みなさん、良い友達はお持ちですか?

いったん友達がいない状況になってしまうと、なかなか新しく友達をつくることが難しくなるのは事実です。

子供のころにはすぐに打ち解けて仲良しができていたのに、大人になると友達づくりが難しくなるのも本当です。

でも、人間は誰だって友達がほしいのです。

これからお話するきっかけをヒントに、自分にぴったりの友達をみつけてましょう。

あなたの生活が楽しくなること間違いなしです。

特別な才能や努力はいりません。

必要なのはちょっとの勇気とちょっとの行動力、それだけです。

子供も大人も「友達が欲しい」と思うもの

人間は誰でも、「友達がほしい」と思っています。

中には、人付き合いでたいへんな思いをして、「人付き合いなんて面倒、ひとりのほうが気が楽!」なんて思った人がいたとしても、それは一時のこと。

ほどなく人恋しくなって、友達がほしくなってしまうのです。

なぜっ?て、ひとはもともと社会的な生き物だから。

動物園の中で、人間に一番近いとされるサル山のお猿さんたちを思い浮かべてみてください。

みんなで群れているときは安心して幸せそうです。

群れからはぐれてボッチな猿はとっても心細そうです。

人間は、ペットでいうと、1人でいても全然平気な猫よりも、仲間が沢山いるととっても元気になる犬に近いのです。

人間は、仲間と一緒にいると心から安心して幸せな気持ちで過ごせるようにできているのです。

少しでも環境が変わるといなくなってしまう


少し環境がかわっただけで、仲の良かった友達がいなくなってしまいます。

現代社会は複雑です。

動物園のサル山みたいに全員が1つの山の周りで見える範囲で生活しているわけではありません。

現代の日本で生きている人たちは次から次へと新しい環境に移っていかなければなりません。

もし引っ越しをせずに生まれてからずっと同じ場所で生活していたとしても、
家庭から保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、塾や部活やアルバイト、そして大学進学や就職と、次から次へと取り巻く環境はかわってしまいます。

どんなに仲の良かった友達とも、遠く離れたりしなくても会う機会がどんどん少なくなって、ふと気づいてみれば、
「心を許せる気の合う友達が近くにひとりもいない!」
なんてことになってしまうのです。

