CoCoSiA(ココシア)

水を差すとはどういう意味?正しい使...(続き2)

変化を嫌う人間が増えてきていると言うことです。

ただ、変化なき者に成長はないと言われているので、変化を嫌う人は先へ進めないことは化学的にも証明されています。

要は正しい使い方をして、そのような場面になってしまった時に引き起こした相手をしっかりサポートすれば済む話なのです。

サポートせずに指摘だけして終わるから混乱してしまうのです。

指摘するならアドバイスもセットで行わないと意味がありません。

類似語

それでは「水を差す」という言葉の類似語ですが、最もみなさんがすぐに理解できるのは「空気を読めない」ではないでしょうか?

こちらもちょっとした行動で場が乱れてしまうことや静まり返ってしまうことなどの時に使用されています。

ある意味流れを止めると言った意味で似たような感じですね。

また、類似として「口を出す」「芽をつぶす」なども同様の意味のある言葉と言えます。

形的には名詞に否定的な動詞がくっつく感じの言葉ですね。

ある意味、邪魔をしたことに対してストレートに言っていなく、遠回しに言っているのです。

おそらく相手を配慮して作られた言葉なのかもしれません。

このように日本人は、昔は相手の尊厳を壊さないように努める精神がありました。

それは武士道精神からなのではと考えられています。

最近は相手を尊重せずに自分だけに固執している人が多いのが残念です。

しっかり相手を尊重できていれば「水を差す」と言う言葉もしっかり良いのような感じで使用される言葉なのです。

故にしっかり意味と使い方、使っていい場面を把握しておくことで相手を傷つけずに済みますよ。

水を差すの使い方

それでは日常的に意味不明に使用されている「水を差す」という言葉ですが、使い方的にどう使えばいいのかと言いますと、まず邪魔が入った時に指摘するのは間違いではありません。

しかし、使用したのなら、そのあと何が原因で何がいけないのかを指摘しないと、「水を差した」人は、再び同じことをしてしまう危険性があります。

故に指摘するならしっかり原因などの部分を相手に伝えるようにしないと行けないのです。

ただ指摘するだけで相手が治ると思ったら大間違いです。

自分で考えろと言ってもその人は自分で考えてその行動をしてしまったので考えるのが難しいのです。

ある意味この自分で考えろと言うのも、指摘した側の責任逃れのような感じでもあります。

指摘するならしっかり根底も言わないといけないのです。

また、間違っても相手をつぶすために使用してはいけません。

そのようなことをしている人ほど「水を差す」人です。

言葉で溢れた国・日本なので言葉の意味を知らずにみんなが使用しているからと言って使う人もいますが、それは良くありません。

ある意味、ご自身の知識不足を露呈しているだけです。

️水を差す人の心理的感情


ここまでの説明で、「水を差す」という言葉についてなんとなく理解されたと思います。

なるべくなら水を差したくないし、水を差されるようなことをされたくないと思う方もいらっしゃると思います。

しかし、ではなぜ、人は水を差すことをしてしまうのでしょうか?絶対的な定義がない分、こういう理由だからといった理論はありません。

つまり、水を差す人それぞれで考え方が違うのです。

意味を理解してちゃんと使用している人もいれば、意味を理解せずに相手をつぶそうと思って使用している人など、十人十色な感じにパターンがあります。

故にどの人がどのようなパターンで水を差す行為をしてくるのかわかりません。

そこでここからは水を差す行為をしてくる人のパターンをいくつかご紹介します。

もしかしたら、あなたもどのパターンに当てはまっているかもしれませんよ。

また、知ることで知人や上司などがどのようなパターンで水を差してくるのかなどを把握して、事前に対策を練っておくなどができますので、つぶされる心配がありませんよ。

ぜひ、しっかり理解しましょう。

いきなり、すべてを理解しろとは言いません。

まずはあなたにとって身近なもの、もしくは、読んでいてビビット来たものなどを中心に慌てずゆっくり理解していきましょう。

自分に注目してほしい

水を差す人は邪魔することを目的にせず、邪魔をすることで自分に注目が行くように仕向けるタイプが結構多くいます。

邪魔などすれば、周囲から良い目で見られないのではと思う方もいらっしゃいますが、問題は水を差した後にどう対処するかです。

水を差して、進行を止めて自分の意見を言って相手を納得させることができれば、水を差して問題ないのです。

つまり、このようなタイプは自分の意見をしっかり言えて、なおかつ相手を納得させる自信のある人が多いです。

それゆえにわざと注目される行為をしようと考えるのです。

ある意味、プラスなことやマイナスなことを使用が自分が注目が来れば問題ないと持っている節があります。