あなたの周りにも一人や二人はいませんか?自称・完璧主義の人が。

頭が固くて融通が利かず、人の意見も聞かずに唯我独尊の道を突き進む一種の「悟った」人たちです。

しかし彼らの頭の中には周囲の人たちが思っているイメージとは全く裏腹の世界観が開かれているようで、

いかなることが自分の周りに起ころうが微動だにしません。

それでは常人の判断ではとても理解することが不可能な「完璧主義」の人達の特徴とその治し方について見ていくことに致しましょう。

完璧主義で窮屈な生活していませんか?

自分ではそういうつもりではなかったのですが、実は周りの皆から「完璧主義な人間」と呼ばれていたのに気づいたのはつい最近の事だったのです。

どうりで今まで普通に暮らしてきたはずなのに、何故か窮屈な思いをしてきたのはこのためだったのか!

とようやく悟ることが出来た人もいらっしゃるかも分かりませんね。

やはり完璧主義というのは人からは疎ましい存在なのでしょうか?直すことはできないのでしょうか?

では、完璧主義にまつわる様々な特徴やどうやったら直せるか、見ていきましょう。

あなたは完璧主義?チェックリスト

では、まずあなたが完璧主義者かどうかのチェックを行っていきましょう。

以下の12個の設問に対してあなたの率直な意見を照合してみてくださいね。

欠点や悪いところを直そうと常に努力を惜しまない

完璧主義者の人にとって、欠点や悪いところは必要悪なものであり、それらが自身の身に存在している事は許されまじき事であるのです。

よって、完璧主義者は、絶えず欠点や悪い部分を直したり修正したりすることに努力をつぎ込みます。

傍から見れば、どこが欠点なのか分からない箇所でも本人にとっては重大な問題のようで脇目もふらずに直しにかかります。

完璧であろうとするその姿勢については、本当に真似のできない爆発力なのです。

小さな間違いやミスでも修正する

完璧主義者はマニュアルや取り扱い説明書の類が大好きです。

人生のバイブルとも思えるほど、深く強く傾倒しています。

だからマニュアル通りにいかなかったりすると、例えそれが些細な失敗であっても本人にとったら大問題になってしまいます。

こうやって小さなミスや間違いも完璧主義者によって直ちに修正されることになります。

ただ、マニュアルというものはその時々の必要性によって臨機応変に変更していくものでもあるのですが、

完璧主義を標榜する人たちにとっては、そこまでの発想はないようなのですが…。

大枠よりもディテールが気になる

完璧主義者は物事を進めるにあたっては、あまりにも細部を気にし過ぎる余りに、全体像を把握できていない傾向があります。

つまり小さい細部(ディテール)にばかりこだわり過ぎて、物事の外観、アウトラインを客観的に見る目が不足しているといえそうなのです。

勿論、本人はそのことについてさほどもおかしさを感じていないようなのですが。

自分の意見を曲げることが嫌い

完璧主義者の典型的な特徴の一つに、自分の意見を絶対、曲げない、という考えがあります。

自身の考えや知識に絶対の自信を持つ完璧主義者は、自らが進める意見や考えがこの世で最も優れているものであるという思考に凝り固まっています。

なので例え自分の上司や恩師から警告や注意を受けたとしても自説の意見を曲げようとは絶対にしません。

これこそが完璧主義者のモットーともいうべきスタイルなのでしょう。

不平等や不正は許せない

完璧主義者は正義感でもないのですが、不平や不平等というものを許せない性分を持っています。

裏を返してみたら、結局自分が損をしているから、という理由になりそうなのですが、

そんな事は露とも触れず、彼らは不平等や不正に対しては声高に異議を唱えます。

例えその不平等が組織運営のために致し方ないものであったとしても。

結局、完璧主義者にとっての不正や不平等の是正は社会や世の中全般の人に対してでなく自分自身の利害関係のみに該当してしまっているようなのです。

せっかくの崇高な考えも方向性が歪んでいるとしか言えないのです。

やることが多い

完璧主義者の人達は絶えず何かをやっています。

だから常に「忙しい」が口癖のようになってしまっています。

ただ、そのやっている中身をよくチェックしてみると、あきらかに時間の無駄遣いともいえるような効率の悪い事ばかりをやっている事に気付いていません。

やることが多いのは結構な事なのですが、一つの事に時間をかけ過ぎて、

結局、生産性の悪い仕事の遂行をやってしまっている事に気が付かないようでは、組織としても考えものですよね。

仕事が出来ない人に限ってよく使うセリフがあります「忙しい、忙しい」と。

意見の違いで相手とぶつかることがよくある

完璧主義者の最も大きな特徴ともいえるのが、自分の意見を絶対に正しいと信じ切り、

一方で他者の意見と食い違いが出た場合は、徹底して意見を曲げずに相手とぶつかる、という点です。

まだに完璧主義者の真骨頂ともういうべき振る舞いですね。

あなたの判断はどうでしょうか?

