仕事中にどうしても集中できない時やイライラが溜まってしまった時、皆さんはどのように気持ちをリフレッシュしていますか?

モヤモヤ・カリカリしている時は、無理に仕事と向き合っても、なかなか上手くいかないものです。

頑張ろうとすればするほど空回りして、集中力が散漫になってしまったり、やる気が削がれてしまった経験がある人も少なくないと思います。

「仕事が上手くいかずにイライラ…気持ちを入れ替えたい!」

「なんとか仕事に集中する方法はないの?」

…こんな時は、思い切って“サボってみる”というのはどうでしょう。

サボり、というと悪い事をしているイメージがありますが、実は仕事ができる人は“サボるのが上手”という意外な共通点があります。

実は仕事というのは、適度にサボることで、効率を良くしたり、モチベーションを上げたりすることができるんです。

ですが“サボり”は、非常に奥が深く、サボり方を間違えるとただの怠け者のレッテルをはられてしまうため、実行する前に色々と知っておかなければいけないことがあります。

ここでは、自分のためになる正しい営業のサボり方を徹底的にレクチャー!

今回は、特にストレスが溜まりやすいと言われている営業職にスポットをあてて紹介していきます。

人と接する機会が多く、ノルマや売上に追われるような日々は、どんなに仕事を好きな人であっても多少のフラストレーション溜まってしまうようです。

営業職だけでなく、別業種の人にも参考になるサボりのポイントが沢山あるので、ぜひ異なる仕事の人も最後までご覧ください。

営業マンのタブー!営業サボりってやっぱりダメ?

営業職に限らず、仕事をサボることは社会人として褒められたことではありません。

しかし、人間の能力には限界があります。

特に仕事で働かせる集中力は思っているほど長続きしないものです。

ですから、どんなに仕事ができる人や忙しそうに見えるお偉いさんも、いつでもMAXフルパワーで仕事に取り組んでいるわけではないのです。

サボりというと聞こえが悪いかもしれませんが、適度な息抜きだと考えれば取り入れやすいですよね。

特に営業職など外回りが多い仕事は、社内や施設で働く内勤業務に比べて、比較的働き方の自由度が高いためサボりやすい職種でもあります。

こんなことを言ったら同業者に怒られるかもしれませんが、実際にサボりが上手い営業さんを沢山知っています。

しかも、その人たちは揃いも揃ってハイパフォーマーであり、会社でも一目置かれている存在なのです。

優秀な営業マンこそ営業サボりが上手い


サボっている人をイメージすると、あまり良い印象がないと思います。

サボりは仕事をせずに怠けていることだと思われがちですが、言い方を変えれば“省エネ運転”だということ。

『やる時はやる、休む時は休む』というメリハリをつけることは、働く上で非常に大切なポイントです!

