CoCoSiA(ココシア)

水を差すとはどういう意味?正しい使...(続き8)

ワガママ

人は一人では生きていくことは出来ません。

当たり前の事ではあるものの、それを実際に考えて行動する事が出来る人は、あまりいないのかもしれません。

頭ではわかっているけれど行動が伴わない、そんな事もあるでしょう。

人の事を考えず、自分の事しか考えずに生活している人は単純にワガママなのかもしれません。

そのワガママがいつしか他人に迷惑をかけていることに繋がっているのでしょう。

自分の行動が相手にどう思われているのか。

それを考えて行動できるかどうかによって、自分の気持ちは変わっていくのかもしれません。

だからこそ、そのワガママを間に受けない事が重要です。

空気が読めない

水を差すようなことを言う人は、自分の発言によって誰がどんな気持ちになるか考えていないことが多いのでしょう。

だからこそ、周りの人が一生懸命やっている事に対して水を差したりしてしまいます。

それはつまり空気が読めないという事なのかもしれません。

空気が読めないと言われる人は、その言動によって周りの人がどう思うかを考えることが苦手なのだと思います。

周りの人を考える気持ちを持っていれば空気が読めないと言われることはないですよね。

自己中心的

水を差すことを言う人は、自己中心的と言われてしまうこともあるでしょう。

自己中心的と人に言われるという事は、周りの人から自分勝手だと思われている可能性があります。

それは自分にとっても良いことではありません。

自己中心的な人は、それに気が付いていないことが多いです。

自分の行動が周りの人にどう思われているのか、嫌な気持ちにしていないだろうか、と考えて行動することが大切です。

どんな人も、間違いに気が付くことが出来れば変われるはずです。

相手のことを考えない

楽しい気持ちの時に水を差されて良い気持ちになる人はいません。

相手の事を考えていない人の場合、周りの人にどう思われても気にしないという傾向があります。

だからこそ、いい事も悪い事も自分の基準でのみ決められている場合があります。

相手の事を考えて行動するのはそう簡単ではないはずです。

しかし、常に相手のことを考えて行動することを意識するようにすれば、次第に変わっていくことができると思います。

適当

自分の会話の内容について、深く考えている人はなかなかいないのかもしれません。

それがたわいのない会話だとしたら尚更です。

だからこそつい自分本位になってしまう事もあるでしょう。

ですが、水を差すような発言をしてしまう人は、特にそういった傾向が強いのかもしれません。

会話も適当になることが多く、適当と思われてしまうこともあるのでしょう。

️水を差された時でもうまく利用できるようにしておこう!(まとめ)

いかがでしたでしょうか?

水を差された時のいろいろな情報は、いうどこでどんな場面で水を差されるかはわかりません。

そんな時のためにも対処法や水を差す人の特徴などを把握しておくとすんなり乗りきれます。

また、ご自身が水を差す人間にならないこともできますよ。

ぜひ、正しく理解しましょう。