今の世の中、大人になるための精神年齢はどんどん低下しているような気がしてなりません。

ハッキリ言ってそれは顔にも如実に物語られています。

30~40年前の20歳代の人の顔と今の時代(平成30年)の方々の顔を見較べてみたら一目瞭然。

どう見ても昔の方が人々の顔つきは大人びています。

子供っぽい雰囲気の人はほんの一握り、というのがその頃の現状のような気がします。

さて何も顔つきが幼いから今の人達が使えない部下になる、と決めつけているわけではありませんが、顔はその人間の生き様というか半生を描きだす証拠のようなもの。

苦労をたくさん重ねてくれば顔は否が応でも引き締まった厳しい顔つきなるもの。

反対に幼少時から何一つ不自由なく暮らしてきたら今風の「イケメン」「カワイ系女子」が大量に世に出てくるのも頷ける話です。

ちょっと前ぶれが長くなりましたが、今回のテーマである「使えない部下」に潜む特徴の根本の部分には、このような背景が潜んでいるのではないか、と危惧している次第であります。

では、そんな疑念を抱えながら「使えない部下」について考えていく事に致しましょう。

使えない部下は結構いる?

冒頭にも触れました通り、今の世の中、一昔前に比べたら気持ちの持ちように大きな誤差が生じてきている事に違和感を覚える人が多数いるのではないでしょうか?

新入社員として会社に入ったのはいいのですが、「これが会社で教えるようなことか?」と思わず常識を疑いたくなるような事案が度々発生する今のご時世の事を思えば、満更、嘘でも大袈裟でもないような感覚をもってしまいます。

という事は、やはり使えない部下、結構いるという事になるのでしょうね。

使えない部下の7個の特徴!こんなことありませんか?

ではここからは使えない部下の特徴についてみていく事に致しましょう。

全部で7個のご紹介となります。

1.責任感がない


使えない部下の特徴の最初の1つ目は「責任感がない」です。

「責任感がない」。

このような人間、その人が例え部下でなくともまあ、どこにいっても役には立たないでしょう。

何にしろ、何かを行うという事は、必ずや結果というものがついてきます。

それに対して自分なりの対処の仕方がないのならば何をやってもダメ、使いものにならない、という烙印を押されてしまうのも致し方ないのです。

それが世の中というものであるからです。

大体において責任を取ろうとしない人間は幼い頃から自分の行った行為に対する意識がことのほか、欠乏しているのでしょう。

だから、相手の人の心情が見えず、平気な顔をしていられるのでしょう。

いずれにせよ、自分が部下の立場になっているのに、何に対しても「責任感」というものがない人は、これから生きてゆくのにはなはだ「致命的」な欠陥を持った、と思わなければならないでしょう。

いい大人が、いつまでも自分の尻拭いを誰かにやってもらえると思ったら大間違いですよ。

2.自己中心的

使えない部下の特徴の2つ目は「自己中心的」です。

これも困った要因に挙げられるでしょう。

「自己中心的」だから「責任感」がなくなるのかどうかは定かではありませんが、とにかくあまりに強烈な「ジコチュウ」は組織の中において全く居場所がなくなってしまうことを危惧すべきです。

