会社をバックレてしまった…

そんな時にはどうしたら良いのかバックレてしまってから焦ってしまっていませんか?

会社をバックレてしまった時の対処方法や会社をバックレることは本当にダメな事なのか…

なぜ会社をバックレてしまったのか、自分でもよく分からない人の為に、明確な理由と会社をばあっくれることによるリスクも合わせて今回はご紹介していきますね。

会社をバックレた場合の6個のリスク

会社をバックレた場合には当然リスクがあります。

バックレるとは会社に何も報告をしないで無断欠勤する事ですので、取捨してくると思って会社は仕事を割り当てています。

会社はあなたがバックレるなんて想定していません。

仕事の遅れや様々な迷惑を会社にかけてしまうことになります。

会社に損失を与えたのですから当然あなたに対してのペナルティはあります。

この与えられるであろうペナルティーは会社によっても様々なのですが、今回はその中から最も多くの会社で課せられることの多いペナルティーを抜粋して6個ご紹介させて頂きます。

この6個のリスクを分かった上でも会社をバックレるしかないという場合も当然あるかと思います。

しかし、このリスクを分かった上でのバックレとただの甘えによるバックレとでは同じバックレでも天と地ほどの差があります。

バックレる場合にはそれなりのリスクがあることを改めて知っておきましょう。

1.解雇される可能性がある


どの会社でもバックレることによって解雇されるリスクはとても高くなります。

しっかりとした理由があって会社をやむなく休む場合には会社に報告をすることで解雇のリスクは無くなりますが、無断で会社をバックレてしまう場合には会社にとっては迷惑でしかありません。

