CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

気を配る力がある人の6個の特徴


この世界には沢山の人があふれています。

その人たちの中で様々な文明が生まれそれが栄える事によって、私たちの世界は形成されてきました。

だからこそ、今この世界があるのも過去の人たちの功績のおかげなのです。

多くの人が居るこの世界で、みんなが平和に暮らしていく事はそう簡単な事ではありません。

皆が皆自分の好きな事ばかりを主張するようになってしまっては、世界がうまく回る事は無いのです。

そうならないようにする為にも、他人の事を思いやり気配りが出来る人が重要です。

それをする事が出来る人がそばに居てくれるだけで、その周りの人はとても円滑に進む事が出来るようになるのです。

気配りをする事が出来る人は、他人の事を思いやって行動する事が出来る人なのでしょう。

だからこそ、その人のありがたみを周りの人は常に感じる事が出来ます。

また、周りにそういった行動をとってくれる人が居ることによって、自分も同じように周りに対して気配りをしようと思う事が出来るかもしれません。

それこそが、周りに与えるいい効果なのです。

だからこそ、気配りが出来る人になりたいと言う気持ちがあるのであれば、気配りが出来る人の傍に居る事です。

そうする事によって、その人を真似する事によって自分の今を変える事が出来るようになるかもしれません。

自分では気配りをしているつもりでも、それが周りに伝わっていない場合もあります。

その気持ちがあるのであればもっと的確な行動を身に付けるべきでしょう。

それが出来るかどうかによって、自分の今後を変える事が出来るようになるかもしれません。

まずは自分が出来る事・どうすれば気配りの出来る人になる事が出来るのかを考えて行動してみましょう。

すぐに出来るようになるのは難しいかもしれません。

けれど、それを意識して行動することこそが大切な事なのです。

その大切な事をしっかりと意識して行動していきましょう。

この記事の目次

気を配る力がある人って憧れちゃいますよね!

あなたの周りに気配りの出来る人はどのくらいいるでしょうか。

きっと『あの人』と思い浮かぶ人が居るはずです。

多くの人が、気配りの出来る人になりたいという気持ちを持っているはずです。

そうする事が、人間関係を円滑にしていく為には必要な事だからです。

けれど、だからと言って誰もがそれをする事が出来るわけではありません。

気配りは意識しないと出来ないものなのです。

だからこそ「気配りが出来る人になりたいな」そう思っていたとしても、思っているだけでは何の効果も得る事が出来ないのです。

気配りが出来る人をみると、その素晴らしさにあこがれの気持ちを持つ人も少なくありません。

それだけ人としても魅力を感じる事が出来るのでしょう。

もしその人が先輩など目上の人であれば、憧れの存在となりその人を目指して行動しようと思っても不思議ではありません。

それだけ気配りの出来る人には大きな魅力があるのです。

気配りの出来る人間は、そう多くはありません。

人間はどうしても自分を中心に物事を考えてしまいがちなのです。

その中で、自分本位では無く相手の事を考えて行動できる人はとても素敵な人であると同時に人間として素晴らしい人だという事が言えるでしょう。

そんな人はそう何人もいるものでは無いのです。

貴重な人だからこそ、人はその人に憧れの気持ちを抱くのです。

気配りの出来る人になるのはそう簡単な事では無いかもしれませんが、その人の事を尊敬しそうなりたいと思う事こそが気配りの出来る人になる事が出来る第一歩につながるのではないでしょうか。

