ちゃんと休日はとっていて、寝ているしご飯も食べているのに、どうも元気が出ないというあなた。

うまく気分転換してすっきりしましょう。

気分が晴れないときに試したい6個のテクニック

気分が晴れないときは、休んでいるつもりで休み方が間違っていたり、気分転換がうまくできていなかったりという原因が考えられます。

すっきり元気になるために、こんなことを試してみてください。

元気になるためには、単に休んだりぼーっとしたりしているだけでは駄目なのです。

積極的にやりたいことや趣味のこと、いつもはできないことにチャレンジしてみましょう。

1.元気になれる映画を見よう!

たとえば、映画。

映画を見て元気を出しましょう。

力をもらえるような、前向きになれる映画だと尚良いですね。

プラダを着た悪魔

2003年4月に出版されたローレン・ワイズバーガーによるベストセラー小説を映画化した、2006年公開のアメリカ映画です。

ハートウォーミングな女性映画ということで、公開当初かなり話題になりました。

アン・ハサウェイが演じる主人公のアンディは、ジャーナリスト志望。

おしゃれにまったく関心がなかったのに、一流ファッション誌ランウェイの面接を受けた結果メリル・ストリープが演じる編集長ミランダのアシスタントになることに。

この上司がまるで悪魔のようで、公私関係なく24時間携帯を鳴らされるような状態になってしまいます。

それでも文芸誌の仕事にありつくために一生懸命がんばる姿を、コミカルに描いています。

著者のワイズバーガーも『ヴォーグ』で編集長アシスタントをしていた経験があり、実体験が元になっているとも言われていて、描写もリアルで興味深いもの。

監督は『SATC』のデビッド・フランケル。

衣裳も『SATC』のパトリシア・フィールドが担当していて、プラダの衣装もかなり話題になりましたね。

働く女性のがんばる姿だけでなく、ファッションや着こなしも見ていて楽しい映画です。

ヘアスプレー

ジョン・ウォーターズのカルトムービーを元にミュージカルにした作品が大ヒット。

それをさらに映画化したのがこの映画です。

1960年台のボルチモアを舞台に、おしゃれとダンスが大好きなニッキー・ブロンスキー演じる女子高生、トレーシーの夢にむかう姿が描かれています。

人種差別の残る時代に、外見をまったく気にしないトレーシー。

ポジティブで無邪気な世界観に元気をもらえます。

ヒロインの母親役で女装姿で登場するジョン・トラヴォルタもみどころ。

歌とダンスや、60年代のレトロでキュートなファッションが見ていて楽しいです。

キューティブロンド

2001年公開のアメリカ映画です。

アマンダ・ブラウンの小説を元にしており、陽気で天然のブロンド美人、リース・ウィザースプーンが演じるエル・ウッズの活躍を描く痛快サクセスムービーにしあがっています。

美人といえばブロンドという神話をジョークにして、低予算で作られた映画でしたが、全米初登場一位になる人気ぶりでした。

エルのブランドで全身をかためたファッションもみごたえがあります。

彼女はファッション販促を大学で専攻し、成績も優秀。

女性社交クラブの会長を務める人気者なのに、恋人のマシュー・デイビスが演じるワーナー・ハンティントンにふられてしまうのです。

30歳までに上院議員をめざすというワーナーにとって、議員の妻にブロンド女はふさわしくないから、というのが理由でした。

エルは一念発起してワーナーと同じハーバード大学のロー・スクールの検定試験に合格!恋人を取り戻すことができるのかを描きます。

ロースクールでもブランド・ファッションのエルは周りからういてしまいますが、へこむことなく弁護士を目指すというポジティブさ。

みればきっと気分爽快になるはずです。

LIFE!

