唐突ですが、皆さん友達はいますか?

決して、友達がいない人を貶めるためにこのようなことを聞いているのではありません。

確かに、恋人よりかは比較的作りやすい印象があり、友達は大抵の人にいると思いがちです。

ですが、どうしても友達関係を築くのが苦手という人も少なからずいます。

著者は、友達作りはそこまで苦労しませんでしたが、やはり人見知りであまり対人関係が得意じゃない妻は友達を作るのがかなり難しいようですね。

ですので、友達の作り方から学んでいかないといけない人がいる事情も理解しています。

確かに、対人スキル等の問題で友達ができにくいでもあるのかもしれません。

ただ積極性がないだけで友達が本当はできる人もいるのです。

では、友達になるためにはどうしたらいいのかを見ていきましょう。

みんなと友達になりたい!

友達は、いないほうが楽だと言う人もいる一方で、やはりいたほうが色々と人生で楽しみや張り合いがあります。

やはり人間は社会で生きる生き物です。

ですので、ある程度人間同士の交流があった方がより人生が豊かになるところがあると著者は考えています。

友達がいない状態に納得している人であれば、それはそれでいいのです。

ですが、やはり友達が欲しい。

だけどなかなか友達ができないと悩んでいる人が多いのではないのでしょうか?

友達が欲しいと思うのであれば、できるように行動していくほうが精神的にも非常に良いのではないのでしょうか?

ですので今回はは友達関係についてどのようにしたら友達を作っていけるのかを見ていきましょう。

新しい環境で友達を作るためには

新しい環境で友達を作っていくことのは、学生生活を送っている人にとっては非常に重大なことなのではないのでしょうか?

特に女子は見ているとグループ化するところがあり、出遅れるとなかなか友達作りが難しいと言われています。

それに比べると男は比較的そこまでグループ化するケースは少なく難しくないことから友達が作りやすいところがあります。

ですので、男性陣はそこまで大きく悩まなくても良いのかもしれないけど、女性にとっては悩みの種ですよね。

著者も学生時代に、女子のグループに入れなかったばっかりにずっと1人で過ごしているような女の子を見たことがあります。

やはり、学生にとっては勉強が本業である事は分かっていても、友達上手同士で同じ教室で過ごしていくということも非常に重大なことから、人間関係ゆえに不登校になる位に大きく悩む人も多いです。

ですので、新しい環境で友達を作っていくコツを抑えていくのは、自分を守ることにもなるのかもしれませんね。

では、新しい環境で友達を作っていく方法を見ていきましょう。

友だちになるために必要なこと10選

では、友達になるためにすようなことって一体何だと思いますか?

性格の明るさでしょうか?それともトーク力でしょうか?

もちろん、色々な一面がありますので、それを一つ一つ解説していきましょう。

まず自分から声をかける


友達が欲しいと思ったら、待っているばかりではいけません。

もしかしたら、特に声かけをしなくても人から声をかけられるような人もいるかもしれません。

ですが、友達がなかなか出来にくいと悩んでいる方の中には、残念ながらそのように待ってるだけでは何の反応も示されない事はよくあることです。

よく、声をかけられないから自分には魅力がないのではないかと悩む人もいるようです。

ただ、よほど体臭や口臭がきついとか、第一印象でかなり悪目立ちをしているなどという事ではない限り、嫌われている事はそんなにありません。

ただ、話さないとなかなか存在感を出せないタイプの方なのかもしれません。

残念ながらそういうタイプの方でしたら、積極的に自分から声をかけないと始まらないところがあります。

とはいってもなかなか声をかける勇気がないという人であれば、きっとまずは挨拶から始めましょう。

笑顔で明るくあいさつをする人はそんなに悪い印象抱かれません。

ですので、初めは挨拶からでいいので自分から声をかけるようにしましょう。

親しみやすい雰囲気を心がける

やはり、声をかけてみようかなと思う人は親しみやすい雰囲気であることが多いです。

とはいっても、自分の雰囲気をどのように醸し出すの過程が大変難しいものがあります。

「雰囲気なんて本当に自分でコントロールできるものなのか?」と思ってしまうかもしれませんが、実はそこまで難しくありません。

まずすぐにできる事は、服装などを変えることです。

もちろんそれを奇抜にする必要ありませんが、なるべく黒色などの暗い色ばかりではなく、華やかな色を取り入れてみるのも手です。

女性であれば思い切って黄色やピンクなど取り入れてみるのはどうでしょうか?

