友達の友達は、みんな友達。

そんな言葉を、何処かできいた事がある人も多いのではないでしょうか。

そんな歌があったとしても不思議ではありません。

ですが、それは本当でしょうか。

本当に友達の友達は友達?

男性の場合は、意外と本当にそうなのかもしれません。

みんなとワイワイと楽しみ、例えその場しのぎだったとしても友人のように楽しむ事も出来るでしょう。

ですが、女性の場合はどうでしょうか。

女性の友情はとても難しいものです。

例えうまくいっていると思っていてもあっという間に崩れてしまう事もあるでしょう。

昨日まで友達だった人が急に裏切るなんて事もあるかもしれません。

そんな話、漫画やドラマだけの世界だと思っている人もいるかも知れません。

ですが、意外と現実社会の中でも、そんな事は起こります。

だからこそ、女の友情とても難しいのです。

その中で、『友達の友達は友達』そんな簡単な法則が成り立つのでしょうか。

女性の本音にズバリ切り込んでみたいと思います。

友達の友達と仲良くなれる?

友達の友達とは、結局の所他人です。

何度か話をした事があれば『知り合い』くらいの位置付けにはなるかもしれませんが、数回会っただけでいきなり友達として言うとができるかどうかはその人によって大きな差がある事でしょう。

友達の友達と会う機会が多い人は、そこから新しい友達ができる事も珍しい事ではありません。

しかしながら、それ以外の場合にはなかなか友達までいく事は難しいはずです。

友達の友達と仲良くなるってどういうこと?

