結婚前の2人が同じ部屋で共同生活を営むことを同棲と言います。

自由恋愛が当たり前で、一緒に暮らすことへの敷居が低くなっている今では、多くのカップルが結婚前に一度一緒に暮らしてみるという選択をしています。

しかし、そんなカップルの中には、同棲しても結婚まで行きつかず別れてしまう人たちも多くいます。

折角仲良く付き合って同棲まで行ったのになぜなのでしょう。

自分が同棲までたどり着いたら別れるなんて絶対に嫌!そう思っている人のために、同棲したカップルが別れてしまう原因や、その対処法などをご紹介します。

せっかくの同棲、でも別れることに・・・?

愛し合った2人だからこそ、一緒にいたいと心から思い始めた同棲。

しかし、同棲した結果、結婚まで仲睦ましく過ごすことができるカップルもいれば、別れてしまうという悲しいエンディングを迎えるカップルも多く存在します。

同棲というものは、元々他人同士だった2人が同じ時間と空間を共有し、共同生活を営むということ。

週に何回か会ったり、家に泊まったりしている時は、相手のいいところしか見えなかったり、自身も多少無理をして相手の気にいるように取り繕っている部分があるかと思います。

お互いの良いところだけ見て、相性抜群だから一緒にいても絶対に上手くいく!と思っていても同棲を初めて一緒に暮らすとなる話は別問題。

四六時中一緒にいることで思いがけない不満やすれ違いが生まれることもあります。

そんな、同棲して初めて見えてくるお互いの欠点が、別れへの道を作ってしまうこともあるんです。

同棲別れの理由

1.どちらかの無駄遣い

「金の切れ目が縁の切れ目」そんな言葉があるくらい、経済的な感覚の違いというものは根が深い問題です。

同棲をするというと、多くの人がその後の結婚というゴールも意識するでしょう。

そんな、自分の一生が関わってくる問題で気になるのは、やはり相手の金銭感覚。

相手が想像よりもお金を無駄遣いする人だったことに気づいた時の金銭感覚への不安は、将来の不安に直結し、結果同棲別れとなるカップルも多く存在します。

ただ普通に付き合っている頃は、相手のお財布の中をチェックするなんてことはありませんよね。

しかし、同棲することで相手がいつお金を使っていて、どのくらい稼いでいるのかなどが鮮明に目に入ってしまうため、相手の無駄遣いが余計に気になってしまうのです。

金銭感覚の違いが悲劇を生む

このように金銭感覚の違いというものは、時に取り返しのつかない結末を呼んでしまう場合があります。

例えば、欲しいものがあった時にはお金を貯めて一括で現金払いをするタイプととりあえずクレジットカードなどで分割払いにして、ゆっくりと支払っていくタイプの人がいるでしょう。

現金払い派の人は、先立つものもないのにカード払いをする相手に対してお金にだらしがないという印象を持つかもしれません。

本来ならば、支払い管理は人それぞれなので、他人が口をはさむことではないのですが、カップルだとそういうわけにはいきません。

心配や不安のあまり、つい余計に注意しすぎてしまって、相手にうんざりされてしまうことも。

そして、自分とは違うお金の使い方をする相手に一抹の不安を抱くことになるでしょう。

2.休日の過ごし方

人にはそれぞれ、確立されたライフスタイルというものが存在します。

このライフスタイルのずれが如実に表れるのが、同棲後、同じ休日を過ごしている時です。

普段は一緒に暮らしているとはいっても、お互い仕事をしていたり、予定があるわけですか24時間一緒にいられるわけではありません。

しかし、2人とも土日休みの職場などに努めていると、休日は全く一緒。

朝から晩まで2人で過ごすことになります。

同棲当初は一緒にいられて幸せ、という気分だけで過ごせるものだとは思いますが、慣れてくると休日の過ごし方で喧嘩になってしまう場合も多く、注意しなければなりません。

「休みぐらい寝かせてよ!」

例えば彼氏がインドア派、彼女がアウトドア派だった場合。

彼女は、せっかく休みが一緒なのだから外に出かけたいと思いますよね。

しかし、彼氏側にとって休日というものは平日にため込んだ疲れをゆっくりと癒す日という認識だとしたら…?