男性でも、青や緑などもありますし、その中で比較的明るいカラーを取り入れるのも良いのかもしれません。

ただ、中には顔が濃いとか、特徴的であることから逆に暗めの色の方が締まりが良いケースもあるようです。

著者はファッションには疎いのでそこまで詳しくは無いのですが、やはりそこはアパレルの販売員の方に相談してみるのもありです。

そして、ついつい暗い表情してしまうと言うことであれば、なるべく表情明るく保つことを意識しましょう。

常にやる必要はありませんが、口角を上げ気味になりなるように努力すると良いでしょう。

とにかく、服装など外見を奇抜なものにせず、派手すぎず地味すぎずと言う感じにし、表情を変えることで、親しみやすい雰囲気が作りやすいかもしれません。

笑顔で挨拶する

まず初めに、基本になるのが笑顔で挨拶をすることです。

挨拶は人間として非常に大切なものと言われており、子供の時も挨拶をするようにとかなりしつけられてきたのではないのでしょうか?

このように、人間には、非常に大切なものとして挨拶入って位置づけられています。

そして、ただ挨拶するだけではいけません。

せっかく挨拶をしているのに表情が暗く感じるような感じだと、逆にそうされると嫌な感じになってしまうこともあります。

ですので、挨拶をすることと並んで、なおかつ笑顔でということが重要になってくるのです。

笑顔の人間にそこまで悪い印象抱く人はいません。

ですので、それを心がけることで、人に対する反応は随分違うところがあるでしょう。

明るい印象で

そして、その挨拶も明るい印象を与えるように努力しましょう。

やはり大人しめな人だと、この明るい印象というのがなかなか板につかないところもあるかもしれません。

ですがそこは練習あるのみです。

挨拶はいろいろなところでする機会がありますので、その練習機会はいくらでもあります。

一朝一夕には改善しないかもしれません。

ですが、笑顔で明るくあいさつをするということを心がけているとだんだんとそれが板についてきます。

先ほども触れたように、著者の妻はかなり人見知りで人付き合いがそんなに得意ではありません。

ですが、この明るい笑顔で挨拶をすると言う練習をかなりしたらしく、挨拶だけはうまいです。

ですので、第一印象はかなり良いようですね。

このように、人付き合いがそこまで得意ではない人も、練習次第で笑顔で明るい挨拶をすることはできるようになってきます。

親しみやすくなること


そして、親しみやすい雰囲気を作り、明るくあいさつをするっていうところでつかみはオッケーです。

次にやるべき事は、親しみ安くすることです。

第一印象が良くても、やはりそこからとっつきにくい印象を抱かれるとせっかくつかみでいいところまで行ったのに友達関係を作るのが難しくなるところがあります。

ですので、親しみやすい雰囲気を作るようにしてください。

では、どのようにして親しみ安くなるのを心がけていったらいいのでしょうか?

壁を作らない

やはり、友達付き合いをするとなると、壁を作らないことが大切です。

やはり、それを一言で言うのは大変簡単なのですが人見知りの方はどうしても壁を作ってしまうところがあります。

ですので、すぐには克服できにくいのかもしれませんね。

ですが、これも慣れです。

もしできるのであれば、人見知りの人同士が集まる場所に行ってみるのもいいかもしれませんね。

そのような共通項から仲良くなれると言うなこともあります。

そして、その人見知りの人同士が集まる場所と言うとかなり難しいかもしれませんが、やはりそのようなおとなしい人が集まる傾向にある趣味というのは一定数あります。

例えば、漫画の愛好家とか、絵を書くような教室など、どちらかと言うとインドア派な趣味のところに行ってみるのはいかがでしょうか?

