せこい人って何故だか軽蔑の目で見られてしまいますよね。

せこいって思われたくないし、家族や、例えば一緒にいる彼なんかが外でせこい一面を発揮すると、こっちまで恥ずかしい気持ちになってしまいます。

せこいって言うと途端に軽蔑の意味合いにもなるし、恥ずかしくもなりますが、今は節約する人が多い時代。

ある意味みんなせこいはず。

だけど、せこいって言われるのも思われるのも嫌!なんですよね。

これって、どんな心理なんでしょう?

せこいって言えば、基本的には金銭的な面でケチなことやずるいことを言いますよね。

節約上手なら褒め言葉にも成り得るんだけど…せこい人は何かが違う。

せこい人って一体どんな人なんだろう?って、疑問に思いませんか?
これが分からなければ、自分もせこい人って言われている可能性もあるのかも!?

「あの人せこいんだよね」なんて陰で言われないためにも…今回は、せこい人を徹底的に調べます!

せこい人は魅力ゼロ!

せこい人は魅力ゼロ!…残念ながら、そうなんですよね。

魅力的な人に対して「せこいよね♡」なんて言いませんから、せこいって言われたり思われている時点で、軽蔑の目で見られているか嫌われていることになってしまいます。

せこいって、今は主に金銭的な面でケチだったりする時に使われる言葉ですが、もともとは“悪い・下手”と言う意味で芸人の間で使われていたと言います。

始まりから悪口だったんですね。

一方で、何故現在のような金銭的な意味合いで使われるようになったかと言うと…、せこいの漢字“世故”から読み解くことが出来るようです。

世故とは、世間の事情や習慣のことで、“世故に長けている人”と言えば、世間の事情に精通している人ということになるそうです。

ですのでせこい人とは、世間の事情にに詳しくて世渡りが上手い人のことを指し…これが転じて、いつしか細かくてケチな人に使われるようになったそう。

せこいという言葉ひとつとっても、日本語は本当に奥が深いですね。

でも、“世故い”って漢字の意味から考えると、つまりは嫌味ってことですよね。

世間のことに精通したずる賢さのある人に対して、「世渡り上手ね」という嫌味としてせこいと言った。

それが今、細かくてケチケチした人を「せこい」と表現するのが定着していったのでしょうね。

でもなぜ、世渡り上手がせこいと言われてしまうのか。

節約上手や倹約家ではなく、せこい人になってしまうのは…?

1. どうしてせこい性格になるの?


せこい人はどうしてせこい性格になるのか?
せこいのケチとかみみっちいって意味から推測すれば、やっぱり育った環境やこれまでの経験が大きく関係しているのかなって思いますよね。

因みに筆者の父は、外面がいいので外でまでせこい部分は発揮しませんが、基本的にはせこい性格を持った人です。

お金に対する執着みたいなものは、人一倍持っています。

そうなった背景には、やっぱり育った環境があるんです。

筆者の父は8人兄弟。

しかも父は末っ子です。

決して裕福な家庭ではなかったし、時代から考えてもお金には苦労したようです。

長男は大学まで行っているけど、父は高校に行かせてもらえるかどうかもギリギリのところだったというし、父親(筆者の祖父)は早くに亡くなっているので、母親が女手一つ8人を育てたわけです。