サボるという行為は、世間一般のイメージ通り、良くないことなのは間違いありません。

会社で明らかにサボっている人がいたら、もちろん注意を受けます。

不真面目な人という印象がつき、周りの人からの評価も下がってしまうので、サボりがバレた時にいい事は何一つ無いでしょう。

しかし、裏を返せばバレていなければ問題がないということでもあります。

見るからにサボっていて、仕事が遅いor成果を出せないともなれば、会社としても目を瞑ってはおけません。

同じ立場で一生懸命働いている人からしても反感や批判を買うことでしょう。

サボっている人は、周りからが「暇そうだ」と思われたり「何をしてるのだろう」と思われたら負けです。

つまりは、仕事をしっかりと片付けて、しっかりと働いている姿を見せ、明確な成果を上げていれば、サボっていると思われづらいということです。

周りと同じか、もしくはそれ以外のパフォーマンスを発揮している人なら、周囲から「しっかり働いている」「仕事ができる人だ」と評価されるでしょう。

周りから働きぶりを評価されている人や、できる人だと思われている人の中にも、適度にサボりながら働いている人は大勢います。

すなわち、周りにサボりを指摘されず、上手くサボる人は、実質『仕事ができる人』なのです。

仕事の効率が悪く、人一倍時間がかかってしまうような不器用な人は、いつもバタバタと仕事に追われているので、そうそうサボることはできないでしょう。

仕事が残っているのにサボったら、進捗に遅れが生じて叱られますし、サボった分の遅れを取り戻すために残業することにもなりかねません。

仕事を全うしながらも、適度にサボれるということは、それだけその人に余裕があるということの証明です。

周囲が思うよりも早く仕事を片付けて、残りの時間をサボりにまわすような要領が良いタイプでなければ、上手くサボることは難しいでしょう。

サボっているにも関わらずサボっていることがバレない人は、きちんと成果を出していて、上司や同僚から十分な働きだと認められている人が多いのも特徴。

同じ時間内で人より優れた結果を出す人に、サボりの疑いはかかりませんよね。

それ反して、仕事が遅くて成果を出せない人は、もしやサボっているのではないかと動向に注目が集まり、疑われてしまいます。

周囲からの信頼を勝ち得る人や仕事のできるハイパフォーマーの人こそ、サボれる権利を持っているということですね。

もちろん信頼を得て、その評価を維持していくことは簡単なことではないので、サボる権利を得るのは、その人の努力の賜物だと言えるでしょう。

営業マン必見!営業サボりのうまい方法

営業職は社外での移動や訪問がメインの業務になることが多いため、社内で働く人よりも仕事の進め方や時間の使い方に自由がききます。

しっかりと成果さえ出していれば、サボっている姿がバレにくい職業なんです。

営業として働く皆さんのために、今回は上手く気持ちを切り替えるサボり方のコツや、サボる時の注意店、それからサボりに最適な場所などを教えたいと思います!

これは、仕事に対して不真面目になることを推奨するのではなく、より気持ちと体に余裕を持って働けるようにサポートしたいと考えた上でのアドバイスだという点をお忘れないようお願いしますね。

気分がスッキリすることをする

仕事中に思うように業務が捗らなかったり、行き詰まったりすることってありますよね。

人のやる気やテンションにはムラがあります。

コレをいつも完璧にコントロールできる人は本当にすごいと思いますが、なかなかそうもいかないのが現実です。

「よし、やるぞ!」と思っても、結果が付いてこない時や、どこか気持ちが乗らず無気力感に苛まれる時は誰にでもあるでしょう。

そんな時に、必要なのは適度な気分転換。

上手くいかない時はあえて粘らず、頭や体がスッキリするようなことをして上手く気持ちの切り替えをするのがオススメです。

例えば社内にいる時は飲み物を買いに近くの自動販売機まで歩いてみたり、軽くストレッチや新呼吸をしてみるだけでも違います。

営業周りで車を使う人は車内のフレグランスを変えてみたり、窓を開けて風を感じてみるのもいい気分転換になるはず。

ちょっとした工夫次第で、日々の何気ない景色に変化が生まれますよ。

環境を変えてサボる

営業職は、活動範囲が内勤の人よりも広いのでリフレッシュ方法も色々と幅が利くのがメリット!

特に社内にストレスの種がある場合、内勤の場合はどこにも逃げ場がありません。

ストレスの原因を見たくない・感じたくない…と思っても事務所や持ち場など、働く環境は簡単に変えられないので気分を上手くリフレッシュできずにイライラとした気持ちを抱え続けることになります。

ランチ時など休憩であればなんとか社外に出ることができますが、しっかりと時間を守らなくては同じ場所で働く同僚達にサボりがバレてしまいます。

トイレに行ったり、タバコを吸ったり、飲み物休憩をするのにも、内勤の場合は共に働くスタッフが目の届く場所にいることが大半なので、あまり長時間席を外すと不自然に目立ってしまいますよね。

…このように、会社内で働く人は、気分転換しようにも、足を伸ばせる範囲が狭いのであまり大きな変化を望めないのがデメリット。

しかし、営業職なら外に出ている間の行動は、誰にもわかりません。

少しくらいランチを長めにとっても、周りから口うるさく咎められることもありませんし、予定より早く訪問が終った時にちょっとカフェでお茶をしてもバレません!