もしかしたらインドア派な趣味の中に皆さんが好きなものもあるのではないのでしょうか?
女性であれば、アニメなども非常に共通項になりやすいようですね。

ですので、そのような似た人同士の集まりで壁を作らない練習をし、他の人の時に応用していくのはどうでしょうか?

コミュニケーションを積極的にとる

人にとって壁になりやすいのは、コミュニケーションを積極的にとることです。

なるべく話すのを避けようとしたりしませんか?

著者もそこまで積極的では無いものの、大学時代の友達など一定数の友達がいます。

著者の妻はそのような人付き合いが苦手と言うこともあり、コミュニケーションを避ける傾向にあります。

著者から見るともっとコミュニケーションとればいいのにと思いますがなかなかそうはいかないようですね。

もし、会話のとっかかりに悩むようであれば、初めは天気の話などはどうですか?

話の振り方によっては人を傷つけることもあり、それがコミュニケーションの難しさでもあります。

ですが、話すことに困ったら天気の話をすると、天気のことで傷つく人はあまりません。

例えば、子供のことを話すと、なかなか子供ができないとか、子供が欲しいのにうまくいかずに妊娠出産を断念している人にとっては非常に大きな傷を与えてしまうところがあります。

仕事等の話でも、その仕事で挫折したことがあり退いている人であれば、嫌な話題になってしまう可能性が高いです。

ですが天気の事でしたら、そこまで大きく傷つく人はいません。

【コミュニケーションのきっかけ作りについては、こちらの記事もチェック!】

盛り上がるトーク力が必要

話すのが苦手な方の大きなハードルとして立ちはだかるのが、盛り上がるトーク力です。

ですが、やはりコミュニケーションを積極的に取るには、盛り上がるトーク力は一定数必要です。

とは言ってもなかなか話題に困ってしまいますよね。

そんな時は、自分の失敗談を話すようにしましょう。

人々は、不安な気持ちで生きている人が多いです。

やはり掲示板などを見ていても、異様に質問した人を叩く傾向にあるなと思いませんか?それもかなりの数いるのです。

なぜそのような攻撃しようとしてしまうのかと言うと、今の自分に不安な人が多いのです。

ですので、自慢話をすると、逆にひんしゅくを買ってしまうところがあります。

ですが、失敗談を話すことで、「なんだ自分だけじゃなかったんだ」と安心することから、一気に打ち解けやすくなるのです。

やはり、完璧な人間と言うと人は構えてしまいますよね。

ですが、こんなふうに人間らしい人なんだと思うことで、親しみやすさを覚えるところがあるのです。

ただ注意点としては、笑って流せる程度の失敗談にしましょう。

例えば「鍵を落として家に入れなくなった」とかそんなことです。

ですので、同じ失敗談でも「ギャンブルで借金が膨らんだ挙句に家族に捨てられた」と言うような重過ぎる話はNGです。

相手のことを理解しようとすること

そして、やはり人間は自分を理解してくれる人の方が好きです。

説教してくれる人がありがたいなんて言う理論もありますが、やはりそのような一面があっても友達として付き合っていくには、自分を否定する人だけではなく、やはり理解しようとしてくれる人の方が好きなのが本当のところです。

そして、そのような厳しいことを言い合う友人関係と言うのは、ある程度関係性が深まらないと難しいことです。

ですので、大切なのはまずは相手を理解しようとすることです。

まず友達になり始めてから日が浅いと言うことであれば、相手の趣味を否定するなど、好きなことの否定はやめましょう。

たとえ自分がそこまで趣味ではなくても「こんな楽しさがあるんだね。」といったように、その人が好きなことに共感することによって、だんだんと友情が深まっていきます。

自分のことばかりを押し付けない

そして、友達関係でついついやりがちなのが自分のことを押し付けてしまうところです。

例えば自分の考えを理解してほしいとか、こんな風にして欲しいと言うことを押し付けていくと、相手からは押し付けがましい人だと感じられ、だんだんと重荷になっていきます。

