会社の人間関係で悩む方は本当に多いです。

円満な所ってそうそうありませんよね。

結構あるあるなのが自分が勤める職場はいつも人間関係が最悪、そのせいで仕事をやめてしまったという方はもいます。

あえて言いますが、自分のことを待っていましたということはありません。

職場だけではなく、人間関係を良くしたいと思うのであれば自分を変えてみるのはどうでしょう?

会社ではいつでも良好な関係でいたいですよね!

会社ではいつでも良好な人間関係でいたいものです。

誰だって喧嘩なんてしたくありませんよね。

ただいつでも良好な関係性というのはどういうことか?

仕事場は遊び場ではないので、友達のような関係性ではだめです。

それはそれでゆるい関係性になってしまうのでいけません。

ではどういう関係性が望ましいか?

仕事場での人間関係はあくまでも仕事だけの関係であると思っておきましょう。

これ以上の関係性になる必要はありません。

相手から声をかけてもらえるぐらいの間柄で大丈夫です。

仕事場での良好な関係性は、仕事が出来る状況にあるかどうかとも言えます。

友達のような関係性で仕事をしてしまうと、ミスをして何かあった時、責任感を持つことが出来なくなってしまいますよ。

一線を置いた状態でいましょう。

会社の人間関係がいつも良好な人の11個の特徴とは?

会社の人間関係というのは関係性でいうと仲間という扱いになります。

そもそも仲間とはなにか?ということですが、同じ目的をもった者同士が一緒に頑張る関係性ですね。

会社の人間関係が良好な方は全てひっくるめて性格が良い人物ともいえます。

友達と違うのは、軽い関係性ではないということです。

志は同じであったとしても自分と性格の合う人物かと言われたら全員そうではないでしょう。

この人はちょっと苦手だとかとても怖いということはよくある話です。

人間なのでどんな人もありますが、ただ仕事は仕事ですよね?

好き嫌いで判断してしまうと周りの人も迷惑をしてしまいますし、仕事が上手く潤滑していきません。

会社の人間関係をどうやって良くさせるのか?

それについてお伝えしていきましょう。

感謝の気持ちを口にできる

普段感謝の気持ちを口にしていますか?

会社というのは自分1人ではなくチームで行う仕事となります。

感謝の気持ちは必ず口にしなければいけません。

何故感謝の気持ちを口にしなければいけないか?ということですが、仕事というのはみんなでする仕事なので個人している方はともかく数人でやるような仕事ですと、お互いがフォローしあわなければいけない所も出てきます。

自分より他のスタッフのことを格下だと思っている人間は結構いるんですよ。

確かに自分よりも仕事はできない方はいますが、いざという時その人に助けてもらうことはあります。

感謝の気持ちを口に出すというのは、当然のことなんですよ。

人懐っこい


これはその人の性格にもよりますので、できればで構いません。

人懐っこい性格というのは、人見知りをしない人間のことを指します。

どちらかというと人見知りをしない人間が1人でもいたら、誰とでも仲良くなることはできますよ。

こちらは私自身の実体験を用いてお話いたしましょう。

人懐っこいと言われると微妙ですが、誰とでも話すことは確かに大切ですからね。

親しみやすい

親しみやすい人間というといじられキャラでしょうか?