2013年に公開されたアメリカ合衆国の映画です。

叙事詩的コメディドラマファンタジー映画といわれています。

ジェームズ・サーバーの短編小説「ウォルター・ミティの秘密の生活」を映画化した1947年公開の『虹を掴む男』を、リメイクした作品なんです。

ベン・スティラーが演じるウォルター・ミティは雑誌「LIFE」編集部のネガフィルム管理部門で働いています。

真面目で、地味で、平凡な男です。

思いを寄せている、クリステン・ウィグが演じる同僚のシェリル・メルホフに声をかけることすらできません。

ある日、シェリルがパートナー探しのサイトに登録していることを知って自分も登録してみるのは良いのですが、

あまりに平凡な人生を送っているウォルターにはプロフィールに面白い体験談のひとつも書くことができません。

実は空想癖があるウォルター。

空想の中ではいつでもヒーローや冒険者として活躍していましたが、現実はそれとは程遠い。

そんなウォルターがひょんなことから現実世界で冒険することになり、いろんな人々と出会い人生が変わっていく姿を描いていきます。

ベン・スティラー監督・主演のヒューマンドラマで、きっと元気と感動をもらえるはずですよ。

マイ・インターン

ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイの共演というだけでも興味をひかれるこの映画。

2015年にアメリカ合衆国で製作されたコメディ映画です。

ニューヨークでファッション通販サイトを経営管理しているアン・ハサウェイが演じる女社長のジュールズ。

CEOとして充実した毎日を過ごしています。

そんな彼女の会社にシニアインターン制度でやってきたのが、ロバート・デ・ニーロが演じる70歳の老人ベン・ウィテカー。

若者ばかりの社内でベンは浮いてしまうのですが、誠実で穏やかな人柄が認められて彼は会社内で人気者に。

年齢も性別も地位も立場もなにもかもが違うジュールズとベン。

そんな二人がだんだんと友情をきづいていく姿が感動的です。

監督は『恋するベーカリー』などで知られるナンシー・マイヤーズ。

出て来るファッションは高級ブランドからカジュアルスタイルまでさまざまなものが出てくるので、女性なら見ていてうきうきした気持ちになるでしょう。

女性にエールを送る内容にもなっているので、ぜひこの映画を見て元気になってください。

2.友達とワイワイしよう!

一人で気分転換をするのももちろん良いですが、気の合う友達と集まって騒ぐことでストレスを発散するのもおすすめです。

友人たちと女子会!

みんなで集まって女子会するのも良いですね。

素敵なお店を予約しておいしいものを食べながらのおしゃべりはたまりません。

昼間からお酒を飲んでみたり、普段は行かないちょっとお高めのお店にしたりと、いつもと違う特別なことをしてみるのも良いですよ。

仕事のグチや恋人との悩みなど、ひとりで抱えていることをお互いにさらけ出しあってすっきりしましょう。

みんなでカラオケ!

ときにはカラオケもいいのでは? 

