可愛い。

これは、女性であれば、どなたでも言われたい言葉のひとつかもしれません。

それと同時に女性にとっては、永遠のテーマでもあるかもしれません。

特に女性は、男性と違ってもろに、彼氏ができるかモテるかというところに直結しかねない問題でもあります。

男性であれば、それなりにステータスがあれば、あと、髪型がかっこよければ、かっこよく見えたりすることもあります。

そういう意味では女性の世界は大変残酷でもあります。

ただ、それは、あくまで生まれてきた姿だけで、その影響が出てくるわけではありません。

自分の努力次第では、かわいく見えたり、モテたりすることもまた、事実です。

逆に、せっかく可愛い姿で生まれてきたのに、その振る舞いや格好などで、かわいさが半減し、大きく損をしているかもしれません。

そんな事実を認めたくないあなた。

そして、そんなところを直したいあなた。

そんなあなたに必見のテクニックがあります。

こんなことで、かわいさが半減するの?というようなポイントもあります。

軽視しがちなものも、ありますが、全て網羅できます。

これを見ればあなたは、さらに磨きがかかること間違いありません。

ぜひ、このテクニックをおさえて、男を虜にしちゃいましょう。

女性と男性では可愛いと思うポイントが違う

まず、可愛いをどうすればみせれるかというテクニック云々の問題にいく前に、大きなポイントをおさえておきます。

大前提です。

女性と男性では、カワイイと思うポイントが全く違うということです。

これは、多くの人がなんとなく分かっているようでわかっていないところではないでしょうか。

たとえば、ある彼女のいない男友達からあなたに、誰が紹介してほしいと言われたので、あなたがカワイイと思う友達を紹介してみたが、反応がいまいちだった経験はないでしょうか。

この根本には女性のカワイイと男性がカワイイと思うところには、差があるからだと言えます。

女性でいえば、なんとなく雰囲気がかわいいとか、女性らしい、キャラがかわいいとか、という結構大きな枠でとらえて、トータルカワイイという判断をくだしているところがあります。

男性といえば、もちろん雰囲気なども考慮に入るかもしれませんが、こちらはかなりシンプルで顔立ちやスタイルなどで判断して、カワイイと言っている違いがあります。

これは、生物学的な本能の部分にも由来するところはありますが、とにもかくにも、それだけカワイイという感覚には大きな差が男女であることをまずは、理解しなければなりません。

当然、女性側から見られるカワイイをめざしているのであれば、話は別ですが、やはり、永遠の課題でも、彼氏にもつながる死活問題であるこの男性側のカワイイを後述のを見て、ぜひ、マスターしてみてください。

可愛い人から学ぶ、可愛く見られるための14個のテクニックを紹介!


まずは、カワイイと見られたいということであれば、一番手っ取り早いのが、カワイイひとからそのテクニックを学ぶ、盗むことです。

ゴルフをうまくなりたいといって、やみくもに、スイングをしてても、意味がない、プロのスイングの真似から入るのと、一緒の考え方です。

このカワイイひとの真似をすることから自分にあうものなどを自分流にしていくことが、一番の近道なのです。

ただし、ここで注意が必要です。

このカワイイといわれるひとの選び方です。

選びを自分好みのカワイイひとを選んでしまったら、結局自分の感覚でカワイイというひとだけであって、世間的に一般的にカワイイといわれるひとと一致するかは、別の話になります。

