CoCoSiA(ココシア)

仕事向いてないと思ったらやるべき3...(続き6)

新鮮な質問などを受ける事により、改めて考えるキッカケにする事ができるでしょう。

何年仕事をやっていたとしても、後輩の指導に自信が無い場合もあるでしょう。

そんな人は、祖もsもその仕事に向いて居ないなんて事もあるかもしれません。

そんな時は、自分に合う仕事を探してみる事も大事なのかもしれません。

【自問15】プライベートは充実している?

人は仕事をしなければ生きていく事は出来ません。

中には何もせずともお金を持っているという人も居るかもしれませんが、大抵の人はそうはいきません。

みんなやりたいかどうかに関わらず、生きていく為に仕事をしているのです。

ですが、そこで忘れてはいけないポイントがあります。

それは生きていく為に仕事をしているという事であり、仕事をする為に生きているわけではないという事です。

仕事が忙しすぎる人は、つい生活のすべてが仕事に浸食されてしまっている事もあります。

ですが、それでは本当の意味で充実した生活をする事ができているという事にはなりません。

本当に充実した満たされた生活は、仕事だけでは無くプライベートも充実している人の事を指します。

だからこそ、仕事にすべての生活を支配されているような生活をしているのであれば、それは良くない事だと言えるのではないでしょうか。

休日に仕事のことを考えない?

仕事が忙しいと、家に仕事を持ち込んでしまう人も居ます。

場合によってはプライベートの時間を使用して仕事をしている人や、遊びの時間や家族と一緒に居る時間だとしてもついつい仕事の事を考えてしまっている人も居る事でしょう。

考え方によっては、単に仕事熱心の人とも言う事ができます。

ですが、人によっては生活の全てを仕事に支配されてしまっていると言えなくもないのです。

そうまでしてする程の価値がその仕事にはあるのか。

それを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

趣味や友人との時間を大切に出来ている?

人の時間には限りがあります。

それはきっと誰もが同じはずです。

決められた時間の中で、何にどれだけの時間を使用するのか。

それが大切なポイントとなります。

仕事が忙しすぎる人の中には、自分のプライベートが全く充実していない。

そんな人も居るでしょう。

それで自分の人生は本当に良いのか。

それを改めて考えてみてください。

最近、自分の時間を確保する事は出来ているでしょうか。

趣味を楽しんだり友人との時間を確保する事は出来ていますか?

そんな小さな事が、生きていくには大切な事なのです。

ただただ仕事をしていればそれでいい。

そんな事は無いはずです。

仕事も大切ですが、それ以外の時間も大切なはずです。

そのバランスを取る事ができるかどうかによっても、その仕事が自分に向いているかどうかを判断する事が出来るポイントになるはずです。

チェック方法3つ目:客観的に見る

自分の事は自分で決めるべきと、誰にも相談せずにすべての事を決めてしまう人も居ます。

確かに自分の人生に責任を持つ事ができるのは自分しかいません。

だからこそ、自分の意見を大切にする事は勿論重要です。

けれど、その一方で他人の意見を参考にする事が大切な場合もあります。

と言うのも、人間はなかなか自分を客観的にみる事ができないからです。

他人からの意見を参考にする事によって自分を客観的にみる事ができるようになります。

客観的にみる事によって、自分が本当にその仕事に向いているのかどうかを考えるきっかけになるはずです。

自分ではとても向いていると思っている仕事でも、実際には周りの人はそうは思っていない場合もあります。

反対に自分では向いていないと思っているような仕事であったとしても、周りの人が見れば高い評価をしている事もあるでしょう。

だからこそ、自分の意思だけで決める事は危険なのです。

職場環境を客観的に見る

職場環境とは、職場の人間関係であったり働く上での職場の環境の事を指します。