CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

仕事失敗したときに立ち直るための21個の方法


仕事をしていれば、誰でも失敗することはあります。

真面目に仕事に取り組んでいる人ほど、失敗してしまったときには落ち込んで、あれこれと悩んでしまうことが多いです。

しかし、落ち込んだ気持ちを抱えたままでは、次々に失敗を引き起こしてしまう原因になってしまいますので、早めに気持ちを切り替えることが大切です。

早く反省して次の成功へ活かすために、仕事に失敗したときの立ち直り方をご紹介致します。

仕事失敗した時ってどう立ち直るの?


皆さんは、仕事で失敗してしまったときに、どうやって立ち直っていますか?

気持ちの切り替えが早い人では、ミスはきちんとミスとして反省して、次の仕事にかかるときには落ち込んだ気持ちを引きずらないようにしています。

しかし、完璧主義の人や神経質な人、繊細な気持ちの持ち主などでは、一度失敗をしてしまうと、なかなか気持ちの切り替えが出来ずにいつまでも落ち込みを引きずってしまいがちです。

とくに周囲からの視線や評価を強く気にする人や、人間関係に対して敏感な人ほど、自分が失敗したことで周りの人からどう思われているのかが気になってしまい、仕事どころではなくなってしまうこともあります。

そうなると一つひとつの仕事に対してやたらと神経質になってしまい、仕事を終えるのに時間がかかったり、反対にミスをしやすくなってしまったりします。

周りの評価が気になるのに、余計に失敗を繰り返して悪循環になってしまう人も、案外少なくはないんです。

そんな悪循環の多い人こそ、早く気持ちを切り替える方法を見つけなければなりません。

【必見!】仕事失敗したときに立ち直るための21個の方法


仕事に失敗してしまった時は、落ち込んだ気持ちを引きずらないように気持ちを切り替えて、素早く挽回出来るように次の仕事に取り掛かるべきでしょう。

しかし、頭ではそう思っていても、中々落ち込んだ感情というものは直ぐには抜けないものです。

そんなときには少し休憩を挟むといい人もいますが、長い人では数日間ずっと失敗したことを引きずり続けてしまう人もいます。

しかし、落ち込んだ気持ちを引きずっていると、必ず雰囲気は暗くなり、顔からも笑顔が消えて周囲からは不愛想な印象に映ってしまいます。

また、その人が失敗して落ち込んでいることが分かっていても、周りの人からすればいつまでも落ち込んでいるさまは「うっとうしい」と思えてしまうこともあるでしょう。

さらには、ミスはミスを呼びやすいため、次の仕事でも失敗してしまう可能性が高まります。

失敗の悪循環を生まないためにも、早めに立ち直るために必要な方法を以下にご紹介していきます。

落ち込みやすい人ほど参考にしてみて下さい。

信頼できる上司や同期に相談


あなたの周りには、信頼できる上司や同期はいますか?もしいるのなら、一度相談してみるといいでしょう。

落ち込みやすい性格というものは、中々自分一人では変えられないものです。

自己啓発本を読んでも、無理矢理気持ちを切り替えようと思っても、どうしても負の感情の方が強いためそちらに引っ張られてしまいやすいです。

そんなときには、自分が信頼できる上司や同期に相談してアドバイスをもらいましょう。

自分が信頼できる相手からのアドバイスであれば、あなた自身も素直にそれを受け入れやすいと思います。

もし上司や同期が、こちらの性格を把握した上で立ち直る方法をアドバイスしてくれるのなら有難いですし、そうでなくても上司や同期が実際に気持ちを切り替えるために行っている方法を聞いて、参考してみてもいいでしょう。

自分でどうにもならないときに、誰かに相談することは有効な解決方法になる可能性があります。

早めに寝て忘れる


一晩寝れば忘れることができる人は、失敗した日には早めの就寝を心がけましょう。

寝入るまではもやもやと落ち込んでしまうかもしれませんが、寝てしまえば次の日には気持ちを切り替えやすくなります。

人が寝ている間に、脳はその日に起こった出来事の情報を処理してくれます。

いい出来事は良い思い出として脳に強く記憶されますし、悪い出来事は反対に脳が記憶から消去しようとします。

そのため睡眠の質が良い人ほど、嫌なことがあっても翌日には頭や気持ちがスッキリしています。

また、失敗した事実を忘れることはなくても、そのときの落ち込んだ気持ちまでは引きずることはありません。

日頃からよく眠れる人や睡眠の質が良い人は、失敗したときには早めに寝て早く立ち直れるようにしましょう。

反省したらお酒を飲んで忘れる


仕事で失敗してしまった日には、失敗した内容を十分に反省したら、あとはお酒を飲んで忘れてしまうという方法もあります。

先にきちんと反省をしておけば、もうそれ以上反省する必要も、落ち込んだ気持ちを引きずる必要もありません。

反省しても中々落ち込んだ気持ちから逃れられないようなときには、ガバッとお酒を飲んでスッキリ忘れてしまいましょう。

とはいえ、お酒にも限度はありますので、悪酔いしてしまいそうなときや、体調の優れない日には飲まないように注意が必要です。

嫌な気持ちを忘れるためにたくさんお酒を飲んだら、次の日二日酔いで体調が悪くなってしまい、またしても仕事で失敗してしまったなんて、笑い話にもなりませんので。

落ち込む時間を決める


放っておくといつまでもズルズルと落ち込んだ気持ちが続いてしまう人は、落ち込む時間を自分で決めるようにしましょう。

例えば仕事で一つ失敗をしたなら、その後もたくさんの仕事が控えているときには5分しっかりと反省する時間を作ります。

そして5分経ったら強引にでも次の仕事へと気持ちを切り替える癖をつけましょう。

もしその場で反省しきれないと思ったのなら、仕事が終わり、帰宅してから反省の続きをするように心がけます。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、その場でいつまでも落ち込みを引きずるよりは、短い時間でしっかりと反省して次に繋げる方が自分のためになると考えましょう。

ページトップ