ちょっと広めのパーティルームや、料理のおいしいカラオケ屋さん、持ち込みできるお店にしてみんなで好きなおかしを持ち寄ってみるなど、いい気分転換になります。

友達と集まっておしゃべりできるのも楽しいですし、大きな声を出せるのはストレス発散になります。

好きな歌を聴くことでも癒やされますね。

なんでも話せる仲がポイント

気の置けない友達というのはやはり良いものです。

普段抱えてたまっていることでもお互いにぶちまけて発散し、考えを整理することができます。

遠慮せずに素直な状態でいられる仲というのが癒やしポイントです。

3.プチリッチに気分転換しよう

ほんのちょっとだけの贅沢はなかなか気分転換になるものです。

高いお金を使っての贅沢ももちろん良いですが、あとから後悔することもあるもの。

後悔しない程度の、お財布に優しいプチ贅沢は気軽にできるのも良いところです。

美容院へ行く

女性なら自分の髪の毛がきれいになるのはやっぱり嬉しいもの。

行く前は億劫に感じていても、仕上がった姿を鏡でみると気持ちが浮き立ちます。

ばっさりカットして長さを変えてみれば気分も軽くなるかもしれません。

髪色を変えて気分も明るく。

パーマをかけてイメージチェンジするのも良いでしょう。

いつもは選ばないトリートメントコースや頭皮マッサージのオプション、ネイルやメイクのオプションをつけてみるのも◎。

マッサージへ行く

くたくたになるまで働いているあなた。

気持ちで押し切って頑張っているときは、体には自分で思う以上に疲れがたまっているかもしれません。

ときにはプロの手に委ねてメンテナンスしてあげましょう。

気軽に入れる駅前の15分マッサージでもいいですし、ハンドマッサージやフットマッサージなどもおすすめです。

アロマオイルマッサージなら香りもプラスしてリラックスできます。

費用対効果を求めるなら整骨院へ行くのが良いですよ。

国家資格を持っているプロの整体師さんのマッサージはかなり効き目ありです。

即効性もありますし、一部保険が使えるのでコストダウンもできちゃいます。

ネイルサロンへ行く

ちょっと費用が高いからといつもなら行かなかったり、回数を減らしていたりするネイルサロン。

気分転換に行ってしまいましょう。

最近はジェルネイルなど長持ちするものも多く、デザインもオフィスでも問題ないおとなしめなデザインも選べて嬉しいですね。

爪を塗るだけでなくきれいに磨いてもらい、さかむけなどのケアもしてもらうと、プロの手によるものなのでさすがの仕上がりになります。

指先はふとしたときに目に入りやすい箇所。

書類を渡すときやモニターを指差す時など、相手の視線も気にならなくなります。

キーボードを打っていたり文字を書いていたりという地味なこつこつ作業のときでも、ネイルならいつも自分の視界に入っているのでその度に気持ちがちょっぴりでも上がるはず。

