突然ですが、皆様は自分が「できる」人間だという自覚はありますでしょうか。

それとも、自分は人に比べて「できない」人間だと思っていますでしょうか。

これは、はっきりと声に出して答えを言えと言われると困るかもしれませんが、冷静な自己評価をできる人なら、ある程度は答えが分かっているかもしれませんね。

この評価が冷静で客観視できているものなのかどうかは分かりません。

ですが、できた人間であるのなら、できない人間にイライラすることはありますよね。

逆に、できる人間であるのなら、人の邪魔にならないように気を付けるでしょう。

これは、組織の中で息態行く上ではとても大切なことです。

ところが、これを心得ていない人がいますよね。

できるのにできないと思っていたり、やる気がない人はたくさんいます。

でいないということが分かっておらずに、色々なことをしてしまう人もいますよね。

それでは、組織の中でもっとも役に立たないのはどのような人間なのでしょうかここでは、無能な働き者と呼ばれる人間について見てみることにしましょう。

知らずのうちにそうなってしまっていないか、一度自分のことを考えて見なければいけませんね。

無能な働き者って?

 無能な働き者、というのは、人間の中では最も使えない人間と言われているようですが、この言葉はご存知でしょうか。

無能な働き者と言う言葉インターネットの中ではよく使われている言葉ですが、実際にある種の人間をうまく表現しているように思えます。

一般的な言葉ではないことは確かですので、まずはこの無能な働き者と言う言葉について見てみることにしましょう。

無能な働き者と言う言葉以外にも人間を色々分類することができますから、様々な運類があることを覚えておいても良いかもしれませんね。

ゼークトの組織論


 無能な働き者と言う言葉は、ハンス・フォン・ゼークトという人の組織論の中で述べられていたという説があります。

ハンス・フォン・ゼークトはドイツの軍人でした。

そのため、この無能な働き者と言う言葉自体は、軍隊と言うある組織の中での言葉ということになりますよね。

生まれは1866年で、没年は1936年とありますから、生涯の中では第一次世界大戦を経験しているはずです。

ゼークト自身は参謀などを務めるような「有能な」人間であったようですし、軍の中でもかなり上の地位にいましたから、組織を束ねるうえで色々な人間と関わっていたことには違いないでしょう。

実はゼークトの言葉ではなかった?

 これまで、無能な働き者と言う言葉はゼークトの組織論のものであると呼ばれていたようですが、近年では、これは違うと言われているようですね。

ゼークトの言った組織論ではなく、その副将のクルト・フォン・ハンマーシュタイン=エクヴォルトの言葉であるとする説も大きいようです。

クルト・フォン・ハンマーシュタイン=エクヴォルトは、とても冷たい人間であったようで、彼が発した言葉であるというのが、こちらの説となります。

ゼークトの組織論というのは、実際のところは何根拠もないようですね。

実のところは、この言葉がどの出典であるのかというのは、はっきりしていないのかもしれません。

ただし、その言葉の内容ははっきり残っていますので、ここではこの言葉の内容に従って見てみることにしましょう。

4つの人間のタイプ


 無能な働き者という言葉出てくる話の中では、人間は4種類に分類されます。

4種類の人間のタイプは、その有能さ、無能さ、さらには働き物であるか、怠け者であるかという視点に従って分類されています。

全ての人間をこの4タイプに分けるというのは難しいように思われるかもしれませんが、それぞれ2条件に分けているのだとすれば、結構人間全体を見たときに当てはまるのではないでしょうか。

