希望を持とう!と言うものの、今の世の中で希望なんて何もない。

そんな風に冷めて考えてしまうことありますよね。

まさに日本を景気良く安全で幸せを願っていても、実際には思い描くような未来にはならない。

政治家はよく「未来ある社会、希望が持てる社会に!」なんてスローガンをうちだしていますが希望ももてないから未来も見えない。

希望を言葉にすることは簡単なことですが希望を現実にすることは難しい。

でも希望をもてないと人生は暗い。

それこそ夢も希望もないと言いたくなってしまいます。

夢と希望はワンセットです。

希望があれば夢を現実にすることができます。

是非、希望を持ち、夢のある人生に向かっていきましょう。

今、落ち込んでいる人のために

イヤなことがあったり、凹むことがあると落ち込みます。

すぐに気持ちを切り替えて前向きになれる人はエネルギーが満たされている人。

多くの人は一度落ち込んでしまうと前向きに考えることはできません。

どうしたら落ち込んでいるときに前向きになることができるのか?それは希望を持つことが大事です。

その希望が叶えられる、叶えられないは後回しです。

大事なことは落ち込んでいるときに希望を持つことです。

少しの希望が落ち込んで凹んでいるときに見えてくると「もう一度チャレンジしてみよう」と少し前向きになることができます。

まさに希望を持つことはエネルギーを供給できることです。

落ち込んでいるばかりではエネルギーは吸い取られてしまいます。

そうするとなかなか立ち直ることができないのです。

わずかな希望でも夢を描くことはできます。

その夢に向かって一歩前にでることができるのです。

将来に希望を持つための12個の方法

では、実際に希望をもつためにどうすれば良いのでしょうか?

希望を持つことは自分の中の意識を変えることが大事なのです。

いきなり希望を持ちなさいと言われてもネガティブな人が瞬時にポジティブにはなれません。

希望を持つためには少なかれポジティブにならないといけない。

希望を持つと将来が見えてきます。

将来をイメージするときにネガティブな将来を想像したいと思いますか?

将来をイメージしたときは希望のある将来を描いているはずです。

今を生きているけれど将来に向かって生きているのです。

素敵な将来を迎えるためにも希望を持つことは大事です。

希望持つために大事な12個の方法を知っていきましょう。

1. 完璧を求めない

夢や希望を持つ人は多いです。

その一方で夢や希望を失くす人も多いです。

その理由は夢や希望が叶わないと感じるからです。

夢や希望は見るものじゃなく叶えるために希望を描くものですが思い通りにならないことも人生です。

100%自分の思い描いた通りじゃないと夢や希望が叶ったように思えない。

でもよくよく考えてみると100%叶えられなくても50%は近づいているのかもしれません。

夢や希望に向かって頑張ったことを考えれば0%叶えられないワケじゃない。

完璧を求めすぎているから100%の結果じゃないと叶ったような気がしない。

夢や希望を願っても叶えられなきゃ意味がない、だから夢や希望を見ることをあきらめてしまう。

100%完璧を求めすぎない、50%でも夢や希望に近づいたことを考えれば再び夢や希望を持つことはできます。

2. 目標を高くし過ぎない

目標を高くし過ぎないことで希望を持つことができます。

目標を高くし過ぎると希望を叶えるまでに果てしない道のりを経験します。

一生懸命に頑張ってもまだ叶わないという気持ちが強くなるのです。

目標を高くし過ぎることは自分自身のキャパを超えているということ。

目標を高くし過ぎることでストイックに自分を高められる方もいますが、ほとんどの方はストイックになんて生きることができません。

どこかで休憩を入れることも目標を達成するまでに大事なこと。

本来、目標を高くすることが目的ではない、自分の希望を叶えるために目標かかげることが大事なこと。

結果的に希望を叶えることが最大の目的です。

そのためには目標の立て方は自分自身のキャパをしることが必要です。

3. 楽しく有意義に生きることを優先する

勉強も仕事も辛いものです。

でも辛い中にも楽しさがあるから頑張ることができます。

試験勉強を乗り越えて試験を受けたら遊べる。

月曜から金曜まで仕事をしたら土日ゆっくり眠ることができる。

楽しく有意義に生きることを考えなければ希望なんて持つことができない。

ただ苦しいだけの人生で頑張って夢が叶っても虚しいだけです。

楽しく有意義に生きることを優先するからこそ希望が持てるものです。

本来、希望は明るいもの。

楽しく有意義に生きることを優先するイコール希望に繋がるのです。

つまらない意味ないことに生きる希望がわくでしょうか?わきませんよね。

人生は一度きり、楽しく有意義に生きることを優先して希望へ変えましょう。

4. 焦らない

希望を持つと早く希望を叶えようと考えてしまいます。

しかし焦る気持ちが希望を逆に叶えられなくしていることがあります。

焦れば焦るほど空回りすることがありませんか?