きちんと仕事を片付けたうえで、予定から大きく外れた行動さえしなければ、ある程度の自由がきくのが営業職の特権です。

1日のスケジュールの配分次第で会社から離れて1人で過ごす時間も多く作れますし、営業先の近くでランチをすれば、普段あまり行く機会のないエリアで新しいお店を開拓して新鮮な気分になることもできます。

いつも同じ場所にいると窮屈に感じる人や、ずっとパソコンと向き合っているのが苦手な人は、営業職向きです!

特にフットワークが軽く色々な場所に出向き、色々な人と接することが楽しいと感じる人は、仕事をしながら気分転換もできるので一石二鳥でしょう。

隙間時間を使ってサボる


営業職の人がサボるタイミングは、移動と訪問のスキマ時間など人に察されない時間帯を選ぶことがポイント。

仕事中に堂々とサボると、流石にバレてしまいますから、担当している仕事を片付ける合間の時間を上手く使うのが良いでしょう。

スキマ時間は、作ろうと思えば意外と捻出できるものです。

スキマ時間を作るために、いかに手際よく働くか、仕事の効率化や時間短縮の方法を考えて実施したりすることも仕事のスキル向上につながります。

自分の努力や工夫によって、仕事を手早く片付けられるように成長し、時間に余裕を持てるようになったのならば少しくらい隠れて休んでもバチは当たりません!

サボる時のルールを作る

自分を追い詰めすぎないように、適度に力を抜くのは悪い事だと思いませんが、むやみやたらにサボりまくるのは良くありません。

サボることが習慣化してしまうと、頑張らなくてはいけない時に本来の力を発揮できなくなることもあります。

ダラける癖がつかないように、自分の中でサボってもいい時のルールを決めておくようにしましょう。

例えば…『面倒な取引先との対応がある日はスケジュールを詰めすぎない』、『1日のスケジュールの9割が15時までに終わったら少し怠けてもいい』、『上司が定例会議でいない日のランチは少し長めに取る』などなど周りに迷惑をかけないように配慮しつつ、自分が頑張った時のご褒美的な感覚で息抜きをすれば仕事の成果やモチベーションを維持しつつ適度にサボることができますよ!

移動時間を有効活用する

営業職は訪問先を訪れる際、イレギュラーに備えてあまり無理のあるスケジュールを組みません。

もちろん日によっては無茶をしなくてはいけない日もありますが、基本的には適度な余裕を持った予定を組むはず。

そのため少し巻き気味で仕事を進められれば、スキマ時間が多く作れます。

中でも、営業職特有の移動時間や待機時間を有効的に活用することで、バレずにサボることができるでしょう。

移動時間を短縮するルートを見つければ余った時間で一服することも可能。

逆に訪問先のルートを組む際、あえて移動距離の長い場所を組み合わせれば、電車や車での移動中に音楽を聴いたりしてリラックスできますよ!

しかし、これらの作戦は毎日やっているとバレやすくなるので、実行するタイミングやスパンをうまく調整することが大切です。

同じ仕事をするにしても、ちょっと頭を使うだけで、働きやすさがグンとアップします。

仕事によっては、営業先へ直行直帰できる場合もあるので、より短い時間で効率的に働き、自分用の時間を増やせるか作戦を練ってみてくださいね。

営業時間の管理を徹底する

営業職の人がサボる時に気をつけるべきことは、時間管理です。

営業先に向かう訪問時間、移動時間、帰社後の事務処理にかかる時間など、管理しなければいけない時間が沢山あります。

それに、営業職は信頼が第一の仕事なので、時間にルーズだったり遅れたりするようなことは絶対にNG!

必ず時間厳守を貫き通さなければいけません。

時間を守るためには、スケジューリングを徹底すること、自分の能力をしっかりと把握しておくことが重要です。

自分の能力を過大評価して、無理なスケジュールを組んでミスをしたら元も子もありません。

成果や数字を求めることは非常に大切ですが、自分がトラブルなく確実に遂行できるキャパシティを知っておきましょう!