気を配る力がある人がやっている4個のこと

それではここからは気配りの出来る人が実際にやっている事についてご紹介させていただきます。

ただ漠然と『この人は気配りの出来る人だな』と思っていたとしても、いざそれを真似しようと思っても出来るものではありません。

もっと具体的な何かが無いと、何をして良いか分からなくなってしまうのです。

なりたい何かがある場合には、より具他的なイメージを持つ事が大切です。

それを持つ事によって、自分がどうしていけば変わる事が出来るのかを体感して学ぶ事が出来るのです。

それこそが、今の自分を変える為には必要な事なのです。

周りの人から『あの人は気配りの出来る人』と思われるには、何らかの理由があるはずです。

きっと普通の人では思いつかないような行動を取る事によって、周りの人にそう思われているのでしょう。

だからこそ、まずその事を知る事が大切なのです。

こんなことをしているんだという、具体的な例を知る事によって、それを学ぶことが出来るようになります。

それを自分のものにする為に、実行する事だって出来るようになる事でしょう。

自分では思いつかないような行動も、真似をしていけば良いのです。

そうする事によって、自然とその考えを身に付けていく事が出来るようになります。

それこそが自分を変える為に必要な第一歩と言えるのです。

まずはその第一歩を踏み出す事が出来るかどうかです。

自分を変えたいという気持ちがあるんであれば、まず行動あるのみです。

飲み会後にお礼のメールをする


気配りの出来る人は、相手の気持ちを考えて行動する事が出来ます。

その為、これをしたら相手は喜ぶであろうという行動を自然と取る事が出来るのです。

その一つが、飲み会後のお礼のメールです。

飲み会にもいろいろな種類があります。

仲間内の物もあれば、会社などで開催されるものもあるでしょう。

その場合、ただ楽しくみんなで騒いで終わる飲み会もあります。

その際、飲み終わった後にあえて連絡をする人は意外と少ないかもしれません。

ですが、その際、連絡をする事によって相手に気持ちを伝える事が出来ます。

飲み会を開催するには、必ず誰かが幹事をしてくれているはずです。

日程を決めたりお店の予約をしている人が居るのです。

それは意外と大変な行為であり、意外と骨が折れるおものです。

友人同士の集まりでは好きな人がやっている場合もありますが、会社などの場合にはそれも仕事の一つとして行っている場合もあります。

お店選びは大丈夫だったか。

周りの人は楽しむ事が出来ただろうか。

そんな事を考え不安になっている事もあるかもしれません。

そんな時、感謝の連絡が来たらどうでしょうか。

きっと嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

感謝の気持ちを持っているのであれば、まずその気持ちを相手に伝える事を意識しましょう。

ただ思っているだけではその気持ちが相手に伝わる事がありません。

感謝の気持ちがあるのであれば、是非伝えてあげてください。

そうする事によって、みんなの為に行動した人も嬉しい気持ちになり前向きな次の行動につながるのではないでしょうか。

会社やアルバイト先にお土産を買っていく

周りの人との人間関係を良いものをしたいと思うのであれば、気持ちを伝える事が大切です。

思っているだけでは相手にその気持ちは伝わりません。

もし相手に自分の気持ちを伝えたいと思うのであれば、それを分かりやすい形で伝えるように意識してください。

例えば、手土産などもその一つです。

会社やアルバイト先などには、手土産を持っていく必要はありません。

実際の仕事が楽になるわけではなく、手土産を持っていかなければならない理由もないからです。

だからこそ、損得で物事を考える人にとっては、その手土産を持っていく行為事態無駄な事のように見えてしまうかもしれません。

ですが、その無駄に思える行為が大切なのです。

一見無駄に見えろ行為も、長居目で見れば必ず自分の為になってくれるはずです。

例え自分にとってすぐにプラスにならなかっらとしてもいつかプラスになる時がやってくるのです。

だからこそ、相手の為に動く事は必ずしも相手の為とは限りません。

自分の為になる事だってるのです。

会社の人やアルバイト先の人の事を考えて行動する事は自分の周りの環境を良いものにする子tが出来るようになるはずです。

ちょっとしたものでも、お土産を貰う事によってその人たちはうkれしい気持ちになる事が出来るでしょう。

その気持ちを持って行動する事が大切なのです。

小さな気遣いも、それによって得られる効果は思いのほか大きいはずです。

だからこそ、その気持ちを意識して行動してみてはいかがでしょうか。

飲み会で食べ物を取り分ける

飲み会などの場合、一人一皿ご飯を用意する事があまりありません。

どちらかというと、大皿を頼み取り分けるというスタイルが一般的なのではないでしょうか。

その場合、取り分ける人が必要になります。

その取り分けをする人が居ないと、結局取り分けがうまくいかずみんなが均等にご飯を食べる事が出来なくなってしまうからです。

自分の事ばかり考えている人は、自分が欲しいものは自分で取ればいいと思っているかもしれません。

みんながみんな自分の好きなように取る事が出来れば、それもまたいい方法と言える場合もあります。

ですが、それをする事が出来ない人も居るはずです。

周りの人の雰囲気に押され、自分が欲しいものを取る事が出来ないのです。

もしかしたら、食べる事すらできなくなってしまうかのうせいもあります。

お金を割り勘にする場合、食べる事が出来る人も居れば出来ない人も居るという状況はあまりいい方法だとは言えません。

必ず不満が出てしまうからです。

せっかく楽しい飲み会も、不満を感じてしまう原因があればそれが解消されないまま過ごす事になってしまう事でしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも均等に分け人が必要なのです。