「自己中心的」な人の何が致命的なのか、と言うと人の言う事を聞く耳を持たない事にあるのです。

それは上司からの指示・命令に対しても同様です。

聞いているふりはしていますが、実際にはその指示や命令に背く行動を取る。

そして結果について尋ねられたら言い訳や誰かのせいにする言葉ばかり。

全く自分の行動に対する真摯な反省の言葉一つも出てこないのです。

これではさすがに企業という組織の中で使っていくには無理がありますよね。

よって上の立場の人は一刻も早くそのような性格を見抜き、妥当なポストに配置転換するしかないかも知れません。

ちょっと強硬な事を言いますが、会社というところは学生気分のままの人は不要なのです。

自己中心的な考え方を改めないと、あなたはとんでもない末路をたどることになるかもわかりませんよ。

3.短気

使えない部下の特徴の3つ目は「短気」です。

「短気」な人は世の中に五万といると思います。

ただ、何も「短気」だからといって仕事に支障をきたさない人も大勢います。

「短気」を「強気」に変えて仕事の様々な局面に応用すればいい意味であなたは使える部下になることが出来ると思うのです。

ただ、この「短気」が間違った方向に向いてしまったら終わりです。

それこそあなたの身を亡ぼす「刃」となる可能性があります。

例えば、上司からのお説教やお叱りを聞かされてしまった、とします。

普通ならばその話が終わるまであなたはじっと我慢してその話を聞き続けなければなりません。

ところが「短気」な人はそれが出来ず、つい「カッと」なってしまって逆に上司に対して怒鳴り返したり、酷い場合はその上司に手を出す人もいるのです。

ハッキリ言ってこういう事態になってしまったらおしまいでしょう。

あなたは閑職に追いやられるか辞表を提出するかのどちらかになってしまいます。

「短気」な性格は生まれ持ってのもの。

だからそう簡単には変えられるものではありません。

できるならそれをいい意味で仕事に生かして使っていって欲しいのです。

しかし、先ほども申しましたようにいつも上司に対して「短気」な性格をそのままぶつけていたら、あなたは間違いなく「使えない部下」の仲間入りになってしまいます。

そうならないよう、自分の気持ちをコントロールする術を身に着けたいところです。

4.何もしない


使えない部下の特徴の4つ目は「何もしない」です。

何もしない部下。

こんな人間、あなたがもし管理職の立場だったら部下に欲しいですか?

そういった風に逆質問してみたいくらい「何もしない」というのは大きくいけない事だと肝に銘じてほしいのです。

言われたことをしない

何もしない人の典型的な例は「言われたことをしない」でしょう。

本人の気持ちを聞いてみない事には何とも言えません。

言われた内容が意味不明だったから何もしなかったのか。

それとも聞くだけ聞いておいて、サボり癖が出て何もしなかったのか。

とにかく会社のようなところで「何もしない」というのは本当にいけません。

誰も助けを出してあげられないくらい罪悪な行為なのです。

自分で考えない

一方で言われたことを本当に分かっているのかどうか、疑わしい人もいます。

ただ、黙って言われた通りの事をやればそれでいい、というやつですね。

これも会社にとったら大きく頭を抱えさせるレベルの問題になるのです。

仕事というのは意思の疎通、つまり「コミュニケーション」を十分に駆使して仕上がっていくものなのです。

よって上司があなたに与えた指示は、あなたからの途中報告を上司に伝えてそれに対する相応の新しい指示に置き換えて修正していくべきものなのです。

だからあなたは考えることを行わなければならないのです。

それを行わずにただ、言われた事のみを黙ってやっているようでは上司としては奥行きのある仕事が完遂できなくなる、という事になるのです。

考えながら指示に従い、途中で疑問が出たら遠慮なく質問してやり方を修正する。

これが模範となるべき仕事の進め方ではないでしょうか?