家に赤紙(差し押さえ)が張られたこともあったそうで、その時の苦しみが今でも忘れられないと言います。

こういったお金に苦労した経験なんかがあると、どうしたってケチケチと細かいことに拘りたくなるだろうし、良い人でいるなんてバカバカしいとも思ってしまうでしょうね。

屈辱を晴らそうと、ズル賢く世渡りしていく能力を身につけていきたくもなるでしょう。

本人がそういった経験をしていなくても、親がそういった価値観を持っていれば、それは子供にも脈々と受け継がれるものです。

ですのでせこい性格は、その家の伝統であり、経験値によるものが大きいのでしょうね。

2. せこい人は友人を失う

せこい人が苦労の末にせこい人になったと考えれば同情もしますが…
とはいえ、せこい人とは一線を置きたくなるのが、周囲の人の感情と言うものです。

やっぱり人付き合いをする上では、あまりにせこい人は嫌煙されがち。

筆者の父が外ではせこい一面を出さないようにしていたのは、人付き合いのあり方を分かっていたからなんだと思います。

人付き合いをする上では、せこい性格はむしろ損。

上手く人付き合いをしていくことのほうが、人生において得であると…親に教わったのか、自分で気づいたのかは知りませんが、分かっていたのでしょうね。

せこいというのは、自分のためにはなるかもしれません。

でも、自分のためになることばかりを考えていると、それに比例するように友人を失っていくことにもなるんですよね。

友人がいること、人との良好な関係を築くことは、時にお金以上の価値があるものです。

せこい人はそこに気付けないと、お金で得をする以上に、人生においての甚大な損失を生み出すことにもなるのだと思います。

3. 勿体無い精神にもほどがある!


せこい人は周りから見れば「勿体ない精神にもほどがある!」なんて思われていたりもするんですよね。

「勿体ない」って思うのって、誰にでもあることだし、物を使い捨てするような現代からしたら、とても大切な精神でもあります。

この勿体ない精神が、節約や倹約にも繋がっていきますからね。

でも、ほどがある!と思われてしまうほどの勿体ない精神の持ち主が、せこい人。

誰にでも「勿体ない」って思う気持ちはあっても、「勿体ないけど、それ以上に今はこっちが大切!」と、勿体ない気持ちよりも優先すべき大切なことがあるものです。

それがせこい人になると、勿体ないより優先されることなんてなく、何よりも損をしない、無駄をしないことが大事になってしまうんですよね。

ある意味、本当に大切なことを見失いがち。

それがせこい人なんだと思います。

友人も、そうやって失っていってしまうんでしょうね。

せこい人が節約上手や、倹約家に留まらないのは、きっとせこい部分を外でも存分に発揮してしまうし、時に周囲の人にも強要してしまうからなのでしょう。

せこい人は自分のことだけしか見えていないようなところもあるので、周囲が嫌な思いをしていることや、迷惑していることに気付きにくい部分もあるのだと思います。

自分が自分の為だけにやっているように思っていても、実は周囲も巻き込んでいる。

それが、せこい人と言われる所以なのかもしれませんね。

せこい人の25個の特徴

さてここからは、せこい人の特徴を見ていくこととしましょう!
せこい人は、世の中の事情に精通して世渡り上手なズル賢さがある割に…周りが見えていないという一面もあります。

特に、周囲の人の気持ちや周りから自分がどう思われているかってことに関しては、相当疎い部分があると言えますよね。

だから、せこいって言われるわけです。

ですので、せこい人本人は自分ではそのせこさにも気づけないのかもしれません。

ケチでずる賢くて周りが見えていない卑しい人…。

せこいってこう思われているって考えれば、せこいって思われるのが嫌!になるのも納得です。

筆者もせこいは言われたくない!
そんな筆者と共に皆さんも、これからご紹介する特徴を見て、自分を振り返ってみましょう。

もし、せこい人の特徴にいくつも当てはまっていたら…せこいとも思われているかもしれませんし、そのままでいたら友達も無くす羽目になるのかも。

手遅れになる前に、自分を客観的に見つめなおしてみましょうね!