大人になれば友達を作るのも一苦労

大人になると友達を新しく作るのも一苦労です。

自我が発達して大人になってしまうと、お互いに相手に見えない壁をつくってしまうのです。

子供の頃ならば、深く相手を探るようなこともなく、自然な心で話しかけて仲良くなれていたのに、余分な知恵がついてしまったせいでお互いに変な壁ができてしまうのです。

立場が変わることも、大人が子供の頃のように友達をつくりづらくなる要因です。

子供の頃なら利害関係といっても「誰ちゃんが誰ちゃんのことを好きだ、嫌いだ」程度のかわいいものでしたが、大人同士ともなれば、仕事上の立場がからんできます。

職場の中なら、月々の給料やボーナス、昇進などに影響しますし、得意先の場合ならなおのこと、仕事がとれるとれないに関わります。

大人になって普通の生活をしている範囲では、まわりはあなたの生活に直結する、利害関係者ばかりになってしまうのです。

もちろん、共通の利害目標を持つことで強いきずなが生まれる場合もあります。

ですが、大人同士の付き合いは、お互い深く入り込まないよう表面的なものになってしまうことが多いのです。

自分に合った人と出会う6個の方法


大人になって子供時代のような心の支えになる友達をつくれない人は、結構多いのです。

「家庭円満で仕事もバリバリこなしているように見える!」

そんな人でも本当の意味でのやすらげる友達がいない場合は、たとえどんなに表面上成功しているようにみえても、心の中は寂しさでいっぱいです。

忙しく立ち働いているときは良いのですが、ふと我に返ったときに、空虚な気持ちになって心が潰れそうになってしまう人はいっぱいいます。

でもあきらめないでください。

大人になっても、心を割って話し合える、会っていて安心できる友達をつくる方法はいくつもあります。

簡単に実践できる方法を6つご紹介いたしましょう。

1、興味のあることを始める

最初におすすめしたいのは、興味のあることを始めることです。

子供時代のように利害関係のない友人を安心してつくるには、今やっている仕事関係以外のコミュニティに参加する機会をつくれば良いのです。

ずっと興味はあったけれど、忙しすぎて(もしくはお金の余裕がなくて)取り組むことをあきらめていた、そんなことに挑戦しましょう。

自分が興味のあることならば、取り組むテーマはなんでも良いのです。

感性が近い人と出会える

興味があることに取り組んでいると、きっとあなたの感性に近い人と出会えます。

どんな趣味にも同好の志が必ずいるものです。

今はネット時代です。

あなたがたとえ沖縄に住んでいようとも、同じ趣味をもった大阪の人、東京の人、北海道の人、そして英語を理解できるならば、世界中の人と同じ趣味について、連絡を取り合うことができるのです。

(最近は自動翻訳機能も充実しています。外国語圏の人たちとも十分意思疎通が可能な時代です。)

「そんな大した趣味も興味ないです。」という方へ。

そんなに構える必要はありません。

たとえば、ウォーキングやお散歩のついでに周囲の風景でも、お花でも写メして、一言添えてアップしてみてください。

それらの写メには、あなたの感性が必ずあらわれるものです。

感性が近い人がそれを見れば、自然とあなたとの交流がはじまるのです。

2、習い事を始めてみる

なにか新しい習い事を始めるのも良いでしょう。

最近はネットの習い事サイトも充実していますが、できることなら通って習い事することをオススメします。

子供の頃やっていて大人になる前に中断してしまったこと、興味があったけれど中々はじめることができなかったことでも構いません。

「やりたい習い事なんて特にないから」という方も、習い事のパンフレットを取り寄せてみてください。(だいたいどこもパンフレットは無料です。)

きっと、「おっ」と思う習い事がみつかります。

あまり気乗りしなくても、ぜったいイヤっと思うのでない習い事なら、お試しで1回、2回出かけてみることです。

習うより慣れろです。

習い事の教室で、いきいきと楽しげに学んでいる人たちを近くに見ることであなたの気持ちもきっと明るくなるに違いありません。

話すきっかけを作り易い

話すきっかけが作り易いのが、習い事の教室の良いところです。

習い事(特に実習のある習い事)の場合、はじめての受講者同士でも、横に並んで同じことをしながら、ながらトークのように自然に会話がはずみやすいのです。

お互いが横に並んで同じ体験をしながら、体験の中で会話をする、人となりがわかるというのは、友達づくりをするにはもってこいです。

ちょっとだけ話がそれますが、「お料理教室婚活パーティ」や「街コンパーティ」などが盛んでいまだに大人気です。

面と向かって、さあお互いのことについてお話しましょうという集まりは、どちらも緊張して打ち解けるのは大変ですよね。

その点、同じ体験を通して仲良くなれるという威力を婚活業者も積極的に活用しているのです。

【おすすめの習い事は、こちらの記事もチェック!】

3、ネットで同じ趣味の人を探す

上のほうでもちょっとだけ触れましたが、ネットで同じ趣味の人を探す方法は有効です。

普通の人が誰でも当たり前のように、自分や周囲のことを言葉や写真でネットにアップしています。

スマホひとつでできてしまいます。

以前ならばパソコンが使えて、インターネットに接続できて、Webサイトがつくれて、等々ができる人しか、発信することができなかった濃い個人の活動情報が、今ならスマホ1つで片手の操作でてきてしまうのです。

たとえあなたの趣味が超マニアックで趣味について語り合える人がほとんどいなかったとしても、逆にそういう趣味の人たちだからこその、ネット上に濃いコミュニティが形成されている時代です。

「マンホール」が好きすぎて営業で出張した先のマンホールを延々取り続けてアップしている人、「公衆トイレの男女のマーク」がいろいろあるのが面白くて、これまた延々写真にとってアップしている人、などなど、本当にその人にしか良さがわからない深い世界をネットでみつけることができます。