5.ナルシスト

使えない部下の特徴の5つ目は「ナルシスト」です。

あなたは自分に対して周囲の人が驚くくらいの自信と能力を持っているのかもしれません。

しかし、それは会社の中にあっては何の役にも立たないただの「自己満足」となってしまうのです。

一般的に「ナルシスト」と呼ばれる人は先ほどまでご紹介してきた特徴をかなり多く所有している節がありそうです。

つまり、「短気」で「自己中心的」で「何もしない」といった特徴です。

ナルシストの方は自分の顔や体格など、主に外見的な美しさに己の価値を見出そうとしているのかもしれません。

よって手放せないのは「鏡」という訳です。

暇さえあればお手入れに余念がない。

だから使えない部下に成り下がってゆくのです。

こういったタイプの人を部下に持ってしまったら、その上司の方に大いなる同情を禁じ得ない心境になってしまいますね。

6.他人任せ

使えない部下の特徴の6つ目は「他人任せ」です。

他人任せ。

これもタチが悪いですねえ。

自分の手を汚さずに人にやってもらおうとする発想。

こんな人が部下についてしまったら使う方も大変でしょう。

他人任せを当たり前のようにやれる人、責任を取りませんから。

いえ、他者にそのような事を頼んだ覚えもない、と言うくらい神経も図太いですからねえ。

とてもとても組織の中で使いこなせる人間ではない、という事を実感されることでしょう。

楽をしようとする

とにかく他人任せにしようとする人間は「楽」をすることしか考えていません。

額に汗を流して人のために奉公する、という精神がまるでないのです。

このような人物、自分の短所を実はしっかり認識しているので会社などのような規律の厳しいところでは通用しないことを十分、認識しています。

なので、そういった場には自分から近寄らないはずなのです。

よってこういったタイプの人間が何かの間違いで自分の部下になってしまった時は相当の覚悟を持って対処するしかないでしょう。

被害者意識を持つのも当たり前のように持ちますからね。

7.ネガティブ思考

使えない部下の特徴の7つ目は「ネガティブ思考」です。

ネガティブ思考はすべての人間の行動においてマイナス効果を発揮してしまう非常に困りものの思考回路です。

人の悪口を言う。

嘘をつく。

見栄を張る。

噂話や自慢話が大好き。

人を褒めない。

感謝する気持ちがない、など。

これらの要素・要因を含んだ思考をされている人は残念ながらいくら高度な教育や偏差値の高い大学を卒業しても社会に出たら、「使えない人間」になってしまうのです。

ネガティブ思考、本当に人間の持っている可能性を摘み取ってしまう恐るべき思考なのですよね。

仕事に自信がない

ネガティブ思考に偏り過ぎた発想をしている人は、早かれ遅かれ仕事につまずきます。

仕事というものは自分一人だけで行えるものではありません。

多くの人が同じ目的達成のために一致団結、協力し合って成し遂げていくものです。

よってその過程において途中経過を連絡したり困った事が起こった場合は相談したりして軌道修正しながら目標に向かって進んでいくものなのです。

ところがネガティブ思考の人というのは周囲の人間の頑張りをけなしたり悪口を言ったりして足を引っ張る行動に出る訳なのです。

こんなことを続けていたら、そりゃあその人に近づきたいとは誰も思わなくなりますよね。

よっていつしかネガティブ思考の人は孤立することになります。

そして自分という人間に対して自信が持てなくなっていくのです。

こういった思考回路の人間が部下に来たら使う方としたらエネルギーを使うことでしょう。

なにせこちらの言っている事をまるで受け入れてくれませんからね。

ということでネガティブ思考の人は使えない部下の仲間入りをしていく、という事になってしまうのです。

使えない部下を育てる方法とは?どんなことをすればいい?

それでは次に参りましょう。

ではそのような「使えない部下」を「使える部下」に育てていく方法にはどのようなものがあるのでしょう?

それについて少々、詳しく紹介していきたいと思います。

全部で5個の紹介となります。

一緒に作業をする

使えない部下を育てる方法の最初の1つ目は「一緒に作業をする」です。

まずというか、ほとんどの場合においてこの方法の右に出るものはないでしょう。

そしてこの方法があらゆる意味において「王道的」な方法となっているのです。

とにかく一緒に作業する。

あるいは行動する、という事です。

使えない部下の一挙手一投足に目を凝らしながら、一つ一つ、手を抜かずに一緒に作業しましょう。

そうする事によって必ず見えてくえるものがあるはずだからです。

分からないことを教えながら作業をする

使えない部下さん達は、ハッキリ言って半人前さんの軍団です。

口で言っても理解できない人達なのです。

だから身をもって手取り足取り、教えていくのです。

そしてその時にその部下たちがどういったことが出来ないのか、そこを注意深く探りだすのです。

それが上に立つ人達の役目なのです。

とにかく、分からない点はとことん、重箱の隅をつつくぐらいのしつこさで教えていく事です。

後で「こんなこと教わっていません」と言い訳を言わさないようにするためにも教え込むのです。

こうする事によってその人の弱点が見えて来たらしめたものですね。

その部分を重点的に教えていけばそれなりの戦力に変わるかもしれませんからね。

悩みなどを聞く

使えない部下を育てる方法の2つ目は「悩みなどを聞く」です。

使えないと思われている人も昔はそうではなかったかもしれません。

それなりに成長していた普通の人間だったかも知れません。

ところが想定外な事やアクシデントなどにより自分の力量に疑いがかかり、すっかり自信をなくしてしまい見る影もなくなってしまう、というパターンに陥る場合もあり得るでしょう。

よってそういった時には積極的に「悩み」などを聞き適切な助言を与える事によって立ち直るケースもある、という事を認識しておいて欲しいのです。

コミュニケーションを積極的に取ることで悩みなどを聞く

よって上に立つ立場の人は積極的にコミュニケーションを取る努力を行って、その人の悩みを聞きだし、何か解決策があるかどうかを双方で話し合っていく必要性があると思われます。

これは俗に言う「カウンセリング」のような方法とも言えるでしょう。

とにかく相手の心を開かせて喉の奥に詰まっているものを引き出すのです。

こうする事によって今までパッとしなかった人間が見違えるような動きに変わる事も往々にしてあるのです。

人間関係の悩みで仕事ができなくなる人は特に多い!

