしまうからです。

いつもムスッとした表情をしていると、表情筋も下に下がっていっちゃうし、せっかくの顔も台無しになってしまうかもしれませんよ☆

言い訳をする

物事がうまくいかないのを、いつまでも誰かや何かのせいにして言い訳ばかりしていると、いつまでたっても「ブサイク女」から卒業はできません。

たとえば、自分に魅力がないのを「親がブサイクなんだから仕方がないじゃない」とか「どうせどんな努力をしたって元がダメなんだから、何やったって無駄」などと、常に言い訳ばかりしていませんか?

自分を磨く努力や、より魅力的に見せる前向きな姿勢も見せていないのに、いつでも何かのせいにして最初っからあきらめている人は、正真正銘の「ブサイク女」です。

何事もやらないうちから「できない」と決めつけて、言い訳ばかり上手になるのではなく、まずは何事もチャレンジしてみる前向きな女性を目指しましょう!

ブサイク女の対策方法

ブサイク女になってしまうかもしれない、いくつかの特徴を考えてきました。

もしかすると、当てはまる部分もあったかもしれませんし、いつの間にか周囲からそうみられてしまっていたかもしれません。

でも大丈夫です、今からでも遅くはありません。

自分を見つめ直して、対策を講じると良い部分に気づいたなら、意識的に改善する努力を払ってみましょう。

それで、これからブサイク女と言われないためにできる、いくつかの対策方法を取り上げてみたいと思います。

この中には今すぐに取り組めるものもあると思いますし、少し時間はかかっても変われるものもあることでしょう。

スキンケアをする

洗顔を丁寧に行なったり、化粧水や美容液をきちんと毎日欠かさないだけでも、肌の質感はぜんぜん変わってきます。

肌は毎日のように紫外線や、乾燥などによってダメージを受けています。

それを放っておくと肌のくすみやしわ、あるいは吹き出物の原因にもなってしまいます。

そうした状態を隠そうとして、どんどんファンデーションを重ね塗りしたり、チークやアイシャドウなどでごまかそうとしても、肌が若々しくきれいに見えるどころか、肌の透明感はどんどん失われていってしまうでしょう。

まずはスキンケアをきちんとして、きれいな肌作りを心がけるだけでも、肌も明るく見えるし、魅力的に見せるポイントにつながります♪

ヘアケアをする

スキンケアと同じように、見た目を良くするために大切なのは、ヘアケアを欠かさないことです。

肌と同じように、髪の毛も毎日のように紫外線などによりダメージを受けています。

パサパサでまったくツヤのない髪の毛は、まとまりもなく広がってしまうので、どうしてもボサボサな印象を与えてしまいます。

手入れをしていないことが分かってしまう部分なので、女としての美しさを捨ててしまっているとみなされてしまうかもしれません。

また、きちんとケアをしていない髪の毛はぺたんとしていて、ふくらみがありません。

ふくらみのない髪の毛は、老けた印象を与えてしまいます。

それで、シャンプーなどはもちろんのこと、トリートメントやブラッシングも毎日丁寧に欠かさず行なって、ツヤのある美しいヘアスタイルを心がけるようにしましょう。

オシャレを勉強する

ファッションに無頓着な女性は、魅力的には映りません。

もちろん、オシャレがそこまで得意ではない人や興味がない人もいることでしょう。

必ずしも最新のファッションスタイルでなければいけない、というわけではありません。

自分に合ったファッションで、なおかつ清潔感のある印象を与えるコーデを意識するのは良いことです。

服や靴といったアイテムだけでなく、たとえば目が悪い人はメガネをいつもかけているかもしれませんが、それをコンタクトに変えるだけでもだいぶ印象は変わってきます。

いずれにしても、雑誌やネットなどを見ながら、女性らしさを最大限に引き出してくれるオシャレを勉強する姿勢を持つことは大切だと言えます。

性格をなおす

性格が悪い、いわゆる「性格ブス」な人は、恋愛も長続きしませんし、ホンモノの友情を築ける人もできません。

つまり人から好かれないということです。

先ほど取り上げたような、性格ブサイク女の特徴でもある、「自己中心的で人の気持ちを考えずに行動する」「ひねくれていて、人の幸せを素直に喜べない」「常に他の人を見下したり、悪く言ってしまう」

こういう自分に気づいたなら、なるべく早いうちに直して、改善を図る意識的な努力をしましょう。

そのためには、まず自分を客観的に見つめ直し、認めてあげることが大切です。

そのうえで、他の人の目線や視点で物事を見て、思いやりを持てるように努力しましょう。

性格やモノの考え方は、表情や見た目に表れます。

性格に難がある人は、やはり顔つきに表れてしまい、いつまでたっても「ブサイクな女」に思われてしまいます。

まずは内面から磨くことを意識していきたいですね☆

いつも笑顔でいる

笑顔は人を惹きつけます。

それほど特別に美人だというわけではないのに、なぜか男性からモテる女の人っていますよね。

そうした女性たちのほとんどは、笑顔がとてもかわいくて、ステキな人が多いです。

いつも明るくニコニコしていて、笑顔を見せてくれる人に誰もが惹きつけられるのではないでしょうか。

それは笑顔の人を見ると、幸せな気持ちになれたり、癒されるからです。

一緒にいて楽しい気分にさせられるからです。

笑顔が得意でない人は、鏡を見ながら口角を上げる練習をしてみるのはどうでしょうか。

最初はぎこちない笑顔でも、そのうち自然と笑みがこぼれたり、愛らしい笑顔を向けられるようになるかもしれません。

笑顔は、男性がいちばん魅力的に感じ、ドキドキさせられる表情のようですよ♪

人に優しくする

いつも人の不幸を喜んでいたり、悪いところやできていないところしか見ていない人は、必然的に人への優しい心を持つことができません。

優しい、思いやりの心が持てないと、実際にその優しさを言葉や行動で表すことはできないに違いありません。

人の上げ足を取るようなことを言ったり、自分さえ良ければ人の気持ちはお構いなし、といった気持ちを持つのではなく、人の良いところに目を向けたり、困っている人がいたら助けてあげるなどして、優しい思いやりの心を持つように努力しましょう。

周りをよく見る

自分のことしか見えていないと、周りの様子や動きに気づくことができません。

そうなると、勘違いがひどい女性になってしまったり、自己中なイタイ女になってしまう可能性があります。

周りをよく観察して、空気を読むスキルを身に着けること、周りの状況に合わせた気配りができる女性になれれば、おのずと評価や印象もアップしていきます。

人付き合いに観察力は欠かせません。

気配り上手な女性になれるように頑張ってみましょう☆

客観的に自分を見る

自分自身を客観的に見つめることには、さまざまな利点があります。

たとえば、じぶんのできていないところや、直すべき行動や思考パターンに気づかされることがあります。

これは人を不快にさせてしまうのではないか、傷付けてしまっていないだろうか、と考えることができます。

そうできるようになると、人の思いや感情にも敏感に反応できるようになるので、人に対して自然と思いやりを持てるようにもなります。

つまり人付き合いにプラスに働く、ということです。