あなたの事をあてにして仕事を任せています。

頻繁に会社をバックレるような人ですと安心してお仕事を任せることは出来なくなってしまいます。

お仕事を任せられなくなってしまいますと会社からするとお仕事の出来ない人と認定されてしまいますよね。

解雇されても仕方ありません。

休んだだけで一方的に会社から解雇されるなんてありえない…なんて思っている人…

会社には懲戒解雇という解雇処分の方法があります。

ただ、会社も何もしていない社員を一方的に懲戒解雇することは出来ません。

懲戒解雇をするためには明確な理由があります。

数を重ねると会社は解雇することができる

会社を頻繁にバックレることによって懲戒解雇となってしまうリスクはあります。

1度や2度では会社は一方的に社員を解雇することは出来ません。

しかし、ある一定の期間無断欠勤をした場合には、会社側から懲戒解雇をすることができます。

懲戒解雇をする事が出来る理由として、会社内での金品の横領、故意による業務妨害、会社の会計上の不正行為、その他犯罪行為があります。

この他に懲戒解雇できる理由として、2週間以上の無断欠勤による懲戒解雇なのです。

多くの会社では就業規則で無断欠勤を2週間以上した場合には解雇させて頂きます等の規則を定めている会社が多いです。

改めて自分の会社の就業規則を確認してみて下さい。

今改めて見ることで、入社時には二にも思わずわからなかった事でも今のあなたなら新たな発見があるかもしれませんよ。

無断欠勤は会社だけでなく一緒に働いている同僚な上司などの社員にまで迷惑がかかります。

自分の都合だけで無断欠勤はリスクがあるだけです。

しかし、やむないバックレも当然ありますよね。

会社によってはいわゆるブラック企業と言われる企業も残念ながら存在しています。

就職する際にはマサカ自分が働くことになる企業がブラック企業だなんて思いもよりません。

働いて初めてわかることも当然ありますよね。

ブラック企業でなくても自分が思っている企業とは違ったなんて場合もありますよね。

企業によっては、退職したいと退職願いを出しても受理されずに退職する事が出来ない企業も残念ながら存在しています。

この様な場合にはやむなく会社をバックレる方法もあります。

この場合には必ず準備をして会社をバックレるようにして下さい。

会社に自分の私物は絶対に残さないようにして下さい。

このバックレる為の事前準備も会社に分からない様に徐々におこなってください。

逆に会社から支給された備品などは必ず返却をして下さい。

もう辞めるから関係ないだろうと捨ててしまうことは絶対にしてはいけません。

バックレるしかない選択のみとなってしまった企業ですので、会社の備品を勝手に持ち帰っている返却が無いという理由で損害請求などされてしまうリスクがあります。

必ず会社のモノは全て返却をして下さい。

また、有給がある会社の場合は有給と合わせて事前準備を行うことも良いです。

他に事前準備としましては無断欠勤となりますと会社からの電話連絡などは必ずあると思って下さい。

会社はあなたの住所などの個人情報も知っています。

ということは家にまで訪ねてこられる可能性もあるのです。

無断欠勤から解雇されるまでの期間会社の人に合わない様な対策も考えてください。

可能であれば、会社にバレているスマートフォンの番号の変更や住所の変更などができると尚良いです。

変更のタイミングも間違えないで下さいね。

早すぎる変更は会社にバレてしまい変更の意味が無くなってしまいます。

一時の感情で準備なしに会社をバックレてしまいますと何のメリットも無くリスクしか生みません。

様々な理由からやむなく会社をバックレるしかないという選択をした場合には必ず事前準備をしてバックレて下さい。

明確な理由と結果が分かっていれば準備期間にかいしゃへ出社するのは苦痛では無くなります。

今まで出社するのがとても苦痛で仕方なかった会社でも、新たな出発のために準備と思うと晴れやかな気分で出社することができます。

会社をバックレることは決して良い事ではありませんがなかにはやむなくバックレるしかない状況もあります。

どちらの選択をした場合でもバックレによるリスクなどは把握しておくべきです。

また、退職をすると決めたバックレの場合には、懲戒解雇期間やそれ相当の時期または会社の上司やデスクに退職届や退職願を出しておくと良いかもしれません。

また、会社から退職時に通常の手続きをした場合には返却される書類があるのも知っておいてください。

どうせ辞めるからそんなのいらないと言わずに必ず返却してもらうようにしましょう。

後に返却してもらえば良かったと後悔しても後の祭りになってしまいます。

通常退職をする場合には企業からは離職票と雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収票などがあります。

それぞれ簡単にご説明しますね。

離職票は失業保険を受けとる際に必要となる書類です。

無い人はハローワークなどから企業へ発行するように交渉してくれる所もありますが、多くの場合は自分で改めて交渉しなければいけません。

退職した理由や方法にもよりますが、多くの場合は退職してからまた企業と交渉するのは嫌かと思いますので退職時に必ず返却して頂きましょう。

場合によっては転職先でも必要になる書類です。

年金手帳はそのまま将来年金を受け取る際に必要となる手帳です。

転職先に手支出する必要がありますので転職を希望する場合には必ず返却をしてもらって下さい。

どうしても返却されない場合は日本年金機構にて再発行をすることは出来ます。

雇用保険被保険者証は失業手当を受け取る際や失業時の資格習得口座の受講時の給付金を受け取る際に必要です。

また、転職先にも提出する事が必要です。

雇用保険は個別に番号が決まっている為必ず必要な書類となります。

どうしても返却されない場合にはハローワークにて再発行は可能となっていますので、相談して下さいね。

源泉徴収票は税金の払いすぎによる還付請求や税金の不足分を支払う際に必ず必要な書類となります。

払いすぎによる還付請求が出来ないのは仕方のないことですが、払い漏れによるペナルティーは非常に大きなものになりますので現世イン聴取表は必ず頂いて下さい。

通常ですと退職して1か月以内に企業側から発行すると決められている書類です。

ということは、この源泉徴収票が発行されるまでは会社が分かっている住所へ籍を置いておく、もしくは転送届を出さなければいけないと覚えておいてくださいね。

この事もふまえて続きをご覧いただけたらなと思います。

2.降格や人事処分の可能性がある

会社をバックレることによって会社や一緒に働いている社員に当然迷惑をかけることになります。

場合によっては取引先の企業にまで迷惑をかけることになってしまうのです。

あなた一人だけの問題では無いことを知って下さい。

バックレ(無断欠勤)は会社や周囲に迷惑をかけてしまう行為となりますので、迷惑をかけた代償として降格などの人事処分が下る可能性がとても高くなります。

無断欠勤されてもリスクの少ない部署への異動や会社にリスクのかからない役職へ降格処分など、会社からすると無断欠勤をする社員は損失を生んでしまうリスクとして見られてしまいます。