落ち着いて行動することでスムーズに進むことも焦ることでパニック状態になってしまいます。

気持ちが焦ることで結果的に自分自身にプレッシャーを与えていることに。

希望を持ちたいと思うなら焦らないで冷静になることが必要です。

希望を持てなくなるキッカケは思い通りにことが進まないことです。

希望を持っても叶わないなら意味がないと感じるようになるのです。

例えば焦って運転をして目的地に早く着こうとしますが、結果的に焦っても信号でつかまったり、事故を起こしてしまい倍の時間がかかることになります。

希望も同じで焦ることで倍の時間がかかることになります。

まずは冷静になり希望に向けて計画を立てることを覚えましょう。

5. 他人と自分を比べすぎない

とかく人間はオンリーワンになろうと思ってもなれない生き物です。

すぐに他人と自分を比べてしまうことありませんか?

他人と比べて自分が勝っていると気分が良いですが、比べる人の多くは他人よりも勝っていません。

それは気持ちの上ですでに余裕がなく負けているのです。

他人と自分を比べることで常にピリピリとした考え方になり余裕がありません。

逆に他人と自分を比べない人は人生を楽しむ時間があるのです。

希望を持つことができる人は心に余裕があり楽しむことができる人です。

常にピリピリとして他人と比べている人には隙間がありません。

他人と自分を比べることで切磋琢磨できることもモチロンありますが、他人と自分を比べすることで自分で自分の足を引っ張ってしまうことになります。

楽しい希望を持てる、楽しい人生を歩きましょう。

6. 自分を好きになる

自分を好きになることは簡単なようで難しいことです。

ですが自分を好きになれないと自分を信じることもできないのです。

希望を持っても自分を好きになれないことで「どうせ叶わない」とあきらめてしまいます。

自分を好きになると「自分はできる」と信じることができます。

希望を持ち、なかなか前に進めないで戸惑っているときも自分を好きなら信じて自分自身に応援することができます。

希望を持つことは必ずしも順風満帆に行くものばかりではありません。

むしろスムーズに行かないことの方が多いでしょう。

希望を持つことをあきらめる方の多くは思い通りに行かないことで挫折します。

自分を好きになることで落ち込んでいるときも自分を励ますことができます。

【自分を好きになるためには、こちらの記事もチェック!】

7. 自分よりも人のために頑張る

自分よりも人のために頑張る人は素晴らしい人です。

ですが思っている反面、なかなか自分よりも人のために頑張ることは難しいことかもしれません。

それは人間は損得を常に考えてしまうからです。

希望を持つことも結局は希望を叶えたときの周囲の賞賛を求めているからです。

希望を持つときに邪魔になるものは「邪念」です。

自分のために頑張ると他人が邪魔に感じてしまいます。

自分の思い通りに動かない人がいあるから自分の希望は叶わないと思うからです。

希望を持つためには心に余裕を持つこと。

自分よりも人のために頑張ることを身につけると心にゆとりが持てます。

優しくなることができるからです。

余裕のない人は希望どころか全てのことに失敗をしてしまうもの。

すぐに自分よりも人のために頑張ることはできなくても少しずつでも心がけることが大事です。

希望を持つために自分よりも人のために頑張る人になりましょう。

8. 失敗したら向いていなかっただけと思うこと

希望を持ち頑張って行動をしてみたものの、失敗することもあります。

その時に失敗したら向いていなかっただけと思うことが大事です。

人は失敗してしまったことを結果的に気にしてしまうものですが、大切なことは失敗したことよりも失敗をカテに前に進むことです。

いつまでも失敗したことを悔やんだり、後悔していると前に進めません。

失敗したら向いていなかっただけと思うことで気持ちを切り替えることができます。

過ぎてしまったことを後悔しても何もはじまりません。

気持ちを1日でも切り替えてメリハリある人生を送ることで次の希望を持つことができるのです。

失敗したら向いていなかっただけと思うことは前向きな考え方です。

希望を持つことにネガティブな考えは必要ありません。

9. 過去を引きずらないこと

「あのとき、◯◯すれば良かった」と後悔することはあります。