1. モテない

せこい人にはモテないという特徴がある…というより、せこいからモテないんですよね。

細かくてみみっちい。

そしてケチ臭い!
せこい人のこんな性質からも、モテないであろうことは明らかです。

せこいのが女性ならまだ、節約家や倹約家としてモテ要素にも繋がりそうですが、特に男性のせこい人ともなると、女性からは嫌煙されてしまいそうです。

女性としてはやっぱり、男性には懐深く大盤振る舞いでもして欲しいものです。

あまりに散財してしまう人は別の意味で問題ですが、結婚前の恋人同士の段階でせこい一面が見え隠れすると、「男のくせに小っちゃいヤツだな」なんて思われてしまうかも。

まぁ、結婚してからせこい部分が発覚するよりは、付き合っている段階で分かったほうがいいかもしれませんけどね。

2. 小さなことにまで細かい

小さなことにまで細かい!というのも、せこい人の特徴。

せこいの意味が細かくてみみっちいなので…当然な特徴と言えます。

せこいって、卑劣に狭いなんて意味としても捉えられている言葉なんです。

このせこいって言葉は方言として広まった面も強いようで、徳島辺りでは狭いことを「追(せこ)」と言うそう。

これが、生活にゆとりがないという意味になっていったという話もあります。

こんな言葉の広がりから見ても、せこいってことは心が狭いともとれます。

とにかく狭く小さな世界で細かいことに拘っているような人。

そんな人もせこい人なんです。

金銭面で言えば、ランチの割り勘を1円単位できっちり分けたり。

飲み会でも「アルコールを飲んでないから同額はおかしい」と、きっちり自分の食べたり飲んだりした分だけしか払わなかったり。

こんな人達が、せこいなぁなんて思われるんですよね。

筆者もアルコールを飲まない人なので、飲み会の割り勘って損した気分になることもありますけど…その場の雰囲気を楽しませてもらっていることもありますし、やっぱりせこいって思われたくないって気持ちもあるので同額を払います。