ここで述べられている4つの人間のタイプをそれぞれ見てみることにしましょう。

有能な怠け者

 まず、一つ目としては有能な怠け者というのがあるのではないでしょうか。

有能でとてもできる人間ではあるのですが、やる気がないという人ですね。

これは、組織の中では必ず一人はいるはずです。

他の人からしてみれば、やる気を出すだけで随分と変わるはずなのに、やる気を出さないためにもったいないと思われているようなタイプの人です。

ですが、全然やる気を出さなくても有能なので、他の人から嫉妬されていると言こともあるかもしれませんね。

こういった有能な怠け者の場合には、自分の能力があるからこそ、怠け者でいられるという側面もあるでしょう。

有能な怠け者に一番合っている役職は、軍の中では「指導者」です。

指導者というのは、有能であればあるほど良いでしょう。

無能な指導者に当たってしまったときの部下の悲惨さを考えると、上に立つ人間は絶対に有能でなければいけないはずなのです。

ですが、一方で、指導者となる人間が「現場の人間」である場合には、指導者のフラストレーションがたまってしまうでしょう。

指導者というのはあまり動かずに、的確な指示を出している方が良いのです。

だからこそ、あまり動かない怠け者であっても、有能であれば、そちらの方が良いということになるのではないでしょうか。

有能な働き者

 同じ有能な人間の中でも、勤勉で働き者という人もいますよね。

この「有能な働き者」も必ず組織の中では見かけるはずです。

できる人間なのに、さらに働き者で努力をしているので、元々持っている才能をさらに磨き続けて、他の人がいけないような高みに到達している人です。

こういったタイプの人は、自分の有能さに溺れることがなく、しっかりと自分の有能さを活かすことができるのが強みですね。

こういったタイプの人の場合には、有っている役職は指導者ではありません。

こういったタイプの人があっているのは「参謀」です。

指導者よりも働かなければいけない地位にありますが、しっかりと有能な人間が務めていなければ成り立たない役職だということができますね。

有能な働き者の場合には、その組織のトップよりも黒幕的な役割をしている方が良いということなのかもしれません。

無能な怠け者

 次には無能なタイプの人間を見てみることにしましょう。

無能なタイプの人間もやはり働き者と怠け者に分かれています。

無能な怠け者というのは、自分の能力がないのに何かをしようという気もない人間のことですね。

どうしようもない人間のように思えますが、実はこの無能な怠け者というのは、そう珍しくもありません。

むしろ、このタイプの人間の方が良いのではないでしょうか。

有能と言えるほどに何かできるわけではなく、能力的には全然期待することができないものの、それをカバーするほどの努力をすることもないということになりますね。

自分の能力に合っただけの働きしかしないので、役に立つことはありませんが、邪魔になることもないでしょう。

これは組織の中での役職としては「雑兵」ですね。

特に何かの役職に就くこともなく、上の指示に従って、指示された分だけ働くことができる人間であれば問題ないという扱いでしょう。

会社の中で言うと平社員ということになるでしょうか。

大きな出世をすることはなく、経験を積めばその分だけは成長できる人という表現が正しいかもしれません。

無能な働き者

 最期に来るのが、無能な働き者と呼ばれるタイプの人です。

無能なタイプの中でも、自分の能力を顧みることなく色々動いてしまう人ということになりますね。

このタイプの人の場合には、自分の能力がついてきていないのに、何かをしようとしてしまうのです。

もちろん、能力を上げるためにはしっかりと努力をすることは大切ですし、その心意気があることは必要ですよね。

ただし、無能なのにあまりにも何かをしようとしていると、それは邪魔臭いだけです。

能力がないのに自分の能力を超えたことをしようとしていると、そこで失敗することは分かっているからです。

無能な働き者の場合には、やる気がある分だけどうしようもないと印象になってしまうのではないでしょうか。

1番無駄な存在”無能な働き者”

 無能な働き者と呼ばれる人のことは、一番無駄と言われています。

何もできないのに、何かをしようとするので、その分だけ被害が大きくなってしまうからです。

無能な怠け者の方が、何もしない分だけ被害が出ないというメリットがあります。

しかも、本人としては少しでも良いことをしようとしているわけですから、注意するにできないというのもデメリットですね。

やる気があることが悪いわけではないのですから、できる限り動かないでいてくれている方がありがたいというのが、周囲の意見でしょう。

一番無駄でどうしようもないのが無能な働き者で、煮ても焼いても食えぬという存在だと言えるのが悲しいですね。

無能な働き者は銃殺刑

 無能な働き者に最も合っている役職は何なのでしょうか。

有能な働き者は参謀。

有能な怠け者は指導者、無能な怠け者は雑兵の扱いになりますよね。

同じ文脈の中で無能な働き者に当てられているのは「銃殺刑」です。

つまり、どこの役職にもつかないで、とにかく何もしないでいてほしいという周囲のイライラが表れている表現だと言えるでしょう。

無能な働き者は、そこにいるだけで被害が出てきます。

何もしないでいてくれるのが良いのに、それもできないので、むしろ邪魔臭いのです。

いても使えないし、いない方が良い存在にふさわしい役職は「死」というのは、軍隊らしい表現ですね。

最も、無能な働き者がいる職場の人間の総意としてはやはり「いなくなってくれ」でしょうから、軍隊でも普通の生活の中でも無能な働き者に適切な役割というのは、変わらないのではないでしょうか。