希望を持つためには過去を引きずらないことです。

過去は過去です、どんなに悩んでも後悔しても時間は戻すことはできません。

戻すことができないことを基調な時間に使うことはもったいない。

悩んでいる時間があるなら、希望に向けて前向きな計画を立てるべきです。

希望を持っているとき、人は明るい表情になり楽しい気分になるはずです。

モチベーションも高いです。

希望を持つことで自然に幸せオーラを惹きつけることができるのです。

過去を引きずることは後戻りを考えている時間です。

それは前向きとは言えない、自然と負のオーラが包んでいるのです。

過去を引きずっているときの自分自身を考えてみてください。

楽しいことはありますか?おそらく溜息ばかりしていると思います。

気持ちから落ち込んでいては幸せなオーラを引き寄せることはできない。

希望を持ちたいなら過去を引きずらないこと。

10. ネガティブ思考を捨てること

思うようにことが進まないと ネガティブ思考になってしまいますよね。

何故、ネガティブ思考になってしまうのか?それは自分が思い描いたようにことが進まないからです。

1回や2回、思うように進まないだけではネガティブ思考にはなりません。

思い通りに行かないことが何回も続くから人はダメージを追ってポジティブには考えることができなくなる、そしてネガティブ思考になるのです。

希望を持つことも同じです。

思い通りに行かないことも多い中で乗り越えて行くことが希望を叶えることになるのです。

しかしネガティブ思考になることで希望を持つことをやめてしまいます。

ネガティブ思考になることは次から次に悪いことばかり考えることです。

希望を持っても「どうせ・・・」と考えてしまうのです。

11. 他人の目を気にし過ぎない

他人の目を気にし過ぎないと自分の行動範囲を狭くしてしまうことになります。

チャレンジすることができなくなるのです。

希望を持つことはたくさんのことにチャレンジをすることです。

新しい世界に飛び込んで行くことで希望は叶えることができます。

他人の目を気にし過ぎて自分の殻に閉じこもっていることは何も変わらない、変えようとしないことです。

全く他人の目を気にしないことは自分勝手な行動になる可能性もあり良くないことです。

ですが、他人の目を気にし過ぎることは自分の可能性を消してしまうこと。

周囲と同じことをしていれば間違いない、恥じをかかないと思うことです。

それでは周囲と同じで自分の中に変化は起きません。

希望を持つとき、他人の目を気にし過ぎないで自分らしさを出すことを忘れないようにしてください。

12. 自分の好奇心を大切にする

希望を持つときに自分の好奇心を大切にすることは大事なことです。

逆に好奇心がないと希望を持つことはできません。

希望と好奇心は同じ気持ちです。

どちらもワクワクとした気持ちで前向きに歩いている、強い心があります。

好奇心を持ち続けていれば希望は必ず叶うことでしょう。

初めてのことをチャレンジするときは不安半分と好奇心の気持ちです。

チャレンジしたことに成功するか、しないかは好奇心の%で変わってくるのです。

不安な気持ちばかりが半分以上しめれば成功するワケがありません。

好奇心はチャレンジ精神を鍛えてくれます。

経験ないことでもやってみよう!と思えるから物事は成功するのです。

希望を持つことはチャレンジすることの連続です。

自分の好奇心を大切にすることで希望は叶えることができます。

将来に希望を持つメリットとは?

希望を持つことでメリットがあると言えば、デメリットはないと言うことです。

希望を持つことで自分自身が損することはヒトツもありません。

誰でも将来の夢は少なかれあると思います。

ですが年齢を重ねるごとに「希望を持っていたい時期もあるよね」とあきらめモードになることも。

あきらめモードになりながらも将来、不幸になろうと願っている人はいません。

希望を持つことは自分自身があきらめない限り、何度でも希望を持つことはできることです。

希望を持つことは苦しいことではありません、楽しいことです。

幸せな将来を求めているなら、楽しい希望を持つことは大事なことです。

1. ポジティブに生きることができる

希望を持つとポジティブに生きることができます。

希望は明るいもの、ネガティブなことではありません。

希望を持っているときは希望に向かって前向きに考えていますよね?