人間関係というものは、いかなる人にとっても容易なものではありません。

ちょっとした軽はずみな言動が取り返しのつかない事態に陥る事は五万とあるのです。

それによって仕事が思うように出来なくなるケースも結構多いのです。

人間関係というのはそれほど危険で怖いものなのです。

だから、現在、「使えない部下」というレッテルを貼られていたとしても、そのことをあまりに気にし過ぎてはますます負のスパイラルに落ち込んでしまうでしょう。

このような悩みを抱えながら仕事に取り組んでいる人が世の中に物凄く多いという事を認識すればいいのです。

しかし、いつまでもその悩みが元で本来の自分の姿に戻れないとしたら、それは大いにもったいない事です。

なのでそのような精神状態の時は躊躇せずに直属の上司に相談しましょう。

相談する意欲があるという事は、現状の自分を何とかして変えたい、という意欲を持っているのだと上司から評価されるはずです。

どうぞ遠慮なく上司に相談しましょう。

そして早く元の自分を取り戻しましょう。

人生のほんの一瞬だとしても使えない人間と思われていたら大きな「損」ですからね。

勉強会を開く

使えない部下を育てる方法の3つ目は「勉強会を開く」です。

使えない部下に成り下がってしまった原因の一つには、仕事の基本的な知識や経験があまりにも乏しい事が挙げられるかも分かりません。

やはり仕事というものにはそれぞれの分野の専門知識やマニュアルがありそれをマスターしていないことには、どうにもこうにも先に進めないようになっていますからね。

そこで改めて勉強会のようなものを開き、仕事の進展具合が大きく遅れている人を対象にして徹底的に基礎から教え込む時間を設けてあげてみてはいかがでしょうか?

これによって中身の抜けていた仕事の基礎知識が再度、その人の頭脳に注入されるはずだと思うからです。

本人が分かりやすいように教える

こういった勉強会の場。

極力、優しい日本語を使って本人が分かりやすいように教える事が肝心です。

せっかく時間を割いて開催した勉強会。

有意義な場にしたいのは両者にとって山々ですかね。

基本中の基本事項を懇切丁寧に教えてあげましょう。

あとは本人次第。

当人がどれほどその勉強会の場を有効活用してくれるのかは神のみぞ知る、かも分かりませんがとにかく一人でも使える戦力が増えてくれたら儲けもの、という気構えでいきたいものですね。

褒める

使えない部下を育てる方法の4つ目は「褒める」です。

「褒める」。

これこそが今の時流に最も沿った誰に対しても応用の効く、究極の育成法ではないでしょうか?

人は怒られたりけなされたりしながら教えられても、気持ちが萎縮したりビクビクしたりでいい事がありません。

しかし自身の長所を認めてもらいその部分を褒められたりすれば、俄然ヤル気が湧いてきてそれまでのヘタレな自分から脱却できる機会が増えるものです。

この方法は、現在使えないと思われる部下のみならずスポーツ選手や芸術に生きる人など、広く広範囲に応用の効く万能に近い方法といえるのです。

些細なことでも良いところを褒めて伸ばす

どのような人間でも短所と長所はあります。

これまで「使えない部下」と判断されてきた人物も短所ばかりがクローズアップされてきただけなのかも分かりません。

しかし、育てる側の器次第で、伸びる人間と伸びが止まってしまうケースも往々にしてあるものです。

社内にいる人材は無限ではありません。

その貴重な人材を一人でも多く生かすためにもその人物に会った育成法を用いることこそが真のマネジメントだと思うのです。

褒めながら伸ばす。

どんな些細な事でもいいのでその人物の長所を見つけ出す。

この作業をやりこなせることが出来る人間が真のリーダーであり使えない部下を根絶することができる人物となり得るのですよ。

【褒め方のコツは、こちらの記事もチェック!】

できないからと言って怒らない

使えない部下を育てる方法の5つ目は「できないからと言って怒らない」です。

先ほどの「褒める」と対極を成すこの方法。

そうなのです。

人間は基本的に褒められたい生き物なのです。

反対に「怒られる」という事に対しては免疫がないのです。

だから怒られてしまうとヤル気をなくしたり自身を失ったり中には逆切れして暴力的になったりと。

怒る指導法でグングン伸びる人間などほとんどいないのではないでしょうか?