目にするだけで気分転換できるので、行ったその日だけでなく後々まで効果が続きます。

温泉へ行く

土日の泊りがけや日帰りで温泉に行ってみてはいかがでしょうか。

恋人や友達と少し遠出してみるのもいいですね。

ゆっくり温泉につかれば温泉効果で体の疲れも癒やされるはず。

景色の良い温泉や疲労回復に効果のある泉質のところを選ぶのも良いです。

町中のスパもお手軽に行けて便利です。

一日券でタオルや着替えもついていて、手ぶらでいけて一日中のんびりできるようなところもあります。

中で軽食を食べられたりお酒を飲めたりするところや、マッサージしてもらえるところもあるのでちょっとしたレジャー気分でプチ贅沢できますよ。

ディズニーランドへ行く

夢の国、ディズニーランド。

住んでいる地域によってはちょっとした旅行になってしまいますし、

入場料は交通費、泊りがけならホテル代と費用はかさんでしまいますが、まず行って失敗がないのがディズニーランドではないでしょうか。

ディズニーキャラが好きな人なら、パレードやショーを重点的に見るのも良し。

タイミングが合えばキャラグリーティングでお目当てのキャラと写真が撮れるかもしれません。

ランド内のお店でゆったり食事をするのも良いですし、提携ホテルでの食事もそれぞれ特典があるので見逃せません。

キャラクターにそんなに興味がないという人でも、アトラクションで楽しむことができますし、パレードの迫力は圧巻です。

ディズニーランドならではのホスピタリティに溢れた接客を受けるだけでも癒やされますし、遊園地で童心に返ることができますよね。

日程や予算に余裕があるなら、2DAYパスなどを購入してディズニーシーにも行くというのもとてもおすすめです。

シーはランドに比べてちょっと大人向きで、パーク内でお酒を飲めるお店があるのが特徴です。

パーク内の地形に起伏があり、本当に実際にある街を散策しているような気持ちになれます。

シー内にあるホテル・ミラコスタは、ディズニーファンなら一度は泊まってみたいですよね。

ホテルの部屋から眺めるショーもまた壮観ですよ。

混雑の中並んで場所を取って見ている人を尻目に、ゆうゆうとお酒を片手に見下ろすショーは優越感を感じられます。

4.お部屋を変えてみよう

お出かけでの気分転換も良いですが、会社の次に一番長くいるのが自分のお部屋。

平日は帰って寝るだけになってしまうような忙しい人も、自分のお部屋の居心地がよくなれば毎日の疲れも少しずつでも癒されるはず。

窓を開ける

単純なことに思えるかもしれませんが、窓を開けるだけでぐっと気分が変わります。

気がつくとずっと締め切ってしまっていませんか? 朝出かける前や帰ってきてから、ほんの5分で十分なので窓をあけてみましょう。

換気することでお部屋の空気も変わりますし、気分もさっぱりします。

窓をあけたついでに外の景色を眺めてみるのも良いかもしれませんね。

大掃除をする


大掃除は年末だけのものではありません!思い立ったときに『プチ大掃除』をするのはとてもおすすめなんです。

年末はいろいろと忙しく、帰省や旅行の予定も入れてしまうと大掃除の時間がなかなか取れず、ついついおろそかになることも。

年末にまとめて一気に大掃除しようと思っても、気力が続かないこともありますよね。

掃除は気がついたときに一箇所だけ、洗面所の蛇口を磨く、のようなほんの狭い範囲の5分間掃除や、

タイマーをかけて15分間だけ一生懸命やって、ベルがなったら途中でもやめてしまうという15分お掃除のように気軽に気楽に毎日少しずつするのが一番楽ちんです。

でも、時間が取れるならお休みの時に気分がてら、思い切って半日などある程度時間をかけてお部屋のお掃除をしてみましょう。

普段手が回らない換気扇やレンジなどのてごたえのある大掃除をちょっとだけ。

一箇所だけでもきれいになると、意外なほど気分があがります。

きれいいなったレンジを使うときに気持ちが良いですし、達成感がありますよね。

この達成感、気分転換にかなり重要なエッセンスです。

模様替えする

ちょっとだけ手間はかかるけれど、手軽に気分転換するなら模様替えもおすすめです。

テーブルの位置を変えてみる。

カーテンを変えてみる。

一箇所だけでもだいぶ気分が変わります。

部屋に入ってきたときの印象ががらっと変わるので、翌日以降も帰ってくるたびにはっとして気分が浮き立ちます。

模様替えが無理ならカーテンを洗濯してみるというのもありですよ。

気がついていないだけで実はとても汚れているカーテン。

ネットに入れて洗濯機にIN!終わったら取り出して窓際に元通りかけておけばたいてい乾いてしまうので、意外に手間いらずなんです。

いざ洗ってみると、レースの白い部分が本当はこんなに真っ白だったんだ!こんなに汚れていたんだな、と思いますし、お部屋の中もちょっと明るくなります。

他には観葉植物などを買ってきて置いてみるのも良い方法です。

お部屋の中に生き物があるというのは、思いの外心癒されるもの。

何を置いていいかわからない人や、お花のお手入れは少し面倒だなという人には多肉植物がおすすめです。