なので、しっかり世間的に一般的にカワイイと周りから言われているひとを選ぶことが大事といえるでしょう。

1.服装に気を使う

服装に気をつかう。

これは、当然といえば、当然の話かもしれません。

普段からあまり服装に興味がないひとは、これから絶対に改めてください。

この服装というのは、意外と大事で、服装によって、だいたいの雰囲気みたいなものが決まってきてしまう可能性があります。

雰囲気がいいと、顔はそれほどかわいくないけれども、なんとなくかわいく見えてしまうということが大いにあったりします。

なんなら、その服装で男性は自分の好みの服装かどうかでなんとなく好き嫌いを判定しているようなところがあったりします。

逆に言うと、いくら顔がかわいくても服装がだらしなかったりした場合は、男子から評価が下がり、損をするということになります。

それは、誰でもいやですよね。

もし、かわいくなろうとするのであれば、ここは欠かせないポイントとなります。

オシャレで清潔感のある服装を心掛ける


では、いったい、どのような服装をすれば良いのでしょうか。

それは、もちろん自分にあっている服装ということもあるでしょうが、共通していえるのは、オシャレで清潔感のある服装です。

なぜかというと、オシャレは、なかなか自分の感性が関わってくるので難しいところではありますが、とりあえず流行を取り入れておくというのもひとつの手でしょう。

要は、ダサくないか、変でないか、という言い方もできるかと思います。

しかし、オシャレといっても、あまりにも奇抜過ぎるものは、NGです。

それは、別の機会に楽しみましょう。

また、清潔感は、とても重要です。

なかなかピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、ポイントで言うと、服装が汚くないか、黄ばんでないか、よれよれのTシャツでないか、などです。