当然リスクマネジメントとして適切な処分が下されてしまうのです。

急な理由でやむなく欠勤をしてしまう場合でも連絡が取れる状況になった時に即座に連絡をすることで、連絡できない事情も分かっていただけ会社も適切な対応をとって頂けます。

会社側からすると自己的な理由で無断欠勤をしてしまうだらけた人はリスクと判断しますが会社にとって有益な社員はやむなき事情を説明することで理不尽なリスクを負うことはありません。

無断欠勤でも単に自分勝手な理由でのバックレと突発的でやむない理由での無断欠勤とでは訳が違うことは分かっています。

無断欠勤をしてしまった際には明確な理由がある場合には必ず会社へ連絡が出来るようになってからすぐに説明をして下さい。

必ず分かって頂けます。

自分勝手な理由でのバックレは…それなりのリスクがある事は仕方がないことです。

それでも会社をバックレるのかどうか自己判断で選択してください。

例え自己的な理由であったとしても自分にとっては会社よりも優先するべきと考えたのでしたら、会社でのリスクを負っても良い場合もあるかもしれません。

但し、頻繁なバックレや長期無断欠勤をする場合にはそれ相当のリスクがあることは覚悟して下さい。

この場合には無断欠勤では無く有給などを賢く利用して下さいね。

3.退職金をもらえない可能性がある


会社をバックレるリスクとして退職金が貰えないリスクがあります。

コレは先の懲戒解雇処分にも通ずることなのですが、会社に迷惑をかけて解雇される状況となりますので当然退職金は頂けません。

退職金は本来今まで会社に貢献してくれてありがとうと言う気持ちが入ったものになります。

会社への貢献は無くデメリットしかなかった社員には退職金は無いのは当然です。

働いていたから当然退職金は貰えるだろうと思っていては考えが甘いです。

会社に貢献して会社へメリットをもたらす事が出来た社員に対しては当然退職金は喜んで支払いますが、迷惑をかけられただけで何のメリットも無くデメリットしかないバックレ社員に対しては退職金は無いものと思って下さい。

バックレることでの会社への迷惑を考えれば当然のことだと分かるはずです。

バックレることを選択した場合にはこのようなリスクがあることもお覚えておいてくださいね。

4.転職に影響を及ぼす

会社をバックレること(無断欠勤)は世間では当然いけない行為だと認識されますよね。

例えば自分自身に置き換えてみて下さい。

友達などと出かける約束をして待ち合わせの場所で待っていても誰も来ないという状況だとしたらどうでしょうか?

何の連絡も無く他の人は無断で約束の場所に来ない…

もう先に言っているのかなと思って目的の場所に行ってもいない…

この様な事が頻繁に起きたらどうですか?

もうその人の事は信用できなくなりませんか?

会社としても同じ事なのです。

会社としては就業時間は決まっています。

会社の場所やお仕事をする場所も決まっています。

しかしその決まった時間に決まった場所へ何の連絡も無しに来ない…

来ると思って待っている会社や職場の社員からしたら、あなたの事は信用できなくなってしまいますよね。

転職先でも同様です。

無断欠勤されると分かっている社員をわざわざ雇おうなんて思いませんよね。

会社をバックレるということは世間での信用を無くしてしまう行為なのです。

当然転職や様々な場所でのリスクも背負っていかなければいけなくなってしまいます。

明確に説明できる理由があれば良いのですが…

前職がブラック企業ですとか明確な理由があれば…

しかし、世間はあなたの事はバックレる行為をしている事で最初から信用はしていないことは理解して下さい。

あなたがブラック企業だといったとしても世間から見たら通常の企業であなたの考えが間違っている場合もあるのです。

あなたのものさしではかるとブラック企業なのかもしれませんが、世間一般のものさしではかると健全な優良企業となり単にあなたが思っているよりもタスクが多く、あなたの力量では課せられたノルマが達成できなかっただけでとても優良な企業なのかもしれません。

今の会社がブラック企業だと思う理由…もしあるのでしたら今一度よく考えてみて下さい。

本当にその会社はブラック企業なのでしょうか?

単にあなたの甘えや考え方と相違があるだけで一般的な企業なのかもしれません。

他の企業と比べてみたことはありますか?他の企業で務めた経験はありますか?