まず、友達の友達と仲良くなるためにはその人と会わなければなりません。

顔も合わせて居ないのにもか変わらず、仲良くするなど無理な話です。

だからこそ、まず会う事が重要です。

その中で、その人と合うかどうかを判断していくのです。

親しい友人の友人は、仲良くなる事が出来るようなイメージがあります。

ですが、実際の所はそうとも言い切れません。

凸と凹で仲良くしている場合、凸と凸では話をが合わない場合もあります。

共通の趣味があるからこそ仲良くする事が出来ている場合には、その趣味が無ければ話す事が無いなんて事も十分に考えられるのです。

だからこそ、友達の友達と簡単に仲良くする事ができるかと言われればそんな事はありません。

友達の友達と仲良くなるという事は、それだけ難しい事なのです。

それでも仲良くなる事が出来るのであれば、その人とは本当に気があう仲なのかもしれません。

友達に紹介されるパターン

友達と遊んでいる時、いきなり知らない人を紹介された経験がある方も居るかもしれません。

これがいわゆる友達の友達です。

その場合、大抵の方が挨拶を交わすはずです。

挨拶すらしない人は、友人関係を考える上でもなかなか特殊な人です。

仲良くなる事が出来るかどうかは関係無く、まずは挨拶をします。

さて、そこから仲良くなる事が出来るかどうかはその人との相性次第ですが。

例え相性があったとしても、あまり会う機会がなければ友達になる事も無いでしょう。

友達になるほど頻繁に会い、尚且つ仲良くなれるのは実はとてもレアなケースだと言えるでしょう。

知り合った人が友達の友達だったパターン

世間は狭いものです。

全く関係のない場所で友達の友達に会う事もあるでしょう。

勿論、その時には友達の友達だとは気がつかない事もあります。

ですが、話をしていくうちに、友達との繋がりに気がつく事でしょう。

この場合は、仲良くなる事も比較的難しい事ではありません。

元々個人的に繋がりがあった場合、『友達の友達』と言うよりは、自分の友達という感覚が強くなるはずです。

その為、友達の友達という感覚がないままに、仲良くなる事が出来るので他の人と同じように仲良くなる事が出来るでしょう。

本音を聞かせて!友達の友達と仲良くなる時の本音

それではここからは、友達の友達と仲良くなる時のリアルな本音をご紹介させて頂きます。

女同士の微妙な探り合いは、なかなか表面的には分からないものです。

だからこそ、相手が考えていない事が分からないせいで、地雷を踏んでしまう事もあるかもしれません。

女同士の友情を、より無難にやりこなす為にもそれぞれの心の中を考えておく事が重要です。

それを上手に行う事が出来れば出来るほど、めんどな女同士の友情をうまく乗り切る事が出来る事でしょう。

友達の友達と仲良くなれないのは当たり前

そもそも、自分の友達でさえ、いつ急に仲が悪くなるかは分かりません。

一生の友達だと思っていたとしても、その友情が脆くも崩れ去る事もあります。

男性と比べて、女性は生活の変化がおこりやすくなります。

結婚や出産をすれば、自分の事ばかりを優先的に考える事も出来なくなってしまうはずでず。

だからこそ、その都度友情も薄くなる事もあります。

友情が少なくなっっていく事は悲しい事ではあるものの、仕方のない部分もあります。

だからこそ、自分の友達ですらそんな危ない関係なのですから、友達の友達などそう簡単に友達になる事など出来ないのです。

友達になろうと考えることは悪い事ではありません。

ですが友達は本来無理してなるものでは無いはずで。