基本的に人はいじられるのを好まない人間が多いです。

いじられる=バカにされていると思っているからかもしれませんね。

私は関西県民なのですが、基本的に全員ノリが良いのでいじめのようなことにはなりません。

改めて考えると親しみやすい人間というのは、ちょっとしたことで怒らない人間だったりしますよ。

例として私はよく他の方からいじられていました。

どのくらいのレベルのいじりかと言いますと、ミスをしてしまった時によく呼び捨て突っ込まれていたのです。

基本的にはさんづけなのですが、失敗をやらかした時はおい~!という軽い感じで注意されていましたね。

サブリーダーから「おい!OO!」と言われた時、当時まだ逮捕されていなかった指名手配書に書かれていたある指名手配犯の謳い文句っぽく呼び捨てにされました。

何気なく指名手配書ぽいと突っ込むと、よくわかったね!と言われたんですよ。

家族に話したらあまり良い気はされませんでしたが、個人的にはめちゃくちゃおもしろかったので大笑いしてしまいました。

ありえないと思うかもしれませんが、このくらいは全然怒る気にはなれません。

他の人から言われたことがあるのですが、基本的に私は短気ではあるのですがよほどのことがない限り怒るようなことはないし、笑って済ましてくれるのが良いと聞きましたね。

親しみやすい人間というのは、からかいやすい人間であるということなのでしょう。

憎めない

憎めない人は結構大事ですよ。

何故なら憎めない人というのは、仕方ないで許してくれるんです。

癒し系や天然な方が結構憎めないキャラが多いんですけどね。

ただこれはちょっと仕事ができない人間に当てはまるので、難しいでしょう。

別に好きで憎めないキャラになりたいわけではないのです。

大体憎めないキャラ自身はそれを認めたくない方が多いですからね。

社交的

社交的な人間というのは誰ともで話せる物怖じしない性格です。

そういう方は誰とでもコミュニケーションを取るのが上手ですし、色んな人と話すのが得意ですね。

社交的って人と合わせるようにしているので、気兼ねなく話せるのが良かったりします。

気さくという特徴もあるので、社交的な方は好かれやすいですよ。

努力家

仕事で大切なことは常に努力することです。

努力をしないような人間は仕事だけでなく、全てのことに対して結果を出すことはできません。

単純に努力すればよいという訳でもないんですけどね。

誰だってある程度努力はしているものでしょう?

しかし努力家が何故良いかというと、努力をしている人間は大半が成功するからです。

努力家は才能あるなしではなく、何事においても常に努力をしようとします。

自分が納得するまで追求を止めないので、少しでも疑問に思ったことは調べようとする癖が身についているのですよ。

徹底的に調べ上げるので、ミスがほとんどないといえます。

見落としをすることはあるにしても、そんなに失敗することはなくひたむきに頑張っているので、周りからの評価も高いのです。

不器用だとしても一生懸命頑張る姿は素晴らしいですからね。

誰でも努力すればなんとかなるというわけではなく、努力の仕方を間違えてしまうと失敗してしまいます。

努力すれば良いというわけではなく、結果が全てです。

世の中できなかったという言葉では済まされないのですよ。

会社側がいくら頑張った所で、できなかったというのは意味がありません。

一歩間違えれば努力しましたができませんでしたという言葉をよく聞くと思いますが、単純に言い訳ですからね。

努力家の方は人の何倍も努力しているため、普通ではできないことをやりのけるから信頼があるのです。

成功率が高いので努力家の人ができないというのは、相当無理難題だったと思っておきましょう。

ミスをしない

ミスをしないという言い方はざっくりすぎるかもしれませんが、基本的にミスをしない人間は他の方から嫌われるようなことはありません。

当たり前のことかもしれませんが、人間なので誰でもミスをしてしまいがちです。

よっぽどのことがなければミスをしてはいけないのですよ。

そもそもミスをするとはどういうことか?

注意力散漫の状態であった、思い込みの状態だった、確認不足だったなどがあげられます。

誰にでもミスはすることだから仕方ないと思っている方は、仕事をなめている証拠でしょう。

初めての仕事や慣れていない仕事でミスをするのは仕方がありません。

人間は慣れの動物です。

時々同じようなミスを何度もしてしまう方っていませんか?

1回や2回なら良いのですが、何度も同じようなミスをしてしまう方に腹を立つことが結構あるものです。

何度も同じようなミスをしてしまう方は、理解をしていないんですよ!

