CoCoSiA(ココシア)

可愛く見られたい人のための14個のテクニック。やってはいけない行動も解説


可愛い。

これは、女性であれば、どなたでも言われたい言葉のひとつかもしれません。

それと同時に女性にとっては、永遠のテーマでもあるかもしれません。

特に女性は、男性と違ってもろに、彼氏ができるかモテるかというところに直結しかねない問題でもあります。

男性であれば、それなりにステータスがあれば、あと、髪型がかっこよければ、かっこよく見えたりすることもあります。

そういう意味では女性の世界は大変残酷でもあります。

ただ、それは、あくまで生まれてきた姿だけで、その影響が出てくるわけではありません。

自分の努力次第では、かわいく見えたり、モテたりすることもまた、事実です。

逆に、せっかく可愛い姿で生まれてきたのに、その振る舞いや格好などで、かわいさが半減し、大きく損をしているかもしれません。

そんな事実を認めたくないあなた。

そして、そんなところを直したいあなた。

そんなあなたに必見のテクニックがあります。

こんなことで、かわいさが半減するの?というようなポイントもあります。

軽視しがちなものも、ありますが、全て網羅できます。

これを見ればあなたは、さらに磨きがかかること間違いありません。

ぜひ、このテクニックをおさえて、男を虜にしちゃいましょう。

女性と男性では可愛いと思うポイントが違う

まず、可愛いをどうすればみせれるかというテクニック云々の問題にいく前に、大きなポイントをおさえておきます。

大前提です。

女性と男性では、カワイイと思うポイントが全く違うということです。

これは、多くの人がなんとなく分かっているようでわかっていないところではないでしょうか。

たとえば、ある彼女のいない男友達からあなたに、誰が紹介してほしいと言われたので、あなたがカワイイと思う友達を紹介してみたが、反応がいまいちだった経験はないでしょうか。

この根本には女性のカワイイと男性がカワイイと思うところには、差があるからだと言えます。

女性でいえば、なんとなく雰囲気がかわいいとか、女性らしい、キャラがかわいいとか、という結構大きな枠でとらえて、トータルカワイイという判断をくだしているところがあります。

男性といえば、もちろん雰囲気なども考慮に入るかもしれませんが、こちらはかなりシンプルで顔立ちやスタイルなどで判断して、カワイイと言っている違いがあります。

これは、生物学的な本能の部分にも由来するところはありますが、とにもかくにも、それだけカワイイという感覚には大きな差が男女であることをまずは、理解しなければなりません。

当然、女性側から見られるカワイイをめざしているのであれば、話は別ですが、やはり、永遠の課題でも、彼氏にもつながる死活問題であるこの男性側のカワイイを後述のを見て、ぜひ、マスターしてみてください。

可愛い人から学ぶ、可愛く見られるための14個のテクニックを紹介!


まずは、カワイイと見られたいということであれば、一番手っ取り早いのが、カワイイひとからそのテクニックを学ぶ、盗むことです。

ゴルフをうまくなりたいといって、やみくもに、スイングをしてても、意味がない、プロのスイングの真似から入るのと、一緒の考え方です。

このカワイイひとの真似をすることから自分にあうものなどを自分流にしていくことが、一番の近道なのです。

ただし、ここで注意が必要です。

このカワイイといわれるひとの選び方です。

選びを自分好みのカワイイひとを選んでしまったら、結局自分の感覚でカワイイというひとだけであって、世間的に一般的にカワイイといわれるひとと一致するかは、別の話になります。

なので、しっかり世間的に一般的にカワイイと周りから言われているひとを選ぶことが大事といえるでしょう。

1.服装に気を使う

服装に気をつかう。

これは、当然といえば、当然の話かもしれません。

普段からあまり服装に興味がないひとは、これから絶対に改めてください。

この服装というのは、意外と大事で、服装によって、だいたいの雰囲気みたいなものが決まってきてしまう可能性があります。

雰囲気がいいと、顔はそれほどかわいくないけれども、なんとなくかわいく見えてしまうということが大いにあったりします。

なんなら、その服装で男性は自分の好みの服装かどうかでなんとなく好き嫌いを判定しているようなところがあったりします。

逆に言うと、いくら顔がかわいくても服装がだらしなかったりした場合は、男子から評価が下がり、損をするということになります。

それは、誰でもいやですよね。

もし、かわいくなろうとするのであれば、ここは欠かせないポイントとなります。

オシャレで清潔感のある服装を心掛ける


では、いったい、どのような服装をすれば良いのでしょうか。

それは、もちろん自分にあっている服装ということもあるでしょうが、共通していえるのは、オシャレで清潔感のある服装です。

なぜかというと、オシャレは、なかなか自分の感性が関わってくるので難しいところではありますが、とりあえず流行を取り入れておくというのもひとつの手でしょう。