仕事を辞めたいと思う時って、ありますよね!

きっと今、あなたも“仕事を辞めたい病”にかかっているところかな?

一度仕事を辞めたいって思い始めると、仕事に対するモチベーションも下がっていって、

仕事辞めたい病はさらに悪化していってしまうんですよね。

筆者は、今は個人で仕事をしていますが、5年前までは普通に会社勤めをしていました。

その時はやっぱり、何度も「仕事辞めたい」って思ったし、実際に仕事を辞めて、結構な数の転職もしてきました。

とはいえ、思いつきで転職をしてきたわけじゃないですし、自分が目標としていることに対して必要か、不必要かをちゃんと考えて出してきた結論です。

なので、ひとつひとつの退職&転職に、ひとつも後悔はありません。

仕事を辞めたいと思う理由は、それぞれにあると思います。

「人間関係に嫌気がさした」「まったく成績が上がらなくて辛い」ということで、とにかく仕事が嫌。

会社が嫌。

という人もいれば、他に自分の夢や目標があって、今の仕事をやり続けることに不安や疑問を感じている。

という人もいるでしょう。

また、理由は無いけど気持ちが不安定で、やる気も、会社に行く気も起こらない。

という人もいるかもしれませんね。

仕事が辞めたくて辞めたくて仕方ない

理由は何であれ、とにかく仕事が辞めたくて仕方がない仕事辞めたい病。

こうなってしまうともう、「辞めたい」って言葉だけが頭の中を占拠して、仕事中も家に帰ってからもそればっかり考えてしまうんですよね。

ただ、仕事辞めたい病の状態で「辞める!」と決めるのは、ちょっと危険ですよ!

仕事辞めたい病の時は、冷静な判断が出来なくなっている状態です。

この状態で、結論を出すと、後で後悔する可能性が大いにあるんです。

もちろん、「仕事を辞めたい」という、自分の気持ちを尊重することは大切なこと。

でも、それによる判断で、後で後悔しないかどうか。

そこはちゃんと考える必要があります。

仕事は、辞めて得られるものもありますが、辞めなかったことで得られるものも沢山あります。

どちらかといえば、仕事は辞めることのほうがリスクは大きい。

そのリスクを背負ってでも辞めたほうがいいか?この覚悟をしておかないと、辞めた後の困難にぶつかった時、逃げることしか出来なくなってしまいます。

仕事辞めたい病に打ち勝つ10個のこと

今あなたが仕事辞めたい病だとしたら、実際には辞めておらず、迷いがある状態ですよね?

筆者は、ひとつ決めていることがあります。

“迷いがある状態では結論を出さない事”です。

実際に辞めてはいないけど迷っている…ということは、「辞めたくない」という気持ちもあるはずです。

ここで結論をだそうとしたら、全く真逆の行動をとることになりますよね。

辞めるか辞めないか…ふたつにひとつ。

でも、辞めたらもう戻れません。

辞める結論を出してしまったら、後戻りは出来ないんです。

一方で、とりあえず辞めないでいたら、まだ辞めるという道も残されるんです。

迷いがあるなら、まだ辞めない!ことにしてみては?

まずは、“仕事辞めたい病に打ち勝つ方法”を試してみてからでも遅くはありません。

仕事辞めたい病を脱することが出来れば、その先に、冷静な判断ができる時もやってくるはずです!

ここからは、“仕事辞めたい病に打ち勝つ10個のこと”をご紹介していきます。

自分にあった方法で模索しながら、本当の自分の気持ちを確かめてみてください!

1.頑張り過ぎない

仕事を辞めたいと思う人には、2種類のタイプがいると思うんです。

日ごろから一生懸命仕事に取り組んでいる人と、もともと仕事を嫌々やっている人。

その中でも、理由は様々あったりすると思うのですが…。

日ごろから一生懸命仕事に取り組んできた人の場合は…

頑張りすぎて疲れてしまっていませんか?それが「仕事を辞めたい」と思う原因なのかもしれません。

そういう人は、まず“頑張り過ぎない”ようにしてみましょう。

日本人は基本、みんな真面目なんですよね。

仕事には、誠心誠意勤めようとするのが我々日本人です。

1分1秒の遅刻だって許されない環境だったりするし、自分でも自分にそれを課していたりもするでしょう。

勤務時間の目一杯を全力投球して、なんなら家に帰ってからも、休日も、仕事のキャリアアップのための勉強をしたり、仕事の付き合いをして関係性を保ったり。

自分の時間も心も仕事に奪われてしまって、いろんなところでバランスが崩れ始めてしまうんです。

こういう真面目なタイプの人は、急に虚無感に襲われたりして、「仕事辞めたい」と思ったりするものです。

きっと、「休みたい」「さぼりたい」そんな気持ちがある。

だけど、「休んだら仕事に差し支える」「さぼるのなんて絶対にダメ」と自分を奮い立たせてきたのでしょう。

休んで他の人に遅れをとりたくないし、さぼって怒られるのなんて、この上なく恥ずかしい!

そんな思いをするくらいなら「辞めたほうがマシ」とか、「辞めなきゃいけないんだ」とか思うんですよね。

周囲の上手にさぼっている人を見ては羨ましいと思ったり、悪びれる様子もなく遅刻してきちゃう人を見ては必要以上にイラついたり…していませんか?

だとしたら本当は、「彼らと同じようにしたい」という気持ちがあるということです。

頑張り過ぎなんです。

仕事辞めたい病なんですから、頑張り過ぎるのを辞めてみましょう!