そんなことお構いなしなのがせこい人でもあって…我が道を行くタイプでもあるのかもしれませんね。

3. 金運がない

せこい人の特徴には、金運がないってことも挙げられるみたい!
これも、“せこい人=金運がない”ってことでは無いと思いますけどね。

でも確かに、金運がある人はせこい人にはならないのかもしれません。

筆者も金運は全く無い方なんですけど…せこい人って言われるほど、ケチなつもりはありません。

むしろ、収入が少なくて金運も無い方なのに、気前よくしたがるという、別の問題を抱えています(笑)
案外お金の問題って、現実と反比例するものなのかもしれませんよね。

お金がない人ほどそれを隠そうと気前よくしたがるし、不確実な運任せで夢見がちだったり。

逆に堅実にお金を溜めている人ほど、さらにその堅実さを発揮するのかも。

せこいって、良く捉えれば節約家や倹約家なわけですし、金運がないってことは尚更、運任せより確実な方法を取ろうとするものですからね。

案外お金持ちな人のほうがケチだったりもするし、お金持ってるくせにみみっちい人は、余計に目立ってしまうもの。

その辺が、世渡り上手でズル賢いという嫌味で「せこい」って言われてしまうのかもしれませんね。

4. 自分のことしか考えていない

自分のことしか考えていないのも、せこい人達の特徴です。

狭く小さな世界に居がちなせこい人は、つまりは自分の世界のみで生きているとも言えるんですよね。

範囲が狭ければ狭いほど目も届きやすいですし、全てを把握し管理できるものです。

せこい人はそうやって、自分の目に見える、手の届く範囲のことだけしか考えていないので、周りの人のことにまで考えが及ばないのでしょう。

こういったところが嫌われる原因だし、友達がいなくなる理由でもあると思います。

「自分だけよければそれでいいの!?」って、周囲をイラッとさせてしまうところも、せこい人にはあるんですよね。

もしかしたらせこい人は、本当に自分さえよければいいのかもしれませんが…それは同時に人付き合いを無くしていくということ。

どっちをとるか、二つに一つなんです。

せこい人にとっては、自分のことを第一に考えることはなかなか辞められないでしょうから、やっぱり友達をなくしてでもせこい人を貫くのかな…。

本当にたったひとりになってみて初めて、自分の愚かさに気付くのかもしれませんね。

5. 損得勘定が非常に細かい

損得勘定が非常に細かいというせこい人の特徴。

ここは、せこい人の本領発揮といったところなのではないでしょうか。

せこい人は、損だけは絶対にしたくないって思いが強いでしょうし、得することにとても喜びを感じているのでしょう。

むしろ、得するということには異常なまでの執着があるのかもしれませんよね。

損得勘定っていうのは誰にでもあると思うし、ちょっとでもお得だと嬉しいっていうのは筆者も同じです。

でも、得って思わぬところで得してラッキー♪って思うもので、常に損か得かが頭の中を占めていたら疲れちゃいそう。

同じものを買うのに、遠いお店のほうが安いからって時間と交通費をかけてわざわざ出かけていく人もいますけど、それって案外得にはなっていなかったりもするものです。

異常なまでのお得感への執着心が、周囲からはドン引きされる。

それが、せこい人でもあると思います。

6. 人に対する思いやりがない

せこい人は自分のことしか考えられないという特徴も持っているのですから、当然人に対する思いやりも持ち合わせていないんですよね。

せこい人は、自分だけの狭い世界では幸せなのかもしれませんが、自分の周りに広がる広い世界に目を向けた時…その周囲の世界との繋がりは、上手に築くことが出来ないでしょうね。

人を思いやることが出来なければ、良好な人間関係は保てません。

人としてこの世で生きていく以上、人との繋がりなくして生きていくことは出来ないんですけど…せこい人はやっぱり心が狭く、人間の小っちゃい人なんです。

先日、人々の魂はひとつだって話を聞きました。

これが真実かどうかはわかりませんが、つまりは自分勝手なことばかりしていると、必ず自分に返ってくるって話です。

人に対する思いやりを持てなければ、自分も人からの思いやりを受けることは出来ません。

せこい人は、「別にそれでもいい。ひとりで生きていく」って思うかもしれませんけど、本当にたったひとりで生きていくなんて、不可能な話です。

普通の人はどこか本能的に、人との繋がりや世の中の成り立ちを理解しているもの。

そんな本能を無くしてしまっているのが、せこい人って言えるのかもしれませんね。

7. 心に余裕がない

心に余裕がないっていうのも、せこい人の特徴です。

せこい人は、心が狭く人間が小っちゃい人だともお話しましたよね。

心の広さや、人間の器の大きさって不思議なもので、いかようにも大きさを変えられるんです。

心が広くて器が大きい人ほど、当然余裕も持っています。

その余裕で、人を受け入れたり、人に対して思いやりの気持ちを向けたりしているものです。

それが、心が狭いせこい人になると、人に気持ちを向けたり受け入れたり…とにかく周囲に目を向ける余裕を持っていないことになります。

範囲が狭いほど、器が小さいほど、管理も目配りも楽なのかもしれませんが、余裕を持ち合わせていないってことは、イレギュラーに対応する能力も持ち合わせていないってことにもなるんですよね。

いざっていう時に対応できるだけの余裕がない。

それがせこい人でもあるんです。

8. 借りても言われるまで返さない

せこい人の特徴には、借りても言われるまで返さない!なんて特徴もあるようです。

これって…あわよくば自分の物にしてしまおうって魂胆が、見え隠れしていますよね。

普通の人の感覚でいったら、借りたものは返すのが当たり前です。

当然、貸したものは返ってくるとも思っています。

もちろん、言わなくても返ってくると思うものです。

それが、いつまでたっても返ってこないと不安になるんですよね。

でも案外、「返して」って言うのって、それこそ心が狭い人間だと思われそうで、言いづらかったりもするものです。

せこい人って、こういった心理こそ利用してるんじゃないかって思えるし、そこがまたズル賢さを感じさせられる部分だったりもします。

それに、借りたものを返さない人ほど、指摘すると逆に「せこい」って言って来たりもしませんか?
「せこいのはどっちだ!」って言いたくなるけど、人の良い人ほどそんなこと言えません。

当然嫌~な気持ちにさせられて、そのせこい人との貸し借りはもちろん、付き合いだって避けるようになるでしょうね。

こういうのって、政治家さん達が真っ先に思い浮かびます。

せこいやり方で政治資金を流用し、気付かれなければ自分の意のままにしてしまおうっていう魂胆。

政治家さんたちの場合は、借りるというより貰っちゃう感じですけどね。

そしてバレたらあっという間に崩れていく。

バレた時の対応にも、心の狭さや余裕の無さが顕著に表れていますよね!

