CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ガサツな女がやりがちな男に引かれる21個の行動・態度


モテる女になりたければガサツな自分を変えましょう。

簡単に男に好かれる女になるための考え方とは?

これを読んであなたも今日からガサツな女から卒業し、モテ女に変身しましょう!

男性は女性のここを見る!がさつな所は目立つ?

ガサツな女性からすれば「ガサツなのも個性!それより性格の良いところを見てよ!」と思うかもしれません。

でも、ガサツであるだけで、男性から見れば良いところまでかき消してしまうこともあるんです。

自分ではバレていないつもりでも、すごく目立っているんですよ。

相手の目に付くものは多い

ガサツな女性がガサツな男と付き合いたいというなら問題はありません。

ガサツ者同士では気になるはずもないでしょうから。

ただ、もし「ちゃんとした人と付き合いたいなぁ」と思っていたり、どうも彼氏がちゃんとしているという場合には、態度を改めてみましょう。

しっかり者ほど女性の行動を見る

しっかり者からすると、ガサツという特徴は目についてしまいます。

「ただちょっとガサツなだけだもん!」という言い訳は通用しないんです。

しっかり者とダメ人間のカップル、が成立するのはドラマの中だけ。

しっかり者はしっかり者を求めます。

しっかり者は自立した人間を好みますが、それは自分で稼いで自分の住む場所があって、ご飯も食べられているというレベルではありません。

人並みに掃除をやっているか、簡単な料理くらいはできるのか、大人としてTPOをわきまえた振る舞いができるかを見ています。

がさつな行動は男の目にとまりやすい

電車でメイクをしている女性とか、すごく目立ちますよね。

家では超絶ズボラ女子も、外に出るとシャンとする女性が多いですから、外でもガサツな女子はとても悪目立ちしてしまいます。

男性の目にとまりやすいというより、日本人全般の目に留まりやすいといった方がいいかもしれません。

ガサツだと知ると治そうとする

少し気になっていた女性が実はガサツで、そこだけが気になるという場合、男性は治そうとしてきます。

全然興味のない男性から指摘されるのは余計なお世話な気もしますが、あながち間違ったことは言っていません。

男性からすれば女性らしくいて欲しい

職場や趣味の場で知り合った関係の相手には、ある程度の精神年齢になってくると男女としての感覚はなくなっていきます。

とはいえ、恋愛の相手として見たときには、やはり女性らしさは求められます。

女性らしさがなければ、男友達と変わりないですからね。

ガサツさは女性らしさとは、かけ離れた特徴であり、多くの男性にとって「一緒に暮らしていくのは難しい」と判断するポイントになります。

付き合うのであればこんな女性でいて欲しくないという表れ

お付き合いをするということは、自分の生活の仕方とは違うものを受け入れることを意味します。

多少の違いなら受け入れることができても、差があり過ぎれば、さすがに不可能です。

綺麗好きな人がゴミ屋敷の人の家に招かれれば誰だっていやでしょうし、浪費家は倹約家と一緒にいれば息が詰まる思いをするでしょう。

ガサツさが目立つレベルの人は少数派です。

つまり、多くの人と差が大きいわけです。

付き合う相手としてはちょっとな…と思われてしまうかもしれませんね。

ガサツな女性は嫌われる!?あるある行動21個

大和撫子(やまとなでしこ)という言葉があります。

これは日本の男性が憧れる女性像のことで、どういった女性かというと、控え目な性格で目立たないけれど凛としていて自分をちゃんと持っていて、それで男性をたてることもできる。

品があり、礼儀正しく教養も十分に身につけた女性のことを言います。

世の中がこんな女性ばかりなら男性も喜ぶでしょうが、周りを見渡すとそれとは対象的なガサツ女で溢れています。

どんなに容姿が整っていてもガサツな女性だと魅力が半減してしまいます。

男性はとにかくガサツな女性が苦手で、もっと女性らしくあって欲しいと思っているのです。

そういうところを考えられない女性が最近は特に多くなっているような気がします。

それでは、ガサツな女性がしがちなあるある行動を見ていくことにしましょう。

1:空気が読めない行動をする

ガサツな女性というのは自己中心的な人が多いので、周りの空気を読んで行動するということができません。

自分勝手な言動に走ることが多く、皆が引いてしまいます。

ページトップ