CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

謝るのが苦手な人に贈る、気持ちが伝わる上手な4個の謝り方のコツを伝授


どんな状況にしろ、謝らなくてはならない時、少し心に重たいものが引っかかりますよね。

どうして謝らなくちゃいけないんだろう。

どうしたらうまく謝ることができるんだろう。

なんて言葉をかけたらいいんだろう。

こういった事態をさっと片付けられる器用な人もいますが、謝ることって、苦手な人が多いのではないかと思います。

それも、事態が重ければ重い分、謝ることも気重になりがち。

だけど、ここで苦手だからと怯んでいてはいけません。

謝るに際し、ただ闇雲に突撃していっても、さらなるトラブルの種になりかねないことになります。

どうやったら上手に、気持ちがつたわわるように謝れるのか、謝り方やどうして謝るのが苦手なのか、どんな人が謝るのが苦手なのか、ここで紹介して行きたいと思います。

気持ちが伝わる上手な4個の謝り方のコツ

謝る際、最も大事なのは謝り方です。

どうやって謝るか、どんな言葉を選ぶか、ここが大きな問題となってきます。

十分に謝罪の気持ちを込めて謝れば、気持ちが伝わる、というものでもありません。

こちらがどんなに真摯に謝っても、それがカンにさわる言い方だったり、口調だったりすると、修復するはずだったその関係に、また大きなヒビが入ってしまうかも。

謝る時にもっとも重要なのは、その謝る人に合った言い方か、その人が怒りをといてくれるやり方か。

それによって、謝り方が違ってきます。

じゃあ、一体どうしたらいいの?下記にアドバイスを記しましたので、ぜひ活用してください。

言い訳を付け加えない


例えば友人との大切な会合に遅刻をした時。

「ごめんごめん、電車が止まっちゃって」「お母さんに頼まれごとをされて」「いきなり電話がかかってきて」などといわれると、あれ、と思いませんか?

言い訳というのは、「自分は悪くない」ことを示す行為です。

ですから、謝ったとしても、それは謝罪にならないのです。

だって、「自分は悪くない」んですから。

自己完結、自己解決。

それならいちいち謝罪などしなくていいではありませんか。

謝罪される側としても、全く気にしないわよ、という人もいるかもしれませんが、それよりも謝られたのかなんなのか、わからなくなって、あまりいい気持ちはしません。

少しでも言い訳をすると相手の怒りを逆なでする

「自分は悪くない」というのは、誰かに責任を転嫁しているのです。

そうすると、そこには誠意がありません。

となると「本当にごめん、って思ってるの?」と眉根を寄せたくなります。

人によっては、本心じゃないだろう!と怒りを買う場合も。

相手としては、迷惑をかけたっていう責任感、謝罪が届いてこないのです。

そうしたら、感情を逆撫でされる状態を引き起こしてしまっても当然ですよね。

ですから、謝るときには、言い訳はしない。

これはまず「自分の責任」だということを、伝えなければならないのです。

謝るだけでなく代替案を提示する

もしそれが、例えば店舗で、お客さんがお目当だったネクタイが売れてしまったとします。

「金と白の組み合わせが一番よかったのに」としょぼんとされているお客様。

確か数日前もご所望のネクタイを買おうかどうしようか迷って、結局後日買うから、と帰っていったのでした。

お求めしたかったネクタイはもうない。

仕方にですよね、お客様だって在庫があるうちに買っておけばよかったですから。

前回買っていたら、絶対手に入っていたわけですから。

とはいえ、ここは店舗。

あなたが、まずいうべき言葉は、「申し訳ありません」でしょう。

そこからが信頼されるかされないかの瀬戸際。

「こないだご覧になっていらっしゃったのは、金と白のネクタイでしたよね。今ですと、他のブランドにほとんど似たものがあるんです」と代替案を出してみましょう。

ブランドのコンセプトが近いものがいいですね。

そこで「よし、これにする」と言われたら、成功です。

あるいは、近隣店舗に問い合わせるのもOK。

ページトップ