取り分ける作業は、楽しいものでは無いはずです。

面倒だと思ってしまっても仕方が無いでしょう。

にもにも拘わらず、周りの人の事を考えて行動する事が出来る人だからこそ、気を使ってそうした行動に出る事が出来るのでしょう。

自分の事ばかり考えている人には、誰も気遣いが出来る人とは思わないはずです。

相手の事を考えきちんと行動を取る事が出来るからこそ、気遣いが出来る人だというイメージを持つ事が出来るのです。

だからこそ、まずは自分ばかりではなく周りの人の事を考えて行動するようにしていきましょう。

それをする事が出来れば、自然と周りの人を考えた行動を取る事が出来るはずです。

それが気遣いの出来る人というイメージにつながるのでしょう。

悩んでいる人に声を掛ける


あなたの周りに困っている人はいませんか?もし困っている人が身近にいるのであればその人に声をかけてあげましょう。

そうする事によって、助ける事が出来る事もあるでしょう。

もしかしたら、話を聞いても何もしてあげる事が出来ない場合もあります。

自分ではどうしようもない大きな事で悩んでいる場合もあるでしょう。

そんな時、聞いたこと事態を後悔してしまう事だってあるかもしれないのです。

ですが、実際には話しかけるだけで意味がある事もあります。

自分ではどうにもならないような事も、誰かに話す事によって気持ちが安らぐこともあります。

考えをまとめる事が出来るので冷静になるチャンスをつかむ事が出来るようになる場合もあるでしょう。

ただ話を聞いてくれるだけで救われる事があるのです。

自分に何が出来るか考える前に、まずは自分の周りに困っている人が居たら積極的に話しかけてみましょう。

それがその人の為になる事もあります。

先に困っている事を知る事によって、出来る事を積極的に行動する事につなげる事だってあるでしょう。

相手の事を考えて行動する事が出来るかどうかが大切なのです。

あなたが、周りの人の事を考えて行動していればいつか必ず周りの人もあなたの事を考えて行動してくれる事が出来るようになるでしょう。

相手の事を考えて行動したことは、必ず相手にその気持ちが伝わるはずです。

その気持ちは、いつか自分に返ってくるはずです。

そんな人間関係を作る事が出来れば、自分の今の生活をより良いものにしていく事が出来るでしょう。

気を配る力がある人の6個の特徴とは

それではここからは気配りをする事が出来る人の特徴についてご紹介させていただきます。

特徴を知る事によって、どんな行動を取るべきなのかを考え行動する事が出来るようになるでしょう。

空気が読める

周りの人の事を考え行動できる人は、そもそも周りの人を良く見ています。

もっと言えば、相手の空気を読む事によって必要とされている行動を取る事が出来るようになるのです。

空気を読む事を意識する事によって、自分が今すべきことを明確に表す事が出来るようになるのかもしれません。

気配りの出来る人が傍に居てくれるだけで安心感を感じる事が出来るでしょう。

支えて欲しいときにスっと手を差し伸べてくれる事もあるかもしれません。

それこそがまさに空気を読むという事なのです。

空気を読んで行動する事が出来るようになれば、自然と相手にとって必要な行動を取る事が出来るようになるでしょう。

空気を読む事が得意だと言う人は、きっと普段から周りの人の事を意識して生活しているのでしょう。

そちらに目を向けて生活しているからこそ、小さな変化にも気が付く事が出来るようになるのです。

そんなところが気遣いが出来る人にとっては必要な事なのかもしれません。

観察力が高い

相手が困っているときに手を差し伸べる事が出来るかどうかが、気遣いの出来る人になれるかどうかの大切なポイントです。

必要な事では無く、自分が出来る事・相手が必要としている事を意識して物事を決めていきましょう。

そうする事ができるようになる為には、観察力が必要です。

観察力があるかどうかによって、相手の気持ちを考えて行動する事が出来るかどうかが変わってきます。

相手の気持ちを察して動く事が出来る人は、きっと観察力の高い人なのです。

それをする事が出来るからこそ、相手の気持ちになった行動を取る事が出来るのでしょう。

それをする事によって、支えられているという事もあるかもしれません。

相手の気持ちになって行動しているつもりでも、それが自分で勝手に考えて行動している事なのであれば相手にその気持ちが伝わる事はないかもしれません。

もしかしたら、一人でいいように考えてしまっているだけで実際には迷惑なだけなんて事もあるのです。

それでは気遣いのできる人とは言えません。

気遣いが出来る人は、相手の事を思って行動する事が出来ます。

人見知りをしない

何か困っている人がいる場合、助けてあげる事が大切です。

何かありましたか?そんな風に声をかけてあげる事が出来ればそれだけでも嬉しい気持ちになる事が出来るはずです。

相手の事を思い行動する事こそが大事なポイントなのです。

困っている人に話しかけるには、意外とコミュニケーション能力が必要です。

本当は気になる行動をしている人が居たとしても『大丈夫?』『手伝おうか?』その一言が言えるかどうかが何よりも大切なのです。

それが言えなければいくら相手の事を思っていたとしても、その気持ちが伝わることはないのですから。

人見知りをしない事も、気遣いのできる人の大きな特徴なのかもしれません。

それをする事が出来ることこそ、本当に大切なことなのでしょう。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力の高さは人間関係の良さに直結しています。

