CoCoSiA(ココシア)

人間関係が上手くいく方法は?良好な人が絶対にしない6個の行動と考え方


人間関係がうまくいかなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

生きていく上で避けられないものなので、できれば周りとうまくやっていきたいですよね。

そこでこの記事では、人間関係が上手くいく人が絶対にしない6個の行動と考え方についてご紹介します。

自分と何が違うのかを確認してみてくださいね!

人間関係が上手くいく人は何が違う!?

人間関係が上手くいく人は、その人がいる場所は何か明るい雰囲気を感じます。

その人の側に近づいても、何も心配したり不安に感じることはありません。

ごく自然に会話に溶け込むことができるのです。

その人の声は、何か居心地の良い気持ち良い響きにも感じるのです。

そして、その人は絶えず周囲を見渡しながら、仲間に気配りをしているようにも見えます。

誰か孤立していないか、誰か困っていないかと観察しているのです。

社交的とも言えますが、落ち着いていて静かにしていても何かオーラを感じるようなのです。

周囲の人も、笑顔で会話を楽しんで、身振り手振りで楽しそうなのです。

少なくとも、人間関係が上手くいっている人の周りには、親しそうな人が集まっているようです。

人間関係をうまく作れるから親しそうな人が集まるのでしょうか。

それとも、良い仲間を持っているから人間関係が上手くいくのでしょうか。

どちらが先かは分かりませんが、やはり何らかの特徴があるようです。

それを探っていきたいと思います。

人間関係が上手くいく人が絶対にしない6個の行動

人間関係が上手く行く人は、絶対にしないことがあります。

逆に言うと、人間関係が上手くいかない人に多い性格とも言えます。

それらを具体的にまとめてみました。

1.無表情である


人間関係が下手な人というのは、自分の感情を表に出さずに隠しているような雰囲気なのです。

あの人は何を考えているのか、みんなの意見に賛成なのか反対なのかよく分からないのです。

その人の正体が分からなければ、近寄っていくことも躊躇させるのです。

そんな人は、ともかく無表情なのです。

いろんなことに怒ってもいいし喜んでもいいのですが、そんな感情を読み取ることができないのです。

人間関係が上手くいく人は、絶対にしない行動なのです。

では、上手くいくにはどうすればよいのかと言うと、以下のように対応することです。

いつも笑顔でいる

昔から「笑う門には福来たる」ということわざがあります。

当然楽しいことがあると笑顔になりますが、笑顔の人は周りの人にも笑顔を与えて元気になるのです。

よく笑うお年寄りは認知症にもなりにくいということも分かっています。

笑顔は、自分も周りの人も楽しくさせるだけでなく、健康にも良いようです。

接客業の人は、鏡を見て笑顔を作る練習をするそうです。

簡単に言うと、口角をちょっと上げるだけで笑顔になって、沈んだ気持ちも明るくなります。

一度、鏡の前でやってみてください。

このように、自分で笑顔を作って笑顔でいることもできるのです。

すると、自然に周りに人が集まってきて、楽しい会話が生まれるのです。

自然に人間関係も改善できるのです。

一緒にいると嬉しいと伝えられるような表情

あの人とは一緒にいたくない、なんて思われてしまっては、人は寄って来ません。

やはりあの人といると何か楽しくなるし希望が湧いてくる、というような雰囲気があることが必要です。

みんなに楽しい夢も与えてくれること、そして一緒にいると嬉しいと伝えられるような明るい表情が必要なのです。

無表情では誰も近づかないし、自分も楽しくないはずです。

一緒にいると楽しいことがあるよという雰囲気が出ているような表情が理想なのです。

2.挨拶をしない

多くの社員がいる会社では、朝に出会っても「おはよう」という簡単な挨拶も出来ない人がいるものです。