ハウツー本などで扱われる

 無能な働き者という表現はハウツー本の中ではよく使われている表現ですね。

例えば、自己啓発本や、部下の使い方や、組織の中での生き方を示している本の中では、無能な働き者という表現をされることがあります。

こうした組織の中での生き方を教えるような本の中では、とても便利な表現ですからね。

それほど一般的な言葉ではないように思えますが、ハウツー本などを読む方にとっては、比較的慣れた表現なのではないでしょうか。

ネットスラングとしても使われている

 無能な働き者という表現は、ネットスラングの中でも良く使われているものですね。

インターネット掲示板などではそれほど珍しい表現とは言えないでしょう。

相手のことを罵るとき、相手に諭すときには無能な働き者という表現をするのです。

軍事オタクの中では有名

 インターネットやハウツー本以外でも、無能な働き者という表現は、軍事おたくの中ではかなり有名なのではないでしょうか。

元々、正確な出典は分からないとはいえ、クルト・フォン・ハンマーシュタイン=エクヴォルトもハンス・フォン・ゼークトも軍事関係の人間でした。

そうしたところから、軍事オタクの中ではそれほど珍しい表現でもなく、よく知られている話です。

最も、言葉を聞いて意味が想像できないものではないですから、ふと口にしてしまっても全然問題はないでしょう。

ただし、無能な働き者という言葉が相手に対する批判であるということが完全に伝わるかは分かりません。

無能な働き者の14個の特徴

 無能な働き者の特徴について見てみることにしましょう。

組織の中ではもっとも使うことができない人間だと言われている人は、どのような特徴を持っているのでしょうか。

自分は無能な働き者ではないと思いたい方も、実は下を見てみると、自分が無能な働き者であったということが分かってしまうかもしれません。

自分が組織の中で無能な働き者と呼ばれていないのか、きちんと確認してみた方が良いかもしれません。

ぜひ、下記のリストを見てチェックしてみてくださいね。

自分ができると思っている

 まず、無能な働き者の場合には、そもそも自分ができないということを自覚していない可能性が高いですね。

自分が無能だと分かっている場合には、怖くてヘタに動くことができないでしょう。

ところが、自分ができると思っている無能者の場合には、できると思っているからこそ動くのです。

できると思っており、自分が働くことが誰かの役に立つということを信じているのです。

このために、なぜ自分が下手に動くなと言われているのかが分からないのではないでしょうか。

本当は動けば動くほどに被害が大きくなっていくのに、それを理解することができないのです。

自分の能力を過信しているあまりに、望まれていないこと藻までしてしまうということですね。

最も、無能な働き者の場合には、自分がそれほどできるわけではないということを知っていても動いてしまうような人もいますから、無乃な働き者は二種類いると考えた方が良いかもしれません。

どちらにしても、自分のことを客観視できていないことは確かでしょう。

ホウレンソウができない

 無能な働き者の場合には、ホウレンソウもできません。

ホウレンソウをするような能力もないということにもなりますし、自分の能力を過信しているので、大丈夫だと思い込んでいるのが大きいのではないでしょうか。

ホウレンソウをしっかりと行うことができれば、それで被害を食い止めることができるはずなのに、連絡も相談もないので誰も悲惨なことになっているのに気付かないというのが問題なのです。

なぜホウレンソウをしないのかは分かりませんが、ホウレンソウで事前に相談をしていると、反対されることが分かっている殻でしょう。

何事も自己判断

 無能な働き者は何事も自己判断で進めてしまいます。

もちろん、仕事を始めるときにも相談はありませんし、その途中経過が大変なことになっていても報告することがありません。

また、自分の仕事に関して連絡をすることもありませんので、全てが自己判断で勝手に行われているのです。

何かを勧めようという意欲だけではあるのですが、これでは確かに迷惑だと思われてしまっていても仕方ありませんよね。

常に監視していなければ、無能な働き者は、何をするか分からないというのがとても怖いところです。

何事も自己判断なので、無能な働き者が何かを思いついてしまったときが、周囲が一番怖いと思う瞬間なのではないでしょうか。

無能な働き者を勝手に働かせないようにするためには、常に何か小さい仕事をさせておく必要がありますが、それだけで満足しないのが無能な働き者です。

いつの間にか働き始めていて、気付いたときには大変なことになっているのが無能な働き者の特徴ですね。

間違いを認めない

 無能な働き者は間違いを認めないという特徴もあります。

何が間違っているかに気づくこともできませんし、自分の間違いを直視することができないのです。

間違った原因に気づくこともできませんし、「こんなに頑張った自分が責められているのがおかしい」という考えになるのです。

自分の間違いを認めるのではなく、失敗を他の人のせいにするのが無能な働き者の特徴です。

間違いを認めることができれば成長することもできるのですが、それ緒をすることもできないので、結局は最後まで無能なままで終わってしまうのが、無能な働きのままに終わるのが残念なところですね。

