最近、流行の言葉、若者言葉が続々と排出されていますね。

通常の日常で使う言葉とはかけ離れているような言葉もあり、良く分らないという人jも少なくないのではないでしょうか。

「そんな言葉知らなくて良い」「そんな言葉なんて使わない」と言う方も多いと思いますが、娘や息子、職場の後輩などが新しい若者言葉を使って話すようになるかもしれません。

孫ともなるとより何を話しているのか分らなくなってしまいそうですね。

一応、意味を知っておくことで、会話を成立させられるのではないでしょうか。

また人間は相手が自分の事を分ってくれていると思うと、相手の意見を聞き入れやすくなります。

若者言葉を熟知することで、相手との関係性もとても良くなるのではないでしょう。

日本人同士で伝わらない言葉があるという事は悲しい気もしますが、それも時代の流れなのですね。

今回はそんな若者言葉の中から、「おけまる」とはどういう意味なのかを紹介していきます!

もはや理解不能な若者言葉

最近の若者言葉、ハッキリ言って若者には失礼かもしれませんが、理解不能ですよね。

もはや想像もできないほど意味が分らない言葉もあるでしょう。

言われても何を言われているのか分らない、意味をはき違えてとらえてしまうという事を体感したことがある方もいるのではありませんか。

上の世代にはわけがわからない!


上の世代の方にとって、若者言葉のわけがわからないという気持ちがありますよね。

しかし、そういった言葉を変化させた流行語などは、現在に始まったことではないのです。

実は清少納言の枕草子でも若者言葉のような流行語が使用されていたのです。

更に現代の40代30代の方たちも使用していたことがあるのです。

若者言葉と言うものは大きく分けると4つに分けられます。

「コーンホート語」・・・現代の若者には使われていないものの特定の世代が若い頃に浸かっていた言葉を使い続けている。(月光仮面・シェー・ナウい・竹の子族等々・・・)

「一時的流行語」・・・一時的に流行した言葉で、現在は使用されていない若者言葉です。(アジャパー・チカレタビー・グリーンカード等々・・・)

「若者世代語」・・・若者と呼ばれる世代が使い始める言葉

「言語変化」・・・元々若者言葉であったが、一般的にも使用されるようになった言葉

ウザイ・キモい・ヤバい・ハズい、などと言う言葉も若者言葉なのです。

これらは30代40代の方でも使っていることが多い傾向がありますよね。

意外と日常で知らず知らず一般的な言葉のように使われるようになっている事もあるのですよ。

そう思うと現代の若者が使う言葉も知ってみる必要がありそうですね。

おけまるってなに?

まずは最近の若者言葉である「おけまる」という言葉をご紹介します。

おけまるの意味

おけまるとはどんな意味があるのでしょうか。

なんとなくOKと言う意味なのかな?と思いますね。

それとも若者が好きなカラオケのオケなどでしょうか・・・。

オッケーという了承を表す

おけまるはやはりオッケーという意味をあらわすのですね。

「○○してー?」「おけまるー!」
「明日○○しよう?」「おけまるー!」というような使い方をするのですね。

おけまるのまるって?

ではオッケーと言うのもおけまると言うのも、文字数的にはあまり変わらず、なぜおけにまるを付ける必要があったのでしょうか。

オッケー+”。”

おけまるのまるは「。」なのですね。

オッケー。=おっけーまる、おけまるという事になります。

オッケーの後のまるまで読むとは若者ならではの考えですかね。

女子高生流行語大賞2016

続いて2016年の女子高生流行語大賞をご紹介いたします。

2016年にはどのような言葉が流行っていたのでしょうか。

フジテレビ系目覚ましテレビで発表されています。

“○○まる”が3位にランクイン

なんと第3位は○○まると言葉の後ろに付ける「まる」という言葉でした。

おけまるだけじゃない”○○まる”

