「今度の日曜日の試合には、君もぜひ参加してくれよ」と、休日に参加して練習しているサッカーチームのリーダーから声をかけられました。

高校の時にはサッカー部に入部して、毎日練習を重ねてきましたが、社会人になってからは実業団のクラブには入らずに、地域のサッカークラブに入っていました。

土日の練習だけなので、技術が向上した訳でもなくなんとかサッカーの試合の流れについて行ける程度の実力なのです。

ペナルティーキックの練習をしても、満足にネットには入りません。

ドリブルも下手で、すぐにボールを取られてしまうありさまです。

それでも、サッカーが(運動が)好きなので、できる限り参加して練習していたのです。

声をかけてくれたリーダーに、「自分は実力もないので、遠慮しますよ」と一時は断ったのですが、「せっかくの他流試合なので、みんなに参加してもらって、グラウンドを走り回って欲しいと思っているんだ」と優しく微笑んでくれたのです。

「迷惑をかけてしまうかも知れませんが、それでもいいですか?」とさらに尋ねると、「みんな失敗ばかりだよ。君でも十分通用するよ」と誘いをかけてきました。

まあ自分なりに頑張って練習してきたので、「では、迷惑をかけないように頑張ります」と参加を承諾したのです。

サッカーも会社の仕事も、チームとして活動していると、ひとりの失敗がみんなに迷惑をかけることは分かっています。

でも、チームとして人数が揃わなければ満足な活動も出来ないのです。

真面目で相手のことを思いやる人ほど、人に迷惑をかけないかなあと心配するものです。

そんな心配から抜け出して、自分の力を十分に発揮できるようになるには、どうしたら良いのでしょうか?

それと、失敗ではなくても、場違いのことを言ったりしたりすることも、他人に迷惑をかけてしまうことにもなるのです。

自分では間違っていないと思っていても、空気が読めないと批判されることもあるのです。

大縄跳びで中に入るタイミングを計ることが苦手な人ほど、どのタイミングで参加したらよいのかを判断する力が必要なようです。

周りの人に迷惑をかけてばかりと反省している人に、ぜひ読んでほしいものです。

周りの人に迷惑ばかりかけてる気がする…

周りの人に迷惑をかけている人いうのは、案外自覚していないことが多いようです。

自分は他人に迷惑などかけていないと思い込んでいるのです。

それはどのような人かと言うと、単に目立ちたがる人、約束を守れない人、時間にルーズな人、文句だけしか言わない人、自分の手柄にしたい人、などです。

自分の中ではいつも通りにしていることなのですが、いつも通りと言うのが、世間の常識とズレているようなのです。

そしてよくあるのが、思い込みです。

これでいいはずだと思い込んでしまって、自分の行動に疑問を持たないのです。

思わぬ結果になってしまった時に、はじめて間違ったかな?と感じるのです。

それを自覚すると、「みんなに迷惑をかけたかな?」と反省して、落ち込んでしまうのです。

周りの人に迷惑ばかりをかけている気がするのです。

そんな自分が嫌で仕方ない

小さい時から、「他人に迷惑をかけるようなことをしてはいけないよ」と厳しく親に注意されたものです。

迷惑をかける人は、非常識な人、嫌われ者だと決めつけられていました。

だから、決して他人には迷惑をかけないで過ごそうと心に決めたはずです。

しかしながら、いつの間にか他人の迷惑を考えないような性格になってしまっていることがあります。

ちょっと落ち着いて考えてみると、他人に迷惑をかけていることがすぐに分かるはずなのですが、それが理解できないのです。

理解していても、行動が伴わないのです。

気が緩んでいるというのでしょうか。

何かの会合があってみんなが時間通りに集まっていても、つい遅れてしまうのです。

出かける時になって、あれもこれもと慌ててしまって、結局は遅れてしまうのです。

それはいつものパターンで、みんなが集まった後にヘイコラとしながら参加するのです。

待つのが嫌ということではなくて、時間の管理能力が不足しているのです。

そして「すみません。遅くなって!」などと小さな声で言い訳しながら入ってくるのです。

これは時間にルーズな性格と言えます。

何回もこんなことを繰り返しているうちに、そんな自分が嫌で仕方なくなるのです。

些細なことでも、他人に迷惑をかけたくないと思うようになるのです。

自分を変えることはできる!

