彼女のことをめんどくさいと思った場合、彼氏はどういった行動をとるべきなのでしょうか。

そもそもなぜその彼女は面倒だと思われてしまうのでしょうか。わがまま、機嫌が悪い、冷たい、怒る、、そんなストレスとはもうおさらばしたいですよね。正直疲れてしまいます。

今回は、彼女めんどくさいと感じたら男子が取るべき対策をご紹介していきます。

彼女の行動が面倒くさいと思った時ってどうする?

恋愛というのは、とてつもないパワーを持っている感情です。

人間が持っている感情の中で、これほど理屈が通用しないものはないかもしれません。

誰かを想う気持ちは、とても美しいものではありますが、少しでもそこに「闇」があると
その美しい感情は途端に理性を狂わせます。

日常では性格的にそんなことするはずがない人でも、平気で悪の道を歩きます。

執着や嫉妬は人の理性のリミッターを容易に壊す恐ろしいものですから、そこにはもう善悪の判断はありません。

感情に支配され、間違ったことも平気で行えてしまうのが恋愛に溺れている人です。

これはその二人がどういった性格で、どういった距離感で交際してるかにもよるのですが、主導権を握られてる方が、悪に染まりやすい傾向があるように思えます。

例えば彼氏が交際において主導権を握ってる場合は、彼氏には余裕があります。

そして愛されてる自信があります。

一方彼女は主導権を握らているので、構図的には「彼氏の後ろをついていく」という状況です。

彼氏は自分のスピードで歩き、置いて行かれないよう彼女はその足取りを追いかけます。

初めのうちはいいかもしれませんが、次第に彼女は疲れてきます。

そして疲れ切った時、彼女の不満は爆発します。

「ちょっと!!疲れたんだけど!!自分ばっかり好みのスピードで歩いてあなたはいいかもしれないけど、私には速いの!このスピードは疲れるんだから少しは私のことも考えて!!」

彼氏は、そんなこと考えたこともないので、面食らっています。

「え?これ速い?普通じゃない?」

「速いよ!あなたは何も分かっていない!!」

「と言われても…じゃあ少し遅く歩くよ…」

「あ。今面倒だなって思ったでしょ?ねえ?そう思ったでしょ?」

恋人の距離感においてこれはあるあるではないでしょうか?

もちろんこのパターンで彼氏彼女が逆の立場の時もあります。

どんな恋人達でも、不思議と主導権を握る方と握られる方に分かれます。

よく好きになった方が負け、なんて言葉も聞きますが、これは主導権を握られるから、という意味でもあるのでしょう。

これはやや乱暴な言い方ですが、恋愛においてこういったストレスを感じてしまった時の傾向として、彼女の方が感情的になることが多いでしょう。

彼氏は男なので、みっともないほど感情的になるということはそうそうないはずです。

男は理性、女は感情の生き物だと言われるくらいですから、傾向としてはそうなるはずです。

男で感情的になるのは、あまりかっこいいものではありませんよね。

さて、先ほどのように彼女がめんどくさいモードに入った場合、彼氏はどう対応するべきか?

一番いけないことは一緒になって感情的になることです。

「面倒だなんて思ってないから!!ったくしつこいんだよ!!」

これが一番いけません。

やはりベストは正直に話して冷静に相手の感情を受け止めることでしょう。

「ごめん、確かに面倒だって思った。それは謝るよ。だからこれからは二人の歩くスピードはきちんと二人で決めよう。俺も分からないから、言ってほしいしきちんと受け止めるからさ」

といったような大人の対応です。

恋人に関わらず、どんな状況でも、相手が感情的になって理屈が通用しない時こそ、相手は冷静でいるよう努めるべきです。

一緒になって感情的になれば火に油を注ぐだけですから。

そしてあまり刺激しないよう、感情を受け止めるだけにしておきましょう。

「めんどくさい」と言われる彼女の18個の特徴


それでは、彼氏に面倒くさいと思われてしまう彼女の特徴とはどのものなのでしょうか?