言葉の後ろにまるをつけるのはおけまるだけではなかったのですね。

まるをつけることで柔らかさや可愛さを出す

言葉の後ろにまるを付ける理由として、言葉に可愛さや柔らかさを出すという目的のようです。

やはり女子高生はかわいらしい言葉が好きなのですね。

おつまる=おつかれ

たとえば言葉の後ろにまるをつける言葉として、おつまるという言葉があります。

おつかれ。=おつかれまる=おつまる、ですね。

「おつかれ!」といわれるよりも「おつまる」と言われたほうが女子高生同士であれば柔らかくかわいく伝わりそうですね。

あざまる=あざーす

若者は良くありがとうという言葉を使うシチュエーションであざーすと言う言葉を使いますね。

そのあざーすという言葉は男まさりな感じがしますね。

そこであざーす+まるであざまるで少々女の子らしい可愛い言葉になる気がしますね。

「これあげる」「あざまる!」

「今日○○変わってあげるよ!」「あざまる!」

と言うように使用すると良いですね。

女子中高生や大学生がよく使っている


他にも大好きまる、ラブまる、好きまる、辛まるなどと言う言葉として使われています。

様々なものにまるを付けるのですね。

若者言葉なので友だち間でだけ使おう

しかし若者もまるを付ける言葉は友達間だけで使うのが正確な使い方です。

目上の人、顔見知り程度の人に使うのはタブーですね。

少々無礼、失礼な感じになってしまいますので気を付けましょう。

若者言葉はどんどん増えていく

これからも若者言葉はどんどん増えていきますよ。

これまでも様々な言葉が排出され、使われなくなったり使われ続けたりしていますが、多くの言葉が出てきます。

知らないと遅れをとるかも…?

若者言葉を知るアンテナを張っていないと、すぐに知らない言葉でいっぱいになってしまいます。

色々な若者言葉をチェックしていこう

若者言葉はニュースで取り上げられている事もありますし、雑誌などで紹介されている事もあります。

他にはインターネットで若者言葉を検索してみるのも良いですね。

おけまる以外の若者言葉

では、おけまる以外の若者言葉をご紹介していきます。

女子高生流行語大賞2016から抜粋

2016年女子高性流行語大賞からいくつか抜粋してご紹介していきますね。

卍とは、もともと地図記号であり、ご存知な方も多いでしょう。

お寺・寺院と言う意味がありますよね。

しかし、女子高生が使用する卍はお寺と言う意味ではないのです。

マジ卍などという使い方をするのですが、マジお寺と言う意味ではないという事ですね。

お寺と言う意味だと思って会話を聞いてみるとかなりおかしな会話になってしまいますので気を付けましょう。

若者は卍をツイッターなどのSNSで使う事もありますし、プリクラなどに卍を書くこともあります。

卍を使う場面は、写真を見る時、テンションが上がった時などです。

悪だなーという意味で使う事もあるようです。

また、特に意味が無く使用している事もあるようです。

例えば悪だなーと言う言葉として使用する場合のシチュエーションとしては・・・。

友人が飲んだジュースの缶をポイ捨てした。

→その光景を目にした女子高生は「お前、缶捨てるなんてまじ卍」「まあね。卍っしょ!」などと使うのですね。

悪いな、不良だな、と言う意味で使われているという事です。

続いて、写真を撮るときです。

「よし!写真撮ろう!」

「はい、チーズ!」

「卍ー!」

というのですね。

テンションが上がっているときはこんな感じです。

「今年のクリスマスは彼とデートなんだよね。」

「まじ卍じゃーん」

「ほんと卍!」

と言った感じです。

ツイッターである時期に流行ったテンションが上がってるような顔文字に卍と言う記号が入っていたから使うようになった、VINEと言う6秒動画で大関れいかさんと言う方が卍と言う言葉を使い出したからと言う根源もあるようです。

