物事がうまく進んでいる時に邪魔をしたり、止めたりなどの妨害行為に対して水を差すと言った感じに指摘されることがあります。

おそらくほとんどの人が会議などで「水を差す」行為を目的された方もいらっしゃれば、水を差す行為をさせてしまったということももしかしたらあるかもしれませんね。

しかし、ほとんどの人が水を差すと指摘されてもその意味を詳しく知らない人が多いと思います。

もともとはことわざの言葉であって、いつしか日常的に使用されるようになりました。

そのため、意味をしっかり理解しないまま使用されている方が結構多くいらっしゃいます。

実は、上司や友人がよく「水を差すな」と言う感じに言ってくることがあるかもしれませんが、本当の意味を知らないで使用している可能性があるかもしれないのです。

日本は言葉にあふれた国です。

つまり、言葉だけを知っていて、意味を知らずに使用されている言葉がいっぱいあるのです。

そこでまずはこの「水を差す」という言葉の意味をしっかり理解するのと、正しい使い方やどのようなシチュエーションで使用した方がいいのかなどいろいろな情報をまとめましたので、ぜひ、しっかり理解しましょう。

しっかり理解することで、間違って使用している人たちから指摘されてもし返すことができますし、正しく使えればあなたの株も上がりますよ。

言葉にあふれている国なので、言葉をしっかり理解することは大切です。

なぜなら、言葉はあなたを支配しているのです。

なら、しっかり理解して使用する方が良いですよね。

️水を差すの意味や使い方は?水を差された時の嫌なパターン

では、日常的に使用されるようになった「水を差す」って言葉ですが、使い方として一番浸透しているのは、進行を妨げる行為をした人などに指摘する時に使用されます。

会議などで進行を止めるような発言や、サッカーの試合中に勝手なプレーをする選手も水を差す選手と言われます。

最近多いのは、スポーツの試合中に誤審などで試合が乱れてしまうことなどがあると、審判が水を差したなどと使用されることも増えてきました。

このように邪魔が入ることに使用されるケースが増えてきています。

また、仮に水を差された時には嫌なパターンになることがあります。

要はスムーズに進んでいたことが止まってしまい、再びスムーズになることが難しくなることです。

一度できた流れを再び取り戻すのは難しいのです。

そのため、最近では周囲を見て行動をすべきかどうかなどを警戒する人が増えてきています。

自分の行動によって水を差してしまわないかと言った恐怖心を覚えてしまうのです。

所謂、空気を読むですが、必ずしもその環境が良いかと言えば、そうでもありません。

このような感じではトップダウンの形式になっているので、組織を大きくすることは難しいのです。

ただ、水を差す行為はいけません。

では、なぜ水を差すことが起きてしまうのか?起きない方が良いですよね。

水を差さないために、まずはしっかり「水を差す」という言葉の意味を理解しましょう。

️水を差すの基本的な意味


気になる「水を差す」という言葉の意味ですが、大まかに考えれば邪魔が入るという意味で捉えても問題はありません。

ただ、何でもかんでも邪魔的なことに対して、水を差したと指摘するのはどうかと思います。

この言葉を相手を陥れるために使用されている方もいらっしゃるので、そこは注意が必要です。

空気を読む的な意味に近い形はありますが、あまりに度を越しすぎると、発言力を失い、自発的な活動をできない人間を生み出してしまう危険性が非常に高いのです。

水を差すのはよくありませんが、何も発言しないのも同様に良くありません。

わびさびの文化が行き通った国です。

そこはしっかりお互いを尊重して議論し合うのがいいのです。

つまり、水を差すと言う言葉増えたのは理由としては、何としても自分の意見や考えを押し通したいという思いが強いからです。

そのような考えのもとで進行が進むのはトップダウン形式しかありません。

悪く言えば、上司の言うことさえ聞いていれば良いと言った環境になってしまうのです。

これが良くないと言うことで始まったホウレンソウ運動もいつしか、間違った感じに捉えられてしまい、すっかりボトムアップの環境が失われてしまっていることに気づいていないのが今の日本です。