自分の趣味、興味に関する固有名詞をネットで検索してみてください。

きっとあなたにとって刺激的な出会いが見つかることでしょう。

忙しくても友達作りが出来る

それほどマニアックな趣味の人でない場合、ネットで同じ趣味の人を検索することの最大のメリットは、忙しくても友達づくりが出来ることです。

朝から晩まで、仕事に学業に家事に大忙しで時間がとれなくても、ちょっとした隙間時間に、同好の志と共通の興味について語り合うことが出来るのです。

連絡をとりあう時間は、通勤時間でもお昼休みの食後の時間でも、それから寝る前のちょっとした時間でもいいのです。

一日中、仕事と家事で終わってしまうような日でも、最後の10分20分に、自分が大好きな趣味について気の合う仲間とネットでやりとりすることができる。

たったそれだけで、あなたの心はずいぶんと癒やされるのです。

【ネットで友達を作るには、こちらの記事もチェック!】

4、自分のキャラを出して接する

一点注意したいことがあります。

習い事や趣味の場で人と合う時には、自分のキャラを出すようにしてください。

大人になってから長い間ずっと仕事の関係ばかりをつづけているせいで、趣味の場にきてまで、壁をつくって相手と接してしまう人を多くみかけます。

自分が壁をつくれば、相手には確実に伝わります。

「あ、この人は自分とは距離をおきたいだな」
と相手に思われてしまったら、友達になることが難しくなります。

別に自分をさらけだしたからといって、不利益をこうむることはありません。

仕事のときの殻はいったん脱ぎ捨てて、子供の頃の純真さを取り戻すつもりで、興味のあることに喜怒哀楽50%増しぐらいで取り組みましょう。

無理に元気いっぱいである必要はありませんが、いきいきと取り組んでください。

自分の魅力を伝えられる

「自分のキャラを出せ!」といわれたって、自分はいたって平凡な人間だから…と思ったあなたへ。

人間平凡な人なんて、ひとりもいません。

もちろん身長や体重みたいに計測できるカラダの特徴は中肉中背等あります。

ですが、人の感性は千変万化、ひとりとして同じひとはいません。

自分の思ったこと感じたことを、喜怒哀楽をしっかり出しながら語って表現すれば、それがあなたの個性、キャラになります。

あなたにとっては、慣れ親しんだ当たり前の感性の発露です。

ですが他の人にとっては、新鮮な驚き、魅力いっぱいに映ることが多いのです。

自分の思ったことを自然に表現することです。

5、嫌われる覚悟をする

実は、もう一つ注意したいことがあります。

それは「嫌われる覚悟」をもつ必要性です。

どんなにできた人間でも、100人いたら100人全員に好かれるなんてことは絶対ありません。

「マザーテレサは素晴らしい人だ!」ノーベル賞をもらうほどの人格者として知られていますが、
「とんでもない、あんなひどい末期患者見殺しをしまくった人のどこが立派なんだ、みんなお祈りされただけで、ものも食べされてもらえず衰弱死しちゃったんだよ。」
「会ってみたら、守銭奴のようにお金をせびられてドン引きしたよ。」
と口さがない悪口をいう人は一定数はいます。