多肉植物は100円ショップにも置いてあるくらい安価ですし、お水があまりいらないので出張がちな人でも大丈夫。

多肉植物の種類や季節にもよりますが、月に一度程度たっぷりお水をあげればあとは放置で大丈夫なので、ものぐささんにもぴったりです。

しかもこの多肉植物、ちぎれた葉っぱや茎の部分から根が生えてくるので、増やすことができるんです。

初心者でも比較的育てやすく、増やす楽しみもあり、寄せ植えなどで見た目もキュートにできるので人気なんですよ。

5.運動しよう

疲れているから休みたい。

お昼まで寝たり夕方までごろごろしたり。

もちろんときにはそうして身体の疲れを取るのも良いでしょう。

でも、いくら寝ても疲れがとれない。

なぜかやる気が起きない。

土日休んだのに月曜はもう疲れていて辛い。

そんなときに考えられるのは、実は運動不足なんです。

身体を動かさないでいると筋肉がおとろえ太りやすくなり、身体がどんどん重くなって少し動くだけでも疲れてしまい、

運動をしないので筋肉がおとろえ……と負のスパイラルにはまってしまいます。

身体がぐったりしているのでやる気もおきないので、ただ寝て身体を休めても気力も体力も回復しないのです。

身体によかれと思って休めていたのが裏目に出ているのかもしれません。

そんなあなたは、ぜひ軽くでもいいので運動をしてみましょう。

陽の光を浴びながら歩く


身体を動かすのに良いのはウォーキングです。

走るのまでは辛いという場合に、ちょっと早足気味で散歩をするのが効果的。

写真を撮るのが趣味な人は、カメラを持っていつもは通らない道を歩いてみると発見があるかもしれません。

犬を飼っている方は一緒にお散歩へ行くのも楽しそうです。

平日は朝はばたばたして時間が取れなくて、ウォーキングをするにも夜、という方もいらっしゃるでしょう。

もちろん夜のウォーキングでもOKです。

でもお休みのときは日中にぜひでかけてみてください。

というのも、太陽光は健康に重要な働きがあります。

過度な紫外線はシミやシワの原因になり美容に悪いものですが、適度な太陽光は心臓や血管の健康のためにとてもメリットがあるそうです。

また、網膜から太陽の光が入ってくることで、セロトニンという神経伝達物質が出て、

ドーパミンやノルアドレナリンなどの感情的になる成分をコントロールしてくれるので、精神のバランスを整えてくれるのです。

セロトニンは幸せホルモンとも言われ、うつ病の予防にも効果的です。

さらに太陽の光はコレステロールをビタミンDに変化させてくれるので、アンチエイジング効果もあり、身体も健康に。

疲労回復の効果もありますし、抗ガン作用もあると言われていますよ。

ウォーキングが難しい場合は、朝起きたら15分程度カーテンをあけて光を浴びるだけでも、セロトニンが増えますし眠気をはらうこともできます。

太陽光によって体内時計がリセットされるので、不眠症や自律神経失調症の予防にもなります。

文庫本を持って公園までお散歩して、30分ほど木陰のベンチで読書をするのも効果があります。

外で本を読むことでリフレッシュもできますし、本を読むことも気分転換になりますね。

軽く走ってみる

ランニングもウォーキングの次にトライしやすい運動です。

スニーカーがあればとりあえずできてしまいます。

有酸素運動なのでダイエット効果も期待できますし、血行がよくなって肩こりや冷え性が改善します。

代謝がよくなるので美肌効果もでるかもしれません。

なにより気分転換としてのランニングで良いポイントは、ストレス解消になることです。

ランナーズハイと言われるように、走り続けていると瞑想に近い状態になり、リラックスできるのです。

脳内麻薬とも呼ばれるホルモン、エンドルフィンで気分も高揚します。

いきなり本格的にランニングしなくても大丈夫です。

時速5km程度のスロージョギングから始めてみましょう。

ウォーキングと同じで、ランニングも気になるカフェまでランニングして、コーヒーをいっぱい飲んで帰ってきたり、

遠い場所までランニングして帰りは電車で帰ったりするなど楽しみや自分に合った無理のないやり方をするのが吉です。

可愛いランニングウェアやランニングシューズを揃えるとテンションがアップして走るのも楽しくなります。

ランニングアプリもたくさん出ているので、記録をつけたり仲間と競い合ったりしながら楽しく続けてみましょう。

【ランニングの効果については、こちらの記事もチェック!】

ヨガでじわじわ汗をかく

女性に人気のヨガを試してみるのもおすすめです。

ヨガは古代インド発祥の元は修行法のひとつだったもの。

難しいポーズをとるイメージがありますが、実際にヨガをしてみるとヨガで重要なのは自分と向き合うこと。

難しくて自分にできないポーズなら、無理にしなくてもOKなのです。

自分のできる範囲でポーズをとり、一定の姿勢を一定の時間保つこと、ポーズができた自分、できない自分、ありのままの自分と向き合うことに時間を使います。

腹式呼吸を行うのでリラックスでき、不安なかなかストレッチできない内蔵をほぐすことができます。

酸素を取り込み、二酸化炭素を排出することで全身の細胞が活性化するのです。