今の会社しか知らない場合は断定するのはまだ早いのかもしれません。

明らかなブラック企業であれば別ですが、ブラック企業と断定する材料や判断基準を今一度確認してみるのも良い方法です。

自分が思っているよりも本当はとっても良い会社だと気が付いてやる気が出るかもしれませんよ。

懲戒解雇は転職において不利

退職が受理されずにやむなくバックレによる懲戒解雇をされた場合には転職は絶対的に不利になります。

例え務めていた企業がブラック企業だとしても懲戒解雇をされた事実は変わりありません。

多くの企業は面接の前にエントリーシートによる書類選考があります。

この書類選考の時に懲戒解雇処分のある人はふるい落とされてしまいます。

どんな理由があるにせよ無断欠勤や様々な理由による懲戒解雇を受けたことには変わりありません。

他のもっと優秀な人材を会社が求めるのは当然の結果です。

いくら優秀な人材だとしても懲戒解雇になる理由があった人材を雇うリスクは負いたくないと思っています。

自分が雇い主になった場合にも同じことを考えると思います。

ノーリスクの人材と明らかにリスクがある人材とではどちらを雇うのかは明確ですね。

例えやむない事情があったにせよその選択をしたのは本人自身です。

雇った際にそれなりの理由があればまた会社をバックレて逃げようとするかもしれません。

次の企業ではそんなことはありませんといっても信用は皆無です。

実際に懲戒解雇された事実がそこにありますので何を言っても信用はできません。

辞めたいなと思う理由があってもバックレて逃げることなくどうにかしようと頑張る人材を会社は求めています。

会社と一緒に頑張っていける人材が優良な人材と思っているのです。

前職調査がある会社も

エントリーシートに退職とだけ記載して懲戒解雇された事実を記載しないという手もある音にはあるのですが…
メリットはそこまでありません。

むしろデメリットとなってしまうこともあります。

転職先によっては前職調査をおこなっている企業も多くあります。

この際にエントリーシートに記載されていない事実が判明した場合にはそれがメリットとなる事実であれば良いのですが、懲戒解雇はメリットにはなりませんよね。

転職先の企業からしたら自分に不都合な内容だから記載しなかったのだろうと判断されてしまいます。

こう判断されると他の内容も事実なのか虚偽なのか全てを疑ってみてしまうようになります。

当然不振に思えてこの人材を雇おうなんて思いません。

一緒に働きたいなという魅力は微塵も感じないのです。

記載してもデメリットになるのですが記載しないで隠した場合には全てに不信感が現れてしまうのです。

かなりのリスクを負ってしまうことは理解して下さい。

離職票でバレる可能性もあり

前職調査が無い企業なら安心かと思いきや…

離職票で全てバレてしまいます。

エントリー使途との相違がないのかも当然チェックします。

この際に相違があった場合にはたんに記載ミスとして思って頂ければ良いのですが、懲戒解雇されて事実をただの退職や離職とした場合には不都合な内容を隠したと思われても仕方ありません。

実際に隠していますしね…

やむなく会社をバックレて懲戒解雇によって退職だ来たとしても転職先によってはとっても大きなリスクを背負いこむことになります。

転職先によっては何のデメリットも無い転職先もありますが、基本的にはデメリットは非常に大きいことは理解して下さい。

このことを踏まえて考えますと、懲戒解雇退職する前に転職先を見つけてこういう理由で退職をしますと、転職先に伝えて転職先が決まってからバックレ解雇という方法が一番良い方法なのかもしれません。