この章では男性の視点でよく思い当たる特徴についてそれぞれ説明して行きます。

意外に思うこともあれば、やっぱりそうなんだ、とあなたにも当てはまる項目があるかも知れません。

同性の考えはどちらかと言えば理解できると思いますが、反対に異性の考えは分かりにくいところもあると思います。

あるアンケート調査では複数の男女に同じ質問のアンケートを取ったところ、男女で同じ答えが合った質問は何とゼロだったそうです。

これは極端な例かもしれませんが、なかなか異性の本音は分かりづらいことも多いと思います。

男性の視点での考えが分かれば、めんどくさいと言われる彼女の特徴も分かって来ると思います。

それではそれぞれの特徴についてお話していきますね。

1.すぐ怒る


やはりすぐ怒る女性はめんどくさいと思われてしまいます。

怒っている側の女性としては、自分なりのちゃんとした理由があるのだと思います。

ですが、男性側にはそれが伝わらず「めんどくさい」と思われてしまうのです。

これには一般的に男性はシンプルな直線的思考をし、女性は複雑で多面的な思考をする事が関係しています。

そのため、彼氏(男性)にとって全然気にならない事が彼女(女性)にとってはとても気になる場合が結構多くあります。

そして、いつまでもその事に気が付かない彼氏に我慢が出来ず、彼女は怒ってしまいます。

そのすれ違いで彼氏から見ると「何ですぐ怒るの?」と言う、「?」の状態となり、めんどくさいと思われてしまうのです。

長年連れ添った夫婦でも、奥さんにしょっちゅう怒られている可哀そうな旦那さんを見かけることがあります。

ちょっと気の毒に感じますが、やはり男女の思考の違いに気が付かないことから起きている出来事と言えます。

これらの場合は、まずはお互いの意識(思考)の違いがある事を自覚することが、すれ違いをなくしていくきっかけになるでしょう。

すぐ怒る彼女は、彼氏から見るとめんどくさく感じる女性の多くに当てはまります。

怒る人の10個の特徴と我慢の仕方。周りから遠ざけられないように!」の記事にも書いてありますが、怒る人は彼氏だけでなく、周りの人にも嫌われてしまいます。

自分の思い通りにならないからと言って、怒るのはよくないですよね。

2.そしてすぐ泣く


こちらも彼氏にめんどくさいと思われてしまう彼女の上位ランクに入ってしまう女性の特徴です。

やはりシンプルな思考を持つ男性には、女性がなぜ泣くのかが分からないからです。

もちろん全ての女性がすぐ泣く訳ではありませんが、心理的に甘えたい気持ちがあり、それを彼氏と付き合うまで満たされなかった女性が、甘える為にすぐに大げさに泣いてしまう事が多いようです。