血行もよくなり、激しい運動をしているわけではないのにじんわりと身体があたたかくなり、じっとり汗をかいてくるのがまた気持ちが良いのです。

リンパの流れも良くなり、ホルモンバランスも整います。

インナーマッスルが鍛えられるので姿勢がよくなるという効果も。

ヨガは無料でたくさんの動画が公開されているので、おうちで見ながら試しにやってみるだけでも楽しいです。

こちらもアプリも出ているので、あなたに合うアプリをダウンロードして、あいた時間に少しずつやってみましょう。

もしもヨガスタジオにかよってみるなら、ホットヨガやアロマヨガなどもおすすめです。

ホットヨガはサウナのようなあたたかい室内でヨガを行うので、床に寝そべっているだけでも気持ちが良いです。

あたたかいと身体が柔らかくなるので、比較的ポーズが取りやすくなりますし、常温で行うヨガに比べてたくさん汗もかけます。

アロマヨガは良い香りのアロマオイルを焚いた室内で行うので、リラックスや気分転換にぴったりなんです。

スポーツを習ってみる

これが良い機会として、スポーツを習い始めるのも楽しいですよ。

上にあげたヨガや、ピラティスを習うのも良いでしょう。

フットサルも人気のスポーツです。

初心者にはハードルが高いと思われるかもしれませんが、女性が意外と多く、フットサル場も探してみるといろんなところにあるんです。

ボクササイズも女性に人気。

ボクシングジムでダイエットをしたい女性向けに募集をかけているところも結構多いので、トライしやすいです。

流行と言えばボルタリングもおすすめ。

靴とチョークがあれば、あとは自分の身一つで垂直に見えるような岩や石をすいすい登るスポーツは、できるようになれば気分爽快。

スタジオだけでなく、慣れたら実際に山を登ることもできるので世界が広がります。

筋肉やインナーマッスルが鍛えられるので、体幹が鍛えられて代謝もよくなります。

柔道や剣術、弓道などの日本の古武術を習ってみるのも楽しいもの。

日本文化を学び、礼儀も知ることができますし、身体もきたえられて一石二鳥です。

どの習い事でも、新しい場所へ行っていままでと違うタイプの人たちと出会うことで気分転換になりますし、違う世界を垣間見て学ぶことができますね。

ジムへ行く


これといったスポーツにしぼらずに、ジムに通うという選択肢もありでしょう。

ジムのインストラクターについて本格的に身体を鍛えるのもよし、のんびりひとりで鍛えるも良し。

たいていのジムではオリジナルプログラムが用意され、スタジオでヨガやピラティス、エアロビクスやズンバなど様々な運動ができるのも魅力的です。

スタジオでひとおりやってみて、自分に向いているスポーツを探すというのも良いでしょう。

プールがあるジムなら泳いでリフレッシュもできます。

泳ぎが苦手な人でも、歩行専用レーンが用意されているプールなら自分のペースで水の中を歩く運動も手軽でいいですよ。

6.好きな芸能人で充電しよう

好きな人を見ればやっぱり気持ちが上がりますよね。

好きな人が生き生きしている姿、頑張っている姿は、自分の力にもなります。

わたしもがんばろう!って思えますよね。

好きな音楽を聴く

大好きなミュージシャンのJPOPや、お気に入りの歌手のオペラ。

最近気になるピアニストのクラシックに、はまっているジャズなどなど。

好きな音楽を聴くことで気分転換しましょう。

好きな歌を一緒に歌いながら聴くのもストレス発散になります。

また、クラシックは脳がリラックスするα波を出しているものが多いんですよ。

そうした音楽ばかりを集めたヒーリング・ミュージックもあります。

その他音楽だけでなく海の音や森の中の音、雨の音などの自然音もリラックスにはおすすめです。

LIVE DVDを見る

大好きなミュージシャンの、しかもライブのDVDともなれば、見るだけでテンションが上がりますよね。

行ったことがあるライブの模様が収録されているDVDなら、見ていて行った時の臨場感や感動も思い出せますし、

また行きたいなという気持ちにもなって前向きな気持ちになれるかも。

DVDを見ながら歌ったり踊ったりしてストレスを発散するという人もいるようです。

出演映画を見る

手元にあるDVDの映画を見るのも良いし、新しいDVDを借りに行ってみるのも良いかもしれません。

好きな芸能人のいろんな役柄、いろんな表情を見るのは楽しいですし、映画自体も面白いです。

1日で何本も見てどっぷりとその世界につかるのも良いですよ。

ちょうど公開されているなら、映画館に見に行ってみるのも良いでしょう。

少し奮発してとかしバターがけポップコーンを頼んでつまみながら見てみるのも良し。

プレミアムシートにしてゆったりとぷち贅沢を楽しんで見るのもオツなものです。

撮り貯めた録画を見る

平日は忙しくて録画だけしていてまったく見ていないという人もいるでしょう。

ここぞとばかりに他にはなにもしないでイッキ見するのも楽しいものです。

いまさらながらにツイッターでハッシュタグをつけてつぶやいたり、他の人の感想をさかのぼったりするのも楽しみ方のひとつ。

たまっていたHDDの容量も見る端から削除してしまえばすっきり。

やりきった感がありますよ。