9. 人に何かもらってもお返しをきちんとしない

せこい人には、人に何かもらってもお返しをきちんとしないという特徴も。

お返しをするっていうのも、世の中の当たり前の常識なんですけど…稀に、せこいんだか無知なんだか分からない人もいて。

無知な人は気をつけないと、「せこいって思われるよ」って話ですよね。

筆者の出会ったお返しをきちんとしない人で、テッパンネタがあります。

もう10年近く前ですが…ある知り合いに結婚式にお呼ばれした時の話です。

その子は、知り合いと言うより軽い付き合いの友達。

しかも遠方の子だったのですが「交通費も出すし、どうしても出席して欲しい」と懇願されて結婚式への出席を決めました。

筆者はウェディングプランナーをしていたこともあり、結婚式の相談に乗ったり、手作りアイテムを色々と作ってあげることになったのですが…
結局、材料費が支払われることも無ければ何のお礼もない。

まして、払うからと言われた交通費もなかったんです。

しかも、遠方からの出席の筆者が、突然受付までやらされる羽目に。

もちろん、受付のお礼もありませんでした。

この結婚式関連だけで、総額10万近くかかっていて…筆者もバカだったのですが、当たり前にお礼があるものだと思っていたので本当にびっくりしました。

ずっと、行って会った時かな?結婚式が終わってお見送りの時かな?と期待していたのですが何もなく、モヤモヤしたまま帰りの飛行機に乗ったのを今でも覚えています。

もちろん、帰ってきてからも待っていました。

…けど、何の音沙汰もなく年明けの年賀状が届いた時、ようやく「お礼はないんだな」って確信した感じでした。

結婚式は5月だったので、すでに半年以上経ってますしね。

もちろん、そこから年賀状もメールも一切返信していませんし、電話も着信拒否。

完全に関係を絶ちました。

この話をすると、「それって絶対確信犯!めちゃめちゃせこい子だよ」って言われるんですが…筆者としてはせこいっていうよりも、無知でバカな世間知らずの子って印象だったんですよね。

どちらにしても、その子の親も旦那も、結婚式に関わった人達にお礼をどうするかって話をしなかったってことにもなりますから、その子だけじゃなくその子の周囲の人の神経をも、疑うことになりました。

この話って、普通に考えたらせこい人ってなるんですよね。

無知なのかせこいのかはわからなくても、人に何かもらってお返しをきちんと出来ないと、どっちにしろ友達は無くすってことですし、さらにはそのせこい人の家庭環境とか、周囲の人の価値観まで疑われる羽目にもなるんです。