会社側としてはどんなに人懐っこくて性格が良いとしても、仕事の面で見て信頼が出来るかどうかと言われてしまうとそうでもなかったりします。

表向きは普通に接してもらえるとしても、仕事ができていない分、人間関係が潤滑かと言われるとそうではないですよね?

会社の人間関係を潤滑させるためにやらなければいけないことは、自分自身失敗をなくすことです。

仕事に対して真面目

愚問かもしれませんが、仕事場での人間関係を良くするのであれば、まずは仕事に対して真剣に打ち込みましょう。

よく勘違いされることが多いのですが、仕事場に何しに来ているの?という方は何人もいます。

仕事中は面白味がなく真面目で上等です。

休憩時間のみ自分を出しても良いですが、それ以外は真面目にしておきましょう。

他の人から話しかけられたら、話すだけがベストです。

必要以外のことは話さなくても結構ですよ。

冷たい言い方に聞こえるかもしれませんが、下手にべらべら話していると、周りからの評判が落ちます。

仕事に対してそのような対応でいると、絶対に失敗しますからね。

失敗を人のせいにしない

失敗を他者のせいにする方っていますよね?

これは状況にもよります。

自分のせいではないのであれば、それは否定をしても構いません。

相手のせいにするのではなく、真実を述べるのはありです。

しかし間違いなく自分が悪いのに、失敗を相手のせいにしてしまう方が中にはいます。

責任転換というものですが、責任転換にして何か良いことはあるのでしょうか?

残念ながら責任転換にした所で良いことは1つもありません。

むしろ何故人のせいにするのか、それは失敗を恐れているからという見方が出来ます。

失敗を恐れることは悪いことではないのですが、相手のせいにした所で何も始まりません。

見苦しいだけですし、相手にも嫌な気持ちにさせてしまうこととなります。

失敗を人のせいにするような人間は、自分の非を認めない人間でもあるのです。

そういう人は何も成長が見込めないので、人間として成長は出来ないでしょう。

人間なので失敗はいくらでもします。

取り返しのつかない失敗でなければ、いくらでも失敗して良いのです。

不測の事態で失敗してしまうことなんてありますからね。

同じことを何度もしなければ問題はないでしょう。

いつもニコニコしている


笑顔は第一印象を良くします。

人間の第一印象は見た目と言われていますが、それは顔の綺麗さを表している訳ではありません。

第一印象が良い方ってどんな方だと思いますか?

笑顔が良い方ではないでしょうか。

まず人間は相手を見る時にどこを一番最初に見るかと言われると、顔ですね。

目線が顔の部分に来るためそれは当然といえば当然でしょう。

顔のパーツの中で重要なのは目元、口元と言われています。

目元や口元を見れば相手がどういう表情をしているか理解出来るものです。

笑っている人は自分に対して敵意を持っていない、友好的な感情を持っていることを表しています。

いつもニコニコしている人って何か良いですよね。

自分を迎え入れてくれている、もしくは拒絶していない感じがして良いです。

反対にいつも無表情で顔が怖い人は、自分を拒絶している感じなんですよ。

自分とは仕事したくないのか?と思われてしまうので、損をしてしまっています。

接客業をしている方は笑顔を重視されるでしょう?

お客さんから店員に質問をする場合、できればニコニコしている方に接客をしてもらいたいものです。

正直な話いつもニコニコしているというのは結構難易度が高いものだったりします。

私の周りの人が言っていたのですが、笑顔でいると疲れるという話をしていました。

笑顔って顔の筋肉をめちゃくちゃ使用するので、作り笑顔ですと結構辛いんですよ。

満面の笑みを作るのは誰だって難しいことなのですが、普段から笑っている方ですと自然にしていても口角が上がっていたり、目元が笑っているように見えるので得だったりします。

噂や陰口を言わない

噂でも良い噂だったら広めるのは有りですね。

ただし陰口や悪口は絶対に言ってはいけません。

自分が反対に言われていた時、いい気持ちになると思いますか?

