皆さんは、コンビニによく行きますか?
著者はのどかな田舎から、比較的人の多い住宅街のところに移り住みましたが、今やコンビニはどこにでもあるものです。

以前はコンビニで都心部にあって田舎にはないイメージがありました。

ですが、インターの近くであったり、そうでなくてもトラックの長距離のトラックが通るところだとコンビニがあるようになり、たいていの所ではコンビニがある状態になりました。

今は、高齢者の方の活用を期待して、いわゆる過疎状態のところに店舗があるところもあります。

こんなにありとあらゆるところにコンビニがありますので、会社や学校に行っている方であると、その合間に立ち寄ることもよくあるのではないのでしょうか?

ですので、多くの人が行きつけのコンビニがあるのではないのでしょうか?
その行きつけのコンビニに行っていると、店員さんある程度顔見知りになることがあります。

中には、その「コンビニ店員さんといい仲になりたい!」と思っている人もいるのではないのでしょうか?
やはり、そんなに頻繁に会うことがあると、ゆくゆくは親しくなりたいなと思うものです。

でもやはり店員と客の立場だと、親しくなるのも少々難しいものがあります。

例えばですが、店員さんはお客さんに対してはあまり失礼な態度をとることができません。

ですので本音で接するのは大変難しいのです。

いろいろな情報を調べていてもやはり「お客さんから連絡先をもらったけれど、いいお客さんだから無視はしたくないけれど、深い付き合いにはなりたくないと悩んでいる」という人もいました。

このように、大変難しいのもコンビニ店員とお客という立場での距離の詰め方の特徴です。

では、そんな難しいコンビニ店員の方と仲良くなる方法ですが、どのような方法があるのかを見ていきましょう。

コンビニ店員と仲良くなるための7つの方法

先ほども、コンビニ店員の方とお客さんとで仲良くなるのは少々難しいということを話しました。

やはり、お仕事をしている人ですので、お客さんは無碍にはできませんし、あまりごり押しするとかえって困らせる事になります。

ですので、どうにかしてコンビニ店員の方と仲良くなりたい方は、下記の7つの方法を試してみましょう。

もちろん、必ず仲良くなれると言う保証はありません。

ですが、そのようなノウハウを知っているか否かでは、成功率が違います。

やはり、せっかく好きになった人であれば、仲良くなりたいですしゆくゆくは告白したいと思うのも当然の望みです。

やはり、コンビニ店員の方と仲良くなりたいとの思いがある人が多く、なんと「コンビニ恋愛」というタイトルのインターネット上の掲示板で親密になる方法について書かれてまでいるのです。

詳しくはそちらをチェックした方がより確実ですが、こちらでも色々と確認していきましょう。

やはり、そのようなノウハウがまとめられているという事は、その方で成功した確率が高いと言うことです。

ですので、何の工夫もなく普通にと言うよりかは、このような方法を用いた方が成功率が上がるのかもしれません。

では、こちらでも比較的成功しやすい方法について見ていきましょう。

1. 行く頻度で印象付ける


やはり、店員のお仕事をしていると、よく来るお客さんについてはだんだんと覚えられるものです。

著者もコンビニではありませんが、レジの体験があります。

やはりよく来られる方と言うと、色々と話すこともありますし、よく覚えられます。

ですので、もしコンビニ店員の方にアプローチしたいのであれば、とにかく行く頻度を増やすことが大切です。

そして、接点が増えるごとに「あ、あのお客さん。」と印象づけることができます。

さらに、決して無理をして利用する必要はありませんが、タバコなどの店員さんが棚から取っていくものだとしたら、同じものを買うと顔見ただけでその商品を取り出してくれるということもあるかもしれません。