そうすれば、自ずと時間の使い方が上手になり、スキマ時間の捻出方法も見えてくるはずです。

しっかり時間をかけるべき部分と短縮できる部分とを見極めましょう。

サボる時に守っておく注意点

何度も繰り返すようですか、ただ怠けたいだけ、手を抜きたいだけのサボりは決して周りから褒められるようなものではありません!

でも、サボりという行動は人の人生とは切って離せない重要な要素であることには違いなく、一生サボり知らずで過ごしていく人は殆どいないに等しいでしょう。

人は誰のためでもなく、自分の平穏な日々のためにも頑張る社会人の皆さんには『適度にサボること』をオススメします!

これは上を目指すために仕事に一生懸命励んでいる人や、何事にも積極的で行動派の頑張り屋さんにこそ知って欲しいことです。

しかし「サボったことがバレたら大変…」「周りの人に申し訳ない…」など、何か気掛かりになることがある人のためには仕事をサボる時に気をつける注意点を詳しく紹介していきます!

1、ダラダラとサボらない

仕事をする時もサボる時も、メリハリをつけて行動することが非常に重要です。

ここで言うサボリは、仕事をより充実させるための一つの手段ですから、意味もなくダラダラするのは違います。

サボるにしても、明確な目的と計画性を持って実行しなくてはいけません。

後先考えず無計画にサボると、結果として自分にツケが回ってきます。

サボったせいで終わるはずだった仕事が終わらない、訪問先に行く準備が整っていない…なんてことにならないように自己マネジメントを徹底しましょう。

例えば、早めに訪問が終わって時間に余裕がある→残っている仕事があるが疲れてるから今仕事をしても捗らないだろう→10分くらい休んでから戻っても定時内には終わるはずだから、帰社の前にちょっとサボろう!

…というように自分のやるべきことと処理能力を照らし合わせながらサボることが大切ですよ!

2、アルコールはNG

上手くサボると言っても、社会人としてのルールやマナーを破るようなことは絶対にNGです。

サボりがバレないように上手く立ち回れる人や周りから評価されている人でも、超えてはいけないラインがあります。

そのうちの一つが、アルコール。

仕事中にアルコールを飲むなんていうのは、あまりにも非常識なことです。

「お酒に強いから」「顔に出ないタイプだから」…と思う人もいるかもしれませんが、これは態度に出る・出ないに関わらず仕事に対する誠意の問題です。

取引先の人に対しても大変無礼で失礼なことですし、仮に何かの拍子に勤務時間内にアルコールを飲んでいたことが発覚したり問題になったりしたら、共に働いている人達にも多大な迷惑をかけることになります。

社会に出て組織の一員として働いているからには、自分の行動に責任を持ちましょう。

サボる際も、自己中心的で勝手な振る舞いはしないでください。

3、サボる時はひとりで

サボる時は、仲間を作らずひとりで行動するのがお決まりです。

誰かと行動すると、既にその時点であなたのサボリは人にバレていることになります。

仮に信頼できる同僚あっても、自分がサボっていることは知られてはいけません。

サボっていることに対して不真面目さを感じる人も少なくありませんし、上司などにリークしないともかぎりません。

それに人とサボったことで、相手の仕事が終わらなかったり、バレて怒られたりしても責任を負えませんよね。

サボりたい時は、ひとりきりで誰にも知られないように実行しましょう。

4、自分からバラさないこと

仕事をサボる余裕がある人は、効率がよく、仕事ができる人であると紹介しましたが、仕事ができるからといってサボっていい理由にはならないため、開きなおったり、公にひけらかして良いということではありません。

稀にサボっていることを匂わせたり、サボったことを他人に言ったりするような人がいますが、それはとてもみっともないことです。

実際サボりたくてもサボれない人もいる中で、自分は堂々とサボっています発言をする必要はありませんよね。

能ある鷹は爪を隠すと言うように、仕事ができる賢い人はわざわざ自分の評価を落とす行ないはしないでしょう。

5、SNSでサボっていることをかかない

勤務中にTwitter・Facebook・InstagramといったSNSの更新をするのは非常にリスクの高い行為です。

会社の人と繋がっていないからといって気を抜いてはいけません。

いつ、誰がどこから見ているかも分かりませんので、仕事中やサボり中に更新する時は背後や内容に細心の注意を払うことが大事!

