CoCoSiA(ココシア)

思考を鍛えるための18個の方法

人は日々、考えながら生きています。

時には大きな選択をしたり、決断をすることもあるでしょう。

考えが正しいこともあれば、間違っていることもあります。

考えることは生きること。

生きることとは考えることなのです。

つまりは、この考える力を高めていけば、上手に生きていくことができるようになります。

でもそれって凄く難しいことのように感じますよね。

今回は思考力を鍛える方法についてを紹介していきたいと思います。

難しく感がる必要はありません。

全ては毎日の心掛けで変わっていくものです。

ざひ今日から始めてみましょう。

思考力を身に着けて人生勝ち組に!

思考力とは、物事を考える力のことを言います。

判断に悩んだ時に、思考力の高い人は正しい答えを導き出すことができます。

一方で思考力が低い人は間違った答えを出してしまいます。

このような判断の積み重ねで人の人生は成り立っています。

思考力が高い人は常に、よりよい判断ができているので人生の勝ち組になれるというわけなんです。

その時に思考力の低い人は人生の底辺に落ちてしまうことだってあるんですよね。

思考力一つで自分の人生は変わります。

今からでも遅くありません。

これから思考力を鍛えて身に付けていきましょう。

思考力の磨き方18選

自分の思考をコントロールするのって、なんだか大掛かりな気がしますよね。

それこそ催眠術にでもかからなければ、考える力なんて変わらないのではないか?と思う人もいるかもしれません。

でも思考力とは、筋肉みたいな感じです。

自分次第ではムキムキに鍛え上げることもできますし、反対にブヨブヨにたるんでしまうことにもなるんです。

だったらムキムキになりたいですよね?というわけで、筋トレならぬ思考トレを実践していきましょう。

継続は力なり。

1日で身につくものではありません。

日々の実践が、少しずつ積もり積もって大きな力となることを忘れないでくださいね。

疑問を見つける

生活をしていて、疑問に思うことってありますよね。

疑問に思うということは、考えることに繋がります。

疑問を持ち、考えることで思考力は高めていくことができるのです。

小さな3歳くらいの子供って「なんで?」「どうして?」という言葉が口癖なんですよね。

身の回りの全てが疑問で溢れているのです。

「なんで雨が降るの?」
「どうして靴下履くの?」
「なんでフライパンは丸いの?」
「どうして寝るの?」

1日中質問ばかりでパパやママはぐったり。

「もういい加減にして~」と思うことでしょう。

でもこの時期の子供は思考力を高めている時期なんです。

成長過程には必要なものなのです。

今まで興味なかったことに興味を示す。

そして疑問を持つことで自分で考えるようになる。

自分なりに答えを見つけたり、パパやママに聞くことで知ることができる。

納得したりしなかったりしながら、頭の中で解決しようとしていく。