だからこそ気を使って、何とか仲良くしようと無理をしなくてもいいのです。

仲良くなるなんてはなから難しい問題であり、簡単な事ではないのですから。

だからこそ、もし仲良くなれなかったとしても気にすることはありません。

それが当たり前なのですから。

友達の友達は所詮「他人」

友達の友達と言うと、なんだか自分の友達のように感じてしまいます。

もし、友達から話を聞いていれば、より一層そう思うはずです。

ですが、それは気のせいです。

所詮、友達の友達は他人です。

だからこそその人とまるで友人かのように過ごしてしまうと、傷つく事もあるかもしれません。

相手が友達と思っていない事も多々あるからです。

だからこそ、まず友達の友達は他人だと言うことをしっかりと頭の中に入れておいて下さい。

その上で、もし仲良くなる事が出来るのであれば儲けものぐらいの気持ちでいればいいのです。

そのくらい、軽い気持ちでいた方がもし仲良くなれなかったとしても、傷つく事もないでしょう。

友達の友達を紹介されても困る

交友関係が広い人などは、自分の友達を他の友達に紹介したがります。

ですが、それは迷惑な場合も多々あります。

それは、皆が皆大勢の人と仲良くしたいと思っているとは限らないからです。

その行為自体が負担に感じる事もあるのです。

たしかに、多くの友人が出来たら楽しいかもしれません。

皆でワイワイする事によって新しい友好関係を広げる事が出来れば今の生活の中で更に幸せな時間を過ごす事だって出来るかもしれないのです。

ですが、そうでない場合もある事を忘れてはいけません。

自分が大人数とワイワイする事が好きだからと言って、それを他人にも強要してはいけません。

それが負担に感じ、辛いと感じる人も居るのです。

また、紹介された人が自分にあうかどうかも分かりません。

もしかしたら、全く話が合わない人かもしれません。

その場合、紹介されても困ると言うのが本音出は無いでしょうか。

気があったためしがない

結局友達の友達はあくまでも友達の友達であり、自分の友達ではありません。

だからこそ、そこが気が合うかどうかは全く別問題です。

基本的には、気が合わないと考えて居た方が良いと言う位です。

友情とは面白いもので、意外と性格が全く違う同士の方が仲良くなる事が出来る場合もあります。

と言う事は、友達の友達は、自分と似ている性格の可能性が高くなるのです。

自分と同じ性格と、仲良くなる事が出来る人も居ますがそれは実は珍しい事です。

意外と、同じ性格に場合、ぶつかってしまったり話が進まなかったりしてしまうでしょう。

だからこそ、友人の友人とは気が合わない可能性が多々あるのです。

友達の友達は自分と似ている気がする

似ている人とは仲良くなる事が出来るような気がします。

ですが、実際には自分とは全く違う人との方が一緒にいて楽しく過ごす事が出来ると言う事が分かっています。

と言うのも、人間は、自分に足りない物を求める物なのです。

だからこそ、自分には無い物を持っている人に魅力を感じ、そこに好意を抱くのです。

友人の友人とあう機会があっても、なかなか仲良くなる事が出来ないと感じている人も居るでしょう。

その大きな理由は意外と自分と似すぎて居るせいなのかもしれません。

だからこそ、本能的にその人と一緒にいてもなんとなく楽しむ事が出来ないなんて事もあるかもしれません。

多くの人とあっても、交際関係が広がらないと感じている人はもしかしたら自分と似ている人ばかりと出会っているのかもしれません。

なんで連れてきたんだろう?