もう、自分だけの問題じゃないんですよね。

10. クーポンが使える店ばかり選ぶ

クーポンが使える店ばかり選ぶなんて人も、せこい人に多い特徴ですよね。

せこい人は損得勘定が強い人でもありますし、ちょっとでもお得であることは見逃さないでしょう。

そもそもお店を選ぶとき、クーポンありきで選んでいる所もあったりしますよね!
せこい人のお得センサーには、ある意味脱帽です。

筆者ももちろんお得なのは嬉しいですが、クーポンを有意義に使った試しがありません。

クーポンを貰ったからって、わざわざそれを使うためにそのお店に行こうって思わないですし。

使えるのは、いつも行くドラッグストアでもらったクーポンくらい。

お財布に入れっぱなしのクーポンを、たまたま行った時に「クーポンお持ちですか?」って聞かれて思い出すくらい。

クーポンのことなんて普段頭にないんですよね。

その点せこい人は、クーポンが無いお店には行かないくらいの感覚なのでしょう。

そういった点では確かに利益を得ているのかも。

でももし、友人にも付き合わせていたりするのなら…どう思われているかって、ちょっと考えたほうがいいのかもしれませんね。

11. 1円単位まで割り勘

先ほどもお話しましたが、1円単位まできっちり割り勘するっていうのも、せこい人の特徴なんですよね。

これって、女性同士でいったランチとかなら案外よく見かける光景です。

それでも、小銭を持ち合わせていなかったりしたら、ちょっとどんぶり勘定もしちゃうもの。

それを許さないし、そんな時の為に小銭も沢山持っていたりするのが、せこい人だったりするんですよね。

ましてこれが男性と女性でご飯を食べに行った時、男性が1円単位の割り勘を要求してくると…「みみっちい男だな」な~んて女性は思ってしまうもの。

せこい男性は、モテない男の典型的なパターンです。

損をすることと、女性をいい気分にさせること。

どっちをとるか…なんですよね。

12. 自分が多く払うことに異常に嫌悪感がある

そして、自分が多く払うことに異常なまでの嫌悪感を持っているというのもせこい人。

だからこそ、1円単位までの割り勘にもこだわるんですよね。

せこい人にとっては、とにかく損をするってことが許せない。

損をすることが悪いこと。

そんな感覚すら持っているようです。

せこい人はもう、そういう性質というか性格なので、仕方がないことなのかもしれません。

でも、そこまで損得勘定に囚われて生きていくのが、本当に幸せなのかなって思ってもしまいますよね。

13. 安い店でばかり買い物する

せこい人は、安い店でばかり買い物をするという特徴もありますよね。

通常の値段よりもお得になっているものも見逃しませんが、そもそも安い店しか利用しないっていうのもせこい人。

とにかくお金を使うこと、お財布からお金が出ていくことに嫌悪感があるのでしょうね。

常に贅沢なんて言葉とは無縁の生活をしています。

もちろん、将来のことを考えたりすれば、それは堅実な生き方でもあります。

でも、じゃあそうやって貯めたお金はいつ使うの?って…筆者は思いますね。

みんな節約したりはするものだけど、たまの贅沢やここぞという時にはお金を使うものです。

あまりに損得勘定だけになってしまうと、ここぞっていう時にも出し惜しみ。

そうやってずーっと、有意義な使い方を出来ずに過ごしていくことにもなってしまいますよね。

14. 安い食べ放題に行く

せこい人はもちろん、たまの外食も安い食べ放題!
確かに食べ放題はお得ですし、楽しいですけどね。

そこでどれだけ得出来るかって、節操のない食べ方をしてしまうのも、せこい人だったりしますよね。

好きなだけ食べられることを楽しもう♪っていうよりは、払った金額に対してどれだけ得できるかっていう食事。

これって、周囲から見れば卑しくも見えます。

せこい人は、周囲からどう思われようが気にしないかもしれませんが…もしそんな食事に付き合わせれている人がいたら、それはちょっと可愛そう。

たとえ家族だったとしても、せこい家族として周囲の目にさらされる気持ちも考えて欲しいです。

筆者なら、たまの外食こそお金を気にせず贅沢したいですし、得できるんだかよく分からない食べ放題よりも、贅沢な気分を味わえるおしゃれなお店を選びます。

日ごろの節約だって、こういった贅沢の為にあるようなもの。

せこい人とは根本的に考え方が違うなって思います。

15. ちまちました節約術まで実践している

ちまちました節約術まで実践している!なんて特徴があるのもせこい人。

ちょっとでも得をして、損は徹底的に省き、出ていくお金を限界まで減らす。

こういったことに対する執念は、並大抵のものではないのでしょう。

節約術を行うのは、せこい人にとってはひとつの趣味なのかも。

ある意味、楽しんで行っているのかもしれませんね。

以前テレビで、節約主婦が本当にちまちました節約の結果、シングルマザー3人の子持ちで家を建てた!というのをやっていました。

収入が少なく、貯金が苦手な筆者としては、ちまちました節約術も見習う点はあるんですけどね。

でも、このシングルマザーの人は、家を建てるって目標のために、徹底的に節約をし、その結果家を手に入れているのですから、せこい人とはまた違い、ここぞという大きな買い物をしています。

せこい人は基本的に、目標があったり、ここぞという時の為っていうよりは、せこい性分。

やっぱり「がんばってるんだね!」と言われることはなく、「せこいよね」って言われてしまうんですよね。