先にリスクを回避できれば何の問題も無く転職はすることができます。

但し転職先に退職する事だけを伝えてある場合には、その退職方法が懲戒過去の場合雇用は無かった事にとなる可能性もあります。

退職方法がもしかしたら懲戒解雇という退職方法となるかもしれない事とその理由も転職先に伝えることは忘れないで下さいね。

折角転職先を見つけて退職したにもかかわらず断られてしまう無職となってしまいますよ。

自分の正直な思いと転職先への強いアピールを伝えることが出来れば問題はないはずです。

どんなお仕事でどんなことをしたいのか明確なビジョンがあれば尚良いですね。

5.損害賠償請求の可能性がある

バックレることで会社にとっては大きな損失や迷惑がかかることもあります。

あなたのバックレによってどのような損失が出てしまうのか把握する事は必要です。

あなただけの問題では無く一緒に働いている社員や会社全体の問題に発展する可能性があります。

会社全体の利益や信用問題にかかわることになった場合には、損害賠償請求もあります。

あなたのバックレによる損失が大きい場合には会社からしたら当然の権利となります。

また故意に困らせてやろうと思ってバックレた場合にはその請求額は多大なものとなります。

子供のような考えでいてはあなただけの問題では無く家族などにも迷惑がかかってしまいますよ。

一時の感情や行き当たりばったりの行動で決めてはいけません。

世間で決められたルールは必ず守って下さい。

どうしても守れない場合はその理由を必ず伝えて下さい。

それもできない場合にはそれ相応のリスクを負うことは覚悟して下さい。

バックレたことにより不利益を出していないか

自分がバックレたことによって会社に不利益を出していないのか必ず確認をして下さい。

あなたの事を信用して会社はあなたにお仕事を任せています。

そんなあなたに急にバックレられては会社としては非常に大きな損失となってしまいます。

バックレることは基本的にはしないで休む場合には先に会社と一緒に働いている仲間に伝えて休みを貰て下さい。

だえも休む事を禁止なんてしません。

ただし、無断欠席はいけません。

何の連絡も無いと来るだろうという気持ちのまま仕事をしています。

当然あなたの仕事はあなたがするものだと考えて他の人も仕事をします。

結局来なかった場合にはあなたがするはずだった仕事はそのまま残ってしまいます。

この事で会社などに大きな損失を与える結果になる危険性もあるのです。

先に休む事を伝えることであなたがやるはずだった仕事は誰かがやることになる場合はみんなで分担して完了させることができます。

事前に連絡さえして頂ければ、何御問題の無い事でも、無断欠勤によって非常に大きな問題tなってしまうことも意外と多いのです。

私がいなくても大丈夫だろうと思って無断欠勤でバックレると連絡していればいなくても大丈夫な簡単な仕事内容であったとしてもバックレで誰もあなたの仕事をやらない状況になる事で大きな損失となってしまうのです。

ほんの些細なことなのですが、連絡があった時の会社での出来事と無断欠勤した場合での会社の出来事とではとても大きな差がうまれてしまうのです。

思いもよらない損害賠償請求に合わない為にもバックレはしないで必ず休む際には連絡をして下さい。

会社の為でもありますが何より自分自身の為でもあります。

6.身元保証人に連絡がいく可能性がある

会社をバックレるということは連絡をしないでいなくなったということになります。

場合によっては失踪届を出されてしまうこともあります。

1日や2日ではさすがに失踪届は出されませんが、長く無断欠勤が続き連絡もつかないとなると失踪届を出されて身元保証人へと連絡がいくことになります。

もし事情を知らない身元引受人の場合にはとても大事になってしまいます。

単に小旅行で息抜きしていただけなのに帰って来たら大事になっていたなんてこともあり得るのです。

それほど会社をバックレる(無断欠勤)することは大きなリスクのある事なのです。

世間一般では決められた時間に決められた場所で働くことが当たり前としています。

その当たり前のことが出来ない状況にあると思って心配してしまい大事となってしまうのです。

事情を知らない場合は、さらに心配をかけることに

事情を知らない身元保証人は会社に何日も連絡がなく出社していなくて連絡してもつながらない。

もしかして失踪したり事件に巻き込まれた可能性があるかも…、なんて聞かされた場合はとても心配をしてあなたがいきそうなところや知り合いに片っ端から連絡をしたりします。

あなたの知らないところで事件に巻き込まれた失踪したなどとても大きな話となって拡散してしまうのです。

ご家族がいる場合にはご家族や親御さんにまで連絡がいき警察沙汰になることもあり得ます。

みんなあなたの事を心配しているのです。

そんな心配をしてくれる人たちに迷惑をかけない為にも会社をバックレる前に今一度よく考えてください。

本当にその選択で良いのかもしバックレる選択をしたのであれば必ず事前準備をして周りに迷惑や心配をかけないようにして下さい。

あなたが思っている以上にあなたのことを心配していますよ。

会社をバックレるとは?