辞書的な意味

水を差すと言う言葉ですが、辞書では「物事がうまくいっているときに邪魔をする。

乱すことのたとえ。

また、仲の良い者同士を仲違いさせること」と言う感じに説明されています。

このように簡単に言えば、邪魔をすることになります。

しかし、邪魔と言っても進行を妨げるような邪魔であって、ただ存在が気に食わなくて邪魔に思うことは水を差すとは言いません。

最近ではとにかく相手をつぶそうとやっかみになって「水を差す奴」と言った感じに指摘して組織から追い出そうとしています。

このように間違った感じに使用されているケースが多く、水を差す行為をしていなくても「水を差す奴」と言った印象を植え付けさせてくる人がいて非常に厄介です。

要は、保守的な人間が多くて、自分を守ることに必死になっている方が多いのです。

変化を嫌う人間が増えてきていると言うことです。

ただ、変化なき者に成長はないと言われているので、変化を嫌う人は先へ進めないことは化学的にも証明されています。

要は正しい使い方をして、そのような場面になってしまった時に引き起こした相手をしっかりサポートすれば済む話なのです。

サポートせずに指摘だけして終わるから混乱してしまうのです。

指摘するならアドバイスもセットで行わないと意味がありません。

類似語

それでは「水を差す」という言葉の類似語ですが、最もみなさんがすぐに理解できるのは「空気を読めない」ではないでしょうか?

こちらもちょっとした行動で場が乱れてしまうことや静まり返ってしまうことなどの時に使用されています。

ある意味流れを止めると言った意味で似たような感じですね。

また、類似として「口を出す」「芽をつぶす」なども同様の意味のある言葉と言えます。

形的には名詞に否定的な動詞がくっつく感じの言葉ですね。

ある意味、邪魔をしたことに対してストレートに言っていなく、遠回しに言っているのです。

おそらく相手を配慮して作られた言葉なのかもしれません。

このように日本人は、昔は相手の尊厳を壊さないように努める精神がありました。

それは武士道精神からなのではと考えられています。

最近は相手を尊重せずに自分だけに固執している人が多いのが残念です。

しっかり相手を尊重できていれば「水を差す」と言う言葉もしっかり良いのような感じで使用される言葉なのです。

故にしっかり意味と使い方、使っていい場面を把握しておくことで相手を傷つけずに済みますよ。

水を差すの使い方

それでは日常的に意味不明に使用されている「水を差す」という言葉ですが、使い方的にどう使えばいいのかと言いますと、まず邪魔が入った時に指摘するのは間違いではありません。