また責任転嫁をされた周囲がとても迷惑でしょう。

失敗やミスを繰り返す

 無能な働き者は失敗やミスを繰り返します。

これは、無能なために仕方ないところはあります。

自分の能力がないので、結局、仕事終わらせることができずに失敗やミスが多くなってしまうのです。

ところが、割り振られた仕事の中で失敗してしまうのは、割り振った側の責任になるでしょう。

ところが、無能な働き者が失敗するのは、頼まれてもいないような仕事の中でです。

しなくても良い仕事、してほしくないと思っていた仕事に手を出して、失敗やミスを繰り返すのはかなり迷惑ですね。

周囲の責任ではないところで失敗してしまうので、周りもなかなかフォローすることができないでしょう。

受け身な姿勢

 無能な働き者は自分の能力を伸ばすことに関しては、かなり受け身な姿勢を取っているでしょう。

受け身で自分の仕事を覚えること、これからのために能力を伸ばすことに関しては自分から動くことをしません。

しなくても良い仕事に対しては積極的に介入しようとするのに、肝心のことに対しては受け身な姿勢を取っています。

そのため、パッと見ただけでは「無能な怠け者」のように思えるかもしれません。

しっかりと積極的にかかわらなければいけないところで受け身の姿勢というのは、完全に力の配分を間違えていますよね。

【受け身になりがちな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

非効率的に動く

 無能な働き者は非効率的にしか働くことができません。

そもそも、効率よく働くことが出できるのは、できる人の特徴ですよね。

しっかりと自分の中で仕事を組み立てて考えることができるので、効率の良い仕事の仕方を見つけることができるのです。

ところが、無能な働き者は、無能なために、力技で押す事しかできないのです。

自分の中で仕事の見通しを立てて、どのような順番で仕事をすれば良いのかも分からないのです。

非効率的な働き方をしていると周りは見ていてイライラするものですが、それに対するアドバイスをすることもできないのが無能な働き者です。

詰めが甘い

 無能な働き者は、途中までうまくいっていたとしても、自分の能力を過信しているところがあるので、爪がとても甘いところがあるのではないでしょうか。

「これで大丈夫」と思っていれば、それ以上に何かをチェックすることがなくなってしまうのです。

そのため、最後にしっかりと決めなければいけないところまで、気を配ることができないのです。

仕事というのは、最後までしっかりと詰めなければ完成しなければ終わりとは言えません。

その詰めの甘さこそが無能の証拠のようになっているのではないでしょうか。

空気が読めない

 空気が読めないというのも無能な働き者の特徴ですね。

しっかりと空気を読むことができれば、「できれば勝手に動かないでほしい」という空気をきちんと読むことができるでしょう。

それを感じ取っていれば、絶対におかしなことをしないはずなのです。

それなのに、勝手に動いて悲惨なことになるということは周りの空気を読むことができていないということなのではないでしょうか。

また、勝手に動いて空気が悪くなっていることに気づかないからこそ、何度も同じようなことを繰り返すことになるのです。

空気さえ読んでいれば、いつまでも「無能な働き者」の地位にはいないでしょう。

家で仕事をする

 家で仕事をするという特徴もあるかもしれませんね。

せめてオフィスで仕事をしていれば、誰かが異変に気付くことができるでしょう。

ですが、家で仕事をしてしまえば、誰もおかしくなっていることに気づくことができません。

無能な働き者はしっかりと監督していなければいけないのですが、やる気だけではあるので、仕事をしなくても良い場所でまで仕事をしようとするのです。

無能な怠け者なら、そんなところでまで働こうとはいませんが、そこが無能な働き者の厄介なところなのです。

働き者であるがゆえに、やる気のある行動を見せますが、行動が伴っていないので迷惑さが増すのです。

常に上から目線

 無能な働き者は、自分の能力を過信しているので、自分ができないとは思ってもいません。

また、周りの評価や空気を読むこともできないので、高くなった鼻が折られることがありません。

自分はできると思っているのはとても厄介で、できると思っている人は自分が高みにあると思い込んでいるので、他の人間が自分より低いところにいると思っています。

だからこそ、他の人を見下すような言動をすることがあります。

まさか自分が下にいるとは思っていないところが苦しいですね。

責任転嫁する

 無能な働き者が自分の能力をいつまでも過信していられるのは、数々の失敗を責任転嫁しているからです。

失敗していたとしても、それが自分の責任ではないと思っていれば、自信が折られることはありませんよね。

周囲に全く落ち度がなかったとしても、頓珍漢な言い訳をして周囲に責任転嫁をできるところを考えると、責任転嫁の能力だけは高いのかもしれませんね。

それでも、何度も失敗を繰り返していれば気づきそうなものですが、気付かないのは、何度も周りに足を引っ張られている不運な人だと自分のことを思っているからなのではないでしょうか。