やはり毎日と言うことになると、だんだんと印象づけられていくものです。

著者は、コンビニではなくファーストフードでそのような経験があります。

著者は、主人側の父と上の子が小さい時はよくキッズコーナーのある大型スーパーに遊びに行ったものです。

そして、父は、何かにつけ子供にお菓子を買わせようとしました。

ですが、結構毎日のことですので、野菜ジュースにすることにしたのです。

ですので、平日はほぼ毎日ファーストフードで野菜ジュースを買っていました。

そうすると、ファーストフードの店員の方が、私たち親子を覚えるようになり、私たちの顔見ただけで野菜ジュースを取り出すようになっていたのです。

こんなふうに、行く頻度が多ければ多いほどに、店員さんに印象づけることができます。

1. 毎日行く

やはり、こんなふうに、顔を見ただけで買う商品を出してくれるようになるには、毎日行くことも重要になってきます。

やはり毎日行くと、その人のことを印象付けられますが、店員の立場になっても毎日来る方は顔なじみになりだんだんと会話がはずむようになるものです。

ですので、コンビニ店員の方で親しくなりたい人がいたら毎日出入りするようにしましょう。

そうは言っても、なかなか普段コンビニに行かないのであれば、何を買っていいか悩みますよね。

そんな時は、飲み物とかちょっとしたお菓子が無難です。

では、具体的なコンビニ店員の方と仲良くなるテクニックですが、たいていのコンビニ店員の方と仲良くなってしまうと言う男性の情報によると、基本的に同じような時間帯に行き、出勤前と昼などというような感じにしているようです。

その方は、コンビニ店員の特定の人と仲が良くわけではなく、誰に対しても明るく挨拶をし、雑談もこなすようです。

やはり、特定の人にだけとなると怪しまれてしまうところがあるので、そのように「誰に対しても」というのがポイントなのかもしれませんね。

2. 毎日2回以上行く


上記の、たいていのコンビニ店員と仲良くなる男性の情報にもよると二回以上行くと言うのが良いようですね。

ただ、無理して行っている感じではなく、上記の男性のように出勤前と昼に行くと言うような感じで、決して不自然ではない程度に行くのが1番です。

著者は、主婦で子供と一緒に来ることがあるので実感として分かりますが、やはりあまりにも頻回聞いていると少々怪しまれるかもしれないので何かの用事で立ち寄ったと言うような感じで自然にするのが1番です。

コンビニ恋愛と言うタイトルのインターネット版の掲示板に抜粋されている情報がありましたが、長時間いることや、長時間会話をすると言うとあまり良い印象抱かれないようです。

また、好きな人になるとついつい見てしまいたくなりますが、チラチラ見たり、ガン見をするのはよくありません。

やはり、そのようなところがあると不審に思われるところがあります。

ですので、レジの時にさりげなく目を合わせる程度が良いです。

確かに、頻回行くのでその都度自然に振る舞うと言うと少々大変かもしれませんが、やはり仲良くなるためにはなるべく自然に見えるような感じにしましょう。

2. 毎回挨拶する

コンビニのみならず他の店でもそうですが、店員さんはお客さん入ると「いらっしゃいませ。」と挨拶をします。

その時に「こんにちは。」と挨拶すると非常に印象が良いです。

大抵の人は、「いらっしゃいませ。」と言われても、お客さんからのリアクションはそこまで期待はしていません。

中には、目も合わせず無言で通り過ぎてしまうお客さんもいます。

そんな中きちんと挨拶をする事はその人のお客さんを印象づけることができるのです。

ですので、「いらっしゃいませ。」と言われたら「こんにちは。」挨拶を返しましょう。

頻回に行って、だんだんと打ち解けてきたら「いらっしゃいませ。」と言われたら、「こんにちは。今日も暑いですね。(寒いですね。)」と挨拶を返していきましょう。

そのようにしてだんだんと距離を詰めていきます。

もし、「いらっしゃいませ。」と言われるタイミングがなかったとしたら、レジの時に、「こんにちは。お願いします。」と言うと良いでしょう。

やはり、コンビニと言うと気楽に行けるところから、最低限の会話をして素通りすると言うお客さんも結構多いです。

ですので、そんな中きちんと挨拶を返すお客さんはそれだけで印象に残ります。

ただ、もし気になる店員さんがいるのであれば、挨拶等は他の店員さんにもするようにしましょう。

明らかにあからさまだと警戒されてしまうかもしれません。

3. 今日のおすすめを聞く

挨拶すると言うのはそこまでハードルは高くありませんが、そこからだんだんと親しくなると言うとハードルが高いです。

いきなり、プライベートのことを聞かれるとかなり驚かれてしまいます。