会社をバックレるという言葉は少々汚い?言葉遣いですよね。

最初は学校などをで嫌な授業をバックレるなどとして使用していた言葉を、バックレ世代が会社員になってそのまま会社をバックレると使うようになった言葉です。

無断欠勤すること

会社をバックレるというのは当初の意味と同じ無断でいなくなることを意味します。

簡単に言ってしまうと自分に都合が悪い事から誰にも何も言わずに逃げ出すことですね。

嫌だから逃げ出す、出来ないから逃げ出す、他に面白いことがあるから逃げ出すといったように自分にとって不都合な場所から無断で逃げ出すことを格好つけてバックレるというのです。

会社の場合は何も言わずに会社からに出出すことは無断欠勤と言います。

無断欠勤のことを格好つけてバックレと言っているのです。

なんの連絡もせずに休む

無断欠勤とはその字の如く誰にも断りなく会社を休む行為ですね。

他の人は来るものだと思って仕事をしますので当然あなたがやるべき仕事がそのまま残っってしまうことになります。

休むと連絡があれば残らない仕事だとしても無断欠勤によって残ってしまう状況が出来てしまうのです。

この事が積もり重なった場合や重要な仕事が割り当てられている時には、会社にとって大きな損失を生んでしまう結果になってしまうこともあり得ます。

あなたにとってはほんの些細な事で自分お仕事は誰かがやってくれるだろうと思って無断欠勤しますが…
会社や働いている社員は逆で何の連絡もないので休むわけでは無いと判断しています。

この為わざわざ人の仕事をしようなんて思う人はいません。

自分お仕事は自分でするのは当然ですからね。

休むと分かっている場合は代わりの人があなたの仕事を引き継いで行いますが、無断欠勤であればだれもあなたの仕事には手を付けません。

あなたは誰かがやっているだろうと思っているのかもしれませんが誰もあなたの仕事なんてやっていませんよ。

1日2日無断欠勤した場合には休んだ分のあなたのお仕事がたまっているのです。

何で誰もやってくれなかったの?

意味わかんないなんて思う人もいるかもしれませんがよく考えてくださいね。

あなたが逆の立場でもしませんよねお休みの連絡がない人のお仕事なんて。

会社に来る人のお仕事をわざわざしませんよね。

連絡がないですので誰もあなたが休むなんて思っていません。

あなたの勝手な都合で解釈してそれに賛同をしてほしいなんて虫が良すぎます。

逆の立場で物事を考えるだけでどうしたら良いのかは分かりますよね。

相手のことを考えるだけで解決できることです。

アポイントをすっぽかしたり、逃げ出すこと

バックレるとはアポイントをすっぽかしてしまうことも言いますね。

やりたくない事から逃げ出してしまうことも自分のことを擁護するために逃げたんじゃないバックレたんだってね。

相手からしたらアポイントメントをとって約束の時間約束の場所で待っているにもかかわらず待てど暮らせど現れない…

そんな経験をさせられたらどう思いますか?

もう相手のことを信用できなくなりますよね。

当然仕事を一緒にする事なんて出来なくなります。

契約がどれだけうまく順調にいっていたとしてもたった1回のバックレですべて白紙になんてことも当然ありあえます。

その後に挽回したいと言ってもおいそれと挽回出来るモノではありません。

人から信頼を得るためにはとても翁労力を必要としますが、逆に信用を無くすことはとっても簡単で、ほんの些細な事で信用は一気になくなり不信感しかなくなってしまうことになります。

この状態から挽回するためには最初の信用して頂くための労力なんて比じゃない程の労力が必要になります。

ないかにつけてどうせまたバックレるんでしょと思ってしまうのです。

バックレることは人の信用を無くす行為でもあるのです。

自分が誰かにバックレられたらどう思うのか想像してみて下さい。

多々それだけでバックレることがどんな事なのか分かりますよね。

何も言わずに辞めること

バックレるとは何も言わずに辞めることやいなくなることもさします。

誰にも何も言わないで辞めてしまうのでアレ?

あの人はどこ行ったの?

なんて事になりみんなで探し合うことになる可能で委もあるのです。

単に家に帰っただけだとしてもそんなことは誰も聞いていませんのでどこかで怪我をしているんじゃないか?

何か困って動けないんじゃないか?