周りの人が自分を見る目が厳しいことも知っています。

「また、あいつか!」と後ろ指を指されていることも分かっています。

そんな時には、そんな自分を変えてみる勇気を持つことです。

まずは、簡単な約束事をしっかりと守っていくことから始めれば良いのです。

自分の能力は別にして、誰もができることは約束を守ることです。

決められたルールを守り、時間に正確になって約束を果たせば良いのです。

それによって、自分を変えることができるはずです。

仕事の中身や能力は問いません。

まずは決まっていることを守ることです。

そうすれば、みんなはあなたのことを迷惑な奴だとは言わないはずです。

迷惑をかける自分を変える8個の方法


他人に迷惑をかけないようにするため、迷惑をかける自分を変えてみませんか?

自分を変える方法はいろいろと考えられますが、まずは以下のポイントを覚えてください。

1.空気を読む

迷惑をかけてしまうということは、何ごとも自己中心的に考えてしまうようです。

自分が思ったことを、思う通りにやってしまうのです。

周りの人の意見や忠告をほとんど無視してしまって、図々しく振る舞うのです。

他人が損しようが迷惑を被ろうが、自分が損をしなければ良いのです。

もちろん、他人に迷惑をかけることになるのですが、気にしないのです。

仲間と一緒にやっていても、仲間への気遣いは持ち合わせていないのです。

その場の空気を読めないのです。

だから、これはしても良いがこれはダメだという判断が出来ないのです。

しかし、いつも全てが上手く行くとは限りません。

きっと失敗もあるし挫折も味わうはずなのです。

チームを率いるリーダーや管理職になったら、部下や仲間の力を借りる時がきっと来るのです。

そんな時に、迷惑ばかりかけていると、誰にも頼ることが出来なくなって仕事も停滞してしまうのです。

雰囲気を察知

いわゆるチームワークというものは、仲間と一緒に仕事をする上では重要なものです。

だから、その場の雰囲気がどういうものかを察知する能力が要求されます。

今は雰囲気は良好で、一丸となって前に進んでいるかどうか、あるいは雰囲気は少し低調になっていて、何かインパクトが必要だとか、その時の雰囲気を鋭く察知するのです。

この雰囲気を読み取って、次の一手を考えるのです。

場の雰囲気を壊さないように

次の一手とは、場の雰囲気を壊さないようにできるものかどうかを判断します。

つまり、その場の空気を読むことなのです。

「空気を読む」とは、その場の雰囲気から状況を推察して、自分が何をするべきか、何をするべきではないのかを考えて行動したり、相手のことも何をしてほしいか何をしてほしくないかを憶測して行動することです。