しかし、使用したのなら、そのあと何が原因で何がいけないのかを指摘しないと、「水を差した」人は、再び同じことをしてしまう危険性があります。

故に指摘するならしっかり原因などの部分を相手に伝えるようにしないと行けないのです。

ただ指摘するだけで相手が治ると思ったら大間違いです。

自分で考えろと言ってもその人は自分で考えてその行動をしてしまったので考えるのが難しいのです。

ある意味この自分で考えろと言うのも、指摘した側の責任逃れのような感じでもあります。

指摘するならしっかり根底も言わないといけないのです。

また、間違っても相手をつぶすために使用してはいけません。

そのようなことをしている人ほど「水を差す」人です。

言葉で溢れた国・日本なので言葉の意味を知らずにみんなが使用しているからと言って使う人もいますが、それは良くありません。

ある意味、ご自身の知識不足を露呈しているだけです。

️水を差す人の心理的感情


ここまでの説明で、「水を差す」という言葉についてなんとなく理解されたと思います。

なるべくなら水を差したくないし、水を差されるようなことをされたくないと思う方もいらっしゃると思います。

しかし、ではなぜ、人は水を差すことをしてしまうのでしょうか?絶対的な定義がない分、こういう理由だからといった理論はありません。

つまり、水を差す人それぞれで考え方が違うのです。

意味を理解してちゃんと使用している人もいれば、意味を理解せずに相手をつぶそうと思って使用している人など、十人十色な感じにパターンがあります。

故にどの人がどのようなパターンで水を差す行為をしてくるのかわかりません。

そこでここからは水を差す行為をしてくる人のパターンをいくつかご紹介します。

もしかしたら、あなたもどのパターンに当てはまっているかもしれませんよ。

また、知ることで知人や上司などがどのようなパターンで水を差してくるのかなどを把握して、事前に対策を練っておくなどができますので、つぶされる心配がありませんよ。

ぜひ、しっかり理解しましょう。

いきなり、すべてを理解しろとは言いません。

まずはあなたにとって身近なもの、もしくは、読んでいてビビット来たものなどを中心に慌てずゆっくり理解していきましょう。

自分に注目してほしい

水を差す人は邪魔することを目的にせず、邪魔をすることで自分に注目が行くように仕向けるタイプが結構多くいます。

邪魔などすれば、周囲から良い目で見られないのではと思う方もいらっしゃいますが、問題は水を差した後にどう対処するかです。

水を差して、進行を止めて自分の意見を言って相手を納得させることができれば、水を差して問題ないのです。

つまり、このようなタイプは自分の意見をしっかり言えて、なおかつ相手を納得させる自信のある人が多いです。

それゆえにわざと注目される行為をしようと考えるのです。

ある意味、プラスなことやマイナスなことを使用が自分が注目が来れば問題ないと持っている節があります。

どちらかと言うと自分よがりな人にこのようなタイプが多いです。

ただ、水を差して注目を浴びて強引に自分の考えや意見を押し付けようとするタイプもいるので、注意が必要です。

協調性のない人だと、歩んでいって振り向いた時に誰もいないといった未来があるかもしれないので、気をつけましょう。

鈍感で何も考えていない

水を差す人は周りを見れていない人も多くいらっしゃいます。

周囲の意見を聞かないだけでなく、周囲が今どのような雰囲気の中にいるかなどを把握できていない人もいます。

簡単に言うと、鈍感です。

ただ、自分の考えを言うだけ言うタイプでその後の結果などは何も考えていないのです。

ある意味、このようなタイプに進行を妨げられると、流れを失ってしまってなかなか修正するのが大変なのです。

周囲の中にひとりだけ違う物体がいると言った感じになってしまいます。

ただ、物事を少しでも変化させたりするうえではこのようなタイプも必要にはなってきます。

鈍感だけがよくないのであって、しっかり先を見据えてご自身の考えや意見を言えるようになると強いです。

まずは鈍感な部分を修正することが大切になってくると思います。

ただ、流れやリズムを乱す存在になってしまう確率が非常に高いので、集団からすぐに外されてしまう危険性があります。

やはり、その辺りは鈍感な部分をどこまで修正できるかが鍵になると思います。

関係性に嫉妬している

水を差す人は相手の関係性に対して嫉妬してしまっている可能性があります。

要は自分もあの人に知ってもらいたい、意見を交換したいなどの思いが強いので、アピールするために見ず知らずのうちに水を差す行為をしてしまっている危険性があります。

相手のことを気にする人、自分がどう思われているか気にされる人にこのようなタイプが多くいらっしゃいます。

妬みが強いのである意味、自己中心的なタイプです。

妬むのも結局は自分の悔しい気持ちや考えにそぐわないからであって相手は関係はありません。

また、相手の目線を気にしている時点で自分を良く見せようと思うエゴの塊が発動しています。

これは良くありません。

また、このようなタイプの人ほど相手をつぶそうと思って水を差す行為をしたり、もしくは相手が水を差したなどと指摘してつぶそうとしてくるので厄介です。

自己中心的な人に妬まれた時は余計に注意が必要ですが、あまりその人を気にされないことが大切かと思います。

相手を気にするしないはこちらの自由ですので…。

変に相手を気にしすぎると相手の思う壺です。

相手を気にせずに自分は自分と言った感じに対処するのが一番です。

不快感を与えることによって優越感に浸っている

相手を苦しめることによって優越感に浸るという人間的に最低な部分を持っている方も水を差す行為をしてきます。

進行の間に割って、流れを止めて相手を非難するような行為をして、相手をおとしめる。

何とも嫌な感じですが、保守的な人が増えてきている世の中では、知らず知らずにそのような人たちが増殖の傾向にあります。

何としても自分のポジションを守りたい、変化を望まずにこのままでいいと言った感じの考えが強いので、自分と違うタイプの人間の排除したがります。

また、水を差して相手に不快を与えることで自分の優位性を保とうしているので、非常に厄介です。

特に社会人1年目の方で、上司にこのようなタイプがいると、おとしめられる危険性が非常に高いです。

おかしいと気づけないのかと思いますが、1年目は何が正しいのかという判断ができないのと、やりがい教育であるので、自分が間違っているのだという錯覚を起こしてしまうのです。

