CoCoSiA(ココシア)

至極とは?意味や使い方、すごくとの違いを解説


あなたは「至極」という言葉を知っていますか?

あまり見聞きしないこの言葉ですから、「なにそれ!」「そんな言葉初めて出会った!」なんていう方もおられるのではないでしょうか。

日本にはたくさんの言葉がありますから、一生生きていても巡り合うことのできない言葉ってたくさんあるんですよね。

おそらくその言葉の中の一つに「至極」という言葉があるかと思います。

しかし、人によっては「毎日のように見ている!」ということもあれば、「好きなお酒の名前にこの言葉が含まれているんだよね」なんていって、この言葉が一体どのような意味を持っているのか全く想像できないという方もおられるのではないでしょうか。

とはいっても、それらの言葉を使いこなそうとしても意味が分からなかったり、どのように使えばいいのかわからなかったりすると使いようがないですよね。

それどころか難しい言葉自体は知っているのに、その言葉を使いこなせなくて悔しい思いをしてしまう方もおられることでしょう。

とはいっても、そのようなままではあなたは語学の面で成長することができません!英語を理解するにしても、ほかの言語を理解するにしても基本は日本語になります。

日本語を理解することができなければ、あなたはほかの言語までも理解するのは難しくなってしまうんです。

ということで、この記事ではよく見かける人もいれば、まったく見かけることのない人もいる言葉である「至極」という言葉について特集しています。

この言葉はいったいどのように読みのか?

また、どのような意味を持っているのか?

どのように使えばいい言葉なのか・・・などなど、この言葉にまつわる誰もが一度は疑問に感じてしまうようなことに対して回答をしています!

ぜひこの回答を参考にしてあなたも、「至極」という言葉についての学びをくりひろげ、あなたの言葉の知識を増やしていってくださいね。

この記事の目次

至極とは

「それは至極だね」なんて言われたりして、相手が何を言っているのか、また何を伝えようとしているのか全く理解できなかったという方もおられるのではないでしょうか。

日常的によく使う言葉、よく聞くような言葉であれば、それがどのような意味であるか何となくのニュアンスで理解できるものです。

しかし、人によってはまったくその言葉がどのようなニュアンスで使われているのかを想像することもできませんし、人によってはまったく別の意味で使ってしまっていて、本当はとても恥ずかしいことになっているということもあるでしょう。

どのような状況にせよ、意味の分からない言葉がやってくると困ってしまいますよね。

また、読むこともできない言葉があるとなると、大人としては少し恥ずかしい気持ちなってしまう方もおられるかもしれません。

ということで、ここでは「至極」という言葉の使い方を確認する前に「至極」という言葉の基本事項についてお伝えしていきます!

ぜひこの言葉を参考にしてあなたも「至極」という言葉を使いこなしていけるようになりましょうね

読み方「しごく」

あなたは、この記事のテーマともなっている「至極」という言葉を読むことができるでしょうか?

学生時代もしくは社会人になってまでも感じの練習をたくさんしてきたという方は、この言葉を簡単に読むことができるはずですね。

ずばり、「至極」とかいて「しごく」と読むことができる言葉になります。

この言葉、多くの人が「しごく」と読むことができず「しきょく」とか「しこ」なんて呼んでしまうことが多いんですよね。

たしかにパッとみではそのように読んでしまいがちですが、それでも「しごく」と読むということを忘れないようにしましょう。

また、正しく漢字を読むことができないとどうしてもスマホやパソコンの予測変換などでも登場しにくくなってしまうので、とても扱いにくいですし、それに人によっては漢字を入力することにいら立ちを感じていたのではありませんか?

そのようなことにないように、これからは「しごく」と読めるようになって下さいね!

もしも覚えにくいという方がおられるのでしたら、何回でも同じように繰り返し話してみると覚えることができるはずですよ!

意味

では、この記事のテーマともなっている「至極」という言葉にはいったいどのような意味が含まれているというのでしょうか?

ずばり「極限に達していること」「道理にかなっていること」「他人の意見にしたがっていること」なんていうような意味が含まれています。

どれもなんだか難しそうな意味合いに感じてしまいますよね。

しかし、これらが「至極」という言葉の意味になるんです。

つまり、これらの意味をしっかり納得してあなたのものにすることができなければ「至極」という言葉を使いこなすこともできませんし、それに「至極」という言葉をいつまでたっても理解できないことになってしまいます。

せっかく、今日になってあなたは「至極」という言葉について勉強しようと考えるようになったのですから、必ずその気持ちを大切にできるようにしてください!

ということで、ここでは「至極」という言葉にはどのような意味が含まれているのか、それを理解するためにはどうしたらいいのかを分かりやすく解説しています。

これから使い方などもお伝えしていきますが、この意味を知っておくことがすべてにおける基本となります。

ぜひおさえておきましょう。

極限、極地に達していること、またそのさま

「至極」という言葉にはいくつかの意味がありますが、主に使われている意味として「極限」「極地に達していること」「またそのようす」という意味が含まれています。

あなたは、もうこれ以上の上をいくことのできない、もうなにも太刀打ちできないような状況に陥ったことがあるのではないでしょうか。

そのような状況を「至極」ということができるんですね。

とはいっても、具体的に「極限」とはどのようなことをいっているのか想像できないという方もおられることでしょう。

ずばり、もうこれ以上そうすることができないことをさしているんです。

長い間ずっと自転車をこいでいると、足がだんだんとパンパンになってきて「もうこれ以上はペダルをこぐことができない」なんて感じたことがあるのではないでしょうか。

自転車のペダルだけではなく、走っているときにもそのように感じてしまいますよね。