彼氏からすると「何でこの流れで泣く?」と不思議に感じてしまいます。

もし泣いている場所が人目に付く屋外等の場合、彼氏のめんどくさいレベルは上がってしまうでしょう。

彼女のことを愛していても、「オレ、彼女を泣かしている彼氏って見られてるよな~」と感じてしまうからです。

それでも長く交際が続きお互いの理解が深まり、お互いがより満たされていけば改善していくかもしれません。

3.言うことがコロコロ変わる


大好きな彼女と二人で久々のお出掛け♪

彼氏の心の中も幸せな気持ちでいっぱいです。

前の日から彼女の好みをしっかりリサーチしたデートコースも考えてきました。

ところがデート当日、彼女の言うことがコロコロ変わり、せっかく計画していたデートコースもほとんど回れず台無しに・・・。

これでは彼氏にめんどくさいと思われても仕方ありません。

女性としてはその時の気分で食べたい料理を食べ、行きたいお店でショッピングをしたいところですが、一般的に男性には一度決めた事を計画的に進めたい心理が働きます。

こんな時は大まかなデートの流れは決めて、後はその時その時で柔軟に。

そんな歩み寄りが必要だと思います。

また普段から言うことがコロコロ変わる彼女は彼氏の話もよく聞いていません。

そして自分が言ったことも覚えていないこともあり、前に言ったこととまるで反対のことを平気で言ってしまったりします。

それでは彼氏でなくても周りの人たちも大変です。

ですが、言うことがコロコロ変わるということは、前向きに考えれば頭の回転が速く発想力があると言うこと。

彼氏にめんどくさがられない程度に自分の考えを伝え、一度伝えたことは覚えておく方が良いでしょう。

4.過去の男と何かにつけて比べる


「○○君はこんなじゃなかった」「○○の方が良かったな~」こんな言い方をされては彼氏もガッカリしてしまいますね。

昔の彼氏と比べられて喜ぶ男性はいません。

一度ならまだ許せても何かにつけて比べられてしまうと、彼氏はめんどくさいと感じてしまいます。

これはもし反対の立場でも同じでしょう。

過去は過去と割り切り、今の恋愛を大切にしましょう。

5.過去のトラブルをいつまでもネタにする


恋愛中に彼氏とケンカをしたりトラブルが起こることはそれほど珍しくはありません。

ですが一度解決した問題を、ことあるごとに話題にしてしまう女性はめんどくさがられます。

彼氏としてはもう解決したのに何でまた??と理解できません。

それが元で新たなケンカなどトラブルが発生してしまうこともあります。

過去のトラブルをいつまでもネタにされると彼氏はめんどくさくなるのです。

このことを忘れないようにして今を大切にすると良いでしょう。

6.彼氏の意見を否定してしまう


彼氏との会話の中で「でも~、だけどさ~」と彼氏の話した話題を否定していることが多いと、めんどくさい彼女と思われてしまいます。

彼からしてみれば常に自分の話題や意見が否定されるので面白くありません。

彼氏の話にうまく相づちがうてるような、ちょっと大人の女性の方が彼氏により好かれるでしょう。

7.束縛癖がすごい


「今どこにいるの?」「○○さんて誰?女の人?」「明日の予定は?」等としょっちゅう彼氏に確認したりメールやlineのチェックは怠らない・・・

また○○禁止と彼氏の自由を奪うルールを勝手に作ってしまう束縛癖がすごい彼女は、やはりめんどくさいと思われてしまいます。

中には職場にまで電話をしてきて今何をしているか確認したという例も・・・。

このような束縛癖がある女性は、彼氏への信頼感が持てていない状態と言えそうです。

中には過去の恋愛で傷ついた経験が元で今の彼氏にも信頼感が持てない方もいるかもしれません。

しかし大切なのは今の彼氏ですよね。

そんな場合はお互いの理解を深めて行けば、束縛しないでも安心して付き合っていけるようになるでしょう。

束縛する彼女の18個の特徴や、あるあるな束縛行動」という記事で、彼女の束縛について書いてあります。

どうしても彼氏を束縛してしまう彼女には、特徴と行動パターンがあるので、こちらも確認してみてください。

8.友人や同僚の悪口がすごい


彼氏と会っている時や、電話での会話の最中に、友人や同僚の悪口がすごい女性もめんどくさがられてしまいます。

同僚や普段仲が良いはずの友人の悪口を彼氏に延々と聞かせる・・・

彼女としてみれば心を許せる彼氏に溜まったうっぷんを晴らしてもらう絶好のチャンスとして聞いてもらっているつもりかも知れません。

しかし、人の愚痴は聞かされる側はあまり良い気持ちで聞いているものではありません。

たまになら良いかもしれませんが、普段から悪口がすごいと聞かされる彼氏は疲れてしまいます。

男性は可愛らしい自分の彼女が好きなので、たまに愚痴るくらいは良いと思いますが、普段からすごい悪口を彼氏に聞かせることは避けた方が良いでしょう。

どうしても言いたい場合はしっかりと理由を説明して聞いてもらうことです。

ただ感情をぶちまけるのではなく、しっかりと説明をすれば彼氏も相談に乗る感覚で親身になって聞いてくれるでしょう。

9.スマホやメール、lineの履歴をチェックしてくる


束縛癖のお話の時も述べましたが、彼氏のスマホやメール、lineなどの履歴をチェックする彼女もめんどくさいと思われてしまいます。

ここにはやはり彼氏に対して信頼感がない、信頼関係が築けていないなど心理面での理由があります。

また頭の中の妄想で勝手に浮気相手を想像してしまい、不安を解消するために履歴をチェックする女性もいます。

彼氏がトイレなどでいなくなった隙にチェックをする女性もいると聞きます。

そんな彼氏のメールなどの履歴をチェックしてしまう女性も、自分のメールなどは勝手に見られたくはないのではないでしょうか?