周囲に上手にさぼっている人がいるならその人を見習って、怒られずにさぼれる方法を試してみたり。

仕事を一日、思い切ってお休みしてみるのもいいでしょう。

病欠ってことにして自宅でゆっくりするもよし、どこかに出かけてみるもよし。

なんなら、一度思い切って遅刻して、怒られる感覚を味わってみてもいいかもしれません。

学校の授業をさぼった時のような、罪悪感と開放感の間のドキドキを味わってみるんです。

あ、でもこれは自己責任でお願いしますね!

でも、このくらいの気持ちでいたら、少し楽になれるかもしれませんよ。

まず、頑張り過ぎないように意識して…いざとなったら休んじゃえ!さぼっちゃえ!それでダメなら辞めればいいんだ!って思ったら、肩の力をぬくことが出来るかもしれません。

頑張り過ぎてしまう人って、百ゼロ思考の人が多いと思うので、仕事に対して「全力で頑張るか、辞めるか」の選択になってしまうと思うんです。

その間の遊びを持ちましょうっていうことですよ!

2.自分を褒める

仕事辞めたい病の処方箋として、“自分を褒めること”も取り入れてみましょう。

これも上記でお話してきたような、頑張り過ぎの人や、真面目な人に足りていない事だと思います。

日本人は“褒める”ことも下手な人種。

人を褒めるのも下手だし、まして自分のことなんて謙遜してばかり。

褒めようとなんてしません。

周りに褒め上手の人がいなくて、自分でも褒めることが出来なかったら…頑張っても頑張っても、誰にも認めてもらえないような気がする。

そんなところから、やはり空しさを感じて「仕事辞めたい」って思ってしまうのかもしれません。

もちろん、仕事は褒めてもらうのが目的ではないでしょう。

でも、褒められることって、仕事をする上で、いや生きていく上でかなり重要なことなんです。

だって実際に、褒めたり褒められたりが足りていなくて、「仕事を辞めたい」と思ってしまっていますよね?

ただ、大人になればなるほど、褒められる体験って無くなっていくんですよね。

「褒めて~」なんて、子供のように誰かに甘えることも出来ませんしね。

…いや、筆者は「私褒めて伸びるタイプなのでよろしくお願いします」なんて、図々しく宣言したりもしてましたけどね(笑)

もちろん、なかなかそんなこと言えないと思いますし、言ったところでバンバン褒めてくれるかっていったら、あまり変わりません!
だから、自分で“自分を褒める”んです。

人に褒められたほうが嬉しいような気もするかもしれませんが、自分で自分を褒めてあげても同じような効果があると言われています。

自分を褒めることで、心にプラスの暗示をし自信を植え付ける効果。

褒めることでセロトニン(精神を安定させる脳内物質)とドーパミン(心の活力剤となる脳内物質)が分泌され、心のバランスを整えてくれる効果。

その他、メンタル強化。

ストレス軽減等々。

また、褒める効果は、心理的な要素だけじゃなく、褒められることで実際に脳も活性化するそうなんです。

「自分はできる」って褒めてあげれば、イメージを司る右脳が「できるんだ」って思い、左脳が出来る理由を考え始めるんだそう。

逆にダメだと言われると…できない理由を考える仕組みになっているんだそうですよ。

つまり、褒めることでプラスの方向に考え始め、ダメだと思えばマイナスの方向に作用してしまうということですよね。

「仕事辞めたい」って思い始めたら、辞める理由やできない理由を考え始めることにもなるんだと思います。

そのため、仕事辞めたいってことで頭がいっぱいになってしまうんですよね。

だから、仕事辞めたい病を克服するためには、まず“自分を褒める”ことなんです!

3.仕事のことを考えない

“頑張り過ぎない”こととも通じるのですが、仕事辞めたい病の時には“仕事のことを考えない”ようにしてみるのもひとつ。

「仕事辞めたい」って思っている時というのは、確かに「辞めたい」ということで頭がいっぱいになっているとは思います。

ですが、それは結局、仕事のことで頭がいっぱいになっている状況でもありますよね。

仕事の人間関係、怒ってばかりの上司、失敗したこと、成績が上がらないこと…

考えれば考えるだけ、辞めたい要素ばかりが思い浮かんでしまいます。

これは先ほどもお話した通り、仕事を辞めたい時は辞めたい理由を考えてしまう仕組みに脳がなっているからなのでしょう。

つまり、辞める正当な理由を探し求める方向で、脳が動き出している。

と言えるのではないでしょうか。

きっと、「仕事=辞めたい」という思考になっているんです。

ただ、この仕事辞めたい病の状態での判断が、後になっても正しい判断といえるかどうか…疑問が残りますよね?まずは、正常な状態に戻すこと。

辞めるか辞めないか、判断するのはそれからでも遅くはありません。

今仕事のことで、辞めたいことで頭がいっぱいになっているのなら、とりあえず“仕事のことを考えない”ようにしてみましょう。

きっと、何もしていないと仕事のことを考え出してしまうと思うので、カラオケに行ってみたり、好きな趣味などに没頭したり、小説やマンガを読んだり映画をみたり。

強制的に他のことを考えるようにしてみるといいと思いますよ!

4.給料を何に使うか考える

また、“頑張り過ぎない”の所でもお話したように、仕事を辞めたいと思う人の中には大きく分けて2種類のタイプがいると思います。

そのうちの、仕事を嫌々やっている人っていうのは特に、仕事に対するモチベーションを保つのが大変ですよね。

そんな人こそ、“給料を何に使うか考える”というのが、仕事辞めたい病の克服に繋がると思いますよ!

もちろん、頑張り過ぎちゃう人も、他に楽しみを見出すっていう意味で有効な手段となるかもしれませんね。