CoCoSiA(ココシア)

緊張をほぐす方法25選

緊張をほぐす方法25選のイメージ写真
あなたは、どんなときに緊張してしまいますか?

緊張してしまうときって特定のなにかをするときだとか、誰かに会うときだとか決まっているはずです。

それは、あなたが慎重になっているサインでもありますが、あなたの実力を100%出すのを遠ざける作用をしてしまうこともあるんです。

それってどうでしょうか?

出来れば、緊張のない生活を送ってみたいと思いませんか。

だって、緊張さえなければ自分の実力を発揮できるし、何をするにも精神的な苦痛を感じなくていいからですよね。

でもどのように緊張しないようにすればいいのか分からない…というあなた!

今回は、そんなあなたのために今すぐにでも実践できる”緊張をほぐす方法”をご紹介しています!

これまでは何をやってもうまくいかなかったかもしれません。

でもこの記事を読めばもう大丈夫。

あなたは緊張に強い人になれるはずです。

緊張しがちな人はぜひお読みくださいね!

あなたの人生が変わります。

どうしても緊張してしまう…

どうしても緊張してしまうことってありますよね。

緊張したくないし、周りの友人たちはまるで緊張していないのに自分だけいつも緊張しているような気がして、なんだか一人だけ損をしているような気持ちになってしまことってあるはずです。

でも緊張というのは、人間が感じることの出来る感情であり、それがあることによってあなたを危険から守ってくれているんです。

そのため、緊張のない生活というのはあまり良いものではないんですよね。

だって、緊張がなければそれらの物事に対して慎重にならずに大きな失敗をしてしまうかもしれません。

失敗してからでは遅いこともありますよね。

でも、反対に緊張しすぎてしまうあまりにあなたが持っている本来の実力を発揮できなくなってしまうことだってあるんです。

「緊張をなくしたい」「ほぐしたい」と考えてる方は、このようなケースが多いのではないでしょうか。

例えば、アルバイトで一人で任されているときにはスムーズに仕事ができるけれど、近くに店長などの目上の人がいるだけで緊張してしまって仕事が遅くなってしまったり、失敗してしまうなんていうことが起こります。

そのように目上の人の前で失敗続きだと、どうしても「この人は出来ない人だ」と判断されかねません。

そんなのイヤですよね。

本当は出来るあなたなのに。

それを認めてほしいし、視ってほしいと感じているのに。

それにもっと出来る自分になりたいと思っているのに・・・。

そんな”どうしても緊張してしまう”どうしようもない緊張にはどんなことをしてけばいいのでしょうか?

まずは、意識しておきたい”気持ち”を確認していきましょう。

あまり意識をしすぎないこと

あまり意識をしすぎないようにしている
あなたが緊張してしまっているのは、そのことに対して意識しすぎているからなんです。

さきほどアルバイト場所での失敗のケースを例に挙げましたね。

それって、アルバイト先の店長などの目上の人の存在を気にしすぎているから出来なくなってしまうんです。

その反対にその人がいなければ、なんでもできるのです。

要するに、近くに目上の人がいてあなたの仕事振りを確認していたとしてもそれを気にしないようにすればいいだけなんです。

そうすれば、いつものあなたで仕事ができますし、本来の実力を発揮することができます。

しかし、どうしても緊張してしまう、いつでも緊張してしまうという人はそううことができないんですよね。

どんなに意識しないようにしよう!としても、もうそれだけで意識してしまっているし、知らない間にそのことを集中的に考えている自分がいることに気づきます。

そのせいであなたは何もできなくなってしまうなんてことも。

それでは、人生がもったいない!

まずは、意識をしない…と考えるのではなく、別のことを考えるようにしてみて。

近くに目上の人がいて緊張してしまうのであれば、仕事だけに集中するようにするとか近くのキレイな美人に意識を向ける・・・なんていうのでもいいんです。

緊張するのは仕方ないこと

緊張するのは仕方ない
緊張したくない!

どうして自分ばっかり緊張するんだ・・という人もいます。

あなたももしかしてそのような人なのではないでしょうか?

もしもそうであるならば、その考えは間違いです。

あなたから見て全く緊張して内容に見える人であっても、どこかで緊張しているものです。