そうすると、だんだんとこの人と疎遠になりたいなと思ってしまうところがあるのです。

ですので、自分のことを押し付けすぎないように気をつけましょう。

ただ、こちらはさじ加減が難しいのですが何でも相手に合わせてばかりいると、この人は何を考えているのか分からないと不気味がるところがあるようです。

ですので、そこまで失礼なことを言ったりしていないにもかかわらず、深く友達と付き合っていけない人はそのようなところがあるようですね。

かなりさじ加減は難しいところがありますが、もし「あなたはどう思う?」と言われたらなるべく素直に答えるようにした方が良いのかもしれませんね。

共通の趣味を探す

そして、やはり好きなものが同じ人とは親しくなりやすいところがあります。

ですので、共通の趣味を探しましょう。

いくら自分が好きだからといって、相手にが興味がない話をしても、相手は白けるだけです。

自分が楽しく話しているつもりでも、だんだんと「この人の話は面白くないな。

と思われてしまう可能性も大です。

話題に困らず盛り上がる

好きなものであれば、長く語られるといつも多いのではないのでしょうか?

口下手でなかなか話をするのは難しい人でも、好きなものの話をすると非常に雄弁に話し始める事はよくあることです。

それは友情関係でも同じで、そのような好きなものが同じだと、次は何を話そうか?と焦るまでもなく、非常に楽しく話ができるようになります。

誘われたら行く

友達に遊びの誘いがあったらチャンスです。

もちろんどうしても都合が悪い時は無理に合わせる必要はありませんが、基本的に誘われたらいきましょう。

もしどうしても都合が合わないと言うことであれば、「この日だったら都合がいいけどいつがいい?」と言うような感じで、社交辞令で終わるようなことがないようにしましょう。

そして、誘われたら行くような関係性になると、どこかに行く時にこの人に声をかけようと思われるところがあります。

そして、もうちょっと関係性が深まってきたら、自分からも誘うようにしましょう。

いろいろな掲示板を見ていると、誘ってばかりで相手から全く誘われないと悩んでいる人が一定数います。

受け身な人が多いのかもしれないけれど、そのような人は誘う側からしたら寂しいようですので、こちらからも誘ってあげることで相手も安心するところがあります。

せっかくのチャンスを逃さない

そして、どうしても都合が合わない場合は日時を変えるなどの対処も仕方が無いにせよ、やはりせっかく友達になりたいと思っているのであればそのチャンスを逃さないではありません。

都合が合わないならまだしも、気乗りしないからという理由で断ってしまってはもったいないです。

ですので、誘いがあったら極力そちらを優先出来るようにしましょう。

共に楽しむ

そして、せっかく誘ってもらっても、楽しそうにしてなかったりしたら、相手ももう誘いたくないと思うかもしれません。

ですので、せっかく誘ってもらったのだったら、楽しそうに過ごすことが大切です。

中には表情が乏しく、なかなか他の人に見えない人もいるかもしれません。

もし、そのような指摘を過去に何度かされたことがあるのであれば、鏡などを見て、笑顔の練習をするなど、楽しそうにしているところを表現できるように努力してください。

「一緒に」がポイント

そして、誘ってもらって遊びに行く時、大切なのは一緒に楽しむことがポイントです。

自分1人が楽しくても仕方がないですし、相手だけが楽しくても一緒に遊ぶ意味ありません。

ですので、なるべくお互いに楽しめるということを重視して考えていきましょう。

聞き手にまわること

基本的に人は話すことの方が好きです。

ですので、ついつい話過ぎてしまうというのもあるかもしれませんね。

ですが、裏を返せば話すことが好きですので、聞き手に待ってくれるととても気持ちよく話せます。

ですので、話下手で悩んでいる人であれば、むしろ聞き上手になってしまえばいいのです。

そうすると、あなたに話を聞いてほしいと友達付き合いが続く可能性が大です。

相手が楽しく会話できるようにする

相手に楽しく会話をできるようにするにはコツがあります。

まずはしっかりと相槌を打つことです。

全く相槌がない状態で話していると、壁に話しているようでだんだんと面白くなくなってくるのです。

著者も、子どもが赤ちゃんに話しかける経験をしたことがありますが、まだ本当に小さいとほとんど反応がないので、いろいろ話してもなんだか独り言を言ってるようでだんだんむなしくなってくるのです。