人間関係を円滑に進める事が出来る人の場合には、それがきっかけとなり気遣いのできる人になるのかもしれません。

自分の周りの人とうまく過ごす事が出来ていない人が、気遣いのできる人の訳が無いのですから。

コミュニケーション能力が高いことによって、周りの人とより仲良く過ごす事が出来るようになります。

そうすることによって、困っている人と早く出会う事が出来るようになるかもしれません。

いざという時に役立つ事が出来る環境が沢山あるのです。

いくら、周りの人の役に立ちたいと思っていたとしても、それが出来る相手が居なければその気持ちが叶うはずが無いのです。

まずは、周りの人といい関係をつくる。

それこそが大切な事なのです。

進んで行動することができる

気遣いができる人の場合には、周りの人のことを思って行動する事ができます。

そこには損得などはなく、助けたいという純粋な気持ちがあってこその行動なのです。

だからこそ、進んで行動する事が出来る行動力を持っている場合が殆どです。

行動力があるからこそ、相手に気遣いを届ける事が出来るようになるのです。

進んで行動する事ができない場合、貴方の気遣いが相手に届く事はありません。

本当はもっと助けてあげたいという気持ちを持っていたとしても、それが実行される事がないまま終わってしまえば相手の事を思っていないことと同じ事です。

気持ちは行動に繋がってはじめて相手に届くのです。

だからこそ積極的に行動する事がとても大切です。

誰でも平等に接する

気遣いの出来る人は、自分から気遣いが出来るというような事は言い出しません。

周りの人がそう思う事によて、そういった評判が出てくるのでしょう。

だからこそ、多くの人からの評価が無ければそういったイメージの人になる事は出来ないのです。

そのためには、まず多くの人に気遣いをするべきです。

一人二人では無く、多くの人からそうした声が出る事によって、周りの人もあなたを気遣いの出来る人だと思ってくれるようになるはずです。

誰にでも平等に優しくする事は意外と難しいものです。

人間には必ず好き嫌いがあります。

だからこそ、その好き嫌いに合わせて優しくする人が偏ってしまうのです。

普通であれば自分がさほど好きでは無い人に対して優しくしてあげようと思う事はないからです。

けれど、それでは気遣いの出来る人と言われる事はありません。

相手に関係なくいろいろな人に優しくしてあげる事が出来る人だからこそ、素晴らしい人なのです。

誰でも平等に優しくする為には、それだけの強さが必要です。

周りに流されず、自分の気持ちをしっかり持つ事が出来るかどうかが大切なのかもしれません。

だからこそ、まずは周りの人の良いところを探してみましょう。

人には必ずいいところがあるはずです。

その良いところを一つづつ理解する事によって、苦手と考えている人に対しても優しくしてあげる事が出来るようになるのではないでしょうか。

謙虚な気持ちを忘れていない

誰かを助ける場合、そこに『やってあげている』という気持ちが働いてしまってはいけません。

あくまでも自分が助けてあげたいと思うからこそ行動しているという気持ちを持つ事が大切なのです。

謙虚な気持ちを忘れ、上から目線で行動してしまってはそれは気遣いにはなりません。

単なる押し付けになってしまいます。

自分が良いと思ってしている事も、相手が迷惑だと思っているのであれば意味がありません。