マイナス的な部分ばかり指摘されるようなことが続くようでしたら、もしかしたら相手があなたをつぶそうとしている時かもしれませんよ。

気をつけましょう。

判断がつかない時は仲の良い先輩などに相談して見るのが良いと思います。

相手のことを見下している

常識的に考えて、目上の人に対してその人が怒るような発言をしたり、嫌な気持ちになるようなことを言うことなどそうあるものではありません。

という事はそれだけ相手を見下しているのではないでしょうか。

相手の事を思っているのであれば、そんな発言をするとは思えません。

相手の事を見下している時点で、その人とはいい関係を作っていくのは難しいでしょう。

自分の気持ちをきちんと考える事も重要ではあるものの、まず相手の事を考え周りの人がこんな事を言われたらどう思うのか、どんな発言が相手を傷つけてしまうのかなどを冷静に考えることが必要です。

それをする事が出来るかどうかによって、人間関係が変わってきます。

自分の事しか考えない人とは誰も一緒に暮らしたいと思わないでしょう。

時分でも相手を見下している事に気が付いていない場合もあります。

ですが、見下されている本人は、きっとその状況に気が付いているはずです。

だからこそ自分が知らない間に嫌われてしまっているのかもしれません。

自分より下だと思い込んでいる

人間に上も下もありません。

けれど、人によってはそのことに気が付いていない人もいます。

自分のことばかりを考えて行動しているせいで、周りの人からどう思われているかが分かっていないのかもしれません。

そのせいで思っている以上に周りの人から嫌われている可能性もあります。

周りの人から嫌われるような行動を取っていると、困るのは自分です。

気が付けば周りの人から冷めた目で見られている事もあるのです。

本当に見下されているのは、自分という可能性もあります。

水を差す相手より上の立場でいたい

自分の周りにいる人に対して、冷静に発言する事が出来ない人というのもいるものです。

相手をいかに自分より下の存在にするかによって、自分の存在を相手に伝えていると考えられます。

それをする事によって、自分の立場を高めようとしているのかもしれません。

ですが、当然ながらそんな事では自分の立場が上がる事はありません。

本当に自分の地位を上げたいのであれば、周りの人と比べるのではなく、自分自身の行動を見なおす事が重要なのです。

それが出来るかどうかによって、気持ちは変わってくるのではないでしょうか。

水を差すことによって、一見自分の方が立場が上になったような気持ちになるのかもしれません。

確かにそれによって救われた気持ちになる時もあります。

ですが、それだけでは人間の価値を決めることは出来ません。

だからこそ、そんなことをしてもプラスになることなど何もないのです。

人間の本質は他人と比べて決めるものではありません。

負けたくない気持ちがある

他人に対して、負けたくない気持ちがあるのは悪いことではありません。

対抗する気持ちがあるからこそ、がんばろうと思う人もいます。

また、自分に足りないものがあるからこそ、努力する活力になっていくのです。

ですが、人によってはその負けたくない気持ちを活力にするのではなく、対抗意識に変えてしまう場合があります。

そうなるとあまりよくありません。

自分の中で、周りの人に負けたくない気持ちを持つこともあるでしょう。

ですがその気持ちがあるせいで周りの人の行為に水を差すようなことをしていてはとたんに嫌われるはずです。

どんなに前向きな気持ちを持っていたとしても、結果的にそんな行為に出てしまうようでは嫌われる可能性は大いにあります。

負けたくない気持ちを持っているのであれば、まず努力しましょう。

その努力がいつか自分自身の自信につながるはずです。

今はなかなか自信を持つ事が出来ない人も、いつか自分の気持ちを変える事が出来るようになるかもしれません。

嫌い

人間には好き嫌いがあるものです。

だからこそ、こそもしかしたら単純にその人の事が嫌いだからこそ、水を差すような言い方をしている場合もあります。