友達と遊ぶ事を楽しみにして待ち合わせ場所に行くと、知らない人がいたらどうでしょうか。

『なんでいるの?』と率直に思うはずです。

前もって相談してくれるならまだしも、いきなり連れてこられてしまうおと、こちらもどう対応して良いか分かりません。

自分に周りの人を全て仲良くさせようと考える人は、何の悪気も無く自分の友人同士を合わせようとします。

その為、何に前触れも無くいきなり友達をつれてきたりする事があるのです。

ですが、それはとても迷惑な好意です。

一緒に遊ぶ事が、最初から分かっていればまだいいかもしれません。

それに合わせて自分の気持ちも作る事が出来るからです。

ですが、いきなり連れて来られてしまうと、こちらもどうしたら良いのか分からなくなってしまうはずです。

そうなった際、おかしな空気になってしまい、お互い気まずいい思いになる事もあります。

この場合、一番の問題は友人を連れてきた事です。

つまり、元々の友人に非があるのです。

例えそれが悪気の無い行為だったとしても、他人に迷惑をかけている次点で大問題です。

友達の友達にも気を遣わせてる感じ


友人がよかれと思って友人同士を引き合わせたとしても、その二人が必ずしも盛り上がるとは限りません。

時には3人で一緒に楽しく過ごす事も出来るかもしれません。

ですが、その反面どうしてもおかしな空気になってしまう事もあります。

『どうして来たんだろう』という思いと『来なきゃ良かったな』という気持ちが合わさる事によって、なんとも微妙な空気になるはずです。

勿論、みんな大人ですからそうそう口に出しに文句を言う事も無いでしょう。

ですが、その文句を言わない空気が余計にいたたまれない空間を作りだして居るのです。

自分のせいでそんな空間になってると気がつけば、友人の友人も気を使うはずです。

その場にいずらいと感じる事でしょう。

せっかく来てくれた人に対して、気を使わせてしまう事は良い事とは言えません。

自分の知らない友達に嫉妬する

人には色々な顔がある物です。

その為、自分に見せる友達の顔と友達の友達に見せる顔は違っている事もあるでしょう。

全く知らない話で盛り上がり、イメージの違う姿を見る事になるかもしれません。

そうなった場合、自分の友達が遠くに行ってしまった気がして寂しい気持ちになる事もあるでしょう。

女の友情関係はとても繊細です。

皆で仲良くする事が出来ればそれが一番ベストではあるものの、それが出来ないのが女なのです。

自分の方が友達と仲良くしている。

友人の友人には負けたくない。

そんな思いが強ければ強いほど、ついつい相手に対して嫉妬してしまう事もあります。

本来、友情関係においてどっちが上と言う事も無いはずです。

友人は友人です。

付き合いの長さによって、多少印象は変わるかもしれませんが付き合いの長さだけでは友人関係は測る事が出来ません。

だからこそ、難しいのです。

自分が友人の一番でありたいと思うと言う事は、それだけその友人が好きだと言う事なのでしょう。

それだけ好きだと思える相手に出会う事が出来たと言う事は幸せな事です。

ですが、そこばかりに目を向けて居るとその他の事がないがしろになってしまいます。

友人にばかり夢中でいると、いつか困った自体になる事もあります。

そうならないようにする為にも、友人関係は自ら狭める必要はありません。

友達の友達によると思う


『友達の友達』と言ってもその相手の特徴は様々です。

気が合わないと感じる人もいれば、仲良く過ごす事が出来る人も居る事でしょう。

だからこそ、いちがいにはいえない部分もあります。

絶対に仲良くする事が出来ないと思っていても、実際会って話をしてみる事によって、仲良くなる事が出来る場合もあるでしょう。

何事も決めつけは良くありません。

自分が絶対にないと心を閉じてしまえば、本当は仲良くなる事が出来たかもしれない人とも仲良くなるきっかけを掴む事が出来ないまま過ごす事になってしまうからです。

そうならないようにする為にも、様々な可能性も自ら閉ざす事の無い様に過ごしてください。

自分の意識がどちらに向いているかによって、物事のすすみ方は変わってくるはずです。

自分の気持ちを優先する事は大切ですが、可能性が下がってしまう事の無いように過ごしてください。

友達の友達に対するプラスの意見

ここまでは『友達の友達』に対するデメリットに当る部分だけをご紹介させて来ました。

確かに、面倒な事も沢山あります。

わざわざ友達にならなくてもも良いのでは無いかと思っている方も多いはずです。

ですが、物事には必ずメリットとデメリットがあります。

『友達の友達』にも勿論同じようにデメリットだけでは無くメリットがあるのです。

デメリットばかり聞いていた人は、その出来事に対して消極的になる事も当たり前の事でしょう。

ですが、メリットを感じれば考えかたも変わるかもしれません。

最初からあなたが心を閉じていれば、仲良くなる事も仲良く出来ません。

いきなり深い関係になれとは言いませんが、最初から線を引く事は辞めるべきでしょう。

そこで今回は、『友人の友人』に対するプラスの意見をご紹介させて頂きます。

そうする事によって、今と違った友人関係を作って行く事が出来るはずです。

友達が連れてきた人は間違いない!

まず、人間を見る事は以外と難しいものです。

性格などに関しては、見ただけではわからない部分も多々ある事でしょう。

だからこそ、人選という意味では気苦労は耐えません。

ですが、その相手が友人が連れてきた相手だった場合、その辺に居る良く分からない人よりはどこ安心感があるかもしれません。

少しでも信頼出来る人と知り合う事が出来れば、それをきっかけに友情関係をより深い物にして行く事が出来るかもしれません。

また、友人によってはあなたにあう友達をチョイス指摘て居るかもしれません。

その場合、自分の事を長年に渡って見てきてくれた人だからこそ、本当にあう人を探す事が出来るという可能性もあるのです。

その為、大変効率的に気の合う友人を探す事が出来るという大きなメリットを感じる事が出来るかもしれません。

友達を増やすチャンス!