空気が読めない時は、適切な方向に誘導できないのです。

その場の雰囲気を感じ取り、それに沿って正しい行動を実行することなのです。

場の雰囲気を壊す時は、自己中心に強引に進めていく時、周りの人のことは考えずにマイペースで進めていく時に起こります。

自己中心型とマイペース型が嫌われるのです。

2.周りを怒らせない

もし相手に迷惑をかけたら、相手は怒るはずです。

怒る原因を見つければ、怒った理由も自ずと分かるはずです。

その人を以前に怒らせてしまった過去があるなら、怒った理由もしっかりと把握しているはずです。

それを繰り返さなければ良いのです。

もし初めての人であれば、その人と付き合うルールをしっかりと守ってあげれば良いはずです。

それ以外にも、その人の性格を掴んでおいて、相手の気持ちをくみ取ってあげれば、怒らせることはないはずです。

そして、空気を読んで対応することが重要です。

自分の常識を当てはめすぎない

周りの人に迷惑をかけて、最終的に怒らせてしまう人は、自分のしたいように決定して動いている人が多いようです。

自分がやりたいことはきっとみんなも同じはずだと錯覚しているのです。

「こういう風にやりたいんだが、みんなはどう思う?」なんて質問をして行動することがないのです。

「自分の家ではいつもこうしているから。」と自分の常識をや慣習を当てはめてしまうのです。

「君の家では、そういう風にしているのか?」と誰かに言われてから「みんなは違うの?」と初めて気付くのです。

お互いの常識や慣習が違っていることに気がつけば良いのですが、それを理解しようとはせずに強引に推し進めてしまうことで、周りを怒らせてしまうようです。

何に怒っているのかしっかり考える

もしも何かに怒っている人がいたら、何に対して怒っているのかをしっかりと掴む必要があります。

自分にとっては些細なことだけれども、その人にとってはものすごく重要なことであるかも知れないのです。

あることに対して、ものすごいこだわりを持っている人もいるのです。

迷惑をかけやすい人というのは、他人の気持ちに共感したり、他人の気持ちを想像することがとても苦手な人とも言えます。

そんな人ほど、他人の容姿や態度に敏感で、女性をちかまえて「最近太ったね」などと平気で声をかけるのです。

女性にしたら、容姿をけなされることぐらい腹が立つことはありません。

笑顔でその場を去っていっても、一生忘れないと心に思ったはずです。

相手の気持ちに配慮することが分からないし出来ないのです。

些細な言葉で人を傷つけていることなど知らないのです。

だから、もしもあなたの言葉や態度で相手が怒ってしまったなら、きっとその原因があるはずで、何に怒っているのかしっかり考えることです。

もしも、それが分からなかったら、周りの人にそっと「なぜ怒っているのだろう?」と聞いてみることです。

「アンタ、本当に馬鹿ね!あんなこと言うからだよ」と教えてくれるかも知れません。

もし、周りの人を怒らせないようにしたいなら、その理由をよく考えるか誰かに教えてもらうしかありません。

しかし、それをやっておかないと、永遠に迷惑な奴だと思われ続けることになるのです。

3.自分に自信をもつ


他人に迷惑をかけてしまうことが心配な人は、どうすればそんな気持ちを治せるのでしょうか。

今回はこの方法でやってみようとチャレンジしたい気持ちになっても、「今回も上手く行かなくなって、みんなに迷惑をかけることになるかも知れないし」と消極的になってしまうことはありませんか?

