どんな状況にしろ、謝らなくてはならない時、少し心に重たいものが引っかかりますよね。

どうして謝らなくちゃいけないんだろう。

どうしたらうまく謝ることができるんだろう。

なんて言葉をかけたらいいんだろう。

こういった事態をさっと片付けられる器用な人もいますが、謝ることって、苦手な人が多いのではないかと思います。

それも、事態が重ければ重い分、謝ることも気重になりがち。

だけど、ここで苦手だからと怯んでいてはいけません。

謝るに際し、ただ闇雲に突撃していっても、さらなるトラブルの種になりかねないことになります。

どうやったら上手に、気持ちがつたわわるように謝れるのか、謝り方やどうして謝るのが苦手なのか、どんな人が謝るのが苦手なのか、ここで紹介して行きたいと思います。

気持ちが伝わる上手な4個の謝り方のコツ

謝る際、最も大事なのは謝り方です。

どうやって謝るか、どんな言葉を選ぶか、ここが大きな問題となってきます。

十分に謝罪の気持ちを込めて謝れば、気持ちが伝わる、というものでもありません。

こちらがどんなに真摯に謝っても、それがカンにさわる言い方だったり、口調だったりすると、修復するはずだったその関係に、また大きなヒビが入ってしまうかも。

謝る時にもっとも重要なのは、その謝る人に合った言い方か、その人が怒りをといてくれるやり方か。

それによって、謝り方が違ってきます。

じゃあ、一体どうしたらいいの?下記にアドバイスを記しましたので、ぜひ活用してください。

言い訳を付け加えない


例えば友人との大切な会合に遅刻をした時。

「ごめんごめん、電車が止まっちゃって」「お母さんに頼まれごとをされて」「いきなり電話がかかってきて」などといわれると、あれ、と思いませんか?