希望を叶えるために自分は何をするべきか?様々な方法を考えています。

ポジティブに生きることは毎日を楽しく過ごすことができます。

たとえ大きな見返りがなくても日々の小さな楽しみを見つけることができます。

人生で大きな見返りは何度も起るものではありません。

それよりも毎日の些細な小さな幸せを見つけている方が人生は楽しいのです。

小さな幸せを見つけることはポジティブな人じゃないと探せません。

ポジティブに生きることで小さな幸せを見つけて希望を持つことができる、そこに負のオーラはヒトツもないのです。

2. ストレスが軽減される

希望を持つことはポジティブに生きることができるワケですから、当然ストレスも軽減されます。

ストレスの原因はネガティブな考え方です。

「何をやっても上手く行かない」「無理」「つまらない」「やっても無駄」ネガティブな言葉だけを簡単に並べてみましたがイライラしてきませんか?

ネガティブな言葉や態度は気持ちを腹立たしくさせるのです。

人間は誰でも心の中で「出来ないかもしれない」「無理かもしれない」と思っているところがあります。

しかし気持ちの中でネガティブに思ってしまったら負けです。

まさにスポーツ選手などアスリートの人は自分の中にいるネガティブな考えと戦うことで希望を叶えることができます。

大好きなスポーツも「出来ないかもしれない」「無理かもしれない」と思ってしまえばストレスに変わってしまいます。

希望を持ち続けてモチベーションを高く保つことで ストレスじゃなくなるのです。

ストレスはゼロになりませんが、希望を持つことで ストレスが軽減される。

それは希望を持ち続けるために大事なことなのです。

3. 対人関係が上手くいくようになる

誰でも1人で生きて行くことはできません。

できることなら対人関係が上手くいくように生きていきたいものです。

対人関係は職場でも近隣付き合いでも関わってくるものです。

結婚すれば昨日まで他人の人達が身内に変わっていきます。

その中で対人関係が上手くいくといかないとでは大きな差ができます。

希望を持つことは明るい顔つきになると同時にポジティブになることです。

人を寄せ付けるオーラがあるのです。

希望を持つことで頭を働かせて行動をするということは対人関係でも大事なこと。

相手に気を使ってこそ、相手は気持ちを受け止めてくれます。

希望もなく夢もない、ただ毎日を過ごしている人を見て尊敬することができますか?仲良くなりたいと思いますか?思わないはずです。

対人関係が上手くいくようになることは生きて行くうえで大変大事なこと。

自分の人生が対人関係が上手くいくようになるか、いかないかで大きく変わるのです。

希望を持っていればエネルギーも変わる

生きていくうえでエネルギーは必要です。

希望を持っていればエネルギーになり生きるチカラになるのです。

希望がない人生なんて考えただけでつまらないと思いませんか?

ただ毎日を何も考えないで生きていることは危険なことはないかもしれません。

平凡な人生かもしれません。

平凡に生きることも素敵なことですが人生100年と考えて、何も印象に残らない平凡な人生で終わるのか?

