数ある占いの中でも星座占いと言えば定番ですよね。

誰でも一度くらいは占った事があるのではないでしょうか。

自分の性格だけではなく、気になる相手の性格や、自分との相性も簡単に診断できるので便利ですよね。

今回はそんな星座占いの中でもおひつじ座の性格や特徴についてまとめてみました。

おひつじ座を解き明かそう!

おひつじ座は西洋占星術の中の一つ。

12星座はそれぞれ四大元素(火・地・風・水)のいずれかに分かれていて、おひつじ座はその中でも火を司る星座と言われています。

おひつじ座の他には、しし座といて座も同じ火を司る星座です。

火の星座は行動力があり、何か物事を始める力強さを持っています。

自分の気持ちに正直で、それを何よりも重視しています。

その為ならば、少々の事では恐れずに周りの事も気にならないほどの大胆さを持ち合わせています。

おひつじ座にまつわる神話について

ここからは星座の由来にもなった、おひつじ座にまつわる神話についてもご紹介したいと思います。

その昔、ギリシャのテッサリア地方を治めるアマタース王とネペレ王妃がいました。

二人の間には双子である兄プリクソス王子と妹ヘラー王女がいました。

その後、アマタース王は妻であるネペレ王妃に対して冷たくなり、やがて離婚してしまいます。

それからアマタース王はイーノーという妻を新たに迎えるようになりました。

ネペレ元王妃は残された双子の身を心配していました。

継母となったイーノーは元王妃の心配していた通り、双子が邪魔で仕方ないと思い始め、やがてどちらも殺す事を企てます。

イーノーはまず、国内の作物に細工をして、わざと飢饉に陥れてやろうと考えました。

作物の飢饉に気付いたアマタース王は伝令を使わせて神のお告げを聞こうと試みますが、イーノーは伝令を買収して阻止してしまいます。

更にイーノーはでたらめな神のお告げをアマタース王に伝えるよう指示します。

そのでたらめな神のお告げとは国を救いたいのであれば双子をゼウスに生贄として捧げよという内容でした。

その後、アマタース王はいけない事と分かっていながらも国民からも詰め寄られ、飢饉を免れるには仕方がないとして双子を生贄として捧げる事を決めてしまいます。

そしていよいよ双子が生贄として捧げられようとしたその時、そこへ突然黄金の毛皮を持った羊が現れたのです。

元王妃ネペレがゼウスに双子を救って欲しいと頼んで遣わせていたのでした。

黄金の羊は双子の兄妹を背中に乗せて空を飛び立っていきました。

こうして双子の兄妹は生贄にならず助かったのです。

その後、黄金の羊は遠い東の空へ飛んで行きますが、その途中アジアとヨーロッパの境の辺りで妹のヘラー王女が海に落ちてしまいます。

やがてヘラー王女は溺れてしまいそのまま死んでしまうのですが、その海はヘラーの海と呼ばれ、現在のダーダネルス海峡であると言い伝えられています。

その後、助かったプリクソス王子を背中に乗せた黄金の羊は、コルキスという国に辿り着きます。

コルキス王であるアイエテスに快く歓迎されたプリクソス王子は、やがてアイエテスの娘とめでたく結婚する事になります。

プリクソス王子は黄金の羊の毛皮をアイエテスに、おひつじはゼウスにそれぞれ捧げました。

アイエテスは眠らない竜に番をさせ、黄金の毛皮を大事にしていたそうです。

その後、ゼウスの力によって黄金の羊はやがて星座になりました。

というお話です。

正義感があって助けに来てくれたのはいいけれど、大事な兄妹の一人を海に落としてしまうなんておっちょこちょいな羊ですよね。

おひつじ座の人がよくせっかちで周りの事を気にしないなんて言われてしまうのもそんな黄金の羊と似ているからなのかも知れませんね。

おひつじ座はどんな星座?

おひつじ座は黄道十二宮の一番目として数えられ、西洋占星術では白羊宮と呼ばれています。

なぜ白羊宮が一番目に数えられるのかと言いますと、春分点に関係しているからと言われています。

春分点とは太陽の通り道である黄道と、赤道をそのまま天へ延長した天の赤道の2つが丁度交差する点の事です。

そして、この春分点に太陽が通る瞬間が春分となります。

黄道十二宮が発見された時、おひつじ座の位置に春分点があった為、白羊宮が十二宮の一番目として数えられるようになったと言われています。

お気づきの人もいらっしゃるかと思いますが、春分とはまさに春分の日の事です。

尚、春分の日が3月20か21日のどちらになるかその年によって異なるのは、天体や地球の動きによって春分に一日程度のずれが生じるからです。

その為、西洋占星術にとって春分の日は宇宙の元旦とも呼ばれ、一年のスタートとして非常に重要である日なのだとか。

おひつじ座はそんな星占いのトップバッターの役目を持っている星座です。

いつからいつまでに生まれたらおひつじ座?