つまりは、あえて悪意を持って行動しているという事になるのです。

冷静になれば、それはとても失礼な話です。

嫌いになる理由は人によって様々です。

もしかしたら相手がとても悪い人なのかもしれません。

そのせいで嫌いになった結果言い方が悪くなってしまうような事もあるでしょう。

それなればそれでお互い様と言える場合もあります。

ですが、ただただ嫌いなのであればそれはもうどうする事も出来ない部分となります。

嫌いだとしても、それをわざわざアピールする必要はないはずです。

嫌いなら嫌いで離れていればいいのですから。

にも関わらず、あえてその人に関わり嫌われるような行動を取るとう事はどこかで自分の事を見て欲しいという気持ちが出てしまっているのかもしれません。

そんな天邪鬼の心が結果的に周りの人に対して敵意を向けるような行動に繋がっているのかもしれません。

️水を差されたら嫌なシチュエーション6個

水を差してくる人のタイプはいかがでしたでしょうか?

もしかしたら知らないうちにあなたにもそのような特徴が刷り込まれているかもしれませんよ。

また、身近にそのように思える人がいたと感じた方もいらっしゃったかもしれません。

気をつけましょうね。

しかし、誰でも水を差されないということはないと思います。

そこで、ここからは水を差されたら嫌なシチュエーションを説明します。

このことを理解することで、水を差されるシチュエーションがありそうだとわかるので、事前に対策をすることができますよ。

大きくピックアップして6個のシチュエーションがありますので、しっかり理解するようにしましょう。

いきなりすべてを理解しなくても大丈夫ですよ。

まずは自分にとって身近なものや読んでいてビビット来たものを理解しましょう。

いつどのような場面で起こるかはわかりませんが、そのような場面がもしかしたらあるかもしれないと思うだけで、対策はできますし、水を差されても対処することができますよ。

そんなに難しくありませんので、簡単に考えて拝見してくださいませ!

突っ込んで欲しくないところを突っ込まれる

会議や議論の時に突っ込んで欲しくないと所を突っ込んで進行を邪魔しようとする人がいます。

この場合、突っ込んで欲しくない部分なので、返す言葉がなく、濁したり曖昧にしたりして逃げようとしますが、それは相手の思う壺です。

会議や議論などをする前にしっかり、情報の整理をして突っ込まれる隙を作らない方が良いです。

最近ではそのために、情報規制をするなどして、相手に自分の情報を渡さないようにしている人たちもいます。

しかし、突っ込まれてしまうと言うのはある意味欠点を見つけられたと言うことでもありますので、間違いに気づいたというプラスの側面もあります。

しかし、最近ではそれでも強引に押し付けようとする方が多いのです。

突っ込んでも突っ込んでもはぐらかすなどして逃げようとします。

ある意味、進行が先へ進まずに終わってしまっているのにやり直そうとしないないなど、会議や議論そのものの意味がないように見える時が多いです。

突っ込まれない隙を作るために準備も大事ですが、突っ込まれた時の対処法も大事になってきます。

いちいち一言が多い

水を差された時にいちいち余計な一言を言われると腹が立つことがあると思います。

要は進行を妨げられた上に、余計なひと言で阻害されるので、ここまでの進行の意味がなくなってしまうからです。

一言が多い人は水を差してくる可能性が非常に高く、また、相手を陥れようと考えている人が多いです。

そのため、いろいろと厄介です。

ある意味、その人の主張や考え方が広まってほしくないから一言一言を口にして、水を差すことで、相手の邪魔をしようとしているだけです。

そんな時は逆に「あなたの考えは?」と聞いてみるのが良いかもしれませんよ。

このようなタイプは何も考えていないケースがほとんどなので、質問をされると沈黙するか同じようなことを2,3度答えるかのような感じになるので、周囲にもただ邪魔をしたいだけの人だなと言った印象を持たせることができますよ。