「こんなに良いことなら、みんなに教えてあげよう」と気が付いても、「自分の言うことは、聞いてもらえないし」と瞬時に諦めてしまう自分に気が付くのです。

恋愛の場面でもそうです。

好きな彼氏が側にいる時に、何とかきっかけを作りたいと思ったのですが、何て声をかければ良いのか分からなくて、結局一言も話せなかったと後で悔やむのです。

これらのことは、自分に自信がなくなっているからです。

やって見なければ、言って見なければ分からないのですが、ネガティブな結果しか想像できないのです。

これでは何も解決しません。

迷惑をかけてしまうのではと、漠然としたマイナス思考が働いているのです。

自分に自信を持って行動する時なのです。

決断力が鈍らないように

まずは、自分を信じることです。

「自分が信用できない」なんて考えているようではダメです。

そのために、まずは自分に自信を持つための心がけを習慣化するのです。

①自分にも他人にも嘘をつかないこと。

そのためには、出来ないのにできるとか、見栄を張らない事です。

②何かの行動を起こす時に、結果をクドクドと考えないことです。

「できるかな?」というよりも「できる。したい。」と自分の気持ちを優先させます。

③自分が嬉しい事、楽しい事、興奮することを優先するのです。

「やったー」という感動を覚えるのです。

このように、見栄を張らずにありのままの自分をさらけ出して生活してみることで、徐々に自分に自信が出来てきます。

こうすることで、決断力が増してくるのです。

自信を持つようになるのです。

時間をかけない

決断する時には、時間をかけないことです。

決断力が出来てくれば、自ずと時間をかけなくても容易に決断ができるはずです。

迷う時間を作ってしまって、悪い結果を招かないように、決断には時間をかけないようにしましょう。

悪循環に陥らないように

もしも、あなたの決断が間違っていて思うような方向にいかなくても構いません。

次の一手で修正すれば良いのです。

ただし、次の一手に自信を持つことが出来なければ、さらに悪い方向に向かってしまうという悪循環に陥ります。

悪循環にはまってしまうのは、あなたの決断に自信がなくなった証拠です。

自分に自信を持って行動するかどうかがポイントなのです。

プロだって失敗することもよくあるのですから、焦ることはありません。

次の一手に自信を持ちましょう。

4.反省する

もしも他人に迷惑をかけてしまったと気付いたら、すぐに反省をすることです。

なぜそんな事になってしまったのか、相手のどんなところに気配りが出来なかったのかと分析するのです。

どうして迷惑をかけてしまったのか

自分では、迷惑をかけないように注意していたにも関わらず、相手は迷惑だと声を上げているのです。

自分の認識と相手の認識に大きな乖離があったのでしょうか。

あるいは、自分が常識のない人間なのでしょうか。

単純に考えてみても、どうして迷惑をかけてしまったのか分からないのです。

自分にだけ分からない何かがあるのでしょうか。

誰もが、こんな状況になってしまったことがあるはずです。

親切な人間や優しい先輩がいたら、「おまえ、こんなことしたらあの人が嫌がることを知らないのか?」とか、「あの人が一番いやなことは〇〇されることだ」と明確に教えてくれるのです。

すると、「そうなのか、知らなかった」と理由が分かるとスッキリするのです。

それを知っていないと迷惑をかけてしまうことになるんだ、と納得するのです。

事実をしっかり見つめる

このように、迷惑をかける理由が明らかになれば良いのですが、そんなに優しい人ばかりでもありません。

アドバイスしてくれる人がいない時には、それまでのいきさつを思い出して、事実をしっかりと見つめることが大切です。

ひとつ一つ、事実を確認していけば、必ず迷惑と思える事実が浮かび上がってきます。

それらを検証してみるのです。

次に活かす

このように、迷惑をかけた原因や事実をしっかりと見つめて、次の機会には同じことを繰り返さないように注意するのです。

反省点をしっかりと頭に叩き込んでおくのです。

この反省を次に活かすことが大切なのです。

5.同じ失敗をしないように

誰も失敗をしようとは思っていないはずです。

でも、何かの拍子に見事に失敗をしてしまうのです。

そして、どういうわけか嫌な失敗ほど何度も繰り返してしまう傾向があります。

「また、同じ失敗ばかり繰り返して!」と叱責されるのも慣れてしまうのです。

こんなことに慣れるのは良くないことですが、堂々としてケロッとしてしまうので、さらに怒らせてしまうのです。

それは、その人がいわゆる頑固な性格で、やり方を教わっても自己流で進めてしまうからです。

自己流でもできるはずだと頑固に変えないのです。

それは、その方法の方が手軽にできるという事かも知れません。

そして、失敗することのイメージが出来上がっているので、それほど悲観しないのかも知れません。

ミスを減らす

ミスはミスです。

多少異なった方法でも基本的には同じ事なら、同じミスをしないように、または減らすことができるように、対応して行かなければいけません。

仲がよい同僚に「前回はこれをして失敗したから、今回は新たにこうしてみよう」と方針を示して取り掛かろうとすると、「その方法では、あの時みたいになるよ」と忠告されて初めて気付くようです。

同じミスを重ねようとしていたのです。

このような人は、人から言われたことを覚えようとしないか、あるいは初めから聞いていないものです。

しっかりと注意されても、聞き流してしまっているのです。

ですから、一度や二度の失敗では「次は頑張れよ」と励ましの言葉をいただきますが、何度も同じミスを繰り返すと、さすがにその人を信じることが期待できなくなったり、場合によっては馬鹿にされることにもなりかねません。