よき

よきという言葉は「イイね」と言う意味で使用されています。

例えば、「あの人マジかっこよき!」→「ほんとだ!まじよきよき。」
などと言う会話となりますね。

イイねと言う言葉が、よきと言われるようになった理由として、古典の授業で「よきかな」と言う言葉遣いを知り、普段から使用するようになったという事ですね。

そして現代風にアレンジし、よきと使うだけではなく、よきよきと二回続けてリズム良く使用するようになったのですね。

他にも「いと」「ありけり」などと言う古典の言葉が普段から使用されている事もあります。

アモーレ

アモーレと言う言葉が使われるようになったきっかけは、サッカー選手の長友佑都選手が平愛梨さんに対しての交際宣言の際に、「愛おしい人」と言う事を「アモーレ」と言う言葉で伝えたことが話題となり使用されるようになりました。

アモーレはイタリア語で愛おしい人と言う意味があるのですね。

しかし、最近の女子高生は愛おしい人と言う意味ではなく、「大親友・親友」という意味で、同性に使われているようです。

「アモーレ!」「私もアモーレ!」といったように使うのですね。

はげる

はげるという言葉を聞くと、髪が抜けてはげる、塗装が剥げるなどと言う言葉と言うとらえ方をしますよね。

しかし、女子高生が使用するはげるの意味は、髪が抜け落ちるなどと言う意味ではないのです。

例えば「あの人かっこよすぎてはげる!」「明日が楽しみではげそう!」などと言う意味で使うのです。

嬉しすぎる、ウキウキするという意味で使用されているのですね。

マ?

マ?って言われてもハ?って感じですよね・・・。笑

マ?って意味が解りませんね。

しかし、「明日休みになったって!」「マ?」「あの人○○なんだって」「マ?」と言われたら、少々意味が分かった感じがしませんか?