言い訳というのは、「自分は悪くない」ことを示す行為です。

ですから、謝ったとしても、それは謝罪にならないのです。

だって、「自分は悪くない」んですから。

自己完結、自己解決。

それならいちいち謝罪などしなくていいではありませんか。

謝罪される側としても、全く気にしないわよ、という人もいるかもしれませんが、それよりも謝られたのかなんなのか、わからなくなって、あまりいい気持ちはしません。

少しでも言い訳をすると相手の怒りを逆なでする

「自分は悪くない」というのは、誰かに責任を転嫁しているのです。

そうすると、そこには誠意がありません。

となると「本当にごめん、って思ってるの?」と眉根を寄せたくなります。

人によっては、本心じゃないだろう!と怒りを買う場合も。

相手としては、迷惑をかけたっていう責任感、謝罪が届いてこないのです。

そうしたら、感情を逆撫でされる状態を引き起こしてしまっても当然ですよね。

ですから、謝るときには、言い訳はしない。

これはまず「自分の責任」だということを、伝えなければならないのです。

謝るだけでなく代替案を提示する

もしそれが、例えば店舗で、お客さんがお目当だったネクタイが売れてしまったとします。

「金と白の組み合わせが一番よかったのに」としょぼんとされているお客様。

確か数日前もご所望のネクタイを買おうかどうしようか迷って、結局後日買うから、と帰っていったのでした。

お求めしたかったネクタイはもうない。

仕方にですよね、お客様だって在庫があるうちに買っておけばよかったですから。

前回買っていたら、絶対手に入っていたわけですから。

とはいえ、ここは店舗。

あなたが、まずいうべき言葉は、「申し訳ありません」でしょう。

そこからが信頼されるかされないかの瀬戸際。

「こないだご覧になっていらっしゃったのは、金と白のネクタイでしたよね。今ですと、他のブランドにほとんど似たものがあるんです」と代替案を出してみましょう。

ブランドのコンセプトが近いものがいいですね。

そこで「よし、これにする」と言われたら、成功です。

あるいは、近隣店舗に問い合わせるのもOK。

もし取り寄せが可能であれば、「いついつでしたらご用意できます」といいましょう。

お客様をきちんとケアしてくれる礼儀正しく真摯なお店なんだな、と思われるでしょう。

失敗をカバーする行為は相手を落ち着かせる

相手が怒ってしまった時、冷静でない時、謝ることと代替案を提示することは、相手の気持ちをなだめ、落ち着かせることにつながります。

ですので、一度謝ったら、次にはそのミスをカバーする行動をとりましょう。

まずは具体的に何をするかを、相手に申し伝えます。

それから、有言実行。

きちんといったことをやりとげましょう。

そうすることで、相手の信用を再度得るチャンスがやってくるでしょう。

1分1秒でも早く謝る


謝るまでの間が開けば開くほど、人は謝りにくくなります。

そしてその分罪の意識が膨らんで、胸にこびりついたような状態になるのです。

相手も同じ。

もしあなたが強い言葉で相手の非を責めてしまっていたら、時間が経てば経つほど、怒りの気持ちは膨らみます。

「もう目も合わせたくない」「何であんなことをいうんだろう」この状態が長く続けば続くほど、謝る時に非常に高いレベルの気合いを必要とします。

ですので、1分1秒でも早く謝るのが重要なのです。

そして謝る時は面と面を向かって。

LINEやEmailなんてとんでもありません。

あなた自身がその場に行かなければ、あなたの真摯な気持ちは伝わらないでしょう。

すぐに謝れば大丈夫?

では、ことがおこったらすぐに謝ればいいのか。

これも難しい問題ですね。

相手がいきなり怒ったから、すぐさま「申し訳ありません」というのがいいのかどうか?もし、怒った理由がすぐに分かるのであれば、その場で謝りましょう。

そして二人で打開案を見つけましょう。

けれども、すぐにはその怒った理由がわからないとき、こういうときは、一旦引きましょう。

そして1〜2日中に分析し、何が怒りとなったかをきちんと把握し、それを以って謝りに行きましょう。

わけがわからないままだと、ただその人の怒りを抑えるために御託を並べているように聞こえ、誠実さが感じられません。

心を込めた言動をする

謝罪に関しては、謝罪の仕方やビジネスマナーなどの本で一通り学べるかと思います。

お辞儀はこのくらい、どんな言葉をいえばいいか。

マニュアル並みに完璧なので、これに頼るのも一つの手です。

ただ、謝罪を受ける側は、世界共通、どこの国の人でも、もし「決まった形」「決まったセリフ」で謝罪されたら鼻白むだけ。

またか、とも思うでしょう。

ありきたりの言葉で、ありきたりではない状況は打開できません。

相手の目をしっかり見てクリアな言葉で

だから、自分の言葉で謝罪をすることが重要なのです。

その人だけに向けて考えられた言葉。

きっと心が込もっていると思います。

それを熱く語り、きっちり頭を下げましょう。

注意していただきたいのは、話すときに、相手の目を見ること。

それから、ごちゃごちゃした言葉、聞こえづらいほど小さい声もNGです。

相手に自分の声が届くように、気持ちを伝えるんだと思いながら、クリアな言葉を選んで謝罪しましょう。

ピンチはチャンスとも言いますが、もしこのあなたの心のこもった謝罪が届き、あなたが誠実な人だと伝われば、次のチャンスもやってきやすくなるかもしれません。

謝ることは難しいことではない!

どうしても自分に非があると思ってしまうから、なんとも億劫になってしまう「謝ること」。

怒っている相手に近づいていって、許してください、というなんて、難しい!と感じてしまっている方も多いのではないでしょうか。

たとえば、廊下を歩いていて、十字路のところでぶつかってしまったら?相手の荷物もこちらの荷物もバラバラ。

これは意外と早く「ごめんなさい」がいえそうですよね。

素早く謝罪して、自分の鞄と荷物を確認してまとめ、もしまだ相手が痛そうだったら「お怪我しましたか?病院に行きましょうか?」と聞いてあげると親切です。

相手がなんでもなさそうな場合は、また「失礼しました」でOK。

その場を去ります。

このように、謝ることは、それほどハードルが高くないことなのです。

謝ることのハードルが上がっている?