大人になればなる程、友人を作る事は難しくなっていくものです。

特に、新しい人と出会う機会も少なくなるので新しい環境の人と出会う事がなくなりつつあります。

そうなってしまうと、狭い社会の中で生活する事になります。

それは、少々詰まらい物です。

多くの経験を感じる為にも、自分とは全く関係の無い生活をしている人と知り合いになる事も大切な場合が多々あります。

だからこそ、友人の友人と知り合う事によって、中を深める事が出来るかもしれません。

めんどくさいと感じる事も、考え方を帰れば楽しむ事が出来るメリットが沢山あるはずです。

どうせ知り合いになってしまったのであれば。

そのメリットを思い切り感じてみてはいかがでしょうか。

友達の友達と気が合っちゃった

なかなか気が合う事の無い『友達の友達』ですが絶対に合わないとは言えません。

もしかしら、物凄く気が合う事もあるでしょう。

そうなった場合、友人よりも仲良くなる事だってあるのです。

最初から期待していなかったからこそ、友人に会う事によって『思ったより良い』と感じる事がるかもしれません。

本当は、友人同士で仲良くする事が目的だったのにも関わらず、ここで唯一無二の存在と出会う事が出来る事もあるのです。

出会いはどこにあるか分かりません。

面倒だな・嫌だなと感じている事もいつか時が経てば考えが変わってくる事もあるはずです。

友人の友人と気が合う事が、きっと極々稀な事なのでしょう。

だからこそ、そこで気が合ったと言う事は、それだけ本当に気があったのでしょう。

その時間を大切にし、出会いに感謝しつつ過ごしてください。

友達の友達と仲良くなれる?相手が異性だった場合

友田氏の友達は、何も同性だけとは限りません。

ときには、異性の場合だってあるでしょう。

異性と出会う場合、そのまま友人としての関係で終わる人も居ますが、中にはそこから恋に発展して行く可能性も無き西もあらずです。

何にしても、男性が紹介された次点でいつもの雰囲気が出せなくなってしまう女性も居るかもしれません。

ですが。

それもまた経験です。

その経験を積み重ねて行くうちに自然と今までの自分を出して行く事が出来るかもしれません。

男女を意識してしまう

相手は異性です。

それは、まぎれも無い事実です。

だからこそ、そのせいで意識してしまう事もあるでしょう。

友人とは思えないと言う事もあるかもしれません。

ですが、そこで変に意識してしまうと、その友人も楽しく無くなってしまいます。

本当い相手の事をかんがえるのであれば、異性かどうかが関係なくその人そのものの良さを探してみてください。

男女関係なく友情関係を作る事が出来る人は、より豊かな人生を過ごす事が出来るかもしれません。

友達の友達だから所詮友達

友達から、異性を友達と紹介されたら、それはもう友だちなのです。

そこに異性かどうかは関係あり。

あまりにも意識していると、かえって相手に失礼になってししまう場合もあるでしょう。

友達は友達。

どんな風にしっかりと区切る事が、異性との友情関係には大切となります。

友達が紹介する友達だから性格は間違いなし!