周りの人のことを考えない

 無能な働き者は、周りの人のことを考えません。

自分が動くことで何が起こるかは分かっていないので、周りの人を気遣おうとは思えないのです。

ただ、逆に、周りの人のために自分が働いているのだと考えている可能性はありますね。

周りの人のことを少しでも考えているのなら、周りの空気を読むこともできますし、責任転嫁をすることもありません。

どこか自分を中心に人生が動いていると考えるから、いつまでも無能な働き者でいられるのかもしれませんね。

周囲の人の中には上司も同僚も後輩も含まれており、全ての方向に迷惑をかけています。

プライドが高い

 無能な働き者はプライドがとても高いので、なかなか自分ができないということを認めることができません。

また、自分が簡単な仕事ばかりを振られていると、それを不満に思うでしょう。

プライドの高さから、自分の能力を見せつけるために勝手な行動をとってしまうのではないでしょうか。

何もできないのにプライドが高いというのは、扱いもとても面倒くさいものです。

周りが腫れものを扱うように接してくるのも我慢ならないという人が多いでしょう。

無能なのにプライドが高いということは自分の能力を過信しているということでもあります。

一度折られなければ自分の無能さに気づくことがありませんが、プライドの高さから、失敗を認めることができないのが駄目なところですね。

自分の失敗を直視することもできないので、失敗から学ぶこともできないのです。

また、失敗を見なければ成長をすることもないので、何をしても無能な働き者から抜け出すことができません。

【プライドが高い人については、こちらの記事もチェック!】

先のことを考えない

 先のことを考えないのが無能な働き者の特徴の一つです。

先のことを考えずに、つい自分の力だけで何とかなると思って動いてしまうのです。

先のことを少しでも考えていると、自分が何をしてしまうのかということが想像できるでしょう。

ついでに言えば、過去のことを少しでも考え、今しようとしていることを考え、先のことに想いを馳せれば、自分がひどいことをしようとしていることが分かるはずです。

ところが、過去を振り返ることも、今を見ることもしませんし、先に起こることも考えないので被害が大きくなってしまうのです。

特に、先に起こることを予測する能力がないというのが大きいですね。

先に起こることを予測できなければ、いつまでも、自分が失敗するだろうということを予想することができないはずです。

無能な働き者にならないように気をつけよう

 いかがでしたか?
 人間を4種類に分けてその分類を見るというのは、間違っていないように思えるのではないでしょうか。

その中でも無能な働き者というのが一番使えない人間というのは、周りを見ていて理解ができるという人も少なくないでしょう。

無能な働き者は無駄に色々動いている分だけ、とても被害が大きいのです。

中には自分の部下にそういったタイプが見られることもあるかもしれませんし、もしくは自分の上司が無能な働き者であるという可能性もありますよね。

自分の上司が無能な働き者で会った場合には最悪ですが、どちらにしても、無能な働き者が役に立たない人間であるというのは間違いありません。

この無能な働き者は、誰からも歓迎されない人間であり、自分がその立場になるのは絶対に嫌ですよね。

ところが、この無能な働き者というのは、自分では自覚がない可能性がとても高いものです。

誰も、自分が無能な働き者であるとは思いたくないですよね。

そして、自分の能力を埋めるためには、努力をしなければいけないと思っている方も多いでしょう。

姿勢だけは素晴らしいために、自分で無能な働き者になっていることを自覚するのはとても難しいのです。

もちろん、きちんと使える人間になるためには努力する必要はあります。

ですが、自分に能力がないことを自覚しているのなら、邪魔にならないように気を付けておく必要があるでしょう。

少なくとも、無能な働き者にならないように、頑張るのはほかの人の迷惑にならないようなところでする必要があるのです。

自分の能力などをきちんと冷静に見るようにすることが大切です。

無能な働き者は銃殺刑という言葉までもありますから、それにはならないように頑張ってくださいね。