人は誰だって自分の意見が間違っているとは思いたくありません。

でも、間違いに気付くことも世の中渡っていく上では、非常に重要な事なのです。

自分の意思を絶対曲げないという事は、自分の考えは全て正しい。

だから謝罪は絶対やらないし、頭も下げない、という事に行きついてしまいます。

これって結局、自分が損をしている事に気付かないのでしょうかねえ。

とにかく、完璧主義者は意思の違いで相手とぶつかることは日常茶飯事なのです。

他人の悪いところに目がいく

完璧主義者は他人の欠点や短所、悪いところを探し出すのが上手です。

それはつまり、一つでも多く相手の欠点をついて自分の方が優秀だ、ということを見せびらかしてやろう、という心理から来ているのです。

一般的にそのような考え方は、ネガティブ思考な考え方と言われますよね。

これの反対がポジティブシンキングです。

他人の悪いところよりもいいところを見つけ出す能力のことです。

いずれにしても、相手と面と向かったら、その人のあら捜しをこれでもか!っというくらいに行ってしまう人。

十分、完璧主義者の素質ありですよね。

他人よりも優れていると感じる

当然ながら完璧主義者は自分が他人よりも劣っているとは考えていません。

むしろ多くの点において他者よりも優れた人間だと強く思っています。

まあ、自分が他人よりも優れていると感がえるのは自由なのですが、

優れているのならそれなりの優しさや器の大きいところを見せてもらえばいいのですが、実際はその逆の行動を取るものですから始末が悪いのですよね。

とにかく自分は他人よりも優秀で優れている。

完璧主義者は常に頭の中でそう考えているのです。

過ぎたことを気にしてしまう

完璧主義者は過ぎてしまった事をいつまでも気にしています。

過去に振り回されているということですね。

あの時こうしていればよかった、ああしていればよかった、と後悔のオンパレードとなります。

後悔するのなら最初から全力を出し切って事に当たればいいのですが、

完璧を自負している人達は、自分は普段から高いレベルの実力を保持しているのだから、本番前でそんなにジタバタするのはカッコ悪い、と決めてかかっています。

それで結果が伴わなかったりすると過ぎてしまった過去を物凄く後悔するのです。

常に完璧を自負する人は、人前で猛烈に頑張っている姿を見せることができない、とも言えるでしょうね。

失敗するのが怖い

完璧主義者は失敗を恐れます。

自分のすることは全て間違わないのが当たり前。

それで皆からの注目を集めているのだから例えわずかの失敗も絶対に許されない。

失敗してしまったら、それまでの自分が自分でなくなってしまうため、自分の居場所も存在価値もなくしてしまう。

という思いに支配されているようです。

別に失敗なんて珍しくも何ともないのですがねえ。

とにかく完璧主義者にとって失敗は、絶対に犯してはならないタブー中のタブーなのです。

今の自分に満足していない

完璧主義の人にとって自分自身への満足感というものは永遠に訪れません。

昨日までの自分よりも、明日への自分。

明日になれば更にまた進化した自分を求めて高みを目指す。

この繰り返しです。

なるほど、たゆまぬ努力を繰り返し、向上心をもって常に進化・上昇しようとする姿勢があることは素晴らしいことです。

頭が下がる思いです。

ただ、自身の器が小さかったら、いくら頑張って努力しても器に入りきらず漏れていくばかり。

結局、さしたる進化のないまま一生を終える。

大体、世の中の完璧主義者の全てが大成したならば世の中はどれだけよくなっていることでしょう。

いずれにしても、完璧主義者は永遠に今の自分に満足していません。

まだまだ自分は偉い人間になれるんだ、という信念は人一倍、強いのです。

半分以上当てはまれば完璧主義者!

如何でしょうか?ここまでチェックしてこられて、何個、自分に該当したでしょうか?

この設問が全部で12個。

6個以上、該当していたならば、あなたも十分、完璧主義の仲間入りができていますよ。

但し、喜んでいい事なのかは、これからの記事もよく読んでから判断してくださいね。

完璧主義者の特徴

では、ここからは完璧主義者たちの特徴を見ていくことにしましょう。

①責任感がとても強い

完璧主義者の人に共通して言えることは、責任感が非常に強い、ということが挙げられます。

これは世の中の不正や不平等・理不尽なことに対する態度の表明の表れともいえるでしょう。

私は決してそのような無責任でいい加減な人間ではありませんよ、という意思の発動です。

しかし、この責任感、角度を違えてみると正義感とも読めるのです。

完璧主義の人にとって不正や悪いことはこの世の中から消し去ってしまわなければならないほど忌み嫌っているものです。

そんな世界の事に自分が手を貸すなんていうことは口が裂けても言えません。

だから少々、とっつきにくく扱いにくい頭の固い人、というレッテルが貼られてしまいます。

社会人として責任感を持つことは勿論、重要ですがなりふり構わぬ責任感では周りの人も疲れてしまうでしょう。

②優先度がつけられない