あまりしつこく遊びに誘ってしまうと、「休みの日くらいゆっくりさせてくれ!」と怒ってしまうかもしれません。

かといって、毎回休みを相手に合わせてしまうと、自分がしたいことが全くできず、ストレスが溜まってしまいますよね。

このように、休日の過ごし方を無理に合わせようとすると、家にいる時間が不快なものに変わってしまうのです。

3.相手のだらしなさ

特にしっかりとした性格の人が陥りやすい同棲での別れは、相手のだらしない部分に嫌悪感を覚えてしまうというケースです。

生活態度はその人の人となりが露骨に現れるものなので、だらしない姿を見ることでその人の本質も嫌になってしまうことがとても多いのです。

脱いだ洗濯物をそのまま放置していたり、食べ物を食べた後、食器も洗わずにTV夢中になってしまったり、こういっただらしない一面は、幻滅するだけではなく、同じ空間にいることすら不快になってしまいます。

そして、相手が自分のもっとも嫌いなだらしがない人間だったことに同棲するまで気付けなかったこともその嫌悪感を加速させてしまいます。

しっかりした人だと思ってたのに

家の中でどんなにだらしがなくても、外に出ればある程度取り繕えるのが大人の賢さです。

会社や職場では整理整頓をしっかりできてきれい好き、なんて印象を持たれていても、家の中は恐ろしく散らかってるなんて人も多いですよね。

同棲する前は、そんな余所行きの顔ばかり見ることになるので、一緒に暮らして初めて「しっかりした人だと思ったら、だらしがない性格だった」と判明するケースが後を絶たないのです。

4.家事の押し付け

家事分担を上手く調節できないという原因も同棲解消の多い理由です。

日本人男性の思考には未だに「男は仕事に出て女は家を守るもの」という考えが根強く残っています。

そのため、たとえ結婚前の同棲であっても、男性は女性が家事をするのが当たり前だという認識で接してくることがあります。

こういった男性の行動は「家事ハラ」と呼ばれ徐々に問題となっていますが、まだまだ女性が家事をするものという考え方が社会に浸透していることは否めません。

お互いに仕事をしているのに家事の比率が女性の方が高いと、やはり女性も良い気分ではありませんよね。

ましてや、2人は同棲しているだけでただの彼氏と彼女。

妻でもない自分がなぜ面倒を見てあげなければいけないの?

なんて思い始めてしまったら、同棲解消の道一直線になってしまいます。

押し付けられた方はたまったもんじゃないです

家事を押し付ける側は往々にして、そんなに広くないし毎日ちょっとづつやればいいんだからという楽観的な思考で家事や家の中の仕事を認識しています。

そして、ゴミ捨てやちょっとした掃除など、手間のかからないことをたまにやってまるで平等に家事を分担しているかのような態度をとることすらあるのです。

どんなに小さな部屋でも、日ごろからキレイにしていても、仕事から帰ってきて疲れているのに部屋が汚れていたり使った食器がそのままになっていては、相手への愛情もどんどん目減りしてしまいますよね。

お互い一人前の大人なのですから、お母さんやお父さんに甘えるように家事を押し付けるのはやめておきましょう。

5.気が休まらない

人間は哺乳類なので、群れで過ごすことにはあまり抵抗が無い生き物です。

しかし、人間には動物とは違いパーソナルスペースというものが存在します。

これは、人が他人に近づかれると不快に感じる空間のことを指し、一般的に女性よりも男性の方がこの空間の割合が広い、と言われています。

こういったパーソナルスペースに無遠慮に入り込んでしまうと、たとえ恋人同士といえど気持ちが休まらず、家にいても疲れてしまうようになります。

また、精神的なパーソナルスペースの侵害も同棲別れの理由となります。

静かに過ごしたいときに必要以上に話しかけられたり、そっとしておいてほしいのに構われたりすることがストレスとなり、一緒に暮らしていると安らげないなあという気分が強くなってしまうのです。