戦前の精神主義も結局、どこまでその人のためになっていたのか、甚だ疑問ですからね。

さらにやる気をなくしてしまう

さて、人間、怒られると全神経が萎縮してしまい「シュン」となってしまいます。

そして怒られる時間が長引けば確実に心に負担が生じます。

ストレスも抱えます。

やがてそれらは心的なトラブルの原因となってゆき「トラウマ」と呼ばれる心の病気へと発展していくのです。

ハッキリ言って、「怒る」のと「叱る」のとでは雲泥の違いがあります。

「怒る」は言う方の側の感情をただそのまま相手に吐き続けているだけですからね。

よって聞かされている方の側はたまったものじゃない、という事になるだけなのです。

とにかく「怒る」行為は相手のヤル気を失わせます。

指導者はそのあたりを重々、認識しておくべきでしょう。

どうしてこの様な部下ができてしまう?

それでは次に参りましょう。

では一体どうしてこのような「使えない部下」というものが誕生してしまうのでしょうか?

その原因について考えていきたいと思います。

全部で4個のご紹介です。

やる気の問題

どうしてこの様な部下ができてしまう?についての原因の1つ目は「やる気の問題」です。

「やる気」があるかないかによって人間のモチベーションは大きく変わってきます。

自分の長所をよく見てもらい、その部分を少しでもいいから褒めてもらえるだけで、人はそれまでの何倍以上ものパワーを発揮して目の前の物事を解決していこうとします。

反対に何らかの原因で「お前なんか何の役にも立たん!」と吐き捨てられてやる気を起こす人って、果たしてどれくらいいるでしょうか?

このように人間のやる気は非常に繊細な原因が絡み合って完成していきます。

自分のことが必要とされていると思えたらやる気は失せませんし、そうでなかったら「どうでもいいや」という気持ちになってしまうでしょう。

リーダーはそのあたりをよく観察して場の士気を高める努力をする必要があるのです。

悩みがある

どうしてこの様な部下ができてしまう?についての原因の2つ目は「悩みがある」です。

「悩み」は人間の前向きな活動を阻害し、精神をズタズタにしてしまう恐るべきものなのです。

無論、人によって悩みの大小はあるでしょうし、少しばかりの悩み程度なら自力で何とか解決に導ける「剛」の人もいるでしょう。

しかし、多くの場合、人は悩みを第三者に打ち明けることがでずウジウジしてしまうものなのです。

そしてやがてその悩みはあなたの心や精神を犯してゆき、あなたが社会で健全に活動できるはずの多くの能力を奪い去ってしまうのです。

よって悩みというものをいつまでも解決させずにひきずってしまうと後々、厄介なケースに陥ってしまう事が頻繁に起こります。

その事例の一つが仕事に打ち込む事が出来なくなり、やがて使えない部下になる、というパターンです。

そうならない為にも「悩み」というものは早期のうちに解決しておきたいものです。

仕事が分からない

どうしてこの様な部下ができてしまう?についての原因の3つ目は「仕事が分からない」です。

ハッキリ言って「仕事が分からない」と言われてしまったら、その組織のリーダーは途方に暮れてしまうでしょう。

しかもそれを言った当事者が中堅以上のベテランだったとしたら尚更です。

よってこの問題も早期のうちに手を打っておかなければなりません。

でないと、あなたは永遠に職場「お荷物」に成り下がってしまう可能性があるからです。

どうすればいいか理解できていない

一般的に「仕事が分からない」、と言う人のほとんどはその解決手段自体を探せていないケースが多いのかも分かりません。

これではいつまでたってもあなたは職場の厄介者、下手をすると「解雇」の方向に持っていかれるかも分かりません。

自分自身、その仕事のどういったところが分っていないのか。

それをまずじっくりと探ってみる事です。

そしてその原因が分かったならすぐさま解決策を講じなければなりません。

自分一人の力で解決できそうにないのなら、先輩や同僚、あるいは直接上司に救いを求めに行くべきです。

そのタイミングを逃してしまうと本当にあなたは職場から「去らされる」運命になるかも分かりません。

仕事が分からない、と言って大目に見てもらえるのは入社して1年以内の新人だけです。

それ以上の社歴の人は言い逃れできないと踏んでおいてくださいね。

部下にではなくこちらに問題があるかもしれない?