自分の気持ちを見つめ、彼氏の気持ちも理解してあげる事がお互いの信頼関係を高めていく事につながると思います。

10.自分が大好き


女性にとってお洒落をする事はとても大切。

ですが、度を過ぎて自分が大好きな女性はめんどくさがられます。

今までのめんどくさがられてしまう特徴を持ち、更に自分が大好きで彼氏といる時もいつも話題は自分の話題。

彼氏が自分の話題を振っても簡単に流してしまう。

この様な態度では彼氏もめんどうと思っても無理はありません。

自分が好きなことはとても良いことですが、この様な女性の場合、彼氏にももっと興味を持ちお互いの話題で会話を弾ませる事が大切です。

大好きな自分を見てもらうためにも二人での話題作りが大切です。

11.2chのネタの受け売りがひどかったり


そして2chのネタの受け売りがひどい場合も、彼氏の印象が良くない事が多いでしょう。

2chでは匿名で投稿がされ多くの情報が氾濫していると言えますが、その話題でをそのまま受け売りで話す事はあまり良い印象を彼氏に与えないはずです。

彼氏は彼女自身が本当に好きな事の話題や、自分との経験で二人で共有出来る話題での会話を望んでいるのです。

12.時間の感覚が違う


真夜中に突然の電話・・・そして生活リズムがまったく違う・・・

こんな時間の感覚が違う彼女もめんどくさい彼女と言えます。

いくら親密な間柄でも、真夜中に電話で起こされて長話に付き合わされては彼氏も困ります。

食事の時間や朝起きる時間が全然違う場合も彼氏は大変でしょう。

恋愛もお互いの生活リズムが合ってうまくいくと思います。

13.不幸自慢をする


自分の生い立ちや過去の不幸な経験をまるで自慢話をするかのように彼氏に話す。

あまりにしょっちゅう不幸な話を聞かされると彼氏は疲れてしまいます。

同情をしてもらいたい気持ちは分かりますが、彼氏の立場にもなってめんどくさがられない程度に話すべきです。

不幸自慢をするより、今の幸せな時間を彼氏と作ることの方がお互いが幸せになれるでしょう。

14.自分にも彼氏にも厳しい


自分に厳しい性格の女性で彼氏にもその厳しさを要求してしまう女性もいます。

他人は求めていない厳しさには抵抗を感じます。

また彼氏は自分の彼女に甘えられる相手としての安心や安らぎを求めます。

そのため厳しい女性はめんどくさいと思われてしまいます。

時に厳しさも必要だと思いますがほどほどに、と言ったところでしょうか。

15.主張(こだわり)が強い


自分のこだわりが強すぎて彼氏に押し付けてしまう女性もめんどくさいと思われてしまうでしょう。

例えば「○○は健康に悪いから絶対に食べちゃダメ!」とか「この時間には寝ないと体に悪いから今寝なきゃね!」とか。

自分の主張を押し付けてくるのでめんどくさいと彼氏は感じてしまいます。

16.友人との集まりに行かせたがらない


男性だってたまには友人で集まってワイワイ騒ぎたいはずです。

いたって普通の願望ですが、それを嫌がる女性がいます。

常に自分を見ていてほしいと思う女性にありがちなことですが、彼氏もたまには友人との時間も必要なのです。

彼女を大切にしない訳ではないので友人との時間も持つべきなのですが、それを許さない女性はめんどくさがられます。

17.慣れてくると上から目線になる