例え本当のことであったとしても、話している相手を不快にさせるようなことをしてはいけません。

そもそも陰口って話していて楽しくないですよね。

むしろ聞いていたら嫌な気分になります。

若干陰口になるかもしれませんが、新人に仕事を教える場合この人はこういう癖があるから注意して仕事をしてと伝えることはありますよ。

自分が知っていて相手に教えていないのは、結構面倒くさいことになりますからね。

ただ嫌がらせの範囲内ではなく、お互いミスを減らすための事前準備とも言えます。

陰口を言った所で何か解決しないものです。

自分はスッキリするかもしれませんが、結局陰口を言う人間は自分ができていないことを相手になすりつけているだけ、または相手を認めようとしないだけなので卑怯なんですよ。

誰にでも平等に接している

上司であろうと部下であろうと、誰とでも平等に接している人間は偉いですよ。

自分よりも立場が偉い人間にはへこへこしている方はとても多いですが、部下に高圧的な態度をとってしまう方は結構います。

相手によって態度を変える人って正直感じ悪くないですか?

誰が見ても良い気持ちにはなりませんよね。

上司に対しての態度は良いのですが、部下に対して偉そうに見下した態度を取るのは最低ですよ。

ただ平等に接するのって結構難しいものなんですよね。

特に部下に対しては仕事が出来る方なら良いのですが、中にはそうでもない方がいます。

仕事ができない部下に対しては嫌味を言ったり見下したりする人もいますからね。

人間というのは傲慢なので仕方がないことですが、ただ相手を見下した態度をとっていると嫌な顔をされるので気をつけましょう。

また他の人からの評価が下がります。

誰に対しても平等でいるように心がけておかないと、いざという時にボロが出てしまうものです。

気配りができる

気配りが出来る人はめちゃくちゃポイントが高いですよ!

周りの人のために色々してくれるのがありがたいですね。

気配り上手な人は他の人が困っていたら、率先して助けてくれたりいち早く行動してくれたりするのでそういう人が1人いるだけでも違います。

女性だから気配り出来る方が良いという理由ではありません。

相手の気持ちや立場を考えられる人という意味になります。

実際気配りが出来る方は自分のことのみを考えている人ではないのです。

みんながどうやって仕事をしやすいか、また自分には何が出来るか?を常に考えている人でもあります。

気配り上手な人は嫌な仕事でも率先して仕事をしてくれますからね。

とても頼りになるんですよ。

協調性がある人ですが、どういう風に仕事をしていけば効率良く出来るかという策略家でもあります。

気配り上手な人は優しい人でもあるのですが、自分のことを疎かにしている訳ではないのです。

聞き上手

聞き上手な人は誰からでも好かれます。

傾聴というのは仕事の人間関係だけではなく、色んな人からも好かれやすいのです。

聞き上手というのは相手の話をちゃんと聞く人です。

人は自分の話をする人が多いのですが、相手の話を聞くのがそんなに好きではありません。

よほど興味のあることでないと聞く気がおきないのですよ。

聞き上手というのはそういう所が大きいですね。

自分の話を理解して聞いてくれるのって、自分のことをわかってくれる人でもあります。

相槌を打つのが上手だったり、合いの手を入れてくれたりするのが良いんですよね。

話を聞くのが下手な人は、人の話を最後まで聞けません。

聞き上手な方は途中で余計なちゃちゃを入れるようなことをせずに聞いてくれるのです。

清潔感がある

第一印象を良くするには表情だけではなく、清潔感もあるかどうか重視されます。

清潔感のない方は正直近寄りたいとは思えませんよね?