相手の一言を気にするより、相手に質問をして権利を持たせるようにしましょう。

仕事の失敗が重なる

仕事の失敗が重なっている時などに突っ込まれると、さらにミスを重ねてしまう危険性があります。

これは、ミスをすることで、気持ちが落ち込んでしまい、ネガティブなオーラに支配されてしまうからです。

このようなタイプは普段から話す言葉もマイナス的なものが多いです。

また、そこへ水を差されるので負のオーラが蓄積されてしまうのです。

ある意味、負の連鎖から抜け出せなくなってしまっています。

最近は保守系の人が増えているので、そのような人は格好のターゲットになってしまいます。

悩みを相談しても、そこの部分をついて攻めてくる人もいるので、非常に厄介です。

保守系の人には相談しない方が良いかもしれません。

さらに、気持ちがそうなっているといつまで経っても先へは進めません。

失敗が重なっている時は、気分をリフレッシュさせるためにも自分の時間を多く作るようにしましょう。

話が盛り上がっている時にいらない話をしだす

共通の話題で話が盛り上がっている時に、何の関連性もないことを口にしてくる人がいますが、これはたまったものではありません。

一気に場が白けてしまう危険性があります。

ある意味「空気の読めない」発言です。

なぜ、そのようになってしまうのかと言いますと、周囲を見れていないからです。

自分しか見ていないからそうなってしまうのです。

せっかくの良い雰囲気を壊してしまう非常に危険きまわりない行為です。

ある意味、信用を失いかねない行為です。

しかも、信用を失うのは発言した方だけでなく、その人の知人もです。

つまり、発言した人だけでなく、知人をも苦しめてしまうのです。

自分だけになってしまっていることから起きる弊害です。

相手にも悪印象を与えてしまうとんでもない行為です。

何か発言をしたいと思った時は、一旦場の雰囲気を読み取ってから考えてするようにしましょう。

相手を口説こうとしている時に邪魔な話が入る

相手を口説こうとしている時に余計なひと言だったり、水を差されると溜まった物ではありません。

せっかくのチャンスを失ってしまうので、やられた方の喪失感は半端ありません。

このような場面で水を差してくるタイプはあなたに妬みを持っているタイプか、もしくは、自分を注目してほしいという感情が強いタイプのエゴが強い方々です。

なるべくそのような人を近くに置かないことがベストですが、いつどこでどうなるのかがわからない世の中です。

そのような場面がありましたら、まずはあなた自身が変に動揺してはいけません。

動揺すると、口説こうとしている相手から不審に思われてしまう危険性が非常に高いです。

ここは毅然とした態度で振る舞うのが正攻法です。

邪魔が来た時にどう見せれるかが腕の見せ所でもありますよ。

ぜひ、動揺せずにきちんといきましょう!

気になる相手といい感じになっている時に邪魔してくる

気になる相手と良い感じになっていた時に邪魔してくる人は結構多くいます。

ある意味、嫉妬からくる妨害行為です。

相手とあなたが仲良くなることを良いと思っていないのです。

このような時も変に動揺せずに毅然と振る舞うのが良いことです。

動揺してしまっては相手の思う壺です。

水を差すと言うよりもあなたをつぶしに来ていることが明白です。

水を差されたと思わず、悔しいからだなと言った感じに上から見るようにしましょう。

ガヤにはガヤで対抗してはいけません。

同じ目線になったって同等で終わってしまうので、後味が悪いです。

上から見て、軽く流すだけで返って相手が動揺します。

相手に揺さぶられるのではなく、相手を揺さぶるようにしましょう。

そのためにもいつでもビシッとしていることが大切です。

相手の言ってくることなど気にしてはいけません。

相手がどう思うかは相手の自由なので、そこを気にして動揺していては意味がありませんよ。

️水を差された時の対処法

ココまでで水を差す人の特徴、差されたら嫌なシチュエーション、などいろいろな目線から「水を差す」という言葉について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

おそらくほとんどの人がこの時点で知りたいと思っているのは、水を差された時の対処法ではないでしょうか?

