CoCoSiA(ココシア)

職場で上手く渡り歩くための13個の注意点

職場で上手く渡り歩くための注意点13個を紹介!

会社とは仕事をする場所です。

しかしただ仕事ができるだけでは、その職場で上手くやっていくことはできません。

職場で上手く渡り歩いていくためには、人間関係を円滑にし、更に自分を良く見せる術が必要となるのです。

今回はそんな職場で上手く渡り歩くための注意点や方法を紹介していきます。

仕事は頑張っているのになかなか職場で認められないという人。

またこれから職場で上手く渡り歩いていきたいという人。

そんな人はぜひ参考にしてください。

人間関係での注意点

職場で上手く渡り歩くためには、何よりも人間関係が重要なポイントとなります。

どんなに仕事ができる人でも人間関係を築けていない人は、出世も昇進もありません。

逆に人間関係を上手に築けている人は、少しのミスや失敗は多めに見てもらいながら気づくと良いポジションまで上り詰めていることがあるのです。

大勢の人が集まる会社という組織の人間関係。

いったいどのようなことに注意すれば、上手に渡り歩くことができるのでしょうか。

1.態度に出さないようにする

仕事中とはいえ、人には感情があり、その感情は態度に出てしまうものです。

仕事がたまっている→イライラする
人のミスをフォローする→イヤイヤ仕方なく
理不尽に怒られる→モヤモヤ納得いかない

特にこれらのような負の感情は態度に出てしまいやすく、またその態度は周囲の人の印象にも残りやすいものです。

負の感情を態度に出されるとその場の雰囲気を悪くし、一緒に仕事している人のモチベーションも下げてしまうのです。

ではプラスの感情ではどうでしょうか。

褒められた→ニコニコ嬉しい
仕事が終わった→スッキリ爽快
大きな仕事を任された→やる気がメラメラ
このような良いことがあった時の態度は、その場の雰囲気を悪くすることはありません。

ただ他の人の気持ちを考えずに1人で浮かれてしまうと、それを良いと思えない状況の人は不快な気持ちになります。

つまりどんな感情でも仕事中は態度に出さないことが鉄則です。

仕事が終わって会社を出たら、溜めていた感情を声や態度に出して発散させるように・・それまでは我慢!を心掛けてください。

嫌なことをされても笑顔で対応

仕事をしていると、納得できないことや嫌なことも多々あるでしょう。

怒りたい時や泣きたい時もあるかもしれません。

しかしそんな時に怒ったり泣いたりしては負けです。

そんな時こそ笑顔で何事もないかのように対応しましょう。

嫌なことをされても笑顔で対応することには、三つのメリットがあります。

①相手の思うツボにはまらない

嫌なことをしている人は、どこかであなたを困らせたいという意地悪な気持ちがあるはずです。

あなたが困って、怒ったり泣いたりすることを期待しているのです。

しかしそれに反して笑顔で対応することで、逆に相手は悔しく思い笑顔ひとつで負かすことができるのです。

思うツボにはまらないことで、嫌なことをしてくることもなくなるはずです。

②自分の気持ちを持ち直すことができる

嫌なことをされて気分が落ちてしまった時に、無理にでも口角を上げて笑顔を作ることで自然と気持ちを上げることができます。

笑顔にはそんな不思議な力があるのです。

③周囲の評価が上がる

どんな時でも嫌な顔をせず笑顔で対応しているのを、周囲の人は見ています。

その姿は高評価を得ることとなります。

少しのことに動じずに笑顔で仕事をこなす人として周囲からの評価が上がり、評判や好感度も上がっていくのです。

2.感情を捨てよう