どうしてもどうしても「ごめんなさい」の一言が出てこない方、きっといらっしゃいますよね。

言いづらい状況もあると臣生ます。

性格としては、完璧主義な人。

完璧主義な人には、正しいことをしているという思いがまず前提としてあります。

だから、どうして相手を怒らせるような事態が起こるのか、そもそも相手は何に怒っているのかわからなくなったりするんです。

完璧主義さんは、学校などでも完璧にこなして来たでしょうから、これまであまり「謝る機会」がなかったと考えられます。

だから、いつ謝っていいのか、どう謝っていいのか、わからないんです。

その分、謝ることへのハードルは上がりますよね。

実際に謝る段になると、混乱して、状況判断もできなくなるほど頭が真っ白になり、わたわたとなってしまいます。

これが相手の怒りに油を注ぎ、収集がつかないところまで行ってしまいかねないのが、完璧主義さん。

気をつけていただきたいですね。

日本人はすぐ謝る民族だった

日本人はすぐ謝るといいますが、事実です。

手がぶつかっては「ごめんなさい」、テーブルの下で足がぶつかっては「ごめんなさい」。

果ては電車の時間が1〜2分遅れると、申し訳ありませんアナウンスが入ります。

多くの海外の国では「謝る」=「懺悔」とも取られるので、滅多なことでは謝らないんです。

文化の違いといってしまえば簡単ですが、実際、日本人にとっての「すみません」はどちらかというとクッション言葉。

「すみません、〇〇とってください」のように、決して懺悔とは繋がりません。

日本人にとっての謝罪は、一部、コミュニケーションを取りやすくする肝油材のような役割も担っているのです。

謝ることが難しい時代になってきた?

ところが、現代は、外国からの思想の影響もあり、謝る=責任を取る、という風潮も出てきています。

そのため、安易に謝ることを避ける人も。

また、ちょっとぶつかったくらいでは、例えば人混みの中ですれ違うのなら、ぶつかるのも仕方がない、と考え、謝ることをしない人もいます。

あるいは、大きな鞄を持っていたり、スーツケースを引いていてぶつかった場合、こっちはとにかく大荷物なんだから、仕方がないじゃないか、と自分の権利を主張し、謝らない人もいます。

子どもやペットのトラブルも同じ。

泣くもの、吠えるものなのだから、なぜ騒音と思われなくてはならないのかと、周囲の人を気づかわない、謝らない人もいるのです。

謝ることは自分に非があると認めることではない

謝ったからといって、何でもかんでも自分が悪いと認めるということにはなりません。

「すみません」と先にいってしまった方が、物事の解決が早い場合も多いです。

謝るというのはコミュニケーションの方法のひとつ。

時と場合にもよりますが、謝罪の一言が、相手の反省を促したり、感謝の元になったり、お互いの成長を促したりするのです。

ですから、謝ることにひるまないでください。

自然と「ごめんなさい」が口にできるといいですね。

関係性を良好に保つための潤滑油

「すみませんが、これをやっていただけませんか」のように、クッションとしても使える謝罪の言葉。

ただ単に「これをやっていただけませんか」よりずっと柔らかい響きになりますし、相手としても、こちらが下手に出ている分、じゃけんにしにくい言い回しです。

このように、謝罪の言葉は、人との関係性をよりよく保つための潤滑油ともなります。

とくに苦手な人の場合は、あまり喧嘩やいさかいなど起こしたくないもの。

上手に謝罪の言葉を使って、相手を苛立たせず、穏やかな関係を保っていきたいものです。

謝らない人は嫌われる

たとえば、自分の過ちを部下のせいにしたり、ミスをコンピュータの不具合だとか先方の都合があって、といったように、言い訳ばかりで謝らない人を見ると、どう感じますでしょうか。