それとも楽しいこともあり苦しいこともあり思い出に残る人生で終わるのか?考えたときに人生の最後は笑っていたいと思うはず。

たくさんの希望を持ち、たくさんの夢とエネルギーを得ることで人生は楽しく思い出になるものです。

生きるためにエネルギーは必要なもの。

エネルギーを持つためには、希望を持つことが大事なのです。

1. 人が寄って来るようになる

エネルギーに満ち溢れている人は自然と人が寄って来るようになります。

それは目には見えない輝きのオーラが放出されているからです。

「この人の近くにいると楽しい、幸せな気持ちになる」思うと1人が寄ってきます。

そして2人、3人と増えて行くのです。

例えば、誰もいないショップに1人でも御客さんがいると自然に入ることができますが、誰もいないとなると少し躊躇しませんか?人は人を呼び寄せるのです。

希望がある人はエネルギーがあるイキイキとした人です。

ショップで言えば店内の照明も明るく清潔に保たれた状態です。

そのようなショップには進んで自ずから違和感なく入り込むことができます。

希望がない人はエネルギーに欠けている分、店内も暗くどんよりムードです。

何を販売しているか分からない?イコール何を考えているか分からない。

人が寄ってくるような明るい雰囲気になるには希望を持つことで同時にエネルギーを得ることができるのです。

2. 表情や言葉遣いも自然と変わる

「人は見た目が100%」というドラマもありましたが、たしかに人は見た目で大分印象が変わります。

それは美人やイケメンという容姿端麗とは関係ありません。

見た目は表情や言葉遣いです。

例えば第一印象で相手と合ったときに表情を見ます、そして話し方に注目します。

明るく笑顔で喜怒哀楽のある人と出会うと人は引き寄せられるます。

柔らかな口調でポジティブな言葉を言う人と出会うともっと話たくなります。

一緒にいても違和感がない、楽しいと思えることが大事なのです。

どんなに美しい容姿をしても無表情でニコリともしない、ネガティブな言葉ばかり言う人を見て仲良くなろうとは感じません。

希望を持つことで心にゆとりができて表情や言葉遣いも自然と変わります。

希望はポジティブなものです、表情や言葉遣いに必ずでるものです。

3. 幸せだなと思える時間が増える

希望を持つと幸せだなと思える時間が増えます。

希望を持つとポジティブになりますが、ポジティブはネガティブより強い。

ポジティブな気持ちに包まれていると幸せなことしか浮かばないのです。

「チャレンジ」「乗り越える」「夢が叶う」人生の中で計画を立ててる時間はとっても楽しいことです。

それは旅行と同じ感覚かもしれません。

旅行に行くまでは「◯◯に行こう」「◯◯も持って行こう」とアレコレと思い描き、旅行が楽しくなるように計画を立てます。

実際、旅行中よりも旅行に行く前が一番楽しさのピークとも言われています。

希望は、まさに計画を立て進めることで幸せで楽しいと思える時間です。

希望を持っているときに「叶わないだろうな」なんて思いません。

旅行の計画を立てているときに「つまらないだろうな」と思いません。

ネガティブな気持ちがないことは幸せだなと思える時間なのです。

希望を持って生きている人の特徴

どうしても希望を持つことができない人もいます。

人生で失敗続きで悲観的に考えてしまう人もいるでしょう。

そのようなときは希望を持って生きている人を参考にすると良いと思います。

何故、希望を持って生きることができるのか?希望を持つことで人生が変わるからです。

希望を持つことで自分の人生を楽しいものにする。

自分の人生を大事にしようと思わないと希望を持つことはできません。

希望を持つことは特別なことじゃなく誰でも老若男女、希望がもてます。

希望を持つことに年齢制限もありません。

希望を持って生きている人の特徴を知り、マネをすることで自分自身の中に幸せオーラを呼び込むことができます。

1. 表情が明るい

簡単なことですが表情が明るい人は希望を持ち生きている人です。

まずは表情です。

顔は名刺と同じようなものです。

相手の表情を見れば会話をしなくてもイメージができます。

表情が明るい人はポジティブで人生が楽しいことが多いのだろうと思いますが、目を合わせることなく表情が暗い人は出来るだけ近寄りたくないオーラがあります。

人間は自分から不幸になろうと思う人はいません。

出来ることなら毎日楽しく過ごしたいと思うものです。

表情が明るい人は希望もありポジティブ思考です。

夢や希望を聞いて自分もモチベーションを高めたいと思うものです。

表情が明るい人は素敵な希望を持ち続ける人です。

2. どんな人にも平等に接する

どんな人にも平等に接する人は心にゆとりがある人です。

幸せな希望があるからこそ心にゆとりができるのです。

心にゆとりがないと周囲に対して八つ当たりをしてしまったり、時には意地悪をしたくなることがあります。

そのような態度をとれば人は集まってこなくなるのです。

自分自身がした行動で自分のクビをしめているのと一緒です。

どんな人にも平等にすることでたくさんの人から支持を得ることができます。

たくさんの人たちが平等に愛を返してくれるのです。

それは希望を持つときにプラスになることです。

希望を叶えるときに1人では難しいこともあります。

たくさんの人に応援されて支えられているからこそ叶う希望があります。

どんな人にも平等に接することは心にゆとりがあると同時に、希望への近道にも繋がって行くことです。

3. 困難な状況でも決して諦めない

希望を持つ人はたくさんいますが、希望を持てない人もいます。

どうして希望を持てなくなるのでしょうか?