連絡できないところで困っているのではないかと心配しているのです。

当の本人は何事も無かったかのように家でくつろいでたとしてもね…

会社をバックレた場合の問題点や気をつけておくこと

会社をバックレた場合にはどんなリスクがあってどういう事になるのかはここまでで分かったかと思います。

ココからはその問題点について気を付けることを簡単いご紹介していきますね。

1.役割の確認

自分の会社での役割とは何なのか確認する事。

自分の会社での立場や役割を把握する事でバックr多場合にどのようなことになるのか把握することができます。

他の人が代われないような重要な仕事はないか

会社での立場や与えられた仕事での役割が他の人では代役が利かない重要な役割出会った場合、会社にとってはバックレることがどれほどの損害がある事なのか理化する事が出来ます。

ドラマで言ったら主役の役割を割り当てられていたとしたら、主役のいないドラマとなってしまいますよね。

それでは成り立つものも成り立たなくなってしまいます。

根本的な見直しが必要となってしまい別のものになってしまいますよね。

自分の役割や立場の理解でどういう状況になるのか理解することができます。

2.就業規則の確認

先にもお話させて頂きましたが会社には就業規則があります。

初めて見た時には意味が分からないことだらけで理解できなかった事でも今見ると理解できる事が多くあると思います。

改めて就業規則を見直して理解を深めて下さい。

全てはここに書かれてある

会社のことのすべてがここに書かれていると言っても過言ではありません。

就業規則を理解できると今迄感じていた思いとは違った見方で会社を見る事が出来るようになるかもしれませんね。

普段から意識して、重要なことは理解しておくこと

就業規則は何か疑問に感じたことがあった場合に見直す事で解決できる事も多くあります。

普段から意識して特に重要な項目は理解しておくと良いですね。

3.捜索願を出されることもある

先にもお伝えさせて頂きましたが、あなたのことを心配しているがあまり、無断でいなくなって連絡が付かないということから捜索願や失踪届などを出されてしまうこともあります。

警察沙汰となって大事になってしまいます。

突然いなくなり、心配する会社も

バックレるということは誰にも何の連絡も無くいなくなることです。

連絡をしてもつながらない場合にはあなたの事を心配するがあまり警察に連絡する事もあります。

あなたが思っている以上に心配をしていますよ。

バックレに後悔したら

一時の過剰でバックレてしまって後悔している…

そんな時にはこうして下さい。

1.上司からの電話にきちんとでる

後悔したその時に素直になって上司に連絡をして下さい。

後悔した時にもう遅いなんてことはありません。

いつでも良いのです後悔してしまったその時があなたのタイミングなのです。

そこで欠勤の理由を伝えればまだ間に合う

バックレてしまい後悔したその時に正直に欠勤の理由を話して下さい。

多分怒られますがあなたの気持ちはわかって理解してくれます。

バックレることは良くない事だと分かって後悔していますよね。

悪い事だって理解しているということは怒られるのも割っているはずです。

後悔したその時に素直に謝りましょう。

まだ間に合いますよ。

2.自分から連絡する

後悔した時には必ず自分から連絡する事。

会社や上司、同僚などから連絡があるかと思います。

その連絡に出ることは簡単ですが自分から連絡することが重要となります。

事前に伝えられなかったことを謝罪した上で

連絡があった時に出てしまうと出られたのになぜ連絡をしないとなってしまいます。

しかし自分から連絡をすることで、今まで連絡できなくてスミマセンと連絡もできない状況であったと相手に伝えることが出来るのです。

大きな理由の一つになりますよね。

そこで素直に事前にお知らせすることが出来なくて申し訳ありませんでしたと伝えることで二つの理由ができますよね。

あとは正直な理由か別の理由にするのかはあなた次第ですね。

ここまででお膳立ては出来ています。

辞める時は、正しく辞めよう

退職を考える場合には、基本的には正しい退職の方法で円満退職が望ましいです。

意外と世間は狭くどこでつながりがあるのか分かりません。

一度は自分が魅力に感じた会社ですので、どこかでまた一緒になってしまう機会があるはずです。

どうしてもやむないバックレは残念ながらあると思います。

その場合でも先にお伝えした事前準備は怠らないで下さい。

一時の感情や行き当たり場足りな行動は決してしないで下さい。

バックレはとてもリスクのある行動です。

大きなリスクを理解する事でどう選択したら良いのかが分かってくるかと思います。

リスクを負ってまで選んだ道は決して平たんな道ではありませんが、あなたがそこまでして選んだ道です。

信じて突き進みましょう。