汚れていて清潔感がないとどうしても、どんなに可愛くても可愛さが半減してしまいます。

特に男性から見ると女性はなんとなくキレイな印象を持っている人が多いので、清潔感がないとより印象が悪く見えてしまうことがあります。

かわいいと言われるひとは、服装に気を使っていて、努力をしているものなのです。

2.笑顔を絶やさない

笑顔を絶やさない。

これもかわいいひとは、誰でも心掛けていることでは、ないでしょうか。

なぜでしょう。

みなさんも経験ないでしょうか。

小学校か中学校かクラスか学年にいつも笑って笑顔を絶やさないひと。

そのひとってなんとなく人気がありませんでしたか?もちろん同性の女子からも特に男子からはもっとあったことでしょう。

やはりいつも笑っている印象を持っているとなんとなく、ひとは、好印象になります。

それが実をいうとかわいさにも繋がってきます。

どんなにおもしろくなくても、笑ってくれるひとって印象結構いいですよね。

それとおなじことが言えます。

かわいい人というのは笑顔を絶やさないことで、かわいさ、印象の良さを保っています。

女性は笑顔が一番素敵

人間笑顔であると好印象なのは上記で述べてきましたが、その中でも女性の笑顔というのは、特別なものがあります。

卑屈にいつもうつむいて、無表情なひとであれば、どんなに顔がかわいいとしてもなかなか、人の印象としてかわいいにつながにくい面もあります。

逆にいうと、そこまでかわいくないひとであっても、いつも笑顔でいると素敵に見えて、雰囲気かわいく見えてしまうものなのです。

よくどのアニメやドラマでもヒロインがときどきみせる無邪気な笑顔に主人公がドキッとする場面をみたことがあるでしょう。

それなのです。

やはり女性は笑顔が一番素敵に見えるので、普段から心がけておく必要があるといえます。

3.愛嬌がある子になる

続いて、愛嬌がある子になるということも重要です。

愛嬌とは、まずどういうことなのでしょうか。

愛嬌は、少し前述の絶えず笑顔でいることと少しつながっているところがあります。

要は、不愛想でなければいいということです。

何事でも、笑顔でなにかしら返事をするということ。

無表情で、何事も答えていれば、なにかと印象がよくありません。

まあ、むやみにへらへらしているのも問題ではありますが。。。。

適度に笑顔で何事も対応することが、愛嬌があるといえるでしょう。

では、なぜ愛嬌がある子になる必要があるのでしょうか。

愛嬌は、特に印象に深くかかわってきます。

最初の印象、ファーストインプレッションは、だいたい会って数秒で決まるといわれています。

そのファーストインプレッションをいかに良くするかのカギは愛嬌にあるといっても過言ではありません。

例えば、合コンでいうと、一番顕著にでるでしょう。

あればみんな知らないひと同士の集まりですので、ファーストインプレッションが大事になります。

そこで、だいたいの確率で女子の中でかわいいといわれるのが愛嬌のある子なのです。

男性目線になりますが、当然かわいい顔をしている子を追いかけがちになりますが、最終的にその顔も込みで、愛嬌があるかで印象が変わってくることも事実です。

そのような経験はないでしょうか。

なぜかモテるひと。

顔はそこまでかわいいかといわれれば、微妙だけど、愛嬌だけはあるという子。

それがひとつかわいいに近づく近道なのは、いうまでもありません。

親しみやすくなる

前述で愛嬌があることに触れてきましたが、愛嬌がある先にはなにがあるのかをお話します。

なぜ愛嬌があるとモテたり、かわいいといわれるのか。

それは、やはり印象がいいからでしょう。

印象がいいとどうなるかというと、親しみやすいイメージをもちやすくなります。

自分でも、話しかけた時に笑って返してくれそう。

そんな気を起こさせてくれるのが、愛嬌があるということなのです。

親しみやすくなると、当然モテてしまうことにもつながってくるでしょう。

女性のみなさんは当然かわいいを目指す先には、モテることも含めているでしょうから、その親しみやすいというスキルは、持っていて損はないと思います。

まずは、何事にも笑って対応をすることがはじめていきましょう。

4.甘える

甘えること。

かわいいひとの特権であると思っているひとが多いのではないでしょうか。

むしろ、かわいいひとというのは、甘え方をよく知っているといえます。

こういうタイミングで、甘えると絶妙であるとか。

例えば、甘い声で、これがほしいとか要望を絶妙なタイミングで使いこなし、ついつい男性はだまされるというか、こたえたくなってしまう。。。

どうしてどのようにそのスキルを身に着けるのかわからないくらい必ずと言っていいほどこのスキルが高いといえるでしょう。

まず、この甘えるには、いくつかやり方、スキルがあります。

まず、ひとつめがその甘えるときの声です。

声は、ぶりっこのような声を出すのが、なかなか恥ずかしいところでは、あるでしょうが、そこは恥ずかしがらずにしっかり出してみましょう。

ただ、あからさまなぶりっこで、甲高い声は、いやがられます。

ポイントは甘えるときの声を出します。

また、タイミングも重要といえるでしょう。

タイミングもたまにやるのがかなり効果的だといえます。

そうしたスキルをかわいいひとは、うまれて自然に過ごしているうちに、身に着けているので、ぜひ真似しない手はないでしょう。

1人で大丈夫という雰囲気は出さない

甘えるコツには、もうひとつ大事な要素があります。

それは、1人で大丈夫という雰囲気は出さないことです。

どうしても、女性というのは、守られる立場、男性からしたら、守りたいと思わせるのが大事な要素なのですが、我が強いひとというのは、なんでも自分で決めて、なんでも一人で行動してしまうので、甘え方を知らないというか、できないひとがよくいます。

そんなことでは、いくら顔がかわいくてもなかなか男性からは、守ってあげたいと思われず、このひとは一人で生きていけるなと思われてしまいます。

したがって、かわいいひとというのは、完璧ではなく、どこか抜けているひとが多いのではないのでしょうか。

そちらのほうが、なんとなく可愛げがあるとおもいませんか。

そういう意味では、かわいいひとというのは、自然とその雰囲気は出さない、出ないようになっています。

もし、ひとりでなんでもして、ひとりでなんでも行動しているとしたら、やめるべきでしょう。

5.純粋になる

純粋になること。

これは、言葉では簡単に言えてしましますが、これをずっと通して生きていくのは、なかなか骨がおれるかもしれません。

しかし、純粋になることは、可愛くみられるコツのひとつと言えます。

なぜかというと、やはり純粋であると、ひねくれものよりは、かわいく見えることが大いにあります。

たとえば、なにかと会話をしていて、言葉の裏を読む人ってみたことないでしょうか。

「普通に疲れた」という言葉いったとしても、その裏を読んで、自分がいるから疲れてしまったとか、はやく帰りたいサインだと、純粋にその言葉の意味だけでなく、その言葉の裏を読み取ろうとしてしまうひとです。