ミスの原因を心に留める

ミスの真の原因を掴んで、心に留めておくのです。

そして、失敗を繰り返すことが信頼を失うことでもあり、責任感や自覚がないと烙印を押されてしまうのです。

周りの人から信頼を失ってしまうと、責任ある仕事には就かせてもらえない可能性があります。

いつまでも雑用係で終わってしまうかもしれません。

ミスを繰り返さないように、ミスの原因をしっかり心に留めて対応することが重要です。

ミスをしないようなシュミレーションをする

大きなミスをしないか、ポカミスもしないかと、やる前に何回もシュミレーションをするようにします。

今までの経験を踏まえて、頭の中でしっかりとシュミレーションを繰り返すのです。

ミスを繰り返さないためには、こんな取り組みを続けることが大切です。

6.相手の気持ちを考える

迷惑をかけて、相手を不愉快にさせたり怒らせることをしないようにすることが大事です。

そのためには、これをすると相手はどのように感じるのだろうかというように、相手の気持ちを考えてみることが大切です。

あるいは、相手が望んでいるようなことを提案するとか、相手の気に入る行動を推測するのです。

全て相手が気に入ることをする必要はありませんが、これをされると嫌がるだろうなということは決してやらないことです。

どんな人でも、嫌なことや嬉しいことをいろいろと経験します。

自分の考えとは異なることをされても、いつも怒ることはないはずです。

嫌なことを繰り返して行われるとか、大損をするようなことをされると、当然激しく怒ることでしょう。

迷惑をかけないようにするには、まずは相手の気持ちを考えてあげることです。

何を望んでいるか

相手が何を望んでいるかは大事なポイントです。

決して望んでいないようなことを、きっと希望しているはずだと勝手に思い込んで行動しても、喜ぶはずはありません。

「何をやっているんだ」と反感をかってしまいます。

相手の望みをキッチリと掴むことが基本です。

喜んでくれるか

相手もいつも同じ体調や感覚でいるはずはありません。

何かほかで気に入らないことがあった時には、気分も悪いはずです。

そんな時には、少しぐらい嬉しい話であっても、心から喜ばないかもしれません。

些細なことで機嫌を悪くすることもあります。

要するに、その場の空気を読んで接することが必要なのです。

上機嫌の時には、何をしても何をされても、笑い飛ばしている時もあるのです。

だから、その時の雰囲気と実際の行動について、注意が必要なのです。

無理をさせていないか

相手が喜びそうな話でも、ずいぶん無理をさせてしまうことがあります。

相手が何か権威のある賞を受賞した祝賀会でも、夜遅くまで引っ張って乾杯を繰り返してお酒を飲ませ続けても、相手は素直に喜ぶはずもありません。

気を利かせて適当な時間にお開きにするのです。

そんな配慮ができないようでは、相手も迷惑に感じてしまうのです。

7.言動の先を考える

人に迷惑をかける人というのは、別の見方をすれば優等生で頑張り屋なのです。

自分のアイデアを活かして、きっと素晴らしいことができると夢を持っているのです。

そのために、周りの人から信頼されて人望も厚い人間になりたいと願っているのです。

つい無理だと思っても、それをやり抜こうと頑張りたいので、みんなに見栄を張ることもあるのです。

周りの人が認めてくれないと判断すると、自分で思った通りに進めていくのです。

この時にみんなと激しく摩擦を起こし、迷惑をかけてしまうようです。

常に誰かに認めてほしい、誰かに褒めて欲しいと思っているのです。

このような迷惑行為を防ぐには、見栄を張らずに仲間に溶け込んで、意見を出し合って話を進めていくのです。

すると、この時点での自分の言動が、どのように影響するのかを考えることです。

その場の雰囲気に合っているのかを客観的に見つめることが大事です。

自分の言動に責任をもつ

つい本音で話したことから、大きな問題に発展することもあります。

話す時には、本音と建て前ということがありますが、その場で言っていいことと悪いことがあるのです。

余計な噂話や推論で意見を言ってしまうと、事実はまったく異なったものであったという場合があります。

ネットで知ったこと、週刊誌や新聞で読んだこと、どちらも信憑性があるかも知れませんが、言葉に出して喋るということは、自分の言動に責任を持つことなのです。

後で間違ってましたなどと開き直っても、遅いのです。

あなたの信頼性は大きく下がってしまっているのです。

一旦失ってしまった信頼は、回復させるのには長い時間と努力が必要なのです。