あまり心地よくないですよね。

特にそれがビジネスの場だと、取引先などの心象を悪くしかねません。

頑なに謝らない、ということは、自分自身を省みることができないとも取れますし、ともすると信用問題にも関わって来ます。

必要な時にはきちんと謝罪ができるスキルをみにつけましょう。

言い訳などで誤魔化すと、どんどん人に信用されなくなれ、あなた自身の信頼は失われます。

それよりも、素直に非を認めて、さっさと謝ってしまった方が、その後の仕事や人付き合いが円滑に進むでしょう。

謝罪代行サービス会社まである

謝罪といえば、スキルのいるもの。

そのため、幅広いニーズに応えるため、謝罪代行サービス会社というものもあります。

これは時と場合に合わせたプロフェッショナルな代行を行ってくれる会社。

様々な例に対応しています。

加えて、謝罪がとにかく苦手な人にもオススメのサービス。

謝罪のプロが揃っているので、自分ではどうしようもできない状況だと判断したら、頼ってしまうのも手です。

まずは相談から、ということも可能なところが多い謝罪代行サービス会社。

相手が妙にあげ足取りだったり、細かいことにこだわるタイプの場合、自分だけの力で解決しようとするより、こういった代行サービスを利用する方が得策かもしれません。

悪質クレーマーには要注意

結構な確率でいるのが、悪質のクレーマー。

特にそんなに文句があるわけではないのに、まるでストレス解消のように、次々とクレームをつけてきます。

そういった場合、反抗したり、言い返したりしても相手の思う壺。

また、こうした悪質のクレーマーは、そのうち味をしめてきて、さらに頻繁に、さらにひどい文句をいってエスカレートしてくるようになります。

悪質なクレーマーにあった場合、自分では解決できない、上と相談する、といったようにそうそうに話を切ってしまうか、あるいは「申し訳ありませんが、それはできかねます」「この場でお答えすることはできません」などと毅然とした態度ではねのけましょう。