そういうひとよりは、純粋に疲れたという言葉に対して、「大丈夫?」とねぎらうほうがよほどかわいく見えます。

それと同じで、可愛くみられるひとというのは、裏のことがもし読めていたとしても、それを顔に出さず、純粋に返すこと徹底しています。

もし可愛くみられたいのであれば、この考えたかたは、必要かもしれません。

では、その純粋とは具体的にどういうことなのか、いったん整理しておきましょう。

自分の気持ちに正直になる

純粋とは、どういうことを具体的にいうのか。

それは、自分の気持ちに正直になることです。

自分の気持ちに正直になることは、なかなかできないことかもしれません。

たとえば、好きという感情をあらわすのに、遠回しになるひとがよくいます。

なぜか、好きな相手に対して、急に怒ったり、落ち込んだり。。。。

よくドラマやアニメでありそうなキャラですが、それをやり続けると、なかなか男性からしたらその乙女心がわかっていないので、かわいいという印象にはなかなかなりません。

男性からしたら、その行動自体がなぜなのか意味がわからないときがあります。

それが可愛らしく思えるような男性はそうそうはいません。

もし、可愛くみられたいということであれば、自分に正直になることが大事ではないでしょうか。

好きなひととこうしたいと考えているのであれば、思い切ってそれを伝えることが、男性はかわいく見えたりすることがありますので、そのことは頭に入れていても損ではないはずです。

6.恥ずかしさを持つ

恥ずかしさを持つことは、かわいらしさを保つことでもあります。

男性は、その女性が恥ずかしそうにしているところを見ると、可愛く見えます。

その具体的な話をしていきましょう。

何事も大胆だと可愛さ半減

前述で、かわいらしいと思わせるひとつに恥ずかしさを持つといいましたが、なぜそのようなことが必要なのでしょうか。

具体的に考えていきましょう。

たとえば、何事も大胆な女性がいたとします。

その中で、よく言われることが、部屋での服装です。

たまにパンツ一丁で、うろうろしているというひとがいます。

あれをきくと、男性としては、最初は、興味を持ちますが、だんだん慣れてくると、興味が薄れてきてしまうことにもつながります。

特に、常にそのような格好でいられると、なかなか可愛いとは思えなくなってくることは、簡単に想像ができます。

他には、例えば、変顔もそうです。

写真にうつるとき、たまに変顔でうつる場面がでてくると思いますが、そのリクエストがあったとしても、可愛いひとというのは、恥ずかしさをもって、決して行わないでしょう。

これを大胆にやってのけると、その場の笑いはとれても、可愛さは当然半減してしまうのが目に見えてわかることでしょう。

なので、何事にも恥ずかしさをもって、行動することは、可愛さを保つ秘訣のひとつといえるかもしれません。

7.天然を演じる

天然を演じること。

これは、かわいい人の中にたまにみるひとではないでしょうか。

女性でよく、計算で天然のフリをするひとがいると思いますが、なかなか女性からは批判を浴びそうです。

男性陣からというと、はまればなかなか可愛く見えます。

特に想像してみてください。

しっかりものの女性と少し天然の女性について、どちらが可愛くみえるでしょうか。

しっかりものの女性は、確かにしっかりしていて、重宝されそうですが、なんとなくかわいいとは直結しない印象になりそうではないでしょうか。

しっかりしているひとよりも、少し抜けている、天然な女性のほうがなんとなく、可愛くみえてしまう原理があります。

それは、なぜでしょうか。

それを少し考えてみたいと思います。

守りたいと思わせる

天然を演じることで、なぜ可愛くみえてしまうのか。

それは、男性が守りたいと感じるからにほかありません。

前述で、しっかりものの女性を例にしてみると、何事もどんどん決めてひとりで、生きていけそうなひとですと、なかなか男性としても、自分がいなくても大丈夫だなと考えて、寄り付かなくないrます。