ゆっくりできずストレスがたまる

このように、相手の気持ちを考えず自分本位な愛情表現を強く行ってしまうと、相手がゆっくりと自宅でくつろぐことができず、ストレスが溜まって行ってしまいます。

人は自分が居心地がいいと感じ、安らげる場所には長くとどまろうとしますが、反対にここには居たくないと感じると、徐々にその場所に寄り付かなくなってしまうもの。

お互いのパーソナルスペースやプライベート、そして生活のペースはなるべく崩さないように、安心できる家を作るようにしましょう。

6.マンネリ化

同棲は、お互いの生活を洗いざらい見せるという危険性を孕んでいます。

なぜなら、今まで見せたことが無かった私生活を相手に見せることで、マンネリ化を促進してしまうから。

同棲したカップルがマンネリ化する理由はいくつかありますが、一番多い原因が生活臭を感じてしまった時です。

今までは精いっぱいおしゃれをして、相手にどう思われるか気にしていた身だしなみも、家の中にいることが増えると徐々に気を使わなくなり普段着ばかりになってしまう。

そんなことが増えると、ときめきよりも生活感を強く感じ、相手への魅力が減少していってしまうのです。

また、ずっと一緒にいられるという安心感から、デートで外出することも減っていきます。

その結果、イベントや興味のある場所への足が遠のき、話題も減り、話すことや行く場所はいつも同じ…なんてマンネリ一直線の展開に。

結婚前の同棲でマンネリ化してしまうと、これから先一生こんな生ぬるい状態なのか、などと感じ別れが頭をよぎってしまうようになります。

【マンネリ化を防ぐための対策については、こちらの記事もチェック!】

最初は嬉しかったのに・・・

同棲する前は、デートの前日には会ったらどこに行こう、何をしようなんて眠れないほど楽しみでしたよね。

相手に会えるのもうれしくて、電話越しではなくて直接顔を見たいという気持ちでいっぱいだったはずです。

同棲も、最初は大好きな相手とずっと一緒にいて、何でも2人でできるとワクワクしていたことでしょう。

しかし、同棲の期間が一定過ぎてしまうと、一緒にいることへのうれしさやありがたみを失い、前よりも相手が好きじゃなくなったのかな?

なんて思ってしまうようになります。

マンネリと安心感は似て非なるもの。

マンネリで同棲別れを引き起こさないためには、常に新鮮な気持ちで相手と向き合い、相手と一緒に入れることへの幸福感や感謝を忘れないことが大切です。

7.食べ物の好き嫌い

意外な理由の中に、食べ物の好き嫌いというものがあります。

食べ物のトラブルというものは、案外根が深く残ってしまうものです。

野菜好きと肉好き、外食好きと自炊派など、食の好みや食事に対する感じ方は些細な事と思われがちですが、積み重なっていくと「私たちは相性が合わないのではないか」という気分になってきてしまうもの。

食の好みが合うカップルは多少相性が悪くても上手くいく、なんて言われることもあるほど重要な項目なのです。

自分の嫌いな食べ物をなんども出されて

特に食材の好き嫌いは、人によってはとても重要です。

混ざって入っている野菜などを、避けて食べればその料理自体を食べることはできる、という人もいますが、ある食材が入っているだけでその料理自体が食べられなくなってしまうほどの好き嫌いも存在します。

中には、家の中にその食材があること自体が嫌だ、という人もいるんですよ。

そんなどうしても受け付けることができない食材を何度も食卓に出されると、自分のことを理解しようと思っていないのではないかと思われかねません。

健康のためにバランスの良い食事をすることはとても大切ですが、ある程度の妥協はして、相手がどうしてもいやなものはリストアップして食卓に並べないなどの工夫を行いましょう。

その代わり、自分一人の時は相手が嫌いなものでも食べていいという約束をしておきましょう。

これが、相手に合わせつつ、自分が好きなものを食べられないストレスを感じ無いで済むおすすめの方法です。

味覚の好みは地域差にもよる

好き嫌いは食材に対してだけではありません。