信頼が回復するまでは、「あいつは迷惑な奴だ」というレッテルを貼られているのです。

どんなときにも、自分の言動には責任を持ちましょう。

慎重になる

迷惑をかける人=信頼できない人=悪い人、などという相関関係があるようです。

迷惑をかけ続けていると、いつの間にか人が離れていき、孤独になってしまうのです。

あいつは信頼できない、何を頼んでも失敗ばかりでこちらが迷惑する、などと厳しい評価を受けてしまいます。

そして、みんなから離されていくと不安になって、今度は「みんなと一緒にやりたい」「みんなについていく」などとすり寄ってくるのです。

ところが、迷惑をかける人というのは、独特の考え方も持っているのです。

誰かから同じ話を聞いても、解釈の仕方が違っているのです。

みんながその話に疑問を持って「それは止めましょう」と辞退しようと思っていると、「それができると世界を引っ張っていける」などと持ち上げる始末です。

「じゃあ、ひとりでやってよ」と突き放されると孤立してしまうのです。

そうなると、また一緒にやることが出来なくなってしまいます。

そうならないように、ひとつ一つの言動は慎重になるべきなのです。

勝手に始めてもダメなのです。

勝手にすると、結局は他人に迷惑がかかってしまうことになるからです。

言動も行動も慎重にするべきです。

事前にフォローできることはしておく

どれだけ先を読むことができるかが重要なのです。

先を読んでいれば、みんなの雰囲気も行動も理解できるからです。

効率的に先を読んでいれば、前もって事前にフォローすることができるのです。

事前にフォローしておけば、相手の嫌なことも避けることができるし、効率的に物事を進めていき、成功することもできるのです。

事前フォローでは、足らないところや注意点も理解できます。

それらの不足しているところを、カバーしておくことも容易なのです。

不具合が発生してトラブルになって、迷惑をかける確率も低くなります。

失敗してしまって文句を言われ、迷惑をかけることも当然少なくなります。

あなたの信頼性も向上して、安心して任せられる人間になるかも知れません。

少なくとも、迷惑な奴だと後ろ指を差されることはなくなるのです。

迷惑をかけなくて済む人になれるのです。

8.損得ばかりで行動しない

損得だけで行動する人は、卑しい人と思われます。

いずれにせよ、何かの行動をする時には、損をしないように振る舞うのは当然です。

しかし、行動の意味や中身を重視せずに、損得だけを目標にすることは避けるべきです。

でないと、自分を犠牲にしてまで何か良いことをしたとしても、きっと何か得することがあるはずだと、無いことも疑われてしまうことになるのです。

そのような惨めな気持ちにならないように、損得ばかりで行動しないことです。

自分のことばかりを考えない

損得と同じように、自分に都合の良い事ばかりを追い求めないことです。

相手の人や仲間にも有利なことも進める気持ちが大事です。

この世の中には、自分のことだけしか考えていないとしか思えないような人もいます。

このような人の特徴は、常に上から目線で見ているという事です。

たまに誰かに何かをしてあげると、「あの人に、あのことを優しくしてあげたの」と「してやった」というような態度を取るのです。

相手がどのように思っているかよりも、自分が相手にどれだけしてあげたかということを、みんなにアピールしたいのです。

そして、自分の素晴らしさを認めさせたいのです。

ちょっと何かを誰かにしてあげた時に、自慢したいのです。

こんな風に相手のことを考えるのではなくて、自分のことばかりでなく相手のこともさりげなく気配りする気持ちが重要なのです。

でないと、差し出がましい嫌味にとられるのです。

自分にできることを考えよう(まとめ)

他人に迷惑をかけてしまう自分を変えるには、8個の具体的な対処方法を説明してきました。

これまでに迷惑をかけてしまった過去があるはずです。

その時の反省もしているはずです。

なぜ相手が怒ってしまったのか、怒らせないようにするにはどのような心構えと行動が必要かも学んできました。

ポイントは、軽率に行動して失敗を繰り返さないことと、失敗の原因と相手を怒らせない対応を心得ておくことです。

その場の空気をしっかりと読んで、今しても良いことと今してはいけないことをハッキリと自分の中で区別しておくことです。

今しても良いことは、見栄を張らずに素直に自信を持って行動することです。

時間を守ったり約束を守ったり、組織のルールもキッチリと守ることから始めるのです。

そのことに自信がつけば、あなたの行動も認めてくれるようになるはずです。