CoCoSiA(ココシア)

営業マンの上手なサボり方。バレない...(続き2)

ですので、そんな時にサボりというのはそこまで悪いことではありません。

特に日本人は真面目にコツコツとやっていくことに美徳を感じるところがあります。

ですので、さぼっていると言うと駄目な人間と思われがちなところがありますが、力を抜くところは抜く、気合を入れるところで入れるという人の方がうまく効率よくできているところがあります。

自分自身のバランスを整える

例えば、他の人に「もっと働かなくてはだめだ」などと言われたとしても、結局仕事をするというのは自分自身です。

ですので、自分自身のバランスこそが全てなのです。

もしサボっていて、あなたは不真面目でダメな人でもっと働きなさいと言われたとしても、その人の言う通りにして自分の心身が崩れてしまうということでは意味がないのです。

ですので自分自身のバランスを整えるという意味でも、時にはサボりという息抜きの瞬間も必要なところがあります。

常に神経を尖らせると人は疲れる

このように常に神経を尖らせていくというのは、疲れて行くところはありますけど、それぞれに幅がありますので、常に神経を尖らせていても大丈夫な人もいるにはいます。

そのような方は、キャパが大きいのかもしれませんし、むしろそのような人こそがうまく息抜きをしているのかもしれません。

それは人と比較する必要はありません。

もし自分が全神経を尖らせて疲れてしまうということであれば、やはり適度に息抜きは必要です。

喋り疲れることも多い・・・

営業の人は基本的に喋ることで契約を取って行くところがあります。

そしてその話し方も大変気を使うことから、普通に話したいことだけを話すというのは難しいところがあります。

顧客の方を褒めないといけないところもありますし、怒らせないように気を使わないといけないところもあります。

ですので営業の人は、このように話すことによって疲れてしまうところがあるのです。

だからこそ移動の時に、ちょっとした休憩時間を挟むということも重要なところなのです。

適度なサボリは必要になる

仕事というのは、結果を出してこそです。

ですので、その結果を出すときにエネルギーを全力で出していく必要があります。

ですが常に人間は全力で力を出し切るというのは難しいところがあります。

ですので、適度なサボりが必要になってくるのです。

このように息抜きをしたり、脳を休めることによって、仕事のコストパフォーマンスが出ます。

ですので、もし日々の仕事で疲れているということであれば、少しサボってみませんか?

営業の方であれば、そこら辺に車を停めて少し目を閉じてみるというだけでも違うでしょう。

ですが気をつけるべき点は、そのまま寝てしまう危険性があるので、ある程度のところでアラームがかかるようにしておきましょう。

誰しも休息は必要

中にはすごくキャパの大きい人がいるのかもしれませんが、大抵の人は休息が必要なところがあります。

力を出すべきところでは全力で出し、そうではないところで少しお休みをするというような感じでメリハリをつけることが大切です。

このようにうまく休息を挟み、そこから本腰を出していくことによってパフォーマンスを出していくことができます。

人と話す分、営業は交渉が命!

営業は基本的に人と話す仕事です。

ですので営業交渉こそが命です。

さんまさんみたいに喋ってないと調子が悪い人でない限りは、大抵の場合話し疲れてしまうことがあります。

ですのでうまく休憩を挟みつつ、営業でここぞという時に話すようにすることによりメリハリが生まれます。

上手くサボりつつ必ず営業を成功させる人が多い

営業の人で、すごく売り上げが多い人もいます。

このような人は常にバリバリと仕事をしていて、サボるなんてとんでもないと思っていると思われがちですが、意外にも営業を成功させる人はサボったりすることが多いです。

色々な営業の人を見ても、ちょっと車で一休みをするなど、上手く休憩をはさみ営業回りをしているという人は結構いるのです。

このように営業させて成功させる人の中には、うまくサボっているという人もかなりいます。

実際はサボっているけど効率よく進めている

このようにうまく営業成功させている人の中には、実際はかなりサボって効率よく進めているところがあるのです。

トップセールスの方と言うと、仕事のことばかりで、とてもじゃないけど休んでいる暇なんてないのではと思いがちですが、それは意外とそうでもないところがあり、うまく進めているところがあるのです。

ですのでこのように真面目にしないといけないと思っている方は、こんな風にうまくさぼりを入れていくようにしましょう。

身近な先輩などを見ると参考になるのではないのでしょうか?

営業マン必見!営業サボりのうまい方法

営業職は社外での移動や訪問がメインの業務になることが多いため、社内で働く人よりも仕事の進め方や時間の使い方に自由がききます。

しっかりと成果さえ出していれば、サボっている姿がバレにくい職業なんです。