CoCoSiA(ココシア)

一人暮らし寂しいと思う瞬間14選

一人暮らし寂しいと思う瞬間12選のイメージ写真

これから一人暮らしをしようと考えている人にとって、一人で暮らすっていうのは未知の世界。

一人で暮らすって、どういうことなんだろう?って、いまいちイメージが掴めなかったりするのではないでしょうか?

でも、実家暮らしで親と同居していれば煩わしく思うこともあり…

親と喧嘩するたびに、「絶対一人暮らししてやる」なんて思ったりもするんですよね!

「あ~早く一人暮らししたい」なんて口癖のように言っていたりするのでは?

今回は、これから一人暮らしをしようと考えている人のために、一人暮らしのメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

一人は自由な反面、一人で暮らすんですからやっぱり寂しさもあるものです。

筆者も今現在一人暮らしをしていますし、一人暮らし歴も10数年。

そんな経験も踏まえて、一人暮らしのいいところ、やっぱりちょっと困るところなんかをお話できたらなって思っています♪

また、今現在一人暮らしで寂しさを抱えている人にも、「あるある!」なんて共感していただけるかも。

そんな寂しさへの対処法もまとめてみたので、ぜひ参考にしてください!

一人暮らしのメリット

夢の一人暮らし♡まずは、そのメリットから見ていきましょう!

筆者としては、一人暮らしにはメリットの方が多いと感じています。

学生時代からずーっと家を出たかったし、高校を卒業して就職してからは、一人暮らしを目標にお金を貯めていたくらい。

ようやく一人暮らしを始められた時は、もう嬉しさしかありませんでした♪

その気持ちは未だに変わっていなくて、一人暮らしを維持するために働いていると言っても過言ではありません。

仕事をするのも、お金を稼ぐのも、一人暮らしを維持していくことが、ひとつのモチベーションになっています。

筆者のように、一人暮らしをしている人は、一人暮らしに多くのメリットを感じていると思います。

みんなどんなところにメリットを感じて過ごしているのか…さっそく見ていきましょう!

1. 全て自分で自由にできる

一人暮らしのメリットといえば、何と言っても全て自分で自由に出来る事です。

実家にいると、家族とはいえ人と暮らすにはルールがあるものですよね。

筆者も、今となっては実家のルールが面倒くさくて…帰っても実家に泊まることはほとんどありません。

例えばお風呂。

一人じゃなければ、入る時間も自分の自由にはなりませんよね。

自分の都合より、順番に入ってしまうことを優先しなければなりません。

それに、好きなだけ長く入っていたら他の人が入れなくなっちゃうし、お風呂の温度で揉めたりすることもあったりしますよね。

帰る時間なんかも、遅くなる時は連絡しないと心配されちゃうから連絡しなきゃいけないし、ごはんもいらない時は言っておかないと…と、人と暮らすって何かと気を遣うものです。

そんな気遣いも無用!ぜ~んぶ自由に出来るのが、一人暮らし。

筆者はお風呂でオイルマッサージしたりするので…お湯に油が浮いちゃったり、床がヌルヌルしちゃったりするんです。

こんなことも、実家だったら出来ないな~って。

何気ないことひとつひとつに自由を感じられる♪それが一人暮らしの醍醐味です。

生活スタイルに干渉されない

実家にいる時には、家族からあれこれと生活スタイルについて干渉されることがよくありました。

「いつでも寝てるの?」「早くご飯食べなさい!」「今何時だと思ってるの!」などなど・・・朝から夜まで、とくに親からの干渉が多かったですね。

大人になれば少しはそうした干渉も減りますが、それでもやっぱり家に誰かがいると干渉されてしまうものです。

でも一人暮らしなら誰にも干渉されることがないので、自由にのびのびと暮らせます♪

親や家族に問い詰められることがない

家族と一緒に暮らしていると、干渉の末によく問い詰められることもありました。

帰宅時間や友人・恋人との付き合い、食事の内容に関してまで、いろんなことでいちいち責められたり問い詰められたりして、「うっとうしいなぁ」と思う人も多いのではないでしょうか?

筆者もそうした家族からの束縛にはうんざりすることが多かったです。

一人で自由に行動したい人にとっては、家族の干渉や問い詰めのない一人暮らしは快適でストレスもないですよ♪

自分の時間を自由に使える

家族と一緒に暮らしていると、食事の時間やお風呂の時間、リビングでテレビを見る時間などは限られていますよね。

「もっと自由に過ごしたいのに・・」そんな不満を抱える人も多いでしょう。

一人暮らしをしてみれば分かりますが、いつどこで自分が何をしても誰にもとがめられないため、快適に自分の時間を自由に使えます。

「いつ何をしてもいいんだ!」という快適さはきっと病みつきになると思いますよ。