付き合い始めたころは可愛らしくて話も弾んでいたのに、段々と慣れて来るにしたがって上から目線になる女性。

ことあるごとにお説教が始まったりします。

これでは男性の自尊心が保てなくて、もはやめんどくさい彼女状態に。

お互いの自尊心は傷つけない関係が大切ですね。

18.「わたしってめんどくさいかな?」と聞いてくる


そのままの発言なのですが、彼女が私めんどくさい?と聞いてくるまでに彼氏がどう思っていたかで彼氏の反応は変わります。

まったく予想外の場合、「いや全然。何で?」と気にしていなかった答えが返ってきます。

しかし、もし彼氏が内心今までお話ししてきたような理由で彼女をめんどくさいと感じ始めていた場合、「聞くなら直せよ!」とよりめんどくさがられてしまいます。

もし彼女に「めんどくさい女」の自覚がある場合は、彼氏に尋ねる前に行動を改めると良いでしょう。

そうすれば内心めんどくささを感じていた彼氏の気持ちも良い方へ変わる可能性も出てきます。

彼女をめんどくさいと感じた時の対処法12選

恋人達には必ずこういっためんどくさいシチュエーションは訪れます。

そんな時、どのように対処していくのがいいのでしょうか。

別れるつもりがないなら・・・

対策といっても根本的な道は二つです。

別れるか否かしかありません。

面倒だからもう無理、と判断したなら対策も何も必要ありません。

残念ながら二人の時間はもう戻ることはないでしょう。

問題はやはり、「でも好きだから別れたくない」という場合です。

そんな時はどうするのが良いのかご紹介します。

1.こまめに愛情表現を伝える

やはりまずは不安にさせないよう、きちんと愛情を伝えてあげることですね。

ネガティブ発言やかまってちゃんなどの根本的な理由はやはり不安でしょうから、それは予め対処することが可能です。

大きなアクションは特に必要ありません。

誕生日を盛大に祝う、高価なプレゼントを買うなどではなくても、常日頃から些細ではあるけれど愛情を表現していれば、彼女がそこまで不安になってネガティブモードになることも控えることができるでしょう。

会ったときに自然に手をつなぐくらいでも愛情は充分なはずですよ。

2.魅力を具体的に伝える

効果的ではありますが、あまり言葉で具体的にというのも男性からすると恥ずかしいものです。

でもきちんと言葉で伝えるというのは、非常に大切で、曖昧だったものがあっというまに明確になったりします。

毎日では信憑性に欠けてしまいますから、ここぞという時の褒め殺しのために、この方法はとっておきましょう。

3.簡素な返事はやめる

そっけない対応は無駄に不安を煽ってしまうものです。

彼氏にその気がなくても彼女は不安がり、自分の中でその不安を増幅させ、いずれ彼氏にぶつけるでしょう。

そうなってからでは対処も面倒です。

コミュニケーションの取り方の問題ですから、あまりにも適当な返事は事前に避けましょう。

これはさほど難しいことではないですから、日々きちんと二人でコミュニケーションをとるよう心がけましょう。

4.会うペースを決めて固定化する

連絡をとるのは数日に一回、会うのは一週間に一回など、決めておくのもいいでしょう。
それをルールとしてお互いが守るようになれば、問題なくこのペースを継続されるでしょう。