SNSで仕事をサボっていることを書き込んだりするのはもちろんNGです。

さらに、食べたものや居る場所などが分かるような内容も控えるべきでしょう。

匿名のつぶやきでも、何かの拍子にアカウントがバレる可能性もあります。

仕事をしているはずの時間に、仕事をしていないことがバレるような内容はアップしないようにしてくださいね。

6、社外からの思わぬクレームに気をつけて

営業職は外にいることが多く、外勤中の行動は社内の人には詳しく分かりません。

だからこそ、サボりやすいというのが今回の主題ですが、気にしなければいけないのは社内だけではありません。

社外でサボっている最中に、取引先のお客様と会ってしまうことも考えられます。

その時、明らかにサボりだと分かるような状況を作っておくと後々の評判やクレームに繋がりかねません。

それに、同じように外勤に出ている同僚や上司と思わぬ場所でエンカウントしてしまう可能性も考えられるので、サボる時はタイミングや場所に充分気をつけましょう!

営業サボりに最適なスポット

では、人に迷惑をかけない程度に、バレずに息抜きできるスポットとはどんな場所でしょうか。

会社に近い場所では、同じ会社の人に見つかってしまう可能性がありますが、営業職の人は活動範囲が広いことで選択肢が多くなりバレにくい場所で休むことができますよ。

ここからは、営業職の人がサボる時に最適なスポットをいくつか取り上げて紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ファミレス・ファストフード店や喫茶店

ファミレスやファストフード、喫茶店など気軽に入れるお店はサボりに最適です。

食事の提供も早いので、小腹が空いた時にサクッと軽食を食べるのもいいですね。

こうしたお店は、営業時間が長く朝から開店していることが多いのもポイント。

ランチタイムにならないとオープンしないお店やディナータイムまで開店しないお店もありますので、朝から晩まで営業しているお店は貴重な存在です。

図書館

市区町村が運営している図書館はとても良いリフレッシュスポットです。

平日の昼間はあまり人気がなく静かですし、入館の際もお金がかかりません。

冷房や暖房も完備されており快適な空調の中でゆっくりとした時間を過ごすことができます。

室内なので天候にも左右されず、タダで過ごせるのは嬉しいポイントですよね。

割とどの市区町村にも設けられている施設なので、営業先の近くにもあるはずです。

平日の昼間に図書館を訪れるのは、近所の子連れや老人くらいのものなので、知り合いに会う確率も低いでしょう。

喧騒から離れて、少し一息つきたい時には最適な場所です。

疲れた時は静かな場所で心を休めてみてください。

ホームセンターの駐車場

ホームセンターなど、規模が広い駐車場がある施設はちょっとひと休みするのにピッタリ!

広い駐車場の片隅なら、多少長い時間留まっていても邪魔になりませんし、木を隠すなら森の中と言いますよね。

多くの車がある場所に紛れてしまえば、見つかること可能性も低くなります。

人気の少ない公園

あまり人気のない公園はサボりの定番スポット!

自然に囲まれた公園のベンチでお茶を飲んでホッと一息つけば、気持ちも晴れやかになりますよ。

草木の放つマイナスイオンや自然の緑色にはリラックス効果があるので、疲れた心と体を癒すことも可能。

人気がなく、周りに人がいない場所なら気を張らずにのんびりできるでしょう。

公園は出入りが自由なので気軽に立ち寄れる所も高ポイントです。

マンガ喫茶・ネットカフェ

マンガ喫茶やネットカフェは休憩するのにピッタリです。

30分や1時間など自分の好きな時間を選んで休むことができます。

それに、個室の施設を利用すれば、仮眠をとることも可能。

駅近くにあることが多いので、電車移動の人も利用しやすいでしょう。

あまり大きな道に面していない場所に入るなど、出入りの際には注意が必要です。

カプセルホテル

カプセルホテルは日中に数時間休める休憩プランを用意しているところがあります。

安い料金でさくっと休めるので、疲れが溜まっている時にオススメです。

1~2時間など比較的に時間があるタイミングで使ってみてください。

カプセルホテルは、マンガ喫茶やネットカフェと違って、完璧に横になって休めるので、疲れが取れて体が軽くなりますよ!