このようなこともありますので、所々で「〇〇なんだね、」と相槌を打ち、話されたことを復唱してみるのも良いでしょう。

そして、楽しく話す事は肯定してもらったほうがやはり楽しく話しやすいところがあります。

よほど議論好きであれば話は別ですが、基本的に共感してほしいがために話す人の方が多いです。

ですので、「そうなんだね。」とか「大変だったね。」と言ったように、相手の気持ちを汲むような相槌の方が良いと言われています。

強引に友だちになろうとしないこと

友達になりたいと思うと、ついつい少し一生懸命になり過ぎてしまう人もいるかもしれません。

ですが、やはり強引に友達になろうとすると、その分一生懸命だったり無理のあるような態度になることから、相手の精神的な負担になることがあります。

ですので、友達になれたらいいな位の気持ちで、強引に友達になろうとしないほうがいいです。

しつこいと警戒される

やはり、友達になりたい気持ちは嬉しいけれど、何か裏があるのではないかと思われてしまい警戒されるところがあります。

大人になってからよくあるのは、「実は宗教の誘いなのではないか?」とか、「ゆくゆくは何か売りつけられるのではないか?」と言うような不信感があるのです。

実際に、久しぶりに同級生にあったなと思ったら、そのような話が出てきたという事はよくあることです。

学生時代だとそのような利害が絡んだ話は無いのかもしれないけれど、自分が好きなのではなく、1人になりたくないからなのではないか?と思われるとやはり気分は良くないです。

友だちになりたいと思われる人の特徴

できれば友達が欲しいと言うことであれば、友達になりたいと思われる人になれば友達作りもスムーズに行きます。

ですので、ここは友達になりたいと思われる人の特徴を抑え、自分もそれに近づけるように努力していきましょう。

一緒にいて楽しそう

やはり、人は一緒にいて楽しそうだと思う人と一緒にいるのです。

やはり、会社の関係ではなく、友達関係としてつながろうと思うと、ある程度楽しさと言うのも必要になってきます。

さらに言えば、「いい人なんだけどそこまで親しくならなくてもいいかな?」と思われると友達関係になる事はできません。

ですので、一緒にいて楽しそうな人を目指すのは良いことです。

だからこそ、自分自身が日々楽しく過ごすでの大切です。

もちろん無理をして過ごす必要ありません。

できれば何か趣味を見つけ、それに熱中するだけでも違いますね。

例えば、おとなしい子が1人で絵を書いていると、その絵に同級生が気がついて「この子の絵、すごい!」と騒ぎ立てることによって人だかりができ、そこから友達ができるようになったと言うようなエピソードはよく聞きますよね。

このように、楽しいと思うことには人が集まってくるのです。

自分も仲間に入れてほしいと思う

楽しそうだと自分も仲間に入れてもらい、自分も楽しみたいと思うものです。

ですので、一緒にいて楽しいと思うことで人が集まり、そこからだんだんと人が増えるところがあります。

いつも笑顔である

皆さんのクラスにも、人気者の子がいたと思います。

誰にでも好かれる子と言うのは、やはりいつも笑顔であることが多いです。

そして、あまり悪口も言わず信頼が厚いタイプの子も多いですよね。

このように、笑顔で楽しそうな人は、人が集まるところがあるのです。

みんなも笑顔になれる

クラスの人格者も、その子を囲んでいる子も皆笑顔であることが多いです。

やはり、みんなも笑顔になれるに明るい雰囲気を持っていると、人が集まるところがありますね。

常に周りに人が集まっている

人気者の子は、常に周りに人が集まっている状態です。

著者の学年でも女子の人気者の子がいましたが、常に誰か女子に囲まれていましたね。

中学生ですので、特に男子に人気と言うわけではなかったようですが、彼女が非常に明るく楽しそうでした。

人気者の周りには人が集まる

やはり、いつも笑顔で楽しそうで、人の悪口を言わず皆を受け入れるような人ですので、人気者の周りには人が集まります。

著者は、男ですので離れた立場から見ていましたが、そのような人気者の子は、その一方で人気がなく1人のになってしまうような子でも受け入れるところがあることから、本当に多岐にわたる付き合いがあったように思います。

