CoCoSiA(ココシア)

仕事中の暇つぶし方法11選。どうし...(続き7)

そのため、少しでも空き時間が出来たら、忘れてしまわないように語学の勉強に積極的に取り組むようにしましょう。

自分のスキルアップに費やす

いつも同じ仕事をしていては、中々自分のスキルアップは難しいでしょう。

そんな時こそ、仕事が暇なときを利用して勉強をすることでスキルアップが可能となるでしょう。

仕事の暇な時間は少なくても、回数を重ねれば結構な時間を割けます。

自分がどの分野でスキルアップしたいのかを決め、その目標に向けて勉強しましょう。

少しずつでも積み重ねていけば、やがてそれは大きな力となります。

ビジネスマナーや簿記の勉強

ビジネスマナーや簿記など、仕事に直接役に立つスキルを勉強することもおすすめです。

今よりもマナーを身につけ、簿記の資格などを取得できれば仕事の幅も広がります。

会社の利益にも直接繋がることなので、万が一上司に知られても問題になりにくいでしょう。

もし上司があなたがビジネスマナーや簿記のスキルを身につけて欲しいと望んでいるのであれば、あなたは仕事の暇をつぶしながら、上司の評価を得ることが出来るようになるでしょう。

エクセルやワードの勉強

エクセルやワードは現在のオフィスワークでは必須のスキルといえます。

しかし、中には十分にそれらを勉強する機会がないままに就職した人もいるでしょう。

会社に入ってからでは、中々勉強をする時間もない人もいるかもしれません。

そんな人は、仕事が暇なときにエクセルやワードを勉強してみましょう。

このちょっとした努力で遅れを取り戻せる可能性が高まります。

8.トイレに行く


暇な時は、トイレに行くというのも実は暇つぶしの一つの方法です。

トイレがそれなりの広さがあり、また個室も数が揃っているようであれば、一時間に一回程度トイレ休憩という形で席を立つと良いでしょう。

個室が充実していれば、そこで5分~10分程度こもっていても問題はないはずです。

トイレとはいえ、狭くて一人きりの空間にいると、多少の気分転換になります。

そこでスマホを弄るなり、瞑想をするなりして時間をつぶしましょう。

ただし、あまりに頻繁にトイレに行き過ぎると、周りの人からは怪しまれてしまいますので注意しましょう。

部署内の人数が多く、誰かが席を立っても周りの人があまり関心を払わないような職場であれば、トイレでの時間つぶしは有効です。

一方で、部署内が狭く、一人ひとりの行動に誰かが常に関心を払っているような職場では、トイレでの時間つぶしは不向きと言えます。

トイレの中でスマホアプリ

スマホは広く普及し、今や社会人のほとんどの人が所有しているといわれています。

そして、スマホのアプリの中には仕事や勉強に役立つものもたくさんあります。

しかし、会社によっては堂々とそれらのスマホアプリを利用することが難しい場合もあるでしょう。

そんな場合はトイレでスマホアプリを使ってみてはいかがでしょうか?

どうしても得たい情報や、上げておきたいスキルなどが得られるアプリをトイレの中で使うのです。

時には息抜きにゲームも良いでしょう。

息抜きした分、成果を上げれば良いのです。

ただし、ゲームに夢中になり過ぎて、トイレに長居しないようにしましょう。

トイレで仮眠

会社によっては仮眠室がなかったり、人前で仮眠をとれない状況であったりするでしょう。

そのような場合はトイレで仮眠することもありです。

トイレで仮眠というと、衛生的に問題がありそうですが、長時間ではなく、数分でも良いのです。

仮眠をとると精神的な疲れがとれ、その後の仕事の能率も上がります。

少しだけ仮眠をとり、心身を休息させるためにトイレを利用してみましょう。

トイレでちょっとした休憩

トイレで仮眠とまでいかなくても、ちょっとした休憩をとることもおすすめです。

清潔にしてあるトイレでは、意外と落ち着きを感じられる人も多いのです。

気持ちを落ち着かせるトイレでしばしの休憩をとり、その後の仕事に臨みましょう。

ただし、会社にトイレが一つしかない場合は他の人の迷惑になるのでやめておく方が賢明です。

そのような場合は自分のデスクにアロマオイルを置いておくなど、自分がリフレッシュできるような工夫をしてみましょう。

9.雑務をする

どうしてもすることがなければ、普段の仕事ではしないような雑務をするのも良いでしょう。