どの仕事でも当たり前のことではあるのですが、ある程度キレイにしておく必要はあります。

そもそも清潔感というのはどういうことかというと、身だしなみをちゃんとしているかということですね。

髪の毛、服装、女性であればメイクなどになります。

もっと細かいことを言えば口臭や体臭なども気をつけておきましょう。

清潔感がない方の例を上げてみましょう。

身だしなみをかまっていない、ノーメイク、髪の毛がバサバサという感じですね。

私が働いていた職場の元同僚で、清潔感のない女性がいました。

その同僚はノーメイクで髪の毛も適当にしているだけで、みすぼらしい印象でしたよ。

美容室って大体は2ヶ月に1回程度行くのが普通なのですが、その同僚は半年に1回行くかいかないかでした。

ケチな人や面倒くさがりな人は美容室に行くのを極端に面倒臭がりますからね。

これを他の人にいうとありえないと言われる方が多いのですが、実際にこういう面倒くさがりな人はいますよ。

女性でノーメイクは本当にありえないことですからね。

何のためにメイクをするかと言われると、キレイになるためです。

いくら元々顔の作りが良かろうと、外に出たら女性は着飾らないといけません。

謙虚

謙虚な人間は色んな人から好感をもたれやすいです。

そもそも謙虚な人間とはどういう人のことをいうかということですが、控えめな人間であると思っておきましょう。

行動や言葉が偉そうではないことを指します。

謙虚な方が好かれやすい理由として、誰に対しても偉そうにではなく過信しないことが上げられます。

礼儀正しいのもそうですが、相手を尊重する姿勢を常に見せているのです。

相手を見下したりせず、上司や部下などの立場関係なく普通に接する人間は好感が持てますね。

人間って良いことがあるとすぐに調子に乗ってしまい、偉そうな態度をとってしまったり駄目な行動をとってしまう方もいるのですが、謙虚な人は変わることはありません。

常に初心を忘れない姿勢を持っているので、偉そうな態度になることはないのです。

仕事場で良好な関係を築くにはどうしたらいい?

仕事場で良好な人間関係を築くのはとてもイージーなことです。

どういうことかと言いますと、自分が相手にされて嬉しいことをすると相手も喜ぶものです。

これは仕事だけではなく全ての人間関係についても同じことが言えます。

相手の気持ちになって考える、挨拶をする、嫌な仕事も進んでやる、協調性やチームワークを大切にすると上手くいけます。

挨拶をしっかりする

挨拶はコミュニケーションのツールとしては基本中の基本です。

別に挨拶なんて普通にしているとなめている方は結構いるんですよね。

どういう挨拶をするのが良いと思いますか?

人から好感をもたれやすい挨拶としては、相手の顔を見て笑顔で挨拶をするのが基本とされています。

反対に人から嫌がられる挨拶についてお伝えしましょう。

相手の目を見ずに挨拶する人、目を見て挨拶はするもののとてもそっけない人、または相手が挨拶をしているのにもかかわらず何も言わない人などです。

正直こういう人は稀にいるのですが、ありえないことですよ。

挨拶って当たり前のことではあるのですが、適当にして良いものではありません。

ちょっとしたところで性格って出るので、気をつけた方が良いですよ。

自覚があるかたは、相手の目を見て挨拶をしましょう。

嫌な仕事も進んでやる

嫌な仕事も進んでやるような方は、とてもポイントが高いですね。

誰だって嫌な仕事なんてしたくありませんよ。

できればやりたくないと思っている方が多いものです。

でも自分が苦手な仕事が上手くできたり、率先してやってくれるような人は色んな人から好感を持ってもらえるでしょう。

反対に嫌な仕事をしたくないという方は、いざという時めちゃくちゃ困るんですよね。

実際にあった話なのですが、他のメンバーが手が空いていない時に仕事が苦手だから嫌だからしたくないと言われたことがあります。

別に他のメンバーの手が空いている時なら良いのですが、自分しかいない時に拒否をされてしまうと正直何をしに仕事に来ているの?と質問をしたくなりますね。

当然このことが問題となり、上司に即報告をしました。

その後嫌な仕事もするようになりましたが、できればしたくない感が出ているので周りからの評価はガタ落ちでしたよ!