いろいろな立場の人に受け入れられるのは人気者故なのですね。

友だち思いである

そして、そのような人が友達思いな人がほとんどです。

やはり友達として、大切にするからこそ、友達がやってくるところがあるのです。

著者の妻も、先ほども触れたように人付き合いが苦手な人で、中学時代はいじめなどもあったようです。

そして、やはり友達ができにくい子と友達になるということがあったようですね。

やはり、実際は色々とその友達に話した秘密を横流しされるようなこともあったようです。

やはり、そのようなところは他の人もわかるようで、どうやら中学校卒業するまで、その人は友達ができなかったといいます。

やはり、友達と言っておきながら、影で著者の妻のことを嫌っている人にその情報を横流しするということで、みんなからの信頼がなくなってしまったようです。

やはり、友達想いなのは人気者の人に共通であり、信頼がおけるからこそ、友達付き合いが継続するところがあるようですね。

友だちを大切にしている

そして、色々と友達について気にかけている人も送ってそこから友達付き合いが継続しているところがあります。

例えば、何か不安そうな顔してたら、どうしたの?と聞いたり、ちょっとのことでも変化に気づいて声をかけてくれるような人がいます。

そして、年賀状をみんなに出すなど、そのようなマメさでも友達を大切にしている人がいます。

やはりそのようなところは、人気者の特徴ですね。

話しやすい

やはり、友達が多い人は基本的に話しやすい人が多いです。

ですので、だんだんと話に来る人が増えてくるのでしょう。

やはりどちらかと言うと否定をする人ばかりではなく、何でも肯定するような感じで話を聞く人の方が親しみやすいところがあります。

ですが、ここぞと言う時にしっかりと意見が言える人に非常に人気が集まるようです。

ですので、話しやすい人気者の人の話し方を参考にするのも良いでしょう。

とは言ってもそのような人気者が近くにいない人もいるかもしれません。

そのような時は、ネット人口の多い最近のことですので、もしかしたらそのように友達が多く人気者な人が、ネット上の掲示板などにアドバイスを書き込んでいる可能性があります。

ですので、それを見て参考にするのも悪くないかもしれません。

友達付き合いに悩んでいる人が相談している掲示板を見るといいでしょう。

もしかしたら何かちょっとした会話術があるのかもしれませんしね。

気を使うことなく会話を楽しめる

例えば、何でもひがみっぽく受け取る人が会話がしにくいところがあります。

例えば、よく家庭でもあるのだけれど、奥さんやお母さんが作ったご飯に関して、味付けのことを言うと、「そんなに私の作るご飯がまずいのか!」と言われると何も言えなくなるところがあります。

ですが、味付けの話をして、「じゃあ次は気をつけるね。」て済ませてくれれば、非常に気楽なところがあります。

ですので、精神的なバランスが非常に良く、情緒が安定している人は、気を使うことなくた会話が楽しめますので人気者になるところがあります。

なるべく、ひがみっぽいような感じを出したり、否定的なことばかりを言う事はなく、基本的に肯定し、時折意見を挟むような会話をしていくことで、会話が弾んでいくのではないのでしょうか?

友達になりたいと思われる人になろう♪

やはり、1番大切な事は友達になりたいと思われる人になることです。

そこから友達関係が作れます。

そのためにまず「つかみ」を大切にしましょう。

雰囲気作りや挨拶から始め、徐々に人間関係を継続していけるような、トーク力などを磨いていきましょう。

初めは練習あるのみです。

ただ対人関係でどうしてもうまくいかないと言うことであれば、チャットを使ってみるのはいかがでしょうか?

チャットであれば基本的に文字だけの会話になりますし、少々考える時間もできます。

もし速度の遅さを指摘されたら、タイピング力のせいにしてしまうこともできます。

どんなことも、まずは初めの第一歩が肝心です。

小さなステップを踏み、親しみやすい人間になれるように日々努力していきましょう。