そこでここからはお待ちかねの水を差された時の対処法を説明して行きたいと思います。

大きくピックアップして5個あります。

しっかり理解することで、もう水を差されても怖くはありませんよ。

また、いきなりすべてを理解しようとはせずにあなたにあった物から理解していきましょう。

内容は難しくありませんが、すべてを理解する方が難しいです。

慌てずゆっくり確実にしていくことが今後のあなたの人生のためになりますよ。

どなたでも簡単に理解できる内容となっていますので、ぜひ、じっくりお読みになっていただけましたらと思います。

話を戻す

水を差された時に相手の意見に乗ってしまっては元もこうもありません。

乗ってしまうとおそらく脱線してしまうのがオチになります。

それよりかは、話を戻しますとと言った感じに相手の意見などには乗らず、自分の考えを進めるようにしましょう。

あなたが相手の意見に乗ると周囲の人も乗ってしまう危険性が高いです。

そのためにも話し戻すなどして、相手のペースにしないようにしましょう。

何もなかったように振る舞うのが吉

仮に相手に水を差されたとしても変に動揺してはいけません。

また、そこで相手の意見が正しいかもと思ってはいけません。

ココは毅然とふるまって何もなかったかのように進行を進めましょう。

進行を止めてしまうと相手の思う壺です。

水を差された時は進行を止めないことが最適な対処法と言えるかもしれません。

無視する

相手にしてしまうと相手のペースにのってしまう危険性があります。

ここは無視をするのも得策です。

無視すると冷たい人間に思われそうと思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

何でもかんでも拾っている方が判断能力がないと言った感じに見られてしまう危険性があるのです。

ここはあえて無視しましょう。

無視することで周囲も相手が水を差してきているという印象を持つかもしれませんよ。

うまく利用する

水を差してきた時にどうしようかと思ったりして動揺した場合でも対処はできます。

要は自分の意見を気に食わないから水を差してきているパターンもあるので、その場合は、「それであなたの考えは?」と言った感じに聞き返すのも得策です。

そこで良い考えを言ってくれればお互いにウインウインで終わる可能性が高いですよ。

何も言わずにただ黙るだけなら、ただ邪魔したいだけの存在です。

相手をうまく利用してみましょう。

水を差すような人の近くにいない

水を差すような人の特徴がある程度わかったと思いますので、それならば近くにいないことがベストです。

近くにいてもいいことはありません。

水を差すような人の近くにいるからつけ狙われて水を差されつぶされてしまうのです。

そのような人とは関わりを持っても得はしません。

ぜひ、人も自分で選ぶようにしましょう。

水を差し返さない

水を差されると逆上してこちら側も相手の水を差そうとする人がいますが、これは良くありません。

はっきり言えば泥試合になってしまいます。

水を差されたら返すのではなく、受け流すのが最適です。

泥試合に巻き込まれてもお互いに汚れるだけです。

水を差す人はどんな人が多い?