どうしてこの様な部下ができてしまう?についての原因の4つ目は「部下にではなくこちらに問題があるかもしれない?」です。

この問いかけは、この文章を書いている間にも何度も投げかけてきた要因です。

そう、「部下が使えない人間で困る」と嘆く前にリーダーであるあなたの資質に問題はありませんか?という事を真剣に考えてもらいたいのです。

いい加減に教えていないか

まず、仕事をいい加減に教えていませんか?「忙しいから」と言って中途半端な教え方を1回やっただけであとは放ったらかし。

これでは教わる方はたまったものではありません。

いい加減に教えられた人間がどうなってしまうか。

リーダーであるあなたには人材育成という重要な役割がある事を忘れないようにしてくださいね。

分かりやすく教えているか

次にあげたいのは「分かりやすく教えているか」です。

人にものを教えるのは大変な作業です。

相手の理解度が全員、同じという事はまずありません。

Aさんは覚えるのが早くてもBさんは時間がかかるタイプかも分かりません。

よってリーダーたる人は画一的に教えるのではなく、個人個人の特徴をよく見極めて適切な教え方を施さなければならないのです。

リーダーが手を抜いて分かりやすくない教え方をするのは会社への造反行為と同じだと思って下さいね。

放置していないか

次にあげたいのが「放置していないか」です。

仕事を1回ぽっきり教えただけで、すぐにその仕事をマスターできる人間なんて、そうそういません。

上に立つべき人は、教えた部下たちのその後の仕事っぷりをつぶさに観察し、タイミングをみて再度、教えるようにするべきなのです。

つまり「放置」したら何の意味もないという事です。

確かにリーダーのあなたも多忙を極めているでしょうが、それを言い訳にして部下の仕事ぶりを見ていなかったとしたら、あなたはリーダー「失格」と言われても言い逃れができないようになってしまいますよ。

好き嫌いで接していないか

最後にあげたいのが「好き嫌いで接していないか」です。

確かにリーダーも人間。

人の好みや馬が合う、合わないもあるかもしれません。

しかし、それでは管理職として失格と言わざるをえませんね。

リーダーは常に論理的思考をモットーに客観的に物事を捉えていかなければいけません。

よって職場において好き嫌いで部下の対応の仕方を変えてるのなら、それはあなたが使えない「管理職」と言われても仕方がない、という事ですよ。

部下とのコミュニケーションも取っていこう!

如何だったでしょうか?

今回は「使えない部下」をテーマに取り上げて紹介して参りました。

ではざっと今回のテーマをもう一度おさらいしてみますと、

・使えない部下の7個の特徴
・使えない部下を育てる方法とは?どんなことをすればいい?
・どうしてこの様な部下ができてしまう?

というのが今回の大きなテーマとなっていました。

使えない部下、という発想は管理職やリーダーの側の立場からみた考え方です。

ところがそう見られてしまっている当の本人さんたちから見れば、よもや自分たちがそのように思われているとは夢にも思っていないかもしれません。

つまりこの部分にあなたの職場の生産性が上がらない原因が隠されているのです。

上に立つ人間の思い込みで部下の評価を行ってはなりません。

だからこそ「コミュニケーション」というものがいつの時代になっても声高に叫ばれるのです。

上と下の人間の意思の疎通が十分に取られていなかったら、職場内の活性化など遠い夢物語になってしまうでしょう。

上に立つべき人間は、公平かつ責任をもって部下の管理を行わなければなりません。

そのためにも「コミュニケーション」というものを十二分に駆使していっていただきたいものです。

そしてあなたの職場に「使えない部下」なる人物が一人も存在しないよう、マネジメント能力を磨いていってほしいと思います。