そこで、どこか少し抜けているほうが守りたい、かわいいと見えてしまうことは、大いにあります。

ここから言えることは、計算でもいいので、少し天然を演じて、少しでも守りたいと思わせれば、可愛くみえるということです。

これは、実践しない手はないので、頭にしっかり入れておきましょう。

8.綺麗な言葉遣い

きれいな言葉遣い。

これはかなり大事な要素になります。

たまに、いますよね。

言葉遣いが汚いひと。

それを見て可愛いと思えるかというと、かなりマイナスになっていることは間違いありません。

逆にいうと、言葉遣いがきれいなひとというのは、なんとなく、品があって、きれいな印象を持たれます。

そこから、雰囲気的に可愛くみえてしまうこともあります。

なので、言葉遣いというのは、特に気を付けるべきところと言えます。

汚い言葉は使わない

特に、汚い言葉を使う人というのは、いくら可愛い顔をしていても、なかなかいい印象を持たれません。

たとえばどんな言葉が当てはまるでしょうか。

「すげえ」とか「うぜぇ」とか「死ね」とか、たまに女子高生の会話で聞いたような言葉です。

そんな言葉づかいをしていると、自分の品性を落としてしまい、なんとなく、性格も粗暴に見えてしまいます。

その印象が強くなってくると、可愛さも半減してくることでしょう。

もし、かわいく見られたいということであれば、このような言葉遣いは決してやるべきではありません。

気を付けましょう。

9.ときには涙も見せる

ときには涙も見せること。

これは、なかなか難しいかもしれません。

かわいい人というのは、これが実践できているひとがかなりといって多いでしょう。

なぜ、涙を見せるといいのでしょうか。

これは、前述でも出てきました、守りたい女性であると思わせることと似ています。

ずっと、涙を見せずに、変な話へらへらされていては、なかなか守りたい女性であるようには、直結しません。

一気にそう思わせるテクニックのひとつがこの「ときには涙も見せる」というスキルなのです。

では、そのタイミングというのは、いつ頃がいいのか。

それを考えていきましょう。

すぐ泣くのではなくどうしようもないときに泣くのが秘訣

涙を見せると守りたいと思わせることが一気にできると述べてきましたが、そのタイミングはいつがいいのか。

いつもいつも涙をみせればいいのか。

答えは、ノーです。

いつもいつも涙を見せていては、逆効果になる可能性があるでしょう。

むしろ、めんどくさい女性であるという印象を持たれてしまう可能性が高いといえます。

ここのポイントは、たまに涙を見せるということです。

いつもいつも笑顔な女性が、つらくてどうしようもないときに、ちらっと涙を見せると、男性は、普段笑顔なひとが、めったに見せない涙を見せられると、たまらなく守りたくなります。