マ?はマジ?と言う意味を略した言葉なのです。

マ?と言う言葉を略しすぎだという意見もあるようですね。

似たようにリョという若者言葉もあり、了解と言う言葉をリョと略しているのですね。

かなり略して話すのですね。

楽しい時期はあっという間に過ぎ去ります。

若い女子高生の時間はあっというまで、何でも略して話すことで無駄な時間を省きたいのではないでしょうか。

BFF

BFF、急に言われても意味が分りませんね。

なんのこと?何を言っているの?と言う感じです。

実はBFFは英語のある言葉を略した言葉です。

「Best Friends Forever」、ベストフレンドズフォーエバー=いつまでも友達だよ。

と言う意味です。

友人や親友にいつまでもずっと友達だよという気持ちを伝える時にBFFと言うのですね。

いつまでもずっと友達だよと言うのは恥ずかしい気がして、照れ隠しで略し出したのではないでしょうか。

いつまでもずっと友達だよと伝えたほうが、本当は良い気もしますが、伝えないよりはマシなのでしょうか・・・。

少し悲しい気もしますね。

ゲロ○○

ゲロ○○という若者言葉もあります。

ゲロと聞くと嘔吐物と言うイメージがあるので、なんて汚い言葉なんだろうと思ってしまいますね。

しかし、使用の方法としては、「ゲロ可愛い!」「これゲロ美味しい」などと使われるのです。

ゲロという言葉はめっちゃ、すごくなどと言う意味で使われているのです。

しかし、このゲロの使い方は実は90年代にも一度流行っています。

最近の女子高生は「ゲロが出そうなほどうれしい」と言うような直接的な意味で使用されているという事で、流行語とされたのですね。

同じ言葉の意味として、鬼や神、ガチ、なども使用されていますね。

スノる

スノるという言葉は「スノろうよ!」「スノった!」などと使われます。

スノるという言葉の意味は、snowという写真撮影系アプリを使用して写真を撮るという意味です。

snowで写真を撮ると、自動顔認識装置で、顔が猫やウサギ、クマや変な顔なります。

いつもよりもかわいく見えるという理由で、多くの女子高生に使用されています。

ツイッターなどとSNSでもsnowを使用して取った写真を良くアップロードしている人が多いですね。

○○み

○○みは言葉の後ろにみを付けます。

例えばつらみ、しんどみ、うれしみ、かなしみなどと言う形で使用されます。

他にもヤバみ、ウザみ、きもみなどと使用されることもあります。

言葉の後ろにみを付けることで、文章が柔らかくなるから使われるようです。

ネガティブな言葉もみを付けることでネガティブ感が和らぎますね。

2017年最新若者流行語

2017年最新の若者流行語もご紹介したいと思います。

フロリダ

フロリダと言われたら、ケネディ宇宙センターなどと思ってしまいそうですよね。

実は若者言葉としては、フロリダの意味はお風呂に入るから離脱するという意味があります。

例えば、若者はLINEを良く使用します。

LINEではグループチャットというものがあり、複数人でチャットをやり取りすることがあります。

しかし、お風呂に入るから一度LINEの返信が出来ないという場合に、フロリダという言葉でチャットを一時抜けるのですね。

ちょっとお風呂に入るから抜けるねと言うよりも、相手に悪い気をさせずに抜けられそうですね。

現代の女子高校生はLINEを返さない、グルチャに参加しないというだけで、仲間外れにされてしまったり、いじめられてしまうこともあるようです。

大変ですね。

お風呂という事を伝えずに離脱してしまったら・・・。

大変なことになるのでしょうか・・・。

草生える

草生えると言われたら、え?どこに?と思います。

しかし若者が使用する草生えるの意味は、その辺に草が生えるという訳ではないのです。

かつて文章で文末に「笑」と言う言葉を付けていましたね。

しかし、最近は文末にwwwと付けるのが流行しています。

ニコニコ動画からwwwを使われるようになったのですね。

wwwwwww←これを見ると草が生えているように見えませんか?