牡羊座は3月20日~4月21日までに生まれた人がおひつじ座になります。

尚、蛇遣い座を含めた新星座占い場合は4月19日~5/14日に生まれた人がおひつじ座になります。

おひつじ座の男性の特徴

おひつじ座の男性とはどのような特徴があるのでしょうか。

ここからはおひつじ座の男性の特徴についてご紹介します。

気になる人はチェックしてみて下さいね。

1. 競争心、闘争心が強い

※文章 おひつじ座の男性は競争心や闘争心が強いと言われています。

仕事でも遊びでも一番になる事にこだわりを持っています。

戦って守るのは火の星座であるおひつじ座にとって正義なのです。

その為、水を差すような事を言われたり、邪魔をされると怒りを露にします。

また、頭の回転も早いので、仕事においても何か判断に迫られた時は即断即決するタイプです。

恋愛に関しても非常に積極的で、情熱的なタイプです。

女性を好きになる時も、一瞬で燃え上がりますが、その分一度関係を持つと、一気に気持ちが冷めてしまうようなところもあります。

2. 正義感が強い

おひつじ座の男性は正義感が強く曲がった事が大嫌いです。

その為、いい加減な態度を取るような人とは付き合おうとは思いません。

熱血漢で男らしい性格なのですが、時に周囲の人間から暑苦しいと思われる事もあります。

しかしながら、おひつじ座の男性はそんな空気も気にしないほどの大胆さを持っています。

3. ひらめきで行動する

おひつじ座の男性はあれこれ考えるのは苦手です。

自分の直感を優先しており、考えるというよりはひらめいたらすぐに行動するタイプです。

そして何よりもそんな自分のひらめきを信じているのです。

その為、悩んでなかなか行動を始めない人を見るとついイライラしてしまう事も多々あります。

また、束縛も嫌うので人に待たされるような事も非常にストレスを感じてしまいます。

4. やんちゃである

おひつじ座は12星座の中で1番目に数えられる星座で、生まれたての赤ん坊に例えられています。

その為、他の星座と比べて一番若い星座です。

そのせいか、おひつじ座の男性は大人になっても子供っぽいところがあり、やんちゃでわがままな性格な人が多いと言われています。

5. 頼りがいがある

おひつじ座の男性は面倒見が良いので、困っている人がいたら自分から進んで声を掛ける事ができます。

また、誰に対しても均等にコミュニケーションを取れる人です。

そんなところが慕われ、グループ内では頼りがいのあるリーダー的存在としての素質も持っています。

6.気持ちはいつでもストレート

おひつじ座男性は自分の気持ちに正直です。

その為、相手に気持ちを伝える時はいつでもストレート。

その為、周囲の人間とぶつかるなんて事もしょっちゅうです。

また、嫌いな相手に対して嘘をついて騙したりするほど器用さは無く、そうするくらいなら相手に直接文句を言った方が良いと思っています。

飾らないそんな言葉に男らしさを感じさせますが、そんな姿が時には裏目に出て、幼すぎると思われる事もあります。

7.好き嫌いがはっきりしている

おひつじ座男性は、色々なタイプの人間とも分け隔てなくコミュニケーションを取る事ができますが、付き合っている間に相手の見方が急に変わる事があります。

それまで仲良くしていた人であっても、ちょっと嫌だと感じる事があると、まるで手のひらを返したような態度を取る事があり、一度そうなってしまうとなかなか関係の修復は難しいケースが多いです。

その為、おひつじ座男性は人間関係において自分の好き嫌いがはっきりしています。

そうする事がおひつじ座男性にとって頭の中で整理がつき易く、都合が良いのです。

8.話し合いは苦手

おひつじ座男性は立ち止まっているのが苦手で、動き回っていたいタイプです。

その為、長い会議や話し合いは苦手。

退屈と感じると集中力も持ちません。

また、理屈っぽい事を嫌うので、そういう話をする相手と一緒にいるとストレスを感じやすい人が多いと言われています。

おひつじ座男性が会社などで物に当たったり、口調が荒くなるのはそんなストレスが原因だったりする事があります。

9.恋の駆け引きは苦手

自分に気があると思った女性には優しく接したり、連絡もマメにできますが、恋の駆け引きは苦手です。

女性の反応がイマイチ悪かったり、じらされたりすると自分に気が無いと思ってしまう事があります。

おひつじ座男性は女性に対しても、言いたい事をストレートに伝えてほしいと思っており、そうでないとなかなか女性の気持ちを感じ取る事ができないタイプなのです。

そんなところが単純で幼く見られがちですが、まるで少年のような心が女性の母性本能をくすぐる事もあるようです。

10.ライバルの存在に燃える

火の星座という事もあって、元々おひつじ座は闘争心が強い星座です。

そんなおひつじ座男性にとって、ライバルの存在は闘争心に火をつける事が多々あります。

相手が気にしてなくても、おひつじ座男性が強敵と感じた全ての人がライバルになります。

しかしながら、曲がった事は嫌いなので、卑怯な手を使う事はありません。

あくまで正義感を持って自分の力で乗り越えようとします。

そしてその戦いに勝つ事に喜びを感じるのです。

恋愛においてもそれは同じ事で、自分の彼女に近づこうとする他の男性は注意深く観察しています。

それは、たとえ彼女の男友達であっても変わりません。

ちょっと話しかけただけのつもりでも、おひつじ座男性からいつの間にかライバル視されているかも知れません。

おひつじ座の女性の特徴

おひつじ座男性についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

ここからはおひつじ座女性の特徴についてご紹介しますので、こちらも気になる人はチェックしてみて下さいね。

1. 決断力がある

おひつじ座女性は基本的にサバサバした性格の人が多いと言われています。

フットワークが軽く、あまり物事を深く考えずに行動をするところもありますが、その分他の星座と比べて決断力があります。

活発で明るい性格の人が多いです。

また、裏表の無い性格である為、周りの人間からも信頼される姉御肌的な存在になる事が多いです。