上手に謝れば逆に気に入られる

ピンチはチャンスといいますが、謝罪も同じです。

上手に謝罪ができれば、ことが起こる前より気に入ってもらえるかも。

では、その「上手な謝罪」をすれば、どのような印象を相手に与えることができるのでしょうか。

潔く勇気のある人と思われる

下手な謝罪をしたり、言い訳をしたりする人は、意気地なしとも思われます。

結局は自分の罪を他人や他のことになすりつけているのと同じですからね。

自分は悪くない、自分に落ち度はない、なんて人はいません。

頻度の差こそあれ、人は必ずミスをしますし、その度に謝罪することになるのです。

もしそこで謝罪から逃げてしまえば、あなたの評価はさがるでしょう。

その代わり、きっちりと言葉を尽くして謝り、また自分の行動を省みて、それを活かすようにしていけば、責任感や勇気のある潔い人として周りの人はあなたを見るでしょう。

そして、その責任感や勇気は人に評価されるべき美点です。

それを人に見せることで、あなたの評価は一段と上がるでしょう。

信用できる人だと思われる

謝ることができる人は、信用に値する人だとも思われます。

なぜなら、謝るということは公正な目で状況を判断し、どこに非があるのか、どうすればその状況を打開できるのか、自分でも解決できるからです。

自分も含め、世の中を公平で冷静に見ることができる人は信用されます。

また、自分に嘘をつかないという面でも、信用を得ることができるでしょう。

ですから、何かトラブルが起きた時、冷静に判断して、自分に非があると思えばすぐに謝りましょう。

解決方法も一緒に提示できるといいですね。

そうすることで、相手はあなたの能力を測ることができますから。

謝るのが苦手な人の特徴

何が何でも、頑なに謝らない人っていますよね。

誰が見てもその人に非がある状況なのに、謝罪の言葉を口にしない。

人のせいにしたり、突っぱねてみたり。

そうすると、周りの人も嫌な気分になってしまいます。

もしかしたら、本人も、自分が悪いと分かっていて、それでもどうしても謝ることができないのかもしれません。

どうしてそんな行動をとるのでしょうか。

そこには理由があるのでしょうか。

プライドが高い

プライドが高い人は謝らない傾向にあります。

というのも、謝ってしまえば、負けた、という気持ちになってしまうからです。

自分が正しい、自分が一番上にいる、と思っていると、自分が世界のルールになってしまい、気持ちが狭量になってしまいます。

たとえ、自分が間違ったと気がついたとしても、それを正すことができないのです。

子供の頃は天に伸びるほどプライドが高くても、通常社会人になると、いろいろなことから学び、ある程度こういったプライドは抑えられます。

けれども、その機会がなかった人や、心が成長しきれなかった人は、謝ることができないタイプのプライドの高い人になってしまいます。

井の中の蛙になってしまっているんですね。

こういった人は、自分が一番、というところがありますので、その点に気をつけながら付き合っていけるといいですね。

自分の非を認めることが出来ない

自尊心がそうするのか、これまでトップを突っ走ってきたのか、あるいは幼い頃から常に間違ったことを注意されなかったのか。

自分の非を認めることができない人も、謝ることができない人です。

そもそも、非がないのだから、なぜ謝る必要があるのだろう、と考えてしまうんですね。

こういう人は、物事を自分の目線でしか見れず、全体を俯瞰するということがありません。

もちろん世界の中心は自分。

こういう人がいたら、一度はっきりと間違ってもらいましょう。

言い逃れができないほど、その人に非を経験してもらうのです。

多分最初は逃げようとするでしょう。

けれども、ここで逃げずに立ち向かってもらうことが重要なのです。

こういった人ははじめ、人の助けを必要とするでしょう。

非が何なのかわかっていないのですから。

まず何が非で、その非にはどのような謝り方をすべきなのか、一度ルーティーンとして経験してもらいましょう。

謝罪は人と人とが関係があれば、いつかは必ず経験すること。

非を知ってもらうこと、それを認めてもらうこと、それに適切な謝罪方を覚えてもらうこと。

子どもに教えるように手取り足取りになるかもしれませんが、その人にとってものすごくありがたい指導になることは間違いありません。

自分の言動に自信がある

自分に自信がある人も、謝るのを嫌がります。

だって、自分が正しいと思っているんですから、謝る必要性なんて感じていないんです。

謝られるならともかく、自分から謝るなんてどこかおかしい、とすら思っているのです。

また、自分に自信がある人は自己愛が強い人。

謝らねばならない事態が生じると、自分の自信が崩れていくようで、不快になってしまうのです。

それがあまりに強い衝撃だと、冷静でいられなくなることも。

そうするとますます意固地になって、絶対に謝らない!と頑なに口を閉ざしてしまいます。

これでは、収まるものも収まりませんし、むしろ事態が悪化してしまうことも。

こんな相手でもなんとかあやまってもらう必要があります。

謝ることは難しいことでも恥でもない、と伝えましょう。

自信がある人は、謝ること=負けた、と考えがちなので、そこを矯正してあげるのです。