それは諦めるからです。

希望を持ち続ける人は困難な状況でも決して諦めない強い気持ちがあります。

希望を持つ人も希望を持てない人もスタートは同じです。

同じように困難な状況が訪れますが、途中で諦めてしまうか?しないかです。

希望は諦めてしまったら叶うことはありません。

諦めることは簡単なこと、すぐにでも瞬間で諦めることができます。

でも諦めることに簡単にしてしまうと希望どころか色々な場面で諦めることになれてしまうのです。

困難な状況でも決して諦めない気持ちは強い心を育てることができます。

諦めない気持ちが、のちに自分自信の道を開いて行くことになります。

ダメだ・・・と困難な状況でも決して諦めない気持ちを育てましょう。

諦めてしまうことは一瞬で出来るのです。

4. 自分の時間や健康を大切にしている

希望を持っている人は自分の時間や健康を大切にしている人です。

そもそも健康な状態じゃないと何も出来ません。

夢を見ることも希望を持つことも出来ないのです。

健康だと自分の時間を何に使うべきか考えることができます。

限られた時間の中で時間を有意義に使う人は限られています。

ついつい、時間がないといいながらも無駄な時間を作ってしまうもの。

「時は金なり」という言葉がありますが、時間は無駄にしてはいけません。

お金を大事さを知る人は多いですが、時もお金と同様に大事なものです。

失ってしまうと元に戻らないものです。

時間を上手に使うことで、その人の人生の楽しみ方が変わります。

健康で時間を大切にしているからこそ、希望を持つことができるのです。

5. 周囲の人に常に感謝している

希望を持っている人は 周囲の人に常に感謝している人です。

周囲の人に常に感謝することができるのは自分一人のチカラではないということが分かっているから感謝することができるのです。

謙虚な気持ちがない人は何をしても成功することはできません。

希望を持つことができる、それは謙虚で前向きな姿勢です。

どんな人でも一人のチカラで生きている人はいないのです。

周囲の人に常に感謝していることで周囲も同じように感謝してくれます。

より良い環境だからこそ、対人関係にストレスを感じることなく希望を持つことができます。

周囲の人に常に感謝していることは心に余裕がないとできないことです。

余裕があるからこそ、希望が持てるのです。

6. ネガティブな言葉を一切発しない

希望を持つ人はネガティブな言葉を一切発しないものです。

希望を持つことにネガティブな言葉は必要ないからです。

希望はネガティブとは真逆のことです、ポジティブだからこそ希望がもてる。

ネガティブな言葉を言えば、ドンドン自分自身の意志を弱くすること。

ネガティブな言葉は時に強い意力があり、エネルギーを吸い取ってしまいます。

たった一言のネガティブな発言が次から次に思い続けてしまう。

希望を持つ人はネガティブな言葉を一切発しないことで自分自身のモチベーションを高めているのです。

希望を持つ人にとってネガティブな言葉は全く必要がなく邪魔なものです。

 

7. 過去は絶対に振り返らない

希望を持つ人は過去は絶対に振り返らない人です。

過去を過ぎてしまったことであり絶対に元に戻ることはありません。

どんなに悔やんでも悩んでも元に戻ることができないことに時間を使うことは時間の無駄使いをしていることになるからです。

過去は絶対に振り返ることはネガティブなことです。

「あの時、あれをすれば良かった」「別の考えをしていれば違った」と後悔することばかりが頭に浮かんできます。

まさに「たられば」状態になります。

結局、過去の出来事に悩んで振り返っていても元に戻らない。

なら未来のことを考える方がよっぽど効率良く時間を使うことができます。

限られた時間の中で1時間、過去を振り返ることと、未来の計画をたてることでは1時間の意味が変わってきます。

過ぎ去った過去は教訓として頭の片隅に残しておくものであり、振り返るものではないのです。

まとめ

希望を持つことは誰でもできることですが、希望を持ち続けることは簡単なことではありません。

人生は思いもよらないハプニングや困難が次から次へと訪れます。

これらの困難を乗り越えてこそ希望を持ち叶えることができます。

乗り越えるためにはモチベーションを高く持ち続けることが大事です。

それには自分自身の内面を磨いて鍛えて行かないといけません。

明日、明後日に自分自身の内面なんて簡単に変えることはできないかもしれませんが、意識を変えることで内面は必ず変わっていきます。

1日1つ、自分の中で意識を変えることで強い心を鍛えることができる。

そして希望を持つことができ、希望は叶えることができるのです。