全員に好かれようとすれば、無難なことしか言えなくなります。

そもそも全員に好かれるなんてことはできません。

なんでも話せる友達が出来易い

嫌われる覚悟をもって行動すると、なんでも話せる友達ができやすくなります。

間違いありません。

「ホリエモンは堀の中に入るような詐欺師だ!」といわれていましたが、現在も多くのファンに支えられて、宇宙事業に邁進するなど本人は至って幸せそうです。

今でも悪口をいう人はいっぱいいます。

ですが、ホリエモンのまわりには、ホリエモンのやりたいことに興味をもって共感してお金まで出資してくれるような仲間が沢山集まっています。

とんでもない言動を年中発していますが、あれもホリエモンの個性のあらわれです。

好き嫌いは、そんなホリエモンをみて周囲の人がそれぞれ自分で決めればいいのです。

嫌いなら見なければよいのです。

ホリエモンにとって大事なのは、ホリエモンの個性を認めて(少なくとも嫌いではなくて)、一緒にホリエモンの夢について語り合って協力しあえる相手(友達)だけです。

あなたも私も、そしてほとんどの人たちにとって、アンチな人たちの悪評なんてそれほど気にする必要はないのです。

一般人である私たちは、たくさんの支持者が必要になる政治家や芸能人のように、風評を気にする必要はないのです。

6、自分と似ている人を探す

自分と似ている人を探しましょう。

友達との相性は夫婦の相性と似ています。

もちろんお互い性格が極端に違っていて、お互いを補い合って運命共同体的なベストフレンドな関係の場合もあります。

ですが、補い合う関係は役割分担をして何かの共通目標を達成するときに機能する組合せです。

共通目標が達成されて次がみつからなければ、当然解消される方向に動くのです。

(熟年離婚のパターンの1つですね。)

というわけで、友達関係に心を通わせあえる関係を求めるならば、だんぜん、自分と考え方、感じ方が似ている人がオススメです。

自然と気が合う

自分と似ているな、と思う相手との会話は、あまり詳しく説明をしなくても自然と意図が伝わるものです。

いわゆる「気が合う」という状態です。

自分が考えたこと、感じたことについて、完全に同意をしてもらえる場合もありますし、ちょっと違った見方を示される場合もあります。

ですが、お互いのベースとなる前提が共有されていますので、それほど苦痛に感じることはありません。

「あなたのいっていることがわからない」ではなく、「あなたのいっていることは理解できる。

でもね、私はこう思う」という会話になります。

気兼ねなく自分の心のうちを吐露して会話することができるのです。

どんな時に友達が欲しいと感じる?

ところで、あなたはどんな時に友達が欲しいと感じますか?