そこからは、どう謝ったらいいかのレクチャー。

最初は一緒についていってあげてもいいかもしれませんね。

そうやって謝るのに慣れてきたら、今度は「謝罪なら私に任せなさい」となってくれるかもしれません。

自己中心的

世界は自分を中心に回っている。

そう思ってこれまでを暮らしてきた人は、上記の人たちと同じように、謝る経験が圧倒的に足りません。

加えて、自分が世界の中心なのですから、どんなミスが起こっても、それは自分ではない誰かのせい。

そう考えてしまうのが自己中心的な人の特徴です。

自己中な性格を変えるのは、なかなか難しいです。

でも諦めてはいけません。

あの人の立場だったらどう思う?と繰り返し聞くことによって、その人の心や視野が広がっていきます。

自分の立場に置き換えて考えることで、痛みがわかるようになる可能性は高いです。

それを繰り返していくうちに、自分が悪かった、という感情が湧いてくることもあるでしょう。

それこそがチャンス。

謝り方を伝授しちゃいましょう。

すぐに言い訳をする

すぐに言い訳をする人は、自分の非はわかっている人。

けれど弱みは見せたくないし、それに絶対に怒られたくない人です。

自分が悪いとわかっている分、タチが悪いともいえるでしょう。

こういう人には、反対の方法で返してしまいましょう。

こちらも言い訳をするんです。

そうしていくうちに、言い訳されるって不快感!と思ってもらえばラッキーです。

そこで反論されたら、「それっていつも君がやってることだから」とでも言いましょう。

そうすることで、言い訳がどれだけ気に障り、相手に不快感を与えるものか、身を以て理解するでしょう。

そうしたら、言い訳以外の謝罪の方法を教えてあげましょう。

実践するのもいいですね。

そうして、そっちの方がずっと早く問題が解決するとわかってもらえれば、大成功です。

傷付きやすく打たれ弱い

ガラスのような心を持つ人もいます。

あまり人に関わって来ず、叱られたり謝る機会が少なかった人です。

本人の性格もありますが、深窓のお嬢様タイプの人は、傷つきやすくて打たれ弱い傾向にありますね。

こう言う人には、まず叱ったり責めたりするのをやめましょう。

大切なのは、強い心を作ることです。

それにはやはり褒めること。

小さいことから事細かに褒め、自信を積み上げていくんです。

先ずはそこでうまくいったら、今度は普通の社会に出てみましょう。

そして、サポートやメンタルコーチをつけてもらいながら、その状況に慣れていきます。

傷つきやすく打たれ弱い人は、本来優しい人。

怒られても、相手を恨むようなことはせず、自分が悪いと思ったら、きちんと謝罪ができるようになるでしょう。

謝るタイミングがわからない

空気を読むのが苦手な人は、謝るタイミングがわからない人です。

謝るには通常、ベストなタイミングというのがあるものですが、空気が読めない人は、そのタイミングが掴めない。

だから結局謝らずに終わってしまうのです。

ただ、謝りたいという気持ちは十分にあります。

悪かった、許してほしいとは、ずっと思っているのです。

だけど、いつ、どの状況でいえばいいのかわからない。

そうであれば、ちょっとお手伝いしてあげることは可能です。

ここだ、というときに背中を押してあげればいいんです。

人は持ちつ持たれつ。

お互い苦手分野を補い合い、得意分野を促進させてあげられるといいですね。

人の気持ちを察することができない

こう言うタイプの人は、謝るということすら、思いつかないかもしれません。

人の気持ちがわからなければ、社会で生きていくのは難しいでしょう。

それでも、生きていかなければならないのですから、周りの手助けが必要です。

この人がもし、他人の話を聞き、一生懸命理解しようとするタイプなら、どこかカフェにでもいって、状況を説明し、その時その人がどう思ったかを話し、「だったらあなたはどうすべきだと思う?」と聞いてみましょう。

謝る、と言う言葉がなかったら、「ごめんなさいっていわれたら、許す気になるでしょう?」(時と場合によるとは思うのですが)と聞いてみましょう。

自分の気持ちを軸にして、他人のこともわかっていこうとするかもしれません。

もともと人の気持ちを察するのが苦手な人は、そこへ行き着くには誰かの助けを必要とするでしょうが、できないわけではありません。

この人のよりよい人生のために、少しでも協力してあげられたらいいですね。

まとめ

謝るって、スキルがいると思いませんか。

センシティブな問題だけに、一人ひとり、状況にあった対応が求められます。

また、会社などでチームを作って仕事をする時、その中に謝ることができない人がいると、それはそれで大変です。

けれど、それもチームの成長のチャンスとして考え、フォローできるようになりましょう。

謝ることを覚えると、人は優しくなりますから。

反対に謝られる側としてはどうでしょう。

心がけることとしては、自己的な怒りにとらわれないこと。

そして相手の謝罪を真摯に受け止めることです。

それは仕事の時も、プライベートの時も同じです。

謝罪を受け入れたら、それまでと変わらない態度で接すること。

そうすることで、相手も、その謝罪が無駄ではなかったことと、謝罪を受け入れる度量の大きさを知り、今後の付き合いも円滑に進むことでしょう。