わがままの抑止力にもなります。

そして、そのルールを破った時は、ルール違反として嫌悪するのではなく、「ルールを破るほど愛情が募った」として、好意的にとることもできます。

まさに一石二鳥の作戦です。

5.お姫様扱いしてあげる

自覚がなくても、彼氏にとってのお姫様でありたいと思ってる彼女は多いかもしれません。

たまには、その気持ちを汲んで、思いっきりお姫様扱いしてみるのもいいかもしれません。

わがままをなんでもきいてあげるなど、その日一日だけのスペシャル対応です。

多分彼女としてもそこまでやられると逆に気が引けるでしょうから、今後の抑止にも繋がります。

彼氏も突然わがままを言われたら面倒と思うかもしれませんが「今日はわがままをきいたあげよう!!」と能動的にアクションを起こせば、楽しくお姫様のわがままに付き合うこともできるでしょう。

6.前もってどこにいるか知らせる

聞かれる前に言ってしまえというわけですね。

今はここにいて、しばらくスマホいじれないからと伝えておけば、今どこにいるのメールもなんで返信くれないのメールも事前に防ぐことができます。

ただし毎回毎回はできませんし、唐突に今ここにいるからと連絡しても「だから何?」となるかもしれません。

これもここぞという時に使うべき方法ですね。

7.意見を尊重する

彼女のめんどくささは、特に大きな理由がない時でも発生します。

ただ受け止めてほしいだけなど、一過性の場合がほとんどなのかもしれません。

なのでその場の支離滅裂な意見もきちんと尊重してあげましょう。

この時のルールは一つ。

自分の意見を言わないことです。

彼女は聞いてほしいだけで、意見を求めているわけではありません。

なので理詰めの説得などは言語道断です。

話を聞いて受け止める、たったそれだけのことで、彼女のヒステリーとも言える感情は徐々に収まっていくでしょう。

別れたいなら・・・

さて、ここまでがけっこう前向きな対策です。

がもちろん、もう一つの道の場合もあります。

「面倒だからもう無理」という場合ですね。

残念ながら、どんなに愛し合っていても、その心は不変というわけにはいきません。

同じ愛情でも形は少しずつ変化していきます。

当然別れるという選択をすることもあります。

ではぎくしゃくした関係に耐えられず、別れを選択した場合はどうしたらいいでしょうか。

1.不満を伝える

不満を伝えるのは常套句ではありますが、もちろん片方だけに不満があるわけではありません。

なので伝えるというよりは、不満をお互いに語る、という方が適切かもしれません。

別れを意識しながら語る不満はなんとも悲しいものですが、恋愛とは残酷な一面もありますからね。

人を好きになった以上、喪失する覚悟もまた必要ななものです。

ただし、お互い感情的になって不満をぶつけるのはやめましょう。

みっともない喧嘩別れになってしまいますし、それはそれで後味が悪くなってしまいますからね。

2.正直な気持ちを話す

もう無理だと思ったのなら、それを率直に伝えるのがベストでしょう。

もちろん面倒だから別れようでは、話しになりません。

面倒にいたるそのプロセスをきちんと説明して伝えてあげましょう。

ネガティブすぎる、など、明確な理由を話せばもしかしたら彼女はネガティブモードを封印し、今度はうまくいくかもしれません。

ですが、もし復縁しても現実的にはいずれ同じことが繰り返されることになるかもしれません。

3.すれ違いを増やして関係を冷ます

明らかにもう無理だという場合は、面倒な時に一切相手にしないという方法もあるにはありますよね。

つまり、ここまで冷たい対応してるってことはどういうことか…分かるだろ?という方法ですね。

ただし、あまり褒められるようなやり方ではないと思います。

あえてすれ違いを増やすくらいなら、きちんと伝えた方が彼女も納得しますし、無駄に時間を浪費することもないでしょう。

これはあまりおすすめできない方法です。

4.身を引く

方法としてはこれもありですね。

シンプルに身を引いて別れます。

自分から別れようと率直に伝え、身を引くのです。

一番男らしい方法なのかもしれませんね。

もちろんそこで理由を追及されるでしょうが、いずれにせよ身を引くことは確定事項です。

後味が悪くならないようにだけ注意して、きちんと二人の関係にピリオドを打ちましょう。

5.もう一度好きか考える

別れる決心をする最後の瞬間は、やはり一度振り返って考えるべきでしょう。

ほんとに別れていいのか?