これは、オオカミ少年と似ているかもしれません。

いつもいつも泣いていると、嘘とまでは、いきませんが、それが当たり前になって、いつも泣く性格の女性と認識されてしまいます。

ただ、いつも泣かない女性が涙をみせるとこれは、ただ事ではないと察知できます。

そして、たまには、こういう弱いところがあるのかと認識して、守りたくなってしまうのです。

それが、可愛くみえるというところにつながっていくことになるのです。

このように、一見直結しないようなことではありますが、決して意味がないわけではないので、効果的にこの場面がきたら使ってみるのもいいかもしれません。

10.一生懸命な姿を見せる

一生懸命なひとというのは、なんとなくいい印象を持ちますよね。

一生懸命な姿は、真剣に取り組んでいるところ、真面目になっているところというのは、見ていて応援してあげたくなります。

そんな気持ちが、かわいいというところにつながっていくのが、ここのポイントになります。

何事も健気に頑張る姿は可愛い

何事もけなげに頑張るということ。

これには、人間誰もが心打たれるものでは、ないでしょうか。

たとえば、それこそ誰か好きなひとのために、好かれて貰おうと、頑張る姿。

一生懸命バレンタインのチョコをつくる姿。

など、なにかしら相手のことを思って健気に頑張る姿は、とても愛らしくみえます。

特にかわいいひとというのは、それがわかっているので、さらに拍車がかかってかわいく見えてしまいます。

そのことを理解しておくだけでも、今後の行動が変わってくることでしょう。

11.反省をする

しっかり、反省をすることというのは、人間として当たり前のことなのですが、なかなか素直になれないひとがたくさんいます。

以下のポイントを考えながら、意識するとよりかわいいひとに近づけることでしょう。

ケンカしても自分は悪くないという態度はNG

この傾向のある女性が多くいるのではないでしょうか。

喧嘩をすることは当然人間ですから多々あるでしょう。

しかし、そのあとが肝心です。

喧嘩をした際にどうしてもどちらかが悪い悪くないという話になってしまいがちです。

その中で特に気を付けたいのが、自分は悪くないという態度です。

この態度は、どんなにかわいい顔をしていたとしても、相手からは小憎たらしく見えてしまうことでしょう。

こういうときは、どんなに自分が悪くないと思っていても、一度自分を振り返ることが必要です。

ほんとうに全然悪くない場合は、別としてなにかしら落ち度があるようであったら、そこをまず反省して、相手につたえ、そのうえで相手に言いたいことがあるならいう。

このスタイルがあればなかなか印象もかわってくることでしょう。

12.素直になる

素直になることは、性格が大きくかかわってくるところだと思いますが、少しこのことを意識することで、劇的にかわいいように見えてしまうことが多々あるので、このキーワードは覚えておくべきでしょう。

助けが必要なときは素直に頼る

助けが必要なときというのは、人間だれしもあることです。

そんなときに頑固になって、まったく助けも言わずに、自分の殻に閉じこもっていても何もすすみません。

特にかわいいひとたちは、このようなときは、素直に助けをあまえながらいうことに長けています。

ここを見習わない手はありません。

どうせ助けをこうようなら、最初から素直にかわいく言うべきです。

すると相手もかわいく見えてくるものです。

13.優しくなる

やさしさというのは、だれもが持ち合わせているものです。

しかし、その強弱はひとそれぞれといえるでしょう。

そのやさしい心は、普段生活していて、垣間見えるものでもあります。

したがって、普段からそのやさしい心を心掛けていることで、いい印象になること間違いなしです。

誰にでも平等に優しくなる

特に誰にやさしくするべきか。

その答えは、誰にでもやさしくなることです。

どんなに嫌いなひとでも、冷たくしてその姿をみられてしまった場合には、だいぶ印象が変わってきてしまうことがあるからです。

かわいいひとは、いつも笑顔で、誰にでも気さくで、やさしい。

そんなことを心がけてか、かけずしてか、そんな印象をもたれることが多いです。

そのことを踏まえると、誰にでもやさしくしておくべきでしょう。

14.話を聞いてくれる

話を聞くこと。

これは、意外とスキルがいるものになります。

かわいいひとは、話を聞くにあたって、笑顔で、相槌をうまくいれるひとが多いからでしょうか。

そういう部分からも魅力があふれています。

自分の話ばかりする女の子はNG

特に、この自分の話ばかりをする女性。

これは、NGです。

なかなかやってしまいがちになりますが、男性だけでなく、女性でも、自分の話ばかりするひとというのは、いやですよね。

それと同じ感覚です。

ここには、気を付けましょう。

あなたも可愛い人になろう

いかがでしたでしょうか。

これまで、かわいいひとの傾向、やっていること、自然とできていること、学ぶべきことはたくさんあったと思います。

顔だけでかわいいと決して言われているわけでないことがなんとなくわかったことでしょう。

これをよんだあなたも、きっと明日からは、可愛い人になれているはずです。

ぜひ実践みてください。