CoCoSiA(ココシア)

水を差すとはどういう意味?正しい使...(続き6)

相手にも悪印象を与えてしまうとんでもない行為です。

何か発言をしたいと思った時は、一旦場の雰囲気を読み取ってから考えてするようにしましょう。

相手を口説こうとしている時に邪魔な話が入る

相手を口説こうとしている時に余計なひと言だったり、水を差されると溜まった物ではありません。

せっかくのチャンスを失ってしまうので、やられた方の喪失感は半端ありません。

このような場面で水を差してくるタイプはあなたに妬みを持っているタイプか、もしくは、自分を注目してほしいという感情が強いタイプのエゴが強い方々です。

なるべくそのような人を近くに置かないことがベストですが、いつどこでどうなるのかがわからない世の中です。

そのような場面がありましたら、まずはあなた自身が変に動揺してはいけません。

動揺すると、口説こうとしている相手から不審に思われてしまう危険性が非常に高いです。

ここは毅然とした態度で振る舞うのが正攻法です。

邪魔が来た時にどう見せれるかが腕の見せ所でもありますよ。

ぜひ、動揺せずにきちんといきましょう!

気になる相手といい感じになっている時に邪魔してくる

気になる相手と良い感じになっていた時に邪魔してくる人は結構多くいます。

ある意味、嫉妬からくる妨害行為です。

相手とあなたが仲良くなることを良いと思っていないのです。

このような時も変に動揺せずに毅然と振る舞うのが良いことです。

動揺してしまっては相手の思う壺です。

水を差すと言うよりもあなたをつぶしに来ていることが明白です。

水を差されたと思わず、悔しいからだなと言った感じに上から見るようにしましょう。

ガヤにはガヤで対抗してはいけません。

同じ目線になったって同等で終わってしまうので、後味が悪いです。

上から見て、軽く流すだけで返って相手が動揺します。

相手に揺さぶられるのではなく、相手を揺さぶるようにしましょう。

そのためにもいつでもビシッとしていることが大切です。

相手の言ってくることなど気にしてはいけません。

相手がどう思うかは相手の自由なので、そこを気にして動揺していては意味がありませんよ。

️水を差された時の対処法

ココまでで水を差す人の特徴、差されたら嫌なシチュエーション、などいろいろな目線から「水を差す」という言葉について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

おそらくほとんどの人がこの時点で知りたいと思っているのは、水を差された時の対処法ではないでしょうか?

そこでここからはお待ちかねの水を差された時の対処法を説明して行きたいと思います。

大きくピックアップして5個あります。

しっかり理解することで、もう水を差されても怖くはありませんよ。

また、いきなりすべてを理解しようとはせずにあなたにあった物から理解していきましょう。

内容は難しくありませんが、すべてを理解する方が難しいです。

慌てずゆっくり確実にしていくことが今後のあなたの人生のためになりますよ。

どなたでも簡単に理解できる内容となっていますので、ぜひ、じっくりお読みになっていただけましたらと思います。

話を戻す

水を差された時に相手の意見に乗ってしまっては元もこうもありません。

乗ってしまうとおそらく脱線してしまうのがオチになります。

それよりかは、話を戻しますとと言った感じに相手の意見などには乗らず、自分の考えを進めるようにしましょう。

あなたが相手の意見に乗ると周囲の人も乗ってしまう危険性が高いです。

そのためにも話し戻すなどして、相手のペースにしないようにしましょう。

何もなかったように振る舞うのが吉

仮に相手に水を差されたとしても変に動揺してはいけません。

また、そこで相手の意見が正しいかもと思ってはいけません。

ココは毅然とふるまって何もなかったかのように進行を進めましょう。

進行を止めてしまうと相手の思う壺です。

水を差された時は進行を止めないことが最適な対処法と言えるかもしれません。

無視する

相手にしてしまうと相手のペースにのってしまう危険性があります。