もう好きじゃないのか?

この段階では冷静に分析できる方が不自然でしょう。

あまり振り返っても意味はないかもしれません。

別れるために必要なエネルギーも相当ですから、そうと決めればもう揺らぐことはないかもしれません。

でも最後に一度振り返るのはけじめとしても必要ではないでしょうか。

めんどくさい彼女、なぜこうなった?


ここまではめんどくさい彼女の特徴についてお話してきました。

ここからはなぜめんどくさい彼女と思われてしまう女性になってしまったのか、その背景を探っていきます。

そこには生い立ちや子供のころの育ち方、今までの交際歴などが関係していますが、意外な理由もあるかもしれません。

自分ではめんどくさい女とは思っていない女性が多いと思います。

それでは代表的な理由をお話していきます。

甘やかされて育てられてきた


家庭で甘やかされて育ってきた女性は、何でも自分の思い通りになると思っていたり、思い通りにならないとすぐに怒ってしまう傾向にあります。

小さい頃はまだ周りが許してくれていても、成長するにつれて周りの目は厳しくなります。

彼氏が普通の家庭で育ってきた場合、何でも思い通りにしようとしたり、すぐ怒る彼女をやはりめんどくさいと感じてしまします。

問題は甘やかされて育った本人は自覚がない為になかなか気づけないことです。

本人に悪気がないため、なかなか気づいてもらえません。

お金もちのお嬢様で苦労しらず


同様にお金持ちのお嬢様で、何の苦労も知らずに過ごしてきた女性も、その女性の態度でめんどくさいと彼氏に感じさせてしまいがちです。

お金持ちで大概の事はすぐに叶う、解決できる環境で育ったため思い通りに行かないとすぐに怒ったり、逆に泣いたりします。

苦労を知らないため我慢が出来ないからです。

その心理面でのギャップが彼氏にめんどくさいと思わせてしまう原因になります。

やはりお金持ちで苦労しらずのお嬢様タイプの女性も甘やかされて育ったと言えるでしょう。

そのような環境が彼女たちをめんどくさい女にしてしまった面があります。

今までの男はみんな従順


ルックスがとても美しく自分から求めなくても多くの男性に人気があり、交際してきた男性がみんな従順に従ってきた・・・

この様な女性の場合、彼氏に尽くされることが普通の状態です。

以前の彼氏たちはどんなワガママもめんどくさいとは思わなかった事でしょう。

しかし一般的な男性は従順と言う訳ではなく、お互いに平等な関係を求めます。

その為尽くして当たり前的な女性の態度にめんどくささを感じてしまいます。

従順になれない男性はあっさりと捨てられ、また従順なしもべ的な彼氏を作ることもあります。

性格の悪さゆえ、注意してくれる友人は皆無


性格悪い女の40個の特徴。隠れ性格ブスも見分けよう!」この記事でもあるように、性格の悪い女性は同性からも嫌われてしまうのです。

周りから嫌われてしまうので、彼氏にめんどくさいと思わせてしまう様な性格を注意してくれる友人がいなくなってしまう場合もあります。

ある意味可哀そうですが、誰も注意してくれる人がいない為、彼氏にもそのまま接してしまいめんどくさいと感じさせてしまいます。

面倒くさい彼女、本当に好きですか?

最後はちょっとテンションが下がる話になってしまいましたが、いかがだったでしょうか?

そもそもめんどくさい彼女、というか恋愛にめんどくささはつきものとも言えます。

それらをどううまく二人で対処するか?

これが恋愛のルールそのものですよね。

今交際してる相手がいる人達がこれを読んで、少しでも力になれたのなら幸いです。

彼氏なら受け止め方を、彼女なら感情のコントロールを。

本当に愛しているのなら、二人でがんばって乗り越えてくださいね。

【彼女めんどくさいな…と思われる女性の特徴については、こちらの記事もチェック!】