異性を紹介されると、つい恋愛の方向ばかり気にしてしまいます。

ですが、そうとは言い切れない部分も多々あります。

相手は全くそのきが無く本当の友人として知り会う事もあります。

その場合、こっちが糧に盛り上がったとしても、相手にされる事は無いでしょう。

せっかくの友情関係も、そこに恋愛関係を持ち出すと面倒な事になる可能性もあります。

本当に良いか関係を作っていきたいのであれば、男女である事を忘れ相手との家計を考え直して見てください。

友達の友達と仲良くするメリット

デメリットがあれば、必ずメリットはあるはずです。

面倒だと感じる事も多い友人関係ですが、勿論デメリットだけがある訳ではありません。

時にはメリットを感じる事もあるでしょう。

友人関係に疲れて居る時も、そのメリットを知る事によって気持ちを変える事が出来るかもしれません。

人はついデメリットばかりに目を向けてしまいます。

確かに、悪い事が起きる可能性があると言われれば心配になってしまう気持ちも分からないではありません。

ですが、そう言っていては何も出来ません。

悪い事が起こる可能性が無い物などこの世には無いはずです。

だからこそ、まずはメリット・デメリットを両方理解して、自分がどうしたいのかを考える事が必要です。

その中で、メリットを強く感じる事が出来るのであれば、友人との交流を積極的に作って行く事もいいのではないでしょうか。

人脈が広がる

人脈が広がれば面倒な事は当然ふえます。

ですがそれだけではありません。

きっとそれ以上に良い事があるはずです。

人脈が増えれば、今まで経験することが出来なかった様な事を一緒に経験する事だって出来るかもしれません。

人によては、何か困った際に手助けをして貰う事だってあるかもしれません。

人は一人で生きていく事は出来ません。

必ず何らかの形で誰かに助けて貰っているはずです。

だからこそ、その助けてくれる人数を出来るだけ多くしておく事も大切なポイントです。

そうする事によって、いざという時に困る事無く生活する事が出来るからです。

どんな事が自分を助けてくれるかは分かりません。

だからこそ、最初からなんでもかんでも可能性を排除してしまうのでは無く、メリットがありそうな事は自分から参加してみる事をおすすめ致します。

思わぬ共通点があるかもしれない

人は見かけには寄らないものです。

自分とは全く気が合わないと感じるような人も、場合によってはとても仲良く過ごす事ができるかもしれません。

その場合、最初からその人と仲良くなる事を諦めて居ると、仲良くなる物も仲良くなりません。

自分から、その可能性を減らしてしまっているのですから。

どんな出来事でも最初から可能性を潰してしまう事はもったいの無い事です。

勇気を出して飛び込む事によって、自分にとってより高いメリットを感じる事が出来るかもしれません。

話れ見なければ分からない事もあるりますし。

親しくなってから初めて気がつく事もあるでしょう。

だからこそ、まずは多くの人と知り合いになって見てください。

その際は、広く・浅くで大丈夫です。

その中で少しでも仲良くなりたいと感じる事が出来る人に出会う事が出来たのであれば。

それはとても嬉しい事にはずです。

自分にとってプラスな方向に傾くかもしれない

友達の友達は面倒な事がどうしてもおおくなります。

そのせいで使いを辞めたいと思う友あるでしょう。

ですが、諦めるのは簡単です。

ですが、ちょっと努力するだけで今の環境を変える事が出来るような大きな出会いに繋げる事が出来る可能性もあります。

その場合、きっといつかあなたの人生の中でとても重要な出会いになっているはずです。

どんな事が自分の人生にプラスになってくれるかは分かりません。

だからこそ、経験もしていないのにも関わらず諦める事は避けましょう。

やってみて出来なかった、その時考えれば良いのです。

何事も難しく考えすぎてしまうと、上手く行く物も行かなくなってしまうでしょう。

プラスの方向がどんな方法かは分かりません。

プライベートの付き合いかもしれませんし、仕事上での付き合いかもしれません。

いずれにしても、自分の気持ちがより良い方向に行く可能性がある出会いを大切にしていきましょう。

友達以上の関係が築けるかも

相手が異性だった場合、その友情がいつか愛情に変わる事もあります。

今は絶対に無いと思っているような二人でさえ、人生何が起こるかは分からないのです。

明日になったら好きになっていることだってあるでしょう。

だからこそ、友達の友達に知り合う事は、友情としてでは無く異性との交流としてもメリットが沢山あるのです。

出会いの場として考えれば、友人が紹介してくれている次点である程度の安心感はあります。

更に、友人として付き合う事でその人の人となりを知る事も出来るでしょう。

最初は出会い目的では無かったとしても、それが出会いに繋がる事をよく覚えておいてください。

友達の友達と友達になって損はない

友達の輪が広がる事が悪い事ではありません。

それによって、多くの経験を積む事が出来るかもしれません。

また、全く知らない相手と友人関係を築く事に比べれば多少なりとも知っている人と友達になる事の方が気が楽だとは思いませんか?

自分では探す事が出来なかったとしても、友人を通して仲良くなる事は十分に可能です。

その為にも、まずは多くの友人と会ってみる事が大切ですそうする事によって、どの人が自分に合うかどうかを考える事が出来るはずです。

まとめ

女の友情はとても難しくデリケートなものです。

だからこそ、『友人の友人』が必ずしも仲良くなる事ができるとは言えません。

人間には様々な顔があり一つの性格で出来て居るわkではありません。

だからこそ、ある一面で気が合う友達と違う面で気合っている友達同士が仲良く出来るとは限らないのです。

せっかく知り合った人と仲良くする事が出来なかった場合、何だか自分がダメ人間になったような気がしてしまうかもしれません。

どうにかして仲良くなろうとムキになってしまう事もあるでしょう。

ですが、そんな事を気にする必要はありません。

そもそも、友人の友人など所詮は他人です。

その中で、仲良くなりと思う事自体が難しい事なのです。

だからこそ『友達の友達』だからと言って、無理して仲良くする必要はありません。

自分が仲良くなりたいと感じる事が出来る相手だったら仲良くすれば良いのです。

友情は、頭で考えて作るものではありません。

あくまでも自分の気持ちが大切です。

だからこそ、無理せずに過ごしてください。