嫌な仕事というのは他のメンバー全員というよりも、自分がやりたくない仕事という言い方が正しいかもしれませんね。

他の人に評価をしてもらいたいと思うのであれば、どんな仕事でも率先してやるのが一番です。

嫌な仕事を率先してやっていると、他の方からは何でも進んでやってくれる人だと思ってもらえます。

言い訳をしない

すぐに何でも言い訳をしてしまう人っていますよね。

自分が悪い場合は言い訳をしてはいけません。

どういう理由があろうとも、言い訳をする人間というのは自分の非を認めていないと判断されてしまいます。

自分が明らか悪くない場合は関係ない旨を伝えても良いですが、明らか自分のせいであれば言い訳をしてはいけません。

時々何故失敗したの?とか聞かれることがありますが、正直そんな質問に答える必要はないです。

失敗に理由も何もないからです。

結構そういうむちゃくちゃな質問をしてくる人がいるのですが、素直に失敗したんですというしかないんですよね。

失敗したら素直に自分のミスを認めるようにしましょう。

何かをしてあげても相手に見返りを求めない

何かをしてあげても相手に見返りを求めるのは、見苦しい人間です。

相手に何かをしてあげた時、自分も同等のことをしてもらえるのが基本だと思っている方が多いのですが、そういう人間は自分のことしか考えていない人間でもあります。

人の親切というのはあくまでも自分本意なのです。

見返りを求めては絶対にいけません。

私の母親が見返りを求めるタイプだったのですが、とても見苦しいと思ってしまいましたね。

よく私のした親切が相手から見返りがなかった場合、いつも不平不満をいっていることが多かったのです。

見返りを求めろと言われますが、個人的には特に見返りが欲しくて親切をしていたわけではなかったのでどうでも良かったんですよ。

だって別に見返りを求めて親切にしていただけではなく、自分がそうしたかっただけなのです。

自分が行った親切は必ず相手から帰ってくるとは言えません。

見返りが帰ってきたらラッキー程度に思っているのがちょうど良いのではないか?と思いますよ。

そうじゃないとこの人は見返りばかり求めて面倒くさいという方ばかりになってしまいますからね。

見返りを求めるのは自分自身欲が深い人間であると思っておきましょう。

飲み会は適度に参加する

一昔前までは飲み会に参加することが半強制的でしたが、現在は飲み会を普通に断る方がいます。

上司との飲み会であったとしても、大切な予定がある時は参加できないとかはよくある話です。

最近は断るのは別に普通になってはいるのですが、ずっと誘いを断り続けていると自分だけ仲間はずれにされてしまう可能性が高くなりますよ。

面倒くさい、そんな仕事が終わった後も上司や仕事の人達と付き合いたくない!と思っている方が多いです。

確かに面倒くさいのですが、たまには親睦を深めるために必要ですよ。

よっぽどの用事がない限りは行くようにしましょう。

また体調が悪い時は無理して飲み会に行く必要はありません。

こういうのは協調性があるかないかを判断されますからね。

さすがに小さい子供がいる方ですと難しいでしょう。

良好な関係になれば自然と仕事も上手くいく♪

良好な関係になれば自然と何でも上手くいくものです。

仕事だけではなくプライベートでもそうですが、基本的に良好な関係を作るというのはそこまで難しいことではないのです。

全てはコミュニケーション能力が高いかどうかにもよります。

コミュニケーション能力というのは結構重要ですよ。

人間関係を潤滑するようになるには、自分が気をつければよいだけの話です。

よく相手は何故自分のいうことを聞いてくれないの?と疑問に思う方がいるのですが、そういうことをすること自体大きな間違えであると思っておきましょう。

良好な関係性を保つには、どうすれば良いか考えるだけでOKです。

決して相手のせいにしてはいけません。

反対に相手から自分のせいにされたら悲しいですよね?

仕事を上手く生かせるためには必ず他の方の協力が必要となることは考慮しておきましょう。