マッサージ

短時間でスッキリしたいは、マッサージ屋さんなどで体をほぐして貰うのがオススメ!

ハンドマッサージやフットマッサージなどライトなものでも、やるのとやらないのでは、体の感覚が全然違います。

マッサージのコースも時間で選べるお店が多いので、時間を忘れて居すぎてしまうこともないでしょう。

仕事をしていると、肩がこったり、腰を痛めたり…さまざまな体の不調があらわれます。

体が万全でないと、仕事にも集中できないので、スキマ時間を利用してマッサージに行くのはとても合理的。

こちらも、マンガ喫茶やネットカフェと同様に駅の近くに多いので探しやすいでしょう。

営業サボりで後悔しない考え方

法人や個人など対象を問わず、営業活動は基本的に社外の人との対応となるため、通常のオフィスワークよりも気苦労が絶えません。

営業職は常にお客様目線を第一に考え、相手の顔色や反応をうかがわなくてはいけないため、なかなか気の抜けないお仕事です。

常に目配りや気配りを心がけ、神経を張り巡らせておくような几帳面さと細やかな配慮があってこそ、お客様の痒いところに手が届くサービスや商品の提案に繋げられます。

営業職はお客様の会社やお宅へお伺いし直接対面で取引をしたり、電話やメールで契約のやり取りをするなど、慎重に進めなければならない業務が多いので気を張っている時間が多く疲労も溜まります。

集中力を切らして、注意散漫に仕事をしていると、重大なトラブルやミスに繋がりかねないため、適度にクールダウンをしながらメリハリを付けて励むことが大切です。

人は休みが必要

人の集中力は、あまり長く続きません。

どんなに頭が良くて有能な人でも、ずっと脳や体を駆使していたら疲れが溜まってしまい、効率が下がります。

仕事に身が入らない状態でダラダラ働いても、パフォーマンスは悪くなる一方ですので、時には思い切ってリフレッシュして気持ちを切り替えることも大切です!

休んだ方が成果が出やすい

脳はいつもフル回転させておくわけにはいきません。

適度に休息を挟んで、休ませてあげなければ機能が鈍ってしまいます。

忙しい時は、休憩を挟まずに働いてしまうこともありますが、これはかえって逆効果。

うまく脳が働かない状態で仕事をしても非効率です。

15分間だけ目を瞑って仮眠をとったり、甘いものを摂取して休憩したり、外の空気を吸いに出掛けるなど、気分転換することで機能が回復するでしょう。

成果を上げるためのサボり

今回取り上げた『サボり』のコツは、決してズルをして仕事を疎かにする為ではなく、業務の効率化を図り、結果として成果に繋げることが目的です。

根を詰めすぎてパンクしてしまう前に、適度にガス抜きをすることを覚えておくと、仕事は一層捗ります。

あまり無理をして頑張りすぎてしまうと、どこかでプツンと糸が切れて一気にモチベーションもダウン…。

仕事に遅れが生じたり、トラブルに繋がるなど、業務に支障をきたします。

そうなる前に、適度にサボることで、自分を守ることができますよ!自身のキャパシティをしっかりと把握し、オーバーワークにならないように自己マネジメントするようにお願いします。

まずは、自分にできる仕事の範囲や負える責任の範囲をきちんと見極めましょう。

まとめ

程よく正しくサボることは、自分のためになることだとお分かりいただけたでしょうか。

ずっとやる気のない状態で適当に仕事をしていても毎日がつまらないですよね。

自分なりに、気分を変えるスイッチやルーティンをいくつか見つけておくと、日々はとても過ごしやすくなります!

上手くサボることは、一種の才能であり、スキルです。

自分のスケジュールを完璧にコントロールして、仕事の成果に繋がるリフレッシュ法を心得ていれば、仕事は断然良い方向に向かうでしょう。

仕事をサボる人ではなく、“仕事をサボれる人”を目指して、自分の働き方を見つめなおしてみてくだい!