普段は仕事に学業に家事にいそがしく過ごしている人が多いでしょうから、ふとしたきっかけで友達っていいな、友達ほしいなと思うわけですよね。

皆さんがどんなときに友達が欲しいと感じることが多いのか、列挙してみましょう。

仲良く遊んでいる人を見た時

やはり、仲良く遊んでいる人を見ると「いいな~」と思ってしまいますよね。

人間はひとりでいるよりも、仲の良い仲間といっしょにいるときのほうが幸せそうに見えます。

そして実際に幸せです。

私たちのご先祖様は、ツメも牙も早い足も持たない肉体的にはか弱い動物でした。

腕の良いハンターであれば生きていける捕食動物ではありませんでしたし、群れで最低限の共同生活をして足が早くて草を食べていればいい草食動物でもありませんでした。

人間は、自分たちの唯一の武器である高い知能を使って、仲間と協力することで生き抜いてきたのです。

だから1人でいるより仲間とみんなで幸せそうにしている姿をみると、「あぁ、いいな~、友達ほしいな~」と心から思ってしまうのです。

1人でなにかしている時

1人でなにかしている時も、ふと、友達がほしいと感じてしまう瞬間があります。

それは、何かすごく面白いことをみつけたり、すごいことを達成したりした時です。

もちろん自分1人でもうれしいのですが、人間の心理は、自分が喜ぶだけでは満足できません。

誰かわかってもらえる人に(できれば自分が大切に思う人に)、この情報を分かち合いたくなるのです。

小さな子供は何かを達成したら、一生懸命ママの姿を探してママに見せて褒めてもらおうとします。

三つ子の魂百までです。

私たちは大人になっても、凄いことをしたり、面白いものを見つけたら、誰かに見せて一緒に喜んだり、褒めてもらってたりしたいと思ってしまうものなのです。

孤独を感じた時

人は孤独を感じた時も、誰か友達がほしくなります。

この場合、友達というよりも「自分以外の誰かほかの人にソバにいてほしい!」という切実な欲求でしょうか。

繰り返しになりますが、人間は身体的には他の動物に劣ります。

現代社会は電気・ガス・水道がいつでも使えて、雨風や寒さ暑さを十分に防げる立派なお部屋に住んで、食べ物もあふれるほど、そしてお洋服もしっかり着ています。

ですが、人間がこんなに生きやすい世の中になったのはほんの数十年、長くても100年ぐらいのものなのです。

それ以前は、皆で協力しあわねば安心して生きていけない時代でした。

人間は長く1人でいると、DNAレベルで危険を感じて、仲間が無性に欲しくなるようにできているのです。

昔を思い出した時

忙しい日常生活の中で、一息ついて昔を思い出した時も友人が欲しくなりますよね。

「学生時代は楽しかったな~、みんなでいろんな体験したっけ、◯◯ちゃん今どうしてるかな~」

今も友人知人に恵まれていれば、ただ昔の楽しい思い出をなつかしむだけですが、昔のような気のおけない友人が1人もいない境遇の場合は、昔の友人のような友人が今いてくれたらな~としみじみ思うことになります。

人間の記憶は都合良くできています。

たとえつらいことの方が多かったとしても、時間がたつと良いことばかりが思い出されるようにバイアスがかかります。

誰の場合もです。

ですから、子供時代だったからあんな素敵な友達ができたんだ、今はもう無理、などとあきらめる必要はありません。

大人になった今からでも、子供時代同様、いやそれ上の素敵な友人をつくることはできます。

頑張りましょう。

趣味で一緒に盛り上がりたい時

やはり共通の趣味で、誰かと盛り上がりたいですよね。

自分ひとりが「おお、これはすごい!」と思っても、自分だけで鑑賞しているのでは正直つまりません。

もちろんネットにアップする方法は有効です。

ひとりで悶々としているのに比べれば、ブログやTwitterにアップして、いいねや反響をたくさんもらうことでも相当の満足感が得られます。

ネット時代以前ならば、手帳や日記にツラツラと出来事や思いを書き綴るだけだったでしょう。

「Twitterにアップしてリツイートされまくってネット上で大反響!」
となれば、承認欲求がみたされます。

でも、顔の見える気の合う友人と盛り上がれれば嬉しさは段違いです。

わがままかも知れませんが、やっぱり人間は生身の人間にその場で認めてもらいたいのです。

悩みを聞いて欲しい時

悩んでいて答えが出せない時、答えがでているけれど行動する踏ん切りがつかない時も、近くに友人にいて欲しくなります。

実は皆さん、自分の悩みを解決できる程度には頭が良いのです。

ほとんどのひとは、悩みを解決できるだけの情報や経験をすでに持っています。

「本当のところは人に相談しなくても悩みは解決できて、あとは決断するだけ!」

ですが頭で分かっていても、心が納得してくれません。

誰か信頼できる人に話して、助言や同意をもらってからでないと踏ん切りがつきません。

特に女性の場合は、この傾向が強いです。

これは何か大事なことを決断するとコミュニティに影響するからもしれません。

特に子供を産んで育てる性である女性は、コミュニティからのサポートが常に必要になります。

独断専行がしにくいような心理的ブレーキがビルトインされてるのかもしれません。

人間とことん仲間が必要なように出来ているのです。

折角なら、自分と合う人と友達になりたい

せっかくなら、自分と合う人と友達になりたいですよね。

抽象的に言うと「考え方が似ている」そして「感性が似ている」人が自分を合う人です。

では具体的には、「自分と合う」ってどういうところで判断すればいいのでしょう?

大丈夫です。

以下のポイントを押さえて相手を見ていれば、自分に合う人を正しく見分けられます。

詳細な心理テストは不要です。

ドラマに出てくるFBI心理分析官みたいなスキルも不要です。

どういう人が自分と合う人なのか

初心者でも簡単に使える「自分と合う人」見分ける方法を3つご紹介します。

笑いのツボが似ている

まず重視したいのは「笑いのツボ」が似ているか?です。

昭和時代のコントで一世を風靡した志村けんは、コント番組のお相手アイドルを選ぶ時、自分と合うかどうかを見分ける必殺ワザがあったそうです。

わざわざ打ち合わせの席で、聞こえるような「屁」をこくのだそうです。

その様子をみて笑い転げるようなアイドルなら合格!実際にコント番組に出てもらって志村けんとコントの掛け合いをやると、絶妙のコンビネーションでお茶の間爆笑間違いなかったとのことです。