水を差すという意味を良く分かっていただけたでしょうか。

その類義語や心理を知る事によって、それをわざわざ他人に言う人のことが少し分かったのかもしれません。

ですが、その心理を知ったからと言って理解する事が出来るかどうかは別の話です。

水を差すような事をする人は、やはり人として変わっている場合もあります。

子供の頃はつい思った事を口に出してしまうものです。

だからこそ、無駄に相手を傷つけたり言ってはいけない事を言ってしまう場合もあるかもしれません。

しかしながら、それはあくまでも子供だからです。

大人になるにしたがって、どんな事を言うと相手が嫌がるのかを学ぶようになります。

そうした経験を少しずつ積んでいく事によって、自分の思った事を必ずしも伝えるのが正しいとは言いきれない場合も出てくるはずです。

そうした心理によって段々と成長するのです。

ですが人に水を差してしまう人の場合にはそうではないからこそ、そんな行動を取ってしまうのかもしれません。

自分がしていることに対して水を差されれば良い気持ちになる人はいないと思います。

きっと嫌な気持ちになってしまうことだってあるかもしれないのです。

だからこそ、出来るだけそんな人は関わりたくないと思うはずです。

そういった人を避けて生活する為にも相手の特徴をしってみてはいかがでしょうか。

どんな人が水を差すような行動をするかを知る事によって、その人を避けた行動を取る事が出来るようになるはずです。

そうする事によって、嫌な思をする機会を減らす事が出来るようになる場合もあるでしょう。

子供っぽい

周りの人に対して水を差すような行動は、良いことではないとわかるはずです。

けれど、それに気が付かず自分が思ったことをすぐに口に出して言ってしまう人は、単純に幼いのかもしれません。

子供のころは、誰しも自分が思った事を口に出してしまっていたものです。

ですが時間が経過するうちに段々と人の気持ちを考えて行動する事が出来るようになるはずです。

にもかかわらず、それが出来ずにいつまでも自分が思ったことを口に出してしまっているのは、子供っぽい性格なのではないでしょうか。

子供っぽい人と一緒にいると、それだけで嫌な思いをする場合が増えます。

振り回されてしまうようなことだってあるでしょう。

そんな日々が続けば嫌な気持ちになる出来事が増えてしまうかもしれません。

そうならないようにする為にも、嫌な気持ちになることが多い人とは、程度な距離を保つといいかもしれませんね。

ワガママ

人は一人では生きていくことは出来ません。

当たり前の事ではあるものの、それを実際に考えて行動する事が出来る人は、あまりいないのかもしれません。

頭ではわかっているけれど行動が伴わない、そんな事もあるでしょう。

人の事を考えず、自分の事しか考えずに生活している人は単純にワガママなのかもしれません。

そのワガママがいつしか他人に迷惑をかけていることに繋がっているのでしょう。

自分の行動が相手にどう思われているのか。

それを考えて行動できるかどうかによって、自分の気持ちは変わっていくのかもしれません。

だからこそ、そのワガママを間に受けない事が重要です。

空気が読めない

水を差すようなことを言う人は、自分の発言によって誰がどんな気持ちになるか考えていないことが多いのでしょう。

だからこそ、周りの人が一生懸命やっている事に対して水を差したりしてしまいます。

それはつまり空気が読めないという事なのかもしれません。

空気が読めないと言われる人は、その言動によって周りの人がどう思うかを考えることが苦手なのだと思います。

周りの人を考える気持ちを持っていれば空気が読めないと言われることはないですよね。

自己中心的

水を差すことを言う人は、自己中心的と言われてしまうこともあるでしょう。

自己中心的と人に言われるという事は、周りの人から自分勝手だと思われている可能性があります。

それは自分にとっても良いことではありません。

自己中心的な人は、それに気が付いていないことが多いです。

自分の行動が周りの人にどう思われているのか、嫌な気持ちにしていないだろうか、と考えて行動することが大切です。

どんな人も、間違いに気が付くことが出来れば変われるはずです。

相手のことを考えない

楽しい気持ちの時に水を差されて良い気持ちになる人はいません。

相手の事を考えていない人の場合、周りの人にどう思われても気にしないという傾向があります。

だからこそ、いい事も悪い事も自分の基準でのみ決められている場合があります。

相手の事を考えて行動するのはそう簡単ではないはずです。

しかし、常に相手のことを考えて行動することを意識するようにすれば、次第に変わっていくことができると思います。

適当

自分の会話の内容について、深く考えている人はなかなかいないのかもしれません。

それがたわいのない会話だとしたら尚更です。

だからこそつい自分本位になってしまう事もあるでしょう。

ですが、水を差すような発言をしてしまう人は、特にそういった傾向が強いのかもしれません。

会話も適当になることが多く、適当と思われてしまうこともあるのでしょう。

️水を差された時でもうまく利用できるようにしておこう!(まとめ)

いかがでしたでしょうか?

水を差された時のいろいろな情報は、いうどこでどんな場面で水を差されるかはわかりません。

そんな時のためにも対処法や水を差す人の特徴などを把握しておくとすんなり乗りきれます。

また、ご自身が水を差す人間にならないこともできますよ。

ぜひ、正しく理解しましょう。