この状態が草が生えると表現し、爆笑するようなこと、面白いことを聞いた時、見たときに「wwwww」と打たずに「草は生える」と言うのですね。

また、面白いという意味とは少々異なり、笑えるなどと言う見下した笑いの時に草生えるという言葉が使用されることもあるようです。

パリピ

パリピという言葉は良く使用されていて、聞いたことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

パリピと言う言葉は、盛り上がる人たち、盛り上がっている様子を示す言葉として使用されています。

語源としては、「パーティーピープル」を略してパリピという若者言葉になっているのですね。

パリピたい!と盛り上がりたいという意味で使用されることもあります。

夏やクリスマス、ハロウィンなどのイベントごとが開催されるときなどに、良くパリピたいと言う言葉を使うことが多くなる傾向がありますよ。

【パリピについては、こちらの記事もチェック!】

リアタイ

リアタイという言葉は「今日リアタイで(番組)見れないよ~」「リアタイで話したい~」などと使用されます。

要は、リアルタイムと言う言葉を略してリアタイと言うのですね。

リアルタイムでテレビが見られない、リアルタイムで話したいのに離せない状況、などというとき、現在進行形の事をリアタイという意味で使用されているのですね。

また、リアルタイムを更新するタイムラインの事をリアタイと呼ぶこともあるようです。

それな

それなはなんとなく見当が尽きますね。

そうだね、そうだよねなどの相槌としてそれなと言われるのですね。

それなそれなと相槌がそれだけ・・・。

ちょっとさみしく感じますね。

「明日楽しみだね」「それな。」

「本当に今日は楽しかったね」「それな」

「ほんとこれ美味しいね」「それな」

と言うような感じでつかうのですね。

「それな」を連用しすぎたり、話に興味がない時に、適当な相槌として使ってしまっている人もおおいですね。

若者のLINEで使われる言葉

最近では使っていない人がほとんどいないと言われているほどのアプリ、LINEで若者が良く使用する言葉もご紹介していきますね。

スタ爆

スタンプを連打する事。

「スタ爆して●時に過ごして~!」などと使われます。

スタンプを押すとLINEの通知音が鳴るので、それをたくさん鳴らして起こすためにスタンプを連続で押すのですね。

こちゃ

個人チャット「こちゃで連絡して!」などと個人でのやり取りをしようと言う事ですね。

ぐるちゃ

複数人でやりとりをするチャット。

グループチャット。

翌日の予定やどこかに出かける計画、会わなくても複数人で話す場となります。

既読スルー・未読スルー

既読で連絡を無視する。

未読でやりとりを無視する。

亀レス

連絡の返信が遅い。

ブロッコリー

相手をブロックする。

連絡拒否するということ。

ブロックしたというと悪い事のように聞こえてしまうため、ブロッコリーと和らげるのですね。

とりま

とりあえずまあの略。

ともちげ

・・・と思ってたけどやっぱちげーわ、と言う意味です。

希ガス

気がするという意味。

なんだか理系の言葉なのかと思ってしまいますね。

微レ存

微粒子レベルで存在するという言葉の略。

すごく少ない確率だという事です。

限りなく低いけど可能性はゼロではないと言えます。

てられな

やってられないという意味です。

英語で略して記述される言葉

最近の若者言葉は英語が略されることが多いですね。

MJK

まじか

KSK

結婚してくださいという意味。

結婚してくださいは略さないで言ってほしいところですね。

TBS

テンションバリ下がる(テンションがすごく下がる)

TBS

つーかバカすぎ

TKMK♡

ときめき♡

あいづち

あいづちも略されています。

LINEで打つのが面倒で短くなったと言う見解もあります。

たしかし

たしかに、又は、だがしかし

あーね

あーなるほどね、あーそうだね

ちょま!

ちょっと待って

ちな

ちなみに

はよ

早く

のちほー

では後程

そま?

それってマジ?

これま?orこま?

これってマジ?

気持ちの表現

メンディー

めんどくさい、エグザイルのメンバー関口メンディーからきた言葉のようですね。

しょんどい

しんどいと言う意味です。

少し変えることでかわいらしさを出しています。

深刻さも少し軽減されますね。

がちしょんぼり沈殿丸

すごく落ち込んだという意味です。

深刻さが軽減されます。

神ってる

すごい、すごくという意味です。

えぐやば

えぐい=すごい、すごくやばい。

名詞

ワンチャン

一度のチャンスがあるかもしれない

ナイチャン

一度のチャンスもない

ハンチャン

50パーセントのチャンスはある

フルチャン

ちゃんすは確実にある

Bダッシュ

かなり急ぐ

オケボ

カラオケボックス

動詞

ジモる

地元で遊ぶ

アピる

アピールする

ヤグる

浮気現場を目撃される。

矢口さんの浮気騒動がきっかけで生まれた言葉。

ドヤる

ドヤ顔で得意げになっている様子。

チキる

臆病になっている様子

イモる

ビビること

ガチる

本気で頑張る様子

ペコる

お腹が空いた

じわる

面白くてじわじわ笑える

特殊なありがとうへの返し

おやあり

おやすみを言ってくれてありがとう

おつあり

おつかれと言ってくれてありがとう。

おはありやおかありも同様の意味です。

その他

おくちょ

送って頂戴

かまちょ

構ってちょうだい

オラつく

オラオラとした横暴な態度

ちょずく

調子ずいているということ

豚切り

雰囲気をぶったぎるという意味

バイブス

英語の意味とはことなり、テンションが上がるという意味

場面で

どの場で成り行きを決めようとい意味

秒で

すぐに、急いで

ありよりのあり

かなりあり

なりよりのあり

なしかと思いがちだが結果はあり

ありよりのなり

ありかと思ったけど結果はなし

なしよりのなり

絶対なし!

ウーロン茶

ウザイ・ロン毛・茶髪の頭文字をとって、一部の男性の事を示しています。

トッポギ

韓国のお餅のような食べ物の事ではなく、突発的に六本木にいく事を指します。

若者言葉のおけまる、あなたは使う?

あなたは上記の若者言葉を使用しますか?