人気絶頂のアイドルで「私、志村けんさんのお笑い大好きです。

尊敬してます!」なんて打ち合わせで言っていた場合でも、屁をこいたときに戸惑ったり、嫌な表情をみせるような子だと、本番でもやはり息が合わなくて視聴率は伸びなかったのだとか…

「笑いのツボが似ているか」

気が合う合わないを見分けるポイントとして、とても重要なのです。

食べ物の好き嫌いが同じ

これは不思議なのですが、食べ物の好き嫌いが似ていると「気が合う」場合が多いのです。

理由はよくわかりませんが、食欲・睡眠欲・性欲という人間の三大欲求のうち、同性の友人間で共有できる「食欲」について、同じような好き嫌いの場合、気が合うらしいのです。

好きなものが一緒なら一緒に食べに行ったりすることで仲良くなるのはわかりますが、嫌いなものが一緒の場合も、やはり気が合うというのですから、不思議というしかありません。

でも、多くのひとが語っている経験則です。

気の合う相手を見分ける手段として信頼性は高いです。

自分と近い好みをしている

食べ物については上の通りですが、食べ物以外でも自分と近い好みを持っている相手は、おしなべて「気が合う」可能性が高い相手と思って大丈夫です。

同じ好みだからって、正反対の意見・主張を持っていると喧嘩になっちゃうのでは?と思った方、大丈夫です。

好きの反対は嫌いではありません。

好きの反対は無関心です。

野球好きのあなたが熱烈な「巨人ファン」で、相手がやっぱり野球好きで熱烈な「阪神ファン」だった場合でも、十分仲の良い友人になれる可能性があります。

(2人で巨人vs阪神戦を球場に観戦にいくときは、どのスタンドに入るかで揉めてしまうでしょうが、バックネット裏にすれば問題なしです。)

逆に、あなたが野球命!なぐらい野球好きなのに、相手がまったく野球に興味がないなら、仲の良い友達になることは難しいでしょう。

共通点が多いと合い易い

理由は考えてみると簡単です。

好き嫌いの共通点が多いすなわち、同じ対象に対して同じような見方をしている可能性が高いということです。

何か会話をするときも2人の視点が近い、相手の考えていることや感じていることを察することが出来るのですから、合いやすいのです。

好き嫌いの対象が同じで好き嫌いが違っている場合も、同じ対象に対して別の見方をもっているわけですが、同じ対象に関心をもっているので話が合う可能性があります。

まったく関心をもっていない相手よりも合いやすいのです。

ちなみにこの原則は営業テクニックでも使われています。

「相手との共通点を探し出して、その話から仲良くなれ」

共通点を多くしよう!という目的のために、多種多様な人たちと付き合って見聞を広め、いろいろな趣味を持っている。

そんなヤリ手営業マンもいっぱいいます。

あなたの場合は、趣味を広げる必要はありません。

あなたが本当に興味をもっていることにアンテナがピコンと立つ相手を探してみてください。

人気者にならなくても気が合う友達は見つけれる

自分と合ったひとをみつける方法についていろいろ説明してきました。

まとめましょう。

自分に合った人との出会いを増やすために、仕事以外の場に出ていきましょう。

習い事でもネットで探すのでも構いません。

共通の趣味や、感性が近い人に積極的に声をかけていきましょう。

共通の体験や対象に対して、自分の思ったことを素直に喜怒哀楽50%増しで表現して共感を持ってもらえる相手をみつけてください。

変に壁をつくったり、嫌われることを極端に嫌うことはNGです。

自分に合う人を探す簡単な方法は、「笑いのツボ」が近い人、それから食べ物やいろいろなものの好き嫌いが近い人です。

これだけ押さえておけば、たとえ人気者にならなくても友達はきっと見つかります。

子供時代のような気のおけない自分にあった友達を是非つくってくださいね。