CoCoSiA(ココシア)

水を差すとはどういう意味?正しい使い方や水を差されたら嫌なシチュエーション6選


物事がうまく進んでいる時に邪魔をしたり、止めたりなどの妨害行為に対して水を差すと言った感じに指摘されることがあります。

おそらくほとんどの人が会議などで「水を差す」行為を目的された方もいらっしゃれば、水を差す行為をさせてしまったということももしかしたらあるかもしれませんね。

しかし、ほとんどの人が水を差すと指摘されてもその意味を詳しく知らない人が多いと思います。

もともとはことわざの言葉であって、いつしか日常的に使用されるようになりました。

そのため、意味をしっかり理解しないまま使用されている方が結構多くいらっしゃいます。

実は、上司や友人がよく「水を差すな」と言う感じに言ってくることがあるかもしれませんが、本当の意味を知らないで使用している可能性があるかもしれないのです。

日本は言葉にあふれた国です。

つまり、言葉だけを知っていて、意味を知らずに使用されている言葉がいっぱいあるのです。

そこでまずはこの「水を差す」という言葉の意味をしっかり理解するのと、正しい使い方やどのようなシチュエーションで使用した方がいいのかなどいろいろな情報をまとめましたので、ぜひ、しっかり理解しましょう。

しっかり理解することで、間違って使用している人たちから指摘されてもし返すことができますし、正しく使えればあなたの株も上がりますよ。

言葉にあふれている国なので、言葉をしっかり理解することは大切です。

なぜなら、言葉はあなたを支配しているのです。

なら、しっかり理解して使用する方が良いですよね。

️水を差すの意味や使い方は?水を差された時の嫌なパターン

では、日常的に使用されるようになった「水を差す」って言葉ですが、使い方として一番浸透しているのは、進行を妨げる行為をした人などに指摘する時に使用されます。

会議などで進行を止めるような発言や、サッカーの試合中に勝手なプレーをする選手も水を差す選手と言われます。

最近多いのは、スポーツの試合中に誤審などで試合が乱れてしまうことなどがあると、審判が水を差したなどと使用されることも増えてきました。

このように邪魔が入ることに使用されるケースが増えてきています。

また、仮に水を差された時には嫌なパターンになることがあります。

要はスムーズに進んでいたことが止まってしまい、再びスムーズになることが難しくなることです。

一度できた流れを再び取り戻すのは難しいのです。

そのため、最近では周囲を見て行動をすべきかどうかなどを警戒する人が増えてきています。

自分の行動によって水を差してしまわないかと言った恐怖心を覚えてしまうのです。

所謂、空気を読むですが、必ずしもその環境が良いかと言えば、そうでもありません。

このような感じではトップダウンの形式になっているので、組織を大きくすることは難しいのです。

ただ、水を差す行為はいけません。

では、なぜ水を差すことが起きてしまうのか?起きない方が良いですよね。

水を差さないために、まずはしっかり「水を差す」という言葉の意味を理解しましょう。

️水を差すの基本的な意味


気になる「水を差す」という言葉の意味ですが、大まかに考えれば邪魔が入るという意味で捉えても問題はありません。

ただ、何でもかんでも邪魔的なことに対して、水を差したと指摘するのはどうかと思います。

この言葉を相手を陥れるために使用されている方もいらっしゃるので、そこは注意が必要です。

空気を読む的な意味に近い形はありますが、あまりに度を越しすぎると、発言力を失い、自発的な活動をできない人間を生み出してしまう危険性が非常に高いのです。

水を差すのはよくありませんが、何も発言しないのも同様に良くありません。

わびさびの文化が行き通った国です。

そこはしっかりお互いを尊重して議論し合うのがいいのです。

つまり、水を差すと言う言葉増えたのは理由としては、何としても自分の意見や考えを押し通したいという思いが強いからです。

そのような考えのもとで進行が進むのはトップダウン形式しかありません。

悪く言えば、上司の言うことさえ聞いていれば良いと言った環境になってしまうのです。

これが良くないと言うことで始まったホウレンソウ運動もいつしか、間違った感じに捉えられてしまい、すっかりボトムアップの環境が失われてしまっていることに気づいていないのが今の日本です。

辞書的な意味

水を差すと言う言葉ですが、辞書では「物事がうまくいっているときに邪魔をする。

乱すことのたとえ。

また、仲の良い者同士を仲違いさせること」と言う感じに説明されています。

このように簡単に言えば、邪魔をすることになります。

しかし、邪魔と言っても進行を妨げるような邪魔であって、ただ存在が気に食わなくて邪魔に思うことは水を差すとは言いません。

最近ではとにかく相手をつぶそうとやっかみになって「水を差す奴」と言った感じに指摘して組織から追い出そうとしています。

このように間違った感じに使用されているケースが多く、水を差す行為をしていなくても「水を差す奴」と言った印象を植え付けさせてくる人がいて非常に厄介です。

要は、保守的な人間が多くて、自分を守ることに必死になっている方が多いのです。