若者言葉を使ったほうが良いのでしょう・・・。

若者言葉を使うメリット

若者言葉を使うメリットとしては、若者言葉を集団・友人間で使用することで、親近感が生まれます。

人間関係を築くきっかけとなってくれるでしょう。

また、若者と関わることが多い方も、若者から信頼感を持たれたり、距離が縮まるきっかけとなるでしょう。

また、会社などでの付き合いとプライベートは割り切ったほうが良いです。

そのほうが良い関係性が築けます。

会社とプライベートをしっかり分ける手段として、会社では一般的な言葉遣いをする、プライベートでは若者言葉を使用するとすると良いでしょう。

自分たちにしか伝わらない言葉だという事を逆手に取り、隠語のように自分たちだけの特別なコミュニケーション代わりにもなっているのですね。

仲間意識も高まりそうです。

若者言葉を使うデメリット

若者言葉を使用するデメリットとしては、ビジネスマナーの基本として、流行言葉や若者言葉は使用してはいけません。

つまり会社内、面接時などに若者言葉や流行言葉を使ってしまうと良くない印象を相手に与えてしまうのです。

言葉一つと思いますが、影響は大きく、人格を疑われたり、言葉遣いがネックとなり、就職がうまくいかない、昇進できないなどという事もあるので気を付けなければいけません。

若者言葉を会社や面接では使わないようにしなければと注意していても、普段から使ってしまっていると、つい使用してしまうことがあります。

また、若者言葉ではないと思って使ってしまっていた言葉が若者言葉と言う場合もあります。

年配からの印象もあまりよくない場合があります。

若者言葉を嫌う年配の方もいます。

更に、若者言葉や流行語は一部の相手にしか通じないという場合もあります。

自分とは異なる年代、地域、性別などには伝わらないことがあるので、注意が必要ですね。

意思疎通がうまくいかない事は人間関係崩壊の原因となってしまう事もあるのです。

例えば若者言葉だと思わずに使ってしまっている言葉もありますよ。

普通に良かった・・・普通に良かったという言葉は良くありません。

とても良かったというのが正しい日本語です。

私的には・・・私的にはではなく、私としてはが正しいビジネス言葉です。

もちろんマジで○○です、ヤバいですね、キモくないなどもビジネスの場では使わないようにしましょう。

更に言葉の幅が狭まるというのも確かですね。

表現力が低くなるともいえるでしょう。

いつもマジで、ヤバいなどと言う言葉を使っているシチュエーションを思い浮かべて、他の言葉で正しく表してくださいと言われると、少々言葉を詰まらせてしまいませんか?

ヤバいものをヤバいと表現せず、大きくてとてもすごい、どうすごいかを伝えられる力、マジでと言う事をどのくらいすごいものなのかなどを表すことが難しくなってしまうのです。

豊かな表現力、自分の気持ちを相手にしっかりと伝える事が出来なくなってしまうというデメリットも否めませんね。

若者言葉をつかうべき?使わないべき?

若者言葉は許されるものか、許されないか、使うべきか使わないべきかなどと討論されがちな問題です。

賛成派の意見としては、言葉はその時代に合った、その時代に生まれた人が使うものであり、その時代や風潮などの背景に応じて、言葉も生まれ変わるのは当然、乱れと感じる人は主観である、時代についていけていないだけとなります。

一方の反対派の意見としては、日本人なら日本人らしく正しい日本語を使うべきである。

伝統を守ることが大切で、若者言葉や流行語は伝統を崩していると反対されます。

賛成派か反対派かはそれぞれですが、使いどころや使うシチュエーションには気を付けたいですね。

しかし、何も知らないまま、一方的に否定し、若者言葉を認めないというのも良くないのではないでしょうか。

使わないとしても、知っておくのは良いかもしれませんね。

また、使ったとしても、正しい日本語、日本語の良さを忘れなければ話しやすい言葉で話すのも悪いとは言い切れませんね。

もしかしたら若者言葉を知ることが楽しみになるという方も少なくないかもしれませんよ。

賛否両論はあるものの、女子高生の新しい言葉を生み出す力はとてもすごいですね。

若者は脳が柔らかい、脳の働きが良い、早いからでしょうか・・・。

これからもたくさんの新しい言葉が生み出されていく事でしょう。

どんなものがあるのかなと少し気にして見るとよいかもしれません。