それは気遣いの出来る人になる事が出来ているとは言えないのではないでしょうか。

少しでも自分が良いように思われたいという気持ちを持っているようでは、周りの人から気遣いが出来るとは言って貰えません。

あくまでも相手の事を考え、自分がしたいと思っているからこそそうしている。

そんな気持ちを持つ事が大切なのでしょう。

謙虚な気持ちを持ち続ける事は、どんな状況でも必要な事です。

立場が変わっても成功しても、謙虚な気持ちを持って行動する事によって、周りの人とうまくやっていく事が出来るようになるでしょう。

そんな気持ちを持って行動することが出来れば、おのずと周りからの評価もついてくるというものです。

「気を配る力がある」と思われるにはどうしたらいいの?

それでは、気を配る事が出来る人になるには具体的にどうすれば良いのでしょうか。

その具体的な方法を知る事をよって自分を変える為に何が必要なのかどうかを知る事が出来るようになるでしょう。

その方法を知る事が、何よりも大切な事です。

気を配る事が出来るようになれば、人間として一回りも二回りも成長していく事が出来るようになるはずです。

だからこそ、自分に足りない部分を知ると同時に成長するきっかけを掴む為にも擬態的な方法をしっかりと理解していきましょう。

自分だったらどうしてほしいか考える

気を使う事が出来る人になる為には、相手がして欲しい事を予測して行動出来るようになる事が大切です。

しかし、所詮他人は他人です。

いくら相手の立場に立って考えてあげようと思ったとしてもできない事もあります。

そんな時には、自分に置き換えて考えてみるのです。

自分だったらどうして欲しいかを考え、それを実行するのです。

人によっては考え方が違うという事もあるでしょう。

迷惑になってしまう事もあるかもしれません。

けれど、相手の立場に立って考えるという難しい行動を意識するのであれば、自分に置き換えて考えてみる方がよりリアルに行動をイメージする事が出来るのではないでしょうか。

そのリアルさを追求する事も大切なポイントです。

相手に見返りを求めない

相手に何かをする場合、ついつい見返りを求めてしまう場合もあるでしょう。

自分がこんなにしているのだから、相手にもこれだけの事をして欲しい。

そんな風に思ってしまう事もあるでしょう。

けれど、その気持ちは必ず相手に伝わってしまうものです。

見返りを求めた行動は、相手にとっては有難迷惑になる場合もあり、感謝の対象にならない事も多々あります。

だからこそ、何かをする際は相手に見返りを求めない事を意識しておきましょう。

もし相手に何かをしてあげる場合には、あくまでも自分がしたいからしてあげるという気持ちを持つ事が大切です。

その気持ちを持たずに行動してしまうと、気遣いが出来る人になる事は出来ません。

相手の事を思って行動する事が出来るかどうかが、とても重要なポイントなのです。

気配りができる人になろう!

気配りができる人になる事が出来れば、多くの人といい人間関係を作っていく事が出来るようになります。

自分が困った時にも手を貸してくれる人に出会う事が出来るようになるかもしれません。

そんな人間関係を維持する事が出来るからこそ、気遣いのできる人になる事は素晴らしい事なのです